人気ブログランキング |

S402でグランドツーリングを極める

2009年のスバル全国販売店大会は
12年ぶりに博多で開催される事になった。

博多は魅力的な街だが
まだ一度も長時間滞在した事が無く
いつも通過点にしか過ぎなかった。
f0076731_213918.jpg

そこで、今回はレガシィで博多まで行くことにした。

理由は大きく分けて3つある。

<最大の目的>
新型レガシィ発売に備え、
現行モデルの「昇華型」である、S402の走りを極める事で
グランドツーリングが何たるかを、
もう一度基本から考察したいと思ったからだ。
f0076731_21402359.jpg


STI渾身の作、S402
コイツをまるでサーキットが延々と続くような
中国自動車道で、思うが侭に操ってみたい。
f0076731_2142261.jpg


ニュルブルクリンクを走っているように
感覚が飛ぶ瞬間がある。
f0076731_21433239.jpg

何度走っても中国自動車道は楽しい。
此処を走るのはこれで4回目だ。
初めて中国自動車道を走ったのは
もう20年以上前。
友人の結婚式に出席するため、
今回と同じように妻と二人でグランドツーリング。

クルマはスバルレオーネクーペRX/Ⅱ
スバルで初めてのセンターデフを持つフルタイム4WD。

既にそのレオーネは
充分グランドツーリングの能力を持った車だった。
そのときの笑い話。
早朝に出発したのはいいが、
名神大垣まで、約100キロ走ったところで、礼服を忘れた事に気づき、
あわてて家まで取りに戻った。
したがって、博多くらいまでの走行距離は走ったことになる。

当時、妻は身重で、おなかも相当大きかったがビクともせず
全く心配なく長距離を移動できた。

良い思い出になっている。


懐かしい光景を久し振りに見た。
f0076731_12836.jpg


妻は珍しがるので、
たぶん前回来た時には、
ぐっすり眠っていたのだろう。

このパラボラアンテナが、
何の施設か御存知の方が居たら
是非教えて欲しい。


博多まで行くのに名神から中国自動車道をひた走る。
f0076731_2146159.jpg


今日は想像以上に車が少なく、
操る喜びを存分に楽しめる。

S402はアイドリング時にエンジンからの鼓動を
忠実にドライバーに伝える。
ということは
エンジンマウントなど
ブッシュ類に、かなり硬いものを使用しているはずだ。

ステアリングもスバル車で最もクイックな
13:1のギヤ比を持つ仕様が搭載されている。

なのに、何故か乗り心地が良いのだ。
それに操縦性も決してヒステリックではなく「しっとり」している。
特に感じるのは、
上下方向にうねりの大きな路面を
かなり高速で乗り越えても
体に感じるストレスが極めて少ない。
いわゆる
ふわーんんっ
とした感じが少ない。

こういう部分は長距離走行するのに重要な要素で
いくら走っても疲れるどころか

もっと走りたくてワクワクドキドキしてくるのだ。

これこそが最もスバルらしさ
感じる部分だろう。

そしてもう一つ重要なのが

ストッピングパワーだ。

加速力の鋭い車には
マイナスの加速力であるブレーキ能力の強化は必須要素だ。

STIの刻印を纏う事を許された6PODモノブロックブレーキキャリパーは
過去も含め
スバル車の歴史の中で


最高

のフィーリングと実力を併せ持っている。
インプレッサRA-Rのも凄かったが
サーキットスペックのため、まだこれほど熟成した味を持っていなかった。

例えて言えば


時速160キロから何の不安も無く
フルブレーキが踏め
瞬時に時速80キロまで減速できる。


なのにタッチはとても柔らかい
それも決してスポンジーじゃなくて。
相当な熟練者による味付けだと思う。

ブレーキが良い事は
安心感の上でこれ以上のものはない。
停止直前のブレーキ泣きも、
今回の1800キロの旅で一度も発生しなかった。
これは驚異的でさえある。
さすが、STIによりスバル車専用にチューンされただけの事はある。

これだけで100万円以上の価値はあるので、
今後もSシリーズだけの特長として育ててもらいたいものだ。

空いている道路だが、
時には妖しいオーラ
を出す車も現れる。
f0076731_1239637.jpg


何故だかわからないが、

この車を見たとたん


「さー抜いておゆき、さー早く」

とまるで催眠術にかかったようになる。
f0076731_12393187.jpg

この時も、そんな誘惑に駆られた。

こういう時こそ重視しなければならないのが
野生の勘だ。

ミニバンや軽自動車で
飼いならされてしまった
クルマ好きの人々たちにお願いしたい。

男に帰ろう!

是非もう一度呼び覚まして欲しいのは
野生の勘だ!

鷹が兎をねらっているとしよう。
出会ったらやるかやられるか。
弱肉強食なのだ。

ありとあらゆる
危険回避には野生の勘を磨くしかない。

そして
漫然運転を絶対にしない
ことだ。


遂に
九州に初上陸。
f0076731_21462061.jpg


<次の目的>
高速道路1000円乗り放題を自ら体験して
博多まで一体いくらでいけるのか実証する事であった。

そして
<3番目の目的>
毎年博多から中津スバルを目指し、
22Bで来訪していただくオーナーを
表敬訪問することだ。
f0076731_21444240.jpg


九州自動車道の
福岡インターから都市高速を経由し
22Bオーナーである児玉さんの仕事場に訪問。
f0076731_21464739.jpg

さすがこだわりのスバリスト。
ソン所そこらの歯医者さんではなかった。
f0076731_2147217.jpg

こんな、綺麗で入りやすい歯医者さんで治療していただけるとは
博多の市民がうらやましい限りだ。

完全個室治療で、看護婦も愛想が良い。

今は同級生の歯科医で治療を受けているが、
酷く愛想の悪い、ネコ娘みたいな受付けの女性に、
いつも辟易としていて、
何かいまひとつ満足感に乏しい日ごろの治療から考えると
ここは、まるで夢の国のようだ。
f0076731_21472631.jpg

そのあと、宿泊先のシーホークホテルへ。
結局、ここまでの高速道路代金は2700円で
本当に安い。驚いた。

グランドツーリングについて
また明日、じっくり語りたい。
by b-faction | 2009-05-16 21:49

毎日の活動やスバルについてご紹介します


by b-faction