人気ブログランキング |
ブログトップ

中津スバルの濃いスバリストに贈る情報

毎日の活動やスバルについてご紹介します


by b-faction
プロフィールを見る
更新通知を受け取る

桜まつり最終日に特別なインプレッサを比較テスト

f0076731_1574938.jpg

昨日の夕日は美しかった。
寒い日が続いたが、
その分、綺麗なものも、見ることができた。
望桜荘の古木も、
これくらい大きくなると
先端と根元に近い枝では、
タイムラグが生じるらしく、
これは毎年の事であるが
下のほうが散っても
先端には花が残る。
f0076731_1510272.jpg

また、全体に上のほうが赤く見えるのは、
若葉が赤緑だからだ。

それが徐々に赤みを消してゆく

ブログをご覧になった方から、
早速、良い選択だと褒められた
G11

そいつを持って
昨晩は会社周辺を一回りした。

桜も綺麗だったが、

f0076731_16102465.jpg

芝桜も、もう満開だ。
f0076731_1517372.jpg

綺麗といえば
中津スバルから夜空を見ると
とても素晴らしいときがある。
f0076731_15321567.jpg

昨晩の日没の後は
こんな感じだ。
三日月が美しいだろう。
f0076731_16294114.jpg

メローペ80Aは、
まだ眠ったままで、
デジカメでは、
いくらいっぱい拡大しても
ここまでだ。

しかしフリーハンドで
ここまで写せるなんて、
G11は意外にも高性能だ。



でも、やっぱり
自由自在に天体望遠鏡を操れるようになりたい。

綺麗な夜空を撮影した後は、
毎日楽しみな、

晩酌だ!

昨晩も好物を撮影した。
f0076731_15342439.jpg

中津川市で昔から鍛冶屋を営む
加藤家は
今では様々な金属加工を得意とする物造りの匠だが、
加藤社長は大切な友人の一人で
しかも彼の奥様は
木曽福島の酒蔵「七笑」で有名な川合家のご出身である。

加藤さんから、飛びっきりのプレゼントを戴いた。
昨日は蔵開きだったのだが
それに先立ち、
届いたばかりの逸品を
戴く事ができたのだ。
f0076731_15354882.jpg

この酒は

吟醸酒なので
五拍子揃っている。

愛飲している中乗りさんも
木曽福島にある。

あちらは
御嶽山の伏流水を使って仕込み、

七笑いは
木曽の桟でおなじみの
西尾酒造などと同じく、
木曽駒ケ岳の伏流水で仕込まれている。


木曽川を挟むだけで
眼と鼻の先
2つの酒蔵なのに、

f0076731_7261336.jpg

水も違えば
商品の開発姿勢も真逆といって良い。

しかし
どちらも4拍子揃えば

最高の味だ。

吟醸である必要はない

むしろ、
信濃錦のように、
磨かない事に誇りと意地を掛ける酒蔵もある。

斬九郎80
という、
精米歩合80%の純米酒。

実は一番好きな酒蔵だ。

純米酒しか造らないところが

スバリストの琴線をくすぐる。

絶対に外せない
4つの要素

それは

「純米」

「無濾過」

「生」

「原酒」
日本が世界に誇れる
食文化。

無農薬で栽培された
純米の日本酒。
生きている酒こそが、
体にも良いに決まってる。

酵母が腸まで届く様な気がする。

自分にとって、ヤクルト以上の効果があるといっても
過言ではないと思う。

さて、そんなわけで
純米無濾過生原酒で
いたって元気になり、
寒さも霧散して
が出てくる。
f0076731_15441213.jpg

庭にもいっぱい
幼虫が出てきて、
掃除するのが楽しい。

もうひとつの虫

自分の中の虫、
インプレッサのカスタマイジングだ。

それに先立ち、
面白い比較をした。

f0076731_843335.jpg

※お見苦しくて申し訳ないが虫が出ると髪の毛が逆立つ。寝癖ではないので念のため。

マリオがいたら喜んだろうな、
などと、ふと思いながら・・・・

現在、当社にあるインプレッサWRXの
高性能バージョンを
定期的なメンテナンスと共に、
テスト走行した。

3台とも、
ワンオーナーの上物だ。
偶然にも同じ色。

前オーナーの職業も似ている。
クールで、
スマートな人に、
共通する魅力が、
このクルマ達にあるのだろう。

まず、7万キロ走行し、
北原メカニックの手で
徹底的なリフレッシュメンテナンスが施された
S203をテストする。

f0076731_15493150.jpg

これに
中津スバルの匠の技を注ぎ込み、
逸品に仕上げ店頭に並べている。
逸品という理由は
B&Bサスを組み込んだからだ。

ご存知のように
B&Bとは
「吊るし」のビルシュタインショックではなく、
B-factionの味付けを加えて組み上げて貰ったショックだ。

7万7,500キロ乗ったクルマなのに、
今日のテストの中で、脚の仕上がりは最高だ。

決して我田引水では無い。

4台の走行姿勢を見れば
解る人には必ず解る。
スプーンコーナーを
思ったとおりにピタリとトレースする。


最高だ。
そして、新車同様の
まだ9200キロしか走行していない、
完全にオリジナルなS203をドライブ。

f0076731_15581521.jpg


当然、エンジンフィールや
全体的な消耗度は遥かに勝っている。
ただしショックがノーマル(といってもSの物だが)だ。

次にGDB最終型のA-lineを比較する。

走行は48400キロ。

Sシリーズとは異なるコンセプトだが、
ソフティケイテッドされた、走行フィールに、
Sシリーズの匂いをぷんぷん漂わせた、
非常に玄人好みのクルマだ。
f0076731_1625268.jpg


最後に
GRBを走らせる。
f0076731_163273.jpg


こちらは
クルマそのものが
森PGMの手で異次元の仕上がりになっている。
だが、
まだ饅頭の皮
厚い

賢明なこのブログの愛読者なら、
何をやる気になったのか
充分予測が可能だろう(笑)

次回のかわら版のネタ作りの秘密をご紹介した。

かわら版愛読者の皆さんは
次の134号をぜひ楽しみにしてもらいたい。


まず、
饅頭の皮を薄くする。

そして
フルーティな
立春朝搾りや、

中乗りさんの
自家栽培米
純米無濾過雪中貯蔵酒のような、澄んだ味ではなく、

少し「ひねた」味わいが

独特の旨みを持つ、

精米歩合80%の純米酒に近い、

雑味を楽しめる
クルマに仕上げていくつもりだ。
by b-faction | 2010-04-18 15:05