人気ブログランキング |

Tで始まるスバルの小型車

f0076731_2375710.jpg

TRAVIQは個人的に好きなスバル車のひとつで、
特にこれはお気に入りの一台だ。
なるべく展示場に欠かすこと無く並べている。

トラビックが発表になった時、
即座に白のSパッケージを注文した。

届くのを待ちきれず、
配車センターまで取りに行った事を覚えている。

キーをひねって始動させた瞬間の感動は
未だに脳裏から離れない。
瞬時に硬質感のある、
ドイツ車の鼓動が伝わってきた。

走らせると非常にキビキビと切れの良い走りで、
レガシィのRSKなどに通じる味のよさを持っていた。
そっけないけれど、
座ったとたんに体が馴染む硬いシートも気に入った。
それもそのはずで、
トラビックの造り込みを担当したのはポルシェだった。

タイで作られる日本仕様がスバルのトラビック。
他にも4種類の仕様があった。
このクルマには、
世界中に溢れさせるという、
GMの野望が込められていた。

ラインを流れる車の形は一緒でも、
f0076731_23121481.jpg
5種類のバッジが存在し、
オペルやスバルはもちろん、
シボレーなど聞きなれたブランドだけでなく、
ボクソールやホールデンも作られた。

スバル仕様はFHIによる足回りの開発が行なわれ、
独自のチューニングを施された。

なかなか痛快なサスに仕上げられていた。
f0076731_23122823.jpg
平成14年頃、
製造工程を見学するため、
タイにあるGMの製造基地を訪問した。
f0076731_23101616.jpg
そこはGMの工場でありながら、
生産ラインには日本の会社名が高々と掲げられていた。
生産管理を担っていたようだ。

その時、FHIの鈴木一成課長(当時)と知り合いい、
楽しい時を過ごした。
f0076731_23103291.jpg
彼は飛ぶ鳥を落す勢いだ。
中国の現地法人の社長を務めている。
彼ならではの仕事振りで、
激動の中国で見事な成績を上げ続けている。
トラビックを見ると、
いつも元気で明るい彼の顔を思い出す。

だだ意欲的なクルマであったものの、
コドモのスバリストにはあまり想いが伝わらなかった。
販売実績は決して良いとは言えず、
最後まで苦労した。
ただし何度か繰返したOEMの中で、
画期的なクルマだった事も確かだ。
例えば、リバッチの典型はスバル・ビッグホーンだ。
ほとんど何も変わらず、
オーナメントとシールくらいが差別できる要素だった。
それでも5台売った。
それに比べたらサスチューンの差は大きい。

トレジアを語ろう。
f0076731_2321163.jpg
「T」の付く車が久し振りに登場した。
まるで韻を踏むように命名された。

f0076731_23111829.jpg
トレジアのパワーユニットは2種類ある。
1.5ℓの1NZと1.3ℓの1NRを搭載し、
それぞれの車種に応じたグレードが用意されている。

1NZはキャパシティが大きいから、
4WDやパノラマルーフにはそちらのほうが良いだろう。
発表の前に僅かな乗り比べを与えられた。

1.3ℓを搭載した車に強い魅力を感じた。
先ずスペックを見ると排気量に魅力がある。

通常なら1300ccを少し切る1298ccなど、
微妙な数値に抑えるが、
1329ccとなっている。

1.5ℓの1NZはトヨタですっかりおなじみのエンジンだ。
この新型エンジンは初代ラクティスからキャリーオーバーしたモノではない。

f0076731_23113939.jpg
1NRからは、ヨーロッパの匂いがプンプンするので、
真っ赤な1.3i-Lを導入した。
今年ドイツでレンタカーを借りたが
返す時に排気量を確認して驚いた。
チェコにあるシュコダと言うメーカーによって造られていた。
シュコダはチェコで最もシェアを占めるメーカーで、
フォルクスワーゲンの子会社だ。
だからVWとプラットフォームを共有する車が多い。
歴史は古く、その起源は1895年ごろだという。

以前フィンランドでラリー観戦した時、
シュコダのオクタビアを借りた。

そのクルマの印象は
当時のホンダのワゴン(名前は忘れたがインプレッサクラスの地味なワゴン)
に似ていた。
今年借りた1.4リットルのファビオは久しぶりのシュコダだったが、
アウトバーンで限界まで試し、
改めて本場のエンジンの奥深さに感動した。

トレジアのエンジンも、
1NRのに興味をそそられた。
f0076731_23221339.jpg
トレジアは全く新しい試みで造り上げられた。
トラビックのように出来上がった料理を温め直すのではなく、
最初から調理場に入り練り上げた。
スバルからトヨタに100人規模の技術者を派遣し、
設計の段階からスバルのスタッフが関与した。
f0076731_23132714.jpg
そしてトヨタ本体ではなく、
関東自動車工場で生産され、
国内だけで無くヨーロッパに輸出する。

したがって、
トヨタからOEMされているとは、
決して言えない成り立ちだ。

トヨタと関東自動車工業の関係で捉えると面白い因縁も浮かぶ。
レビン・トレノ、いわゆるハチロクは関東自動車工業で生産された。

トレジアで最も秀逸なのは、CVTとのