人気ブログランキング | 話題のタグを見る

シリアルナンバーに込める想いと極道について。

極道と言う言葉がある。

あまり良い意味では用いられないが、

此処ではあえて取り上げたい。

悪事を働く人の事、と言うのが

真っ先に浮かぶイメージなのだが、

道を極める、と書かれているように、

放蕩の限りを尽くすような、

男にとっては、

やりたい気もするけど、
ちょっと、
踏み出せないような、

そんな限りない「ロマン」
匂わせる部分もある。

博多に、




凄い極道が居る。


彼とは、
ぜひ一生を通じて御付き合いしたいと願っている。
筋金入りの男だ。







シリアルナンバーに込める想いと極道について。_f0076731_17102312.jpg



そして、
その「極道の妻」が・・・・




凄い。



シリアルナンバーに込める想いと極道について。_f0076731_16323266.jpg



全身、
刺青だ。





実際、これくらい気合が入った愛され方をされれば、
妻も幸せに違いない。
愛し方は半端ではない。

昨年のファクトリーツアーでは、
高速道路の移動中でさえ、
汚れを優しく拭取る、
その姿には、感動した。
まさにスバリストを超越した極道のだと思う。

毎年こうした極道の集まりが中津スバルで開かれる。
シリアルナンバーに込める想いと極道について。_f0076731_1712552.jpg


感極まって
当社のCMにも登場していただいたほどだ。
シリアルナンバーに込める想いと極道について。_f0076731_1713660.jpg


そんな中で、今年になって、
他の、
ある極道が少し道を外しそうになった。

年明け早々、
本当に遠慮がちに、
「社長、実は22Bに6速ミッションを載せたいんです」
「たぶん社長は反対するかもしれないけど」
と相談を持ちかけられた。
それは
個人の自由なので、
しょうがない
寂しいが、
希望は受け入れる。
でも、
出来る事なら、やめてほしい。
なぜなら、それは、

冒瀆
に値する行為だからだ。

何故、刺青が許せて、
機能重視のカスタマイジングが、許せないのか。
疑問に思われる方も多いかもしれない。

しかし、冒瀆というからには
理由がある。

人間に例えると、健康な体に
刺青をしようが、
ピアスをしようが一向に構わない。
個人の自由である。

しかし、歳は取ったが、
健康で、

神聖な体の、

臓器を外し

そこに、若い臓器を移植するなど、

ありえないことだ。

自分なりの美意識や価値観がはっきりしているので、
このあたりは譲れない。

しかし、道を外しそうになった
22Bのオーナーを責めたりするつもりは毛頭無い

STIでさえ似たような過ちを犯すからだ。

冒瀆と言う言葉は
神聖な物をおかし汚す、という意味がある。

STIのリリースする
神聖なものにはシリアル番号が入ってしかるべきだ。

だが、
逆説的に言えば、
いくら限定品であっても、
顧客が自由自在にカスタマイジングすべきものであったり、
オーラが漂うほどの商品でなければ、
安易に

シリアルナンバーなど
入れるものではない

実におこがましい商品企画である。

数年前に
タイプRA-Rが出たとき
そのコンセプトには痺れた。
300台限定なのにも関わらず、
そういうことで、一切煽ったりしないばかりか、
あなたの腕にあわせて、
存分にカスタマイジングして欲しいと、

声高々に謳ったのである。

これこそ、武士魂を感じる商品企画である。

それに比べ、
姑息に感じる、
Rシリーズの誕生。

此処は是非Rの原点に帰って欲しい。

Rの原点は
STI自身
シリアルナンバーに込める想いと極道について。_f0076731_17535123.jpg


一番良く知っているはずだ。

はっきり言うが、自転車のプロ
シリアルナンバーに込める想いと極道について。_f0076731_1733212.jpg

山口選手のほうが、

現状のSTIより、

よっぽどシリアルナンバーの意味が解っている。

スバルが送り出した、
XB
シリアルナンバーに込める想いと極道について。_f0076731_17335231.jpg


彼にどうしても、
スタンドが欲しいといったら、
彼は悩みに悩んでこういった。
シリアルナンバーに込める想いと極道について。_f0076731_1736625.jpg

「シリアルナンバーのある自転車に傷を付けたくないんです

3度悩んだ末に
彼が付けてくれたスタンドだ。
シリアルナンバーに込める想いと極道について。_f0076731_17362465.jpg


ところで、
話は変わるが、
何でも、
XBに買い物カゴを付けろと言った、
スバルの大御所の存在も聞いた。

これはこれで、
ある意味、
超極道だ。

ね、竹中さん。
シリアルナンバーに込める想いと極道について。_f0076731_17373395.jpg

Commented by Route09 at 2010-02-18 22:06 x
「や」のつく職業の人にしても、いわゆる「不良」にしても、一般人に手を出さない、一般人を引き込まない、なら、それはそれで「あり」だと思います。だからこそ、掟の道を究める者で極道とついたのではと推察します。

6速化された22Bですが、2年ほど前に某オークションサイトで見かけました。そんな邪道な(笑)と思いましたが・・・

「シリアルナンバー」に関する見解には同意します。
私は、試乗も出来ないですし、購入したわけでもないので、あまり大層なことは言えませんが、”R205”という”車自体”に関して、画竜点睛をなんとやら、と言うような姑息差は感じなかったのですが・・・・・・
先日のブログの返答コメントにもかかれていた、DVDが・・・と言うお話も含めて、深く聞いてみたいお話です。

