インプレッサ1.5iの軽快な脚を南アルプスで試す

春まっただなか。
f0076731_19145376.jpg

南信州の桜を楽しんだ。
中津川周辺も美しいが、伊那谷は更に奥が深い。

ある神社の境内にある満開の桜に目が留まった。
とても綺麗だったのでWRブルーのインプレッサをその下に停めた。
f0076731_19163571.jpg

明治時代に作られた大きな灯籠が、
桜と調和し独特の世界が構築されていた。
ライトアップされた姿は、
さぞかし美しいことだろう。

その頃、
中津川で妻が望桜荘の桜を撮影した。
中仙道の向こう側の桜は満開だ。
けれどもヤマザクラはまだ満開にほど遠い。
f0076731_19182031.jpg
でも昨日は3分咲き、
今日は5分咲きと急速に花が開いている。
だから次の週末あたりからが見頃になるだろう。

「桜まつり」を開催するので、
ぜひご来場いただきたい。

さてインプレッサで色々な所を駆け回った。
この中央構造線が真下を走る場所では、
昭和30年代に大規模な地滑りが発生し、
多くの人々の命が奪われた。
その爪痕がくっきりと残っている。
f0076731_1928951.jpg
高い所から見ると、
半世紀たった今でも砂防工事が続く。
そのスケールの大きさに、
いつも見ても息を呑む。

随分前からこの風景を眺めているが、
かなり様子が変わったようだ。

狭く曲がりくねった急坂路をイプレッサの軽快な脚で、
しなやかに駆け上る。
f0076731_19452744.jpg
最新のエコタイヤEX10の悪路走行性能も試した。
ブリヂストンの自信作は良いフィーリングだ。
軽いインプレッサにぴったりの、
路面を軽快に掴み、
踊るような楽しいハンドリングを味わえる。

この日、面白い豆腐を見つけた。

大鹿村には不思議な場所がある。
それは昔から塩水が湧き出る場所だ。

しかも、ニガリ分の全く無い、
岩塩のような塩なのだ。

ちなみに、
現在のところ
日本に岩塩は存在しないといわれている。

それなのに、
ここにある温泉には塩が含まれ、
食塩を作っている。
町おこしで誕生した場所でへ、
その塩が売られている。

すぐ隣にある豆腐工房で、
名物の豆腐を買った。
1丁500円と高価だが、
地元産の豆を使ったおいしい豆腐だ。
f0076731_19205938.jpg
これに大鹿村で取れた塩をまぶすと、
とても美味しく食べられる。

何もつけずにパクパク食べても旨い。
大鹿村で三代続く豆腐屋が、
「塩の里」で売るために作った。

産直ブランドとして、
いつまでも続いて欲しい。

たかが豆腐と侮らず、
こうした贅沢にお金を投じて欲しい。

鹿塩温泉でカラダを癒したら、
次はこのフワリとした豆腐を味わい、
素敵な豆の香りを愉しんで欲しい。
豆腐の素朴な甘みが、
口の中いっぱいに広がるはずだ。
この豆腐は柔らかいのにも関わらず、
しっかりした手応えを感じる。

GH系の最終発展型は、
とても素直で扱いやすい。

その上スポーティーに走る。
このインプレッサはツインカムエンジンを搭載し、
5速手動変速機を持つ珍しいタイプだ。

以前はこの様なクルマを当たり前に乗る人が多かったが、
最近はほとんど見かけない。

インプレッサのFWDは4WDに比べ、
プロペラシャフトもリヤデフも持たない分、
駆動抵抗も少なく重量も軽い。

従ってこのクルマにしかない味の良さは、
乗らなければ解らないほど際立っている。

ところが、
それを知らない人があまりにも多すぎる。

桜もパッと咲きパッと散るから、
誰もがその美しさを本当に知り尽くしているとは言い難い。

GH系の1.5リットルエンジンを搭載したFWDも、
おそらくパッと咲いて潔く散るだろう。

その性能を隅々まで堪能し、
歴史的なクルマを記憶に留める。

これからはグローバルスタンダードがスバルの本流だ。

国内専用という無駄の極地を、
味わえるうちに味わっておくと良いだろう。

大鹿村の豆腐も無駄の極地だ。
スーパーなら100円程度で買えるのに、
ここまで来て買う価値があるのか。

比較級で考えるとそう言えるが、
絶対値だと高くない。

なぜなら材料が確かで美味しいからだ。

GH2を比較級で捉えると、
折角の良い味が理解出来ない。

絶対値で考えると、
水平対向4気筒エンジンを搭載し、
ダブルウイッシュボーンのリアサスペンションが俄然と際立つ。

これほど凝った構造を持つ「普通のクルマ」は日本のどこにも無い。

そこに目を向け、
スバルの本質的な良さを味わって欲しい。

終わり


トラックバックURL : https://bfaction.exblog.jp/tb/13339924
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by b-faction | 2010-04-07 19:42 | インプレッサ | Trackback | Comments(0)

毎日の活動やスバルについてご紹介します


by b-faction