毎日の新着車情報や活動についてご紹介します
by b-faction
最新のコメント
カテゴリ
以前の記事
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
メモ帳
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
STIはtSで敷居を上げて間口を広げる
f0076731_16045025.jpg
中津川に美味しい季節がやってきた。
軽く2個は平らげられる。

お菓子を食べると言うより、
食事にしたくなる逸品だ。

決して安いお菓子では無いが、
誰にでも好まれ、
無理をしてでも七福まで行きたくなる味だ。

車庫から2台のオープンカーを出して、
綺麗に床を洗った。

間もなく年に1度の大きな集まりが開かれる。
f0076731_17001082.jpg

SABの床を洗って、
内部の展示車を全て洗車した。

望桜荘の内部も清掃し、
庭から雑草を綺麗に取除いた。
山桜の周りに10年間同じ光景が横たわっている。

レヴォーグSTIの特集に続き、
今月はかわら版を2つ発行した。
f0076731_17011930.jpg
今回の構成は両面A面とも言える内容で、
表には発表を控えた新型インプレッサを特集した。 

22Bオーナーズミーティングを控え、
妻が記念誌の発行を企画した。

元スバル開発者の伊藤健氏や、
モータージャーナリストのマリオ高野氏に寄稿をお願いし、
制作は順調に進んだ。

最後にまとめを書いて欲しいと頼まれたので、
一筆啓上した。
f0076731_17201182.jpg
文章を書くより、
すっと胸に染み渡る言葉が浮かんだ。

駒ヶ根の山本さんから陣中見舞いが届いた。


f0076731_17192392.jpg
素敵なステッカーもありがとうございました。
きっとみんな喜ぶだろう。



f0076731_17193473.jpg
ボリューム満点の美味しい草餅だ。


京都の近藤さんに美味しいお土産を戴いた。
f0076731_17194108.jpg
今回の目的は車検のご予約と、
今後の愛車をどうするのかという相談だった。
それに加え、
初秋の中津川を楽しむ目的もあった。

美味しいモノに出会えただろうか。


f0076731_17195276.jpg
珍しいお菓子をありがとうございました。

f0076731_17200276.jpg
社員みな大喜びでした。
美味しくお茶を楽しんでいたら、
妻が事務所に上がってきた。

「社長、蛇が居るよ」

駆けつけるとコーヒーカーの裏に行き場を失ったヤマカガシが居た。

f0076731_16565015.jpg
まだ幼蛇でおろおろと彷徨っている。


f0076731_16563317.jpg
綺麗な文様の種で、
先日望桜荘の横で車にひかれていた蛇の子供と思われる。


また車にひかれると大変なので、
ブルーベリー畑に逃がす事にした。


f0076731_16572768.jpg

鎌首を持ち上げ、
けっこう威嚇してくる。

最近になって毒蛇だとわかったが、
牙は喉の奥にあるので油断しなければ大丈夫だ。


f0076731_16580534.jpg
蛙にとっては天敵だが、
人を襲うような蛇では無い。

f0076731_16572897.jpg
何しろ眼が可愛い。

この言葉は、
f0076731_17201182.jpg
こういう時にも当てはまる。
オトコにとって、
こういう事は本能的に大好きなので、
いつも何か獲物を求め彷徨うのだ。

更に当てはまる対象にようやくメスが入った。
ガッタガタのボロボロだったが、
どえらいクルマが中津スバルに辿り着いた。
f0076731_17204127.jpg
クラッチをオーバーホールしないと危険を感じた。
同時にブレーキもキャリパーごと交換し、
安全のレベルを数段引き上げた。


f0076731_17210201.jpg
初めてリフトアップしたところを見たが、
やはり直感は当たった。

アンダーガードで丁寧に覆われ、
競技専用に用いられた割にダメージが少ない。

f0076731_17211821.jpg
予想通りクラッチは風前の灯火だった。
強化クラッチにすると、
何か凄い性能を持つようになると考える人が多いけど、
決してそんな事は無い。

f0076731_17213121.jpg
フェイシングの面積も減るし、
粘度係数も高いので乗りにくい。

耐久性も良いとは言えない。

一分一秒を争うためのウエポンだ。

従って全てノーマルに交換した。

フライホイールには何の損傷も無く、
そのまま使う事が出来た。

f0076731_17214033.jpg
やはりスバルに詳しい人が、
しっかり愛情を持って使い続けただけの事はある。

サイドシルとフロアの構造がやっぱり普通のインプレッサと全く違う。

f0076731_17215183.jpg
STIで密かに製作されたテストベッドは、
今なら絶対に世の中へに出る事はないだろう。


フロントアンダーガードの取り付け部に、
少々錆が浮き出ているが、
このようなモノは愛嬌に他ならない。
f0076731_17220243.jpg
右フェンダーとサイドシルのつなぎ目で、
このクルマの異様さを感じた。
f0076731_17221020.jpg
その部分をフロアから見ると、
競技で戦った形跡が良く分かる。
f0076731_17222095.jpg
でも決して酷い傷つき方では無く、
腕の良い人がクルマを上手く窘めながら操ったようだ。

f0076731_17223259.jpg
ダンパーに何が用いられているのか良く分からなかったが、
テストしたら決して悪くなかった。
色から判断するとSTIの競技用パーツに思える。

f0076731_17224263.jpg
吉村整備士が調べたら、
やはりSTIの刻印が刻まれていた。


こうして第一次リフレッシュメンテナンスが終わり、
安全に走れる下地が出来た。
f0076731_16592900.jpg
テストの直前に佐賀県の松尾さんが来店された。


f0076731_16553543.jpg
現在仕事の関係で大阪に在住されている。
間もなく故郷に戻られるので、
この機会に中津川まで思い出を作りにいらっしゃったそうだ。


美味しいお土産をありがとうございました。
f0076731_16554966.jpg
鯖のお菓子を初めていただいた。
社員みんなで楽しませていただきました。
f0076731_20052381.jpg
ドライブエクスペリエにも参加され、
愛車の潜在能力を更に引き出す術を身につけられた。

f0076731_16561281.jpg
是非またお越し下さい。
場内を見学中の松尾さんに見送られながら、
ドキドキワクワクしながら初めての本格的な高速移動を試みた。

実に快調で、
手足のように扱える。

トンネルの中で反響するエキゾーストノートは、
これまでに効いた事の無い類いの独特で刺激的な音だ。


高速ワインディングでも、
効いた事の無い音を出す。

異音では無く怪音だ。
もの凄くレスポンスが良いので、
楽しくて速い走りが可能だった。

このクルマのパフォーマンスは、
サーキットで無いと試せない。

気持ちよく走っていたら腹が減ってきた。

そういえば朝から何も食べてなかった。
夢中だったので。

以前から気になるカフェが店を開けていたので、
大きくUターンした時、
パワステポンプがかなり急激に油圧を高めたようだ。

f0076731_16582220.jpg
クルマを停めた途端に白煙が吹き出した。

これには少し慌てたが、
この画像を会社に送ると、
「オイルがオーバーフローした」と診断された。



f0076731_16585155.jpg
ちょうど休ませるタイミングだったのだろう。
ペーパータオルでオイルをぬぐい、
レベルを確認して事なきを得た。

f0076731_16590347.jpg
ヒトもクルマも休息が必要だ。
美味しいコーヒーと、
本格的なライ麦を使ったパンで造ったサンドウィッチを食べた。

ドイツで修行したお嬢さんが造る、
手の込んだパンだった。

中津スバルの近くにも美味しいパン屋がある。

もうひとつレパートリーが広がった。

快調に中津川まで戻ると、
走行車線に奇妙なクルマが居た。

f0076731_08523699.jpg
この人もきっと夢中なのだろう。
f0076731_16595535.jpg
キャリアを牽引し、
サイドカーまで着いた凄いクルマだ。
f0076731_08524770.jpg
サンタクロースが乗っている。
だからこのヒトはトナカイなんだ。
愉快なハーレーだった。

