人気ブログランキング | 話題のタグを見る

美しい紅葉と本当のうまさ。温故知新-その②

下界とは別世界がある。
美しい紅葉と本当のうまさ。温故知新-その②_f0076731_1919240.jpg

そこには、クルマでしか行くことができない。
新しいフォレスターを誘うように、
美しい紅葉と本当のうまさ。温故知新-その②_f0076731_1919267.jpg

優しい陽射しが降り注ぐ大切な場所で、
美味い空気を楽しんできた。

温故知新と言うからには、
美しい紅葉と本当のうまさ。温故知新-その②_f0076731_19195833.jpg

古いものを良く見る必要がある。
たびたび紹介しているように、
中津スバルではメカニックが協力して、
初代水平対向エンジンの最終型を、
動態保存すべく、全身全霊を注いで磨き上げている。
元々、富士重工のルーツは、飛行機会社であるとともに発動機メーカーである。
それを良く知るためにも、エンジンの歴史の変遷を、
実際の「もの」を通して学ぶ事は大切だ。

サードジェネレーションといわれる
最新の水平対向エンジンの登場にあわせ
まずそのことから準備を始めてきた。

スバルの整備を手がけたり、
自信を持ってスバリストを自覚される皆さんに、
クルマを売る以上、それは義務であり責任だからだ。

我々は喫茶店ではないから、特別の日以外、お茶しか出さない。
引き取り納車もよほどの事が無ければしないし、
全て有料である。

なぜなら、こうした勉強こそ、
見た目だけの「過剰サービスに優先すること」であり、
そんな「おもてなし」は、
レクサスを筆頭とする、右へならへの、
「そういう事」が好きなお店で、力を注いで欲しいと思っている。
美しい紅葉と本当のうまさ。温故知新-その②_f0076731_19202074.jpg

このエンジンは、
長く作られたOHVからOHCに大改造され、
ターボの力でエンジン出力を向上させたものだ。

ここまでを、第一世代とする理由は、まず芯間にある。
エンジンを造るうえで「芯間」は非常に重要なファクターで、
大幅にこれを変えようとすると、
製造設備まで一新しなければならない。
美しい紅葉と本当のうまさ。温故知新-その②_f0076731_19204486.jpg

改良に改良を重ねたEA型の最終モデル82は
一見コンパクトに見える。
ただ、水平対向エンジンは左右対称ではあるものの、
このように右と左がオフセットしている。
タイミングベルトカバーの外された状態で、
右側のウオーターポンプから
左側後部にあるディストリビューターまで、
約47~8センチあり、意外に大きい。

次にセカンドジェネレーションの
EJ型を見る。
美しい紅葉と本当のうまさ。温故知新-その②_f0076731_19211514.jpg

↑エクシーガのエンジンベイに収まった状態。

それがFB20は、エンジンベイを覗いただけでもこんなに違う。
美しい紅葉と本当のうまさ。温故知新-その②_f0076731_19215725.jpg


当社のストックヤードには、様々なEJ型エンジンが保存されていて、
大切な文化財として扱っている。
美しい紅葉と本当のうまさ。温故知新-その②_f0076731_19222699.jpg

このエンジンに掛けたスバルの情熱は凄まじかったからだ。
当時、20年から30年は世界のトップクラスに君臨するぞと言う、
執念を感じたモーターショーでの鮮烈なデビューを未だに覚えている。
美しい紅葉と本当のうまさ。温故知新-その②_f0076731_1923682.jpg

どす黒くて、一本のコッグドベルトで全てのカムを駆動する構造を、
見せびらかすように展示されたその姿には、強烈な戦闘能力を感じた。
それで、昆虫採集のように思わず展示している。

このエンジンの奥行きを測ってみる。
奥行きは36センチ。
美しい紅葉と本当のうまさ。温故知新-その②_f0076731_19233159.jpg

ちなみにこの標本は、
美しい紅葉と本当のうまさ。温故知新-その②_f0076731_19234878.jpg

未使用品のEJ18で、OHCのタイプだ。
このエンジンのクランクプーリーまで測ると
43.5センチだ。
美しい紅葉と本当のうまさ。温故知新-その②_f0076731_1924859.jpg

