人気ブログランキング | 話題のタグを見る

GRBのドラポジについて-その2

ドラポジとは
ドライビング・ポジションの略である。

昔、GC8型のインプレッサを愛用している時、
そのシートを
スパルコのスポーツシートに交換したところ、
サスペンションを交換したぐらい、
素晴らしい
体感効果を得た。
それ以来、

ドラポジを重視している。

をキチンと固定して、
クルマの動きをお尻で感じる事の重要性を
覚えたからだ。


ところで、
2ヶ月ほど前
GRBのドラポジについて-その2_f0076731_1974138.jpg

R205をテストして以来、
どうも、
心の中で、
引っかかっていたのが、

R205に比べ、
愛機
クラッチワーク時の歯切れの悪さだ。

クラッチが切れないのではなく、
あくまでも
タイミングの話だが、
ヒールアンドトゥで減速するとき、
なんともギクシャクして、
気分が悪い。

特に
このように
GRBのドラポジについて-その2_f0076731_1982636.jpg

高原を風に乗って、
舞い上がるかのように
ドライブしている時、

ほんの数ミリのクラッチとアクセルの微妙なタイミングのずれが、
愉しさをスポイルする。

試しに、
GRBのドラポジについて-その2_f0076731_19927.jpg

入荷したばかりの最終型の希少車、
GC8クーペに乗って
同じように走ると、

びしびし決まる。


それで、
原点に帰り、
少しずつ、背もたれの角度と
スライド量を
微調整しながら
いつものコースでテストした。


調整前の様子。
別のインプレッサだが
参考までに。
GRBのドラポジについて-その2_f0076731_19131136.jpg

ちなみに、これは以前、
新型WRXセダンSTIで高速道路を走った直後に
かわら版のネタとして撮影した画像の一部だ。

GRBのドラポジについて-その2_f0076731_19133082.jpg

こちらは
調整後の5HBを
できるだけ同じような位置から撮った画像だ。


それぞれ
セダンと
GRBのドラポジについて-その2_f0076731_19142293.jpg

5HBの
リヤシートの足元の様子もご紹介しよう。
間隔はこのような感じで、
良く見ないと解らないが
微妙に5HBのシートが
後ろに下がっているのがお解かりいただけるだろう。

GRBのドラポジについて-その2_f0076731_19144513.jpg

画像にその差は
あまり出ていないが、

思わぬ効果に驚いた。

クラッチペタルを
少し遠い位置に置くような感じで
アジャストしただけで、
何と!
気持ちよいほど、
ビシバシと
クラッチワークが決まるようになった。

少し生意気な言い方かもしれないが

GC8で凝り固まっていた
ドラポジを
フランソワ・デルクールだとすると、

リチャード・バーンズのように
ゆったりしたドラポジにアジャストしたことで、
GRBにふさわしい
クラッチワークに近づけたのかな・・・
と思う。

そういえば、森PGMのドラポジも、
ゆったりしていたな。

しかしながら、
R205を、
それまでのドラポジで、
高速テストしたときに、


何故違和感を覚えなかったか、
今となっては謎だ・・・。

さて、
ドラポジを、
美味しいあんみつを買って来て、
例えてみたい。

はどれも最高だ。

GRBにも、
最高の具がちりばめられている。

理想的な
寒天(エンジン)や
GRBのドラポジについて-その2_f0076731_19165957.jpg

白玉(サスペンション)に、
飛びっきりの餡(ギヤボックス)。

そして
フルーツ(STIパーツ)
GRBのドラポジについて-その2_f0076731_19172886.jpg

を揃え、
(ブレーキ)
GRBのドラポジについて-その2_f0076731_19174588.jpg

をタップリ注ぎ込む。

ところが、

冷やした状態で上手に掻き混ぜないと
GRBのドラポジについて-その2_f0076731_191898.jpg

美味しくない。

即ち、
掻き混ぜる事は、

最適のドラポジで運転する事と同じ事だ。

そうすれば、
なんとも言えないほど
美味しい!

という、
基本中の基本が、


今回の経験で
改めて
良く解ったのだった。
Commented by 日下部 at 2010-08-19 20:48 x
こんばんは。御嶽山は毎日通勤で見ますが、僕もいつかは登ってみたいと思ってます。
ドラポジは僕も色々試してみますが、足が短いせいかかなりハンドルに近くなってしまいます(笑)
1.5リッターのインプレッサでも、ハンドルやシートの位置を微調整できるのでとても助かります。
Commented by b-faction at 2010-08-19 21:11
日下部さん、こんばんは。
1.5リッターのクラッチは
粘度係数が違い、とても優しいので、
これほどシビアに変化は出ませんが、
無段階調節できれば、
理想的ですね。

それこそXVですよ。

最高に旬の車ですね。

走りの設定といい、
電動シートでドラポジがバッチリ決められることといい、

下手すると、
GRBより良いじゃないかと
感動する時があります。

今度いっしょに乗りましょう。説明をより詳細にする事が出来ますから。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by b-faction | 2010-08-19 19:19 | Comments(2)

毎日の活動やスバルについてご紹介します


by b-faction
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31