このコスプレには脱帽だ。

今日は違う意味でのコスプレも楽しめそうだ。

マクレ-やポンズが現れる事を期待しよう。

会社に戻り吉村整備士の再点検を受け、


f0076731_16591325.jpg
綺麗に温水ウオッシャーで洗い流され、
翌日の大仕事に備え展示場に飾られた。


f0076731_16594326.jpg
もうすぐこのクルマがやってくる。


f0076731_21211937.jpg
高津さんの話が楽しみだ。

f0076731_06414853.jpg
ハイブリッドのtegoShiには、
STI製のフレキシブルドロースティフナ-が装着されている。

それは左右対称では無く、
左側のツボだけ押さえた設計だ。

実に興味深い。

スプリングはベースとほとんど同じだが、
前後のダンパーは全く違う。
f0076731_06415759.jpg
ショウワがまだ研究開発中の特殊なバルブを用いた、
STIの秘密兵器だ。

平川社長は妥協を許さない性格だ。

原価の高いダンパーを惜しむ事無くコンプリートカーに与えた。

その目的は何なのか。
10月10日に試乗できることになった。
それまで楽しみに待とう。

by b-faction | 2016-09-18 08:56 | Trackback | Comments(6)
それなりの「吊し」商品と執念の「tS」完結編
tSに乗りたい人も多いだろう。
内容も期待して欲しい。
まだ情報解禁にならないのでもう少し待って欲しい。

東京は蒸し暑かった。
この大都市が都知事選後揺れている。
f0076731_16283964.jpg
「それなり」の仕事が暴かれ、
血税が宙に浮いた。

誰が責任を取るのか見物だ。
注目しようじゃ無いか。
そもそも都民だって呑気なもんだった。

あそこで採れる牡蠣を平気で食べていた。
知らずにもらって食べちゃった人だって居るはずだ。
ひょっとすると、
居酒屋で出されていたかもしれない。

このブログは
まだ立ち上げたばかり頃に、
お台場で見た事を書いた。


「tegoShi」のダンパーを語る前に、
強烈に忙しかった今週前半を振り返る。
今月の半ばにさしかかると、
自分が今どこに居るのか、
瞬間的に解らなくなる時があった。

そんなわけで、
せっかく来て頂いたのに掃除に夢中で失礼しました。

作業服姿で申し訳ありません。
f0076731_16153661.jpg
埼玉県の久喜市から小倉さんがいらっしゃった。
f0076731_16043776.jpg
お心遣いありがとうございました。
f0076731_16284990.jpg
かんぴょうを素材にした珍しいお菓子だった。
f0076731_16285987.jpg
リンゴとのコンビネーションがとても良かった。
社員みんなで美味しくいただきました。


「岐阜本社へ出頭せい!」と指令が飛び、
慌てて駆けつけた。

和田社長、
20分以上遅刻して申し訳ありませんでした。
f0076731_16291482.jpg
お土産をいただいた。
開けると浦島太郎になるような気がした。
f0076731_16292871.jpg
おっかなびっくり裏を見ると、
何と岐阜スバル純正ではないか。
いよいよ岐阜スバルもお土産販売を始めたようだ。
f0076731_16293929.jpg
食べ物を売るなんて、
なかなかやるじゃ無いか。

中津スバルの、
遥か上を行く商品開発だ。
f0076731_16295232.jpg
これは凄い。
ビッシリと「どら焼き」が詰まっている。
f0076731_16301358.jpg
ドラえもんが喜びそうな、
立派なお土産だが、
少々詰めが甘い。

どこにも切り口が無い。
両手でちぎれるほど引っ張っても封が切れないので、
f0076731_16302854.jpg
ハサミを取り出した。
f0076731_16305056.jpg
しっとりと手になじむ美味しそうなどら焼きだ。
何しろ純正品だから、
味の方も「それなり」に美味しかった。

先日乗ったグレイスを思い出した。
トルクもあって甘い走りだが、
それなりの性能しか無かった。

「詰めの甘さ」と「手抜き」の違いは何だろうか。

ここは実に難しいところだ。
同じような事なんだけど、
前者には可愛げがある。

後者には悪意を感じる。

インプレッサのヘッドライトは遂にSRH化されて、
実に素晴らしい性能になった。


f0076731_16310401.jpg

フォレスターのSRHを体験すると、
それ以外に装着されるアドバンスドセイフティパッケージが邪魔に思える。

tegoShiに付けなかったのも、
そんな理由からだ。

今後まだまだ改良を重ねるだろう。

最初のチャレンジだったから「詰めの甘さ」もあった。
6MTが発売延期となったのがその例だろう。

ところが「手抜き」は少し違う。
f0076731_16311548.jpg
見ただけで解るだろうが、
少し注釈を付けると、
レヴォーグと同じなのが気に入らない。
f0076731_16312376.jpg
ライトオンにした途端、
左右のランプに「惜しいなぁ」と思った。
f0076731_16313170.jpg
こうしてブレーキを踏むとなおさら良く分かる。
今年の夏、
ドイツに行った時、
オペルに良く似たワゴンがあった。
だが、
夜に見ると放つ光はもう少し洒落ていた。

もっと上品に、
繫がった細くて強い光を出し、
リヤゲート側までラインを光らせる必要がある。

これは開発者では無く、
もっと違うところに問題がある。

やれる事をやらせていない。

その証拠がこのブログにある。

でも価格を考えたり、
色々な用件から「割り切り」が必要になる。

だから「吊し」の商品には、
「それなり」のモノが多い。

東京の仕事も結構「それなり」だ。
同じ所を掘ったり埋めたりご苦労だが、
作っている人達は「計画的だ」と言うに違いない。
f0076731_16314116.jpg
俯瞰すると何をどうしているのか良く分かる。
何年間に渡って蓄積した写真を、
一度並べてみるのも面白い。
f0076731_16315365.jpg
「それなり」の街で、
「それなり」のオリンピックになるのだろう。

おっと、
それでは困る。

世界から日本は期待されている。

「それなり」の仕事で、
「それなり」のオリンピックにしては絶対にいけない。

「それなり」の商売を、
真似する事が大好きな連中が、
大勢集まる会議に参加した。

新型インプレッサのテールランプを見た直後だったので、
少し機嫌が悪かった。

とある北陸の車屋が、
顧客を舐めたチラシを作った。

「手抜き」を直感したので、
強く叱責した。
詰めが甘いのでは無く、
社長が手抜きすると仕事の良否だけで無く店の方針まで腐る。

そんな方針を作るヤツも能無しだが、
その連中から金を取って指導する奴らもお粗末だ。
f0076731_16320555.jpg
せっかくの今半の弁当が、
何とも切ない。

この品の選び方も「詰めが甘い」。
f0076731_16321705.jpg
揚げ物を入れないというポリシーを忘れ、
安易に肉に走った弁当だ。

まずくは無いが、
節操のかけらも無い。
手抜きとは言わないが、
選んだ人間の「詰め」が甘いな。

東京出張の相棒は今回もS207だった。
岐阜まで往復した後、
会社でダイレクトメール発送の準備をして、
そのまま東京へ向かった。

都内の移動も昔に比べ楽になったが、
たまには忍耐を強いられる。
f0076731_16323060.jpg
丸で囲った部分は積算距離計だ。
遂に5000kmを超えた。

クルマの調子がかなり変わった。
1万キロまで4000㎞少しに迫った。

ここでちょっと実験だ。
渋滞が始まった瞬間にトリップメーターをリセットした。

以前より車体が柔軟に感じてエンジントルクも増えた気がする。

もっとも、
最近ではシェルのVパワー以外の燃料を飲ませないようにしている。

デリケートなエンジンには見事に差が出る。
f0076731_16324473.jpg
渋滞の首都高速や、
東京都内あちこちを走って、
26㎞少し走ったときの燃費が知りたかった。
f0076731_16325649.jpg
328馬力のコンプリートカーとして、
十分納得できる数値だと思う。