当時を振り返る。EJ型エンジンを造るために、全く新しいエンジン工場から立ち上げた。
その工場が大泉製作所だ。

水平対向エンジンをフルモデルチェンジすることは、
我々には、もうずっと以前から伝えられていた。

しかも、工場まで新設してエンジンを造るという。
その話を聞いたとき、スバルの将来について、
期待の花が更に大きく膨らんだ。

ブログでよくご存知のように、基本的にハイブリットに否定的であるが、
それは既存のエンジンを捏ね繰り回し、
電気仕掛けでごまかすから、とにかくクルマ自体が非常に重い。

誰しもそうだが、あせると目の前の事しか見えなくなる。
そういう流れの中、まずエンジンから見直した。そこに、水平対向エンジンに掛ける執念の凄まじさを見た。

FB20はクルマに搭載されたままなので、
全く同じように計測するわけには行かないが、
美しい紅葉と本当のうまさ。温故知新-その②_f0076731_19251545.jpg

短い事は事実である。
補器類がいろいろあるので、長さを断定出来ない。
が、本体は30センチぐらいの奥行きである。
美しい紅葉と本当のうまさ。温故知新-その②_f0076731_19253056.jpg

いろいろなスペックや、どういうものが付いたのかは、
自動車雑誌でも読んでほしい。
このエンジンの今の目的をいくつかに分けると、存在価値が凄く良く解る。
美しい紅葉と本当のうまさ。温故知新-その②_f0076731_19255861.jpg

まず、世界中の規制や数値目標に対して、全方位で対応する事が命題と成っている。
したがって、このエンジンにある意味強烈な「飛び道具」は一切無い。
しかし、環境と燃費性能でこれからの20年間を生き抜く最大の努力が払われている。

次に、製造コストを下げる努力が随所に見られ、
高性能なら高価でも仕方が無いという意識を
根底から改革している。
エンジン本体は、ほぼ100%自動的に組み立てられるし、
工場そのものから作っただけあって、生産効率も素晴らしい。
このエンジンを、先に米国でリリースし始めたくらいだから、品質管理にも抜群の自信があるようだ。

さて、スバルらしいチェンジレスチェンジで、
外観上の変化は、
グリル単体と
美しい紅葉と本当のうまさ。温故知新-その②_f0076731_1926957.jpg

リヤスポイラー。
美しい紅葉と本当のうまさ。温故知新-その②_f0076731_19263812.jpg

そして、エアコンコントローラー等ごく僅か。
美しい紅葉と本当のうまさ。温故知新-その②_f0076731_19265170.jpg

しかしクルマは別物で
サスペンションの動きが素晴らしく

正直な話、今の状態なら、もうこのクルマにビルシュタインサスを履く意味は無いだろう。
美しい紅葉と本当のうまさ。温故知新-その②_f0076731_1927295.jpg

高速道路も非常に安定して走れるだけでなく、
このクルマで最も楽しい場所、
そう、
ラフロードでの操縦安定性も極めて良い。

こうした傾向は、
インプレッサのXVで感じた事だが、
今回はエンジンまで一新したので
更にそれが際立っている。

山の上に登って、
この車の真髄を確かめようとしたら、
朝飯を食ってない事に気づいた。
美しい紅葉と本当のうまさ。温故知新-その②_f0076731_19275230.jpg

山奥にパン屋があると案内看板があった。

近くまで行ったが、とてもそんな雰囲気ではない。

歩いて登って、様子を伺うと、
美しい紅葉と本当のうまさ。温故知新-その②_f0076731_6492712.jpg

どこまで本気かわからないパン屋がある。

それもそのはずで、
ほとんどスーパーなどに卸しているらしい。
美しい紅葉と本当のうまさ。温故知新-その②_f0076731_19282741.jpg

まだ暖かい焼きたてのパンが欲しい
そういうと、怪訝そうな顔をして
奥からパンを持ってきてくれた。
美しい紅葉と本当のうまさ。温故知新-その②_f0076731_19284385.jpg