余談ですが、レガシィRS-RAは、レオーネRX/Ⅱクーペ、初代ランカスターMT車と並んで乗ってみたい車の筆頭です^^;
Commented by b-faction at 2010-02-19 16:03
Route09さん、対義語ではないのですが「外道」という言葉があります。
広辞苑で外道を引くと出る2番目の意味。それがSTIに対して問題提起した源流にあると思って下さい。
レオーネRX/Ⅱクーペは、初めて新車で購入した愛車ですね。
初代ランカスターMT車は、どうしても欲しくて4年ほど前に仕入れたことがあり、
今でもお客様が愛用しています。
もちろん、テストで長距離を走らせました。デュアルレンジの面白いクルマです。
RS-RAはアイドリングでも明らかに他とは違うエキゾーストノートです。
それだけでなく、10万キロ近く走行していたのにも関わらず、非常に剛性感のあるエンジン音がかなり印象的でした。
浦安にあった頃の某オークション会場で見ただけで、
走らせたことは無いですが。
Commented by 翼パパ at 2010-02-20 11:00 x
こんにちは!博多の極道です(笑)
社長なりの上手い表現で、楽しく読ませていただきました。
STIに本意が伝わればいいですが・・・
先日、ドイツ人のスーパーモデルに浮気してしまいましたが、正妻への愛は永遠です(笑)というか、他を知って、よりスバルや22Bの良さがわかった気がします。
スバル/STIにはこれから、より魅力的なモデルを世に出してもらいたいです。
Commented by b-faction at 2010-02-20 12:51
ブランドが何かを知り尽くしたコントローラーが必要です。
今、そういう人が居ないから、
STIは尻尾の無い凧みたいになってるんだと思います。

翼パパさん、こんにちは。早いもので、ワンシーズン跨いでしまいましたね。
あの日の熱さが今も蘇る毎日です。僕の中には、
「かっこいい事は長続きしない」という、理念があります。
そのあたりを、次に説明して、
何故こんなに今回こだわるのか締めくくりたいと思います。
STIにもきっと真意は伝わると思います。
ところで、
今年はB-factionの中で、
22Bを囲むのもいいかなと思ってます。
またサプライズを考えますからお楽しみに。
Commented by W-STER at 2010-02-20 23:09 x
楽しく拝見させて頂きました
昨日偶然なんですが
STIの伊藤さんをよく知っているという
3.0Rセダンでサーキットを楽しんでいるという
S社の社員の方と、お話ししました

彼もB-factionに集った方々と同じ極道の空気があり
熱く語り合ってしましました

社長に相談した事もある自分の愛機は
3WDになってしまったようで先日・・・逝ってしまいました(悲)

SUBARU AWDは2台となってしまいましたが
これからも御指導御鞭撻、お願いいたします

Commented by b-faction at 2010-02-21 13:09
S社というと、スズキですか。
過去の提携先で、一番意味の無い関係でしたよね。
得したスズキは、ワゴンRの操縦安定性が著しく改善したのに、
こちらはサンバーのラジオだけでしたよね。それもきわめて音質の悪い。
これだけ見ても、今の提携がどれぐらい良いものか、解りそうなものなんですが(笑)
SGは御役目を終えましたか。
レガシィ入れたらどうですか。このクルマを知らずして、
スバルを語れずだと僕は心底思ってます。
極めて下さい、その道を。

火曜の深夜から、また出張です。
BR9に久し振りに鞭を入れます。
品川まで何分でいけるか楽しみです。
Commented by W-STER at 2010-02-22 10:16 x
Sとは、SUBARUです(^^;)
ViViOでジムカしているという方もいました

レガシィ購入考えていた友人が身長163Cmなので落ち着かないと
悩んでます・・・

海外では好調らしいですね~
軽の生産ラインは、FT86のライン変更してるとか

Commented by b-faction at 2010-02-22 16:37
W-STER さん、じゃあ、正確にはF社ですね。
レガシィは絶好調ですよ。海外だけでなく国内でも。

以前からお話しているように、
レガシィは本当に
ありとあらゆる点が新しくなり、根本から先代を凌駕ました。

昨日もターボのSパケ パールホワイトが目出度く受注となりました。
BPレガシィからの乗り換えです。
違いの解るヒトは、
確実に増えています。

あえて言いますと、
「でかくなった」と言うだけで判断すると
味オンチになります。

やはりシャシーに眼を向けないとね。

また、古くからの諺、
「大は小を兼ねる」を思い出しましょう。

身長が163cmなので、落ち着かないという事、
良く考えると非論理的ではないですか。
Commented by ラリー好き at 2010-02-22 23:31 x
道を外れると見境なく目先のことばかりを改善しようとしてしまいますよね。自分に当てはめても利益に繋がることを安易に次々とやってしまいます。不況不況と言われそんな自分になっている気もします。
Commented by b-faction at 2010-02-23 11:17
「ラリー好き」さん、おはようございます。
ラリー好きな僕にはいい響きですね。
ラリーに冷めてしまったSTIにおっしゃる言葉がそのまま当てはまります。

ただし、自分にとっても、同じだと気付かされました。
サファリラリーでレオーネが何位を走っているかに、
一喜一憂した「あの頃」をもう一度取り戻したい。

メキシコラリーでの新井選手の走りに期待しましょう。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by b-faction | 2010-02-17 17:24 | Comments(10)

毎日の活動やスバルについてご紹介します


by b-faction
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31