この写真は地下駐車場から車を出し、
f0076731_16330918.jpg
信号が続いて前に進めなくなった時に撮影した。
その直前まではリッターあたり9㎞を割っていなかった。

「S」シリーズはエンジンのバランスを取り、
可能な限りワークスチュンを施した、
MT専用設計のクルマを指す。

勿論サスやダンパーも特別製だ。

STIは数年前に「tS」をコンプリートカーの主軸に置こうと、
少しゲスな企みをした。

その姿勢に反感を持ち、
一部を除いて一切取り上げてこなかった。

ところが「tegoShi」から明らかに思想そのものが変わった。

だから応援する事にした。

なぜならそれを「反逆の狼煙」と感じたからだ。

tegoShiの続報は次に詳しく述べる。

この部で執念の「tS」と定義づけて、
今後のtSを占いたい。

スバルが大成功した理由は、
安全性能の具体的な数値化だと思う。

これは何度もここで展開した持論だ。
中津スバルもクルマの安全性能が、
最も重要な開発用件の一つだと思っている。

だがそれは「その中の一つ」に過ぎない。

当たり前の事を当たり前だと思わずに、
執念でここまで登り詰めたスバルは凄い。

けれども、
それ以外の「走りの性能」はスバルが究極的に求め続ければならない「掟」だ。

それを忘れたスバルは「呑み込まれる」に違いない。

呑み込まれないためにどうするのか。

簡単だ。

STIに凄いクルマを造り続けさせれば良い。
だが難しかった。

世界的な需要の増加で、
いくら造ってもクルマが足りない。

スバルは生産効率を高めないと目前のハードルが飛び越えられない。

だから必死なのだ。

STIのベースになるクルマがドンドン減っていく。

こういう時に発想の転換出来る所に、
スバルの魅力がある。

スバルに居たままで「STI」を造ろうと企てた。
すると待っている人がとても多い事が解った。

ならば期待に応えたい、
と思ったのが、
スバルでは無くて平川社長率いる新生STIだった所が実に面白い。

下手な料理だった「tS」を起死回生の商品企画で蘇らせた。

それを見て「敷居」を上げて、
「間口」を広げる戦略と見た。

造る側の思い込みとも言える台数限定を取り払った。
「限定」という言葉に弱い人をくすぐる商法では無く、
横綱相撲を取ろうとしている。

tSから台数限定を取ると何が残るか。
それは「実力」だ。

S207に乗りたくても乗れない。
決して価格では無く、
イージードライブに慣れ親しんだ人をどうするのか。

そういう人に、
全く「S」と同じモノを渡す方法として「tS」を焼き直し押した。

これなら良く分かる。

たとえばSTIに対して800万円するクルマを出して欲しい、
とお願いしているが、

これまでなら、
もし出しても後が続かなかった。

22Bが良い例だろう。

f0076731_16345536.jpg
会社に戻ると22Bオーナーから陣中見舞いが届いた。
まだお目に掛かった事は無いが、
このブログを愛読して頂いてるという。

栃木県にお住まいの辰巳さんだ。


tSを上手く使えば、
今後のSTIは更に面白くなるだろう。

あくまでも私見だ。

STIの平川社長にも、
スバルの吉永社長にも、
来年の100周年に向けてもの凄いクルマを造りましょうと伝えてある。

スバルマガジンもその考えに同意するはずだ。

限定車で22Bの様なクルマを国内専用に造ってしまうのだ。
価格は800万円オーバーになるのもやむをえない。

これまでならスバルが反対して二の足を踏むところだが、
今のSTIは少し違う。

その反撃の狼煙がtSなのだ。

もし究極の「S」を換えない人達でも、
もしそれでtSを造ればどうなるのか。

STIそのものが、まったく同じ外観で「tS」を台数限定せず造るならば、
反対する理由はもう無い。

それに800万オーバーのSが、
たとえ一日で売り切れないとしても、
全く心配していない。

なぜか。

この究極の「S」計画を、
「Z計画」と名付けた。

欲しい人は外国に腐るほど居るだろう。

終わり


by b-faction | 2016-09-16 21:58 | Trackback | Comments(14)