あえて冷まして出荷しているそうで、
焼き立てでも冷たくなっているとの事だった。

このパンなら、まだ暖かいと選んで持ってきてくれた。

商売気がなさそうに感じたが、
話してみればうなずける。
安いパンではないが、
まさに求めていたものだ。

何もつけずに
素の味わいを楽しめるからだ。
美しい紅葉と本当のうまさ。温故知新-その②_f0076731_19291631.jpg

新型フォレスターのテストにうってつけの食料が調達できた。

小さいほうが玄米で作ったパン。
大きいほうがソフトフランス。

早速クルマに戻り
美しい紅葉と本当のうまさ。温故知新-その②_f0076731_1930928.jpg

すずらん牛乳のドリンクヨーグルトと、
玄米のパンで朝食を摂る。
美しい紅葉と本当のうまさ。温故知新-その②_f0076731_19302562.jpg

この自然の甘みは格別で
「ほんとうのうまさ」
とは、こういうものだと、嬉しくなった。

もうひとつは昼飯用にする。

かさばらず、今日のように体を運かして、
更に眠気を招かないためには、
ちょうど良いので
美しい紅葉と本当のうまさ。温故知新-その②_f0076731_19304417.jpg


モチモチする食感を楽しんだ。

先日の集荷所に寄ってみる。
キノコも相変わらず勢いが続いていた。

クリタケはこれだけで500円。
美しい紅葉と本当のうまさ。温故知新-その②_f0076731_19312638.jpg

隣の黒いキノコを「ろうじ」といい、
焼いて食べると「苦味と」「旨み」がバランスして美味い。
前日に中津川で2500円したのと同じくらいのものが僅か400円だった。

これから、向こうに見える山の中を走り回る。
美しい紅葉と本当のうまさ。温故知新-その②_f0076731_19314647.jpg

今度のフォレスターにはサンルーフを選んだ。
美しい紅葉と本当のうまさ。温故知新-その②_f0076731_193252.jpg

室内が明るくなるから、
嬉しいらしい。

どうも野生の血が騒ぐようだ。
美しい紅葉と本当のうまさ。温故知新-その②_f0076731_19322494.jpg

こういう道を走ると、
たまらなく嬉しくなる。
美しい紅葉と本当のうまさ。温故知新-その②_f0076731_19324318.jpg

しばらく我慢していたものを
取り返した感じで、
気持ちも高揚する。
美しい紅葉と本当のうまさ。温故知新-その②_f0076731_1933754.jpg

新しいフェレスターは、とてもダンピングが良く効き、
こういう道を何の心配も無く走られることが、
これほど素晴らしい事だったのかと、
久し振りにワクワクしっぱなし。
美しい紅葉と本当のうまさ。温故知新-その②_f0076731_19332499.jpg

こういう路面は、
わざとオーバーステアにして
美しい紅葉と本当のうまさ。温故知新-その②_f0076731_19335397.jpg

コーナーをクリアする。
美しい紅葉と本当のうまさ。温故知新-その②_f0076731_19341735.jpg

下りこんで、
美しい紅葉と本当のうまさ。温故知新-その②_f0076731_19343285.jpg

一気にウオータースプラッシュ!
美しい紅葉と本当のうまさ。温故知新-その②_f0076731_19344813.jpg

この瞬間を見事に撮影した妻だったが、
美しい紅葉と本当のうまさ。温故知新-その②_f0076731_1935479.jpg

「騙したわね!」
「ここに立てって言ったね!!!」
と悲しそうに怒る。

これは申し訳ないことをした。

まさかこうなるとは予想してなかった。

クルマと共に
泥水が
壁のように移動して、
まるでスローモーションのように妻を包み込んだのだ。

しばらく、
「寒い」
とお冠だったが、
美しい紅葉と本当のうまさ。温故知新-その②_f0076731_19353566.jpg

猿の群れが現れ
背中に小猿を乗せていたり、
ほほえましい風景が現れたら
すっかりご機嫌が直った。

フォレスターのサンルーフが役に立つ。
美しい紅葉と本当のうまさ。温故知新-その②_f0076731_19355113.jpg

電柱に登って行き場が無くなり
母猿に叱られている小猿を撮影。
美しい紅葉と本当のうまさ。温故知新-その②_f0076731_19361036.jpg

見晴らしの良い、いつもの場所に着いたので
御昼ごはんを取り出す。
美しい紅葉と本当のうまさ。温故知新-その②_f0076731_19363082.jpg

シンプルなほど
味がよく解る。
美しい紅葉と本当のうまさ。温故知新-その②_f0076731_19364638.jpg

フォレスターの味は、このパンのように澄んでいて、単純。
軽く踏むだけで、エンジンのトルクが立ち上がる。
磨きぬかれたE-4ATは、優れた変速フィールで、
ショックも少ないばかりか、アクセルのツキが良い。
下手な多段化より、素晴らしいと思う。

パンとトマトジュースで腹を満たし、
いよいよ紅葉を楽むために歩く。
美しい紅葉と本当のうまさ。温故知新-その②_f0076731_1937499.jpg

遠くの山には、初冠雪だ。
美しい紅葉と本当のうまさ。温故知新-その②_f0076731_19371854.jpg

綺麗な花が、今でも咲いていて、ドライフラワーのように見えるが
触るとしっとりしている。
美しい紅葉と本当のうまさ。温故知新-その②_f0076731_19373573.jpg

この場所に来なければ
味わえない空気。
唐松の落葉で
美しい紅葉と本当のうまさ。温故知新-その②_f0076731_19375213.jpg

あたり一面に砂糖を焦がしたような
甘い匂いが立ち込めている。
美しい紅葉と本当のうまさ。温故知新-その②_f0076731_1938917.jpg

足許には、見たことも無い美しい蜘蛛。
大きな歩幅でヒョイヒョイ歩く。
美しい紅葉と本当のうまさ。温故知新-その②_f0076731_1938329.jpg

ふと、空を見ると、
綺麗な葉がセットで降ってきた。
美しい紅葉と本当のうまさ。温故知新-その②_f0076731_19384510.jpg

自然の織り成す、
素晴らしいデザイン。

フォレスターにとても良くに合う。

ここに来るための相棒は、
フォレスターに決まりだ!
美しい紅葉と本当のうまさ。温故知新-その②_f0076731_193959.jpg

慣らし運転は完了した。

ぜひ試しに来て欲しい。
Commented by mtontake at 2010-10-28 22:09 x
開田も昨夜雪がちらつき寒くなってきました
整備していただいたサンバーは調子よく先週末はバイクを積んで参戦してきました
バイクを載せると室内がどうしても汚れてしまい何とかならない物かと思案中です
開田にも絶賛する石釜パンの「タビタ」があるので是非今度立ち寄ってください
「画像の虫はクモじゃなくてザトウムシの一種ですよ」
Commented by b-faction at 2010-10-29 06:42 x
mtontakeさん、おはようございます。
ザトウムシと言うんですか!勉強になります。ありがとうございました。
なんとものどかな虫でした。
天然酵母って、一口に言うけど大変ですよね。
タビタのパンはまだ食べた事がないのですが、お店には一度うかがいました。丁度、東北のお嬢さんのところに翌日から行かれるところで、
ほとんど商品が残っていないときでしたが、
熱心な職人と感じました。
せっかく思い出させていただいたので、次回訪問の際は御邪魔してみようと思います。
サンバー好調ですか!ありがとうございます。
荷室を運転席と仕切るといいかもしれません。

今はなくなりましたが
昔は間仕切りカーテンと言うオプションがありました。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by b-faction | 2010-10-28 19:39 | Comments(2)

毎日の活動やスバルについてご紹介します


by b-faction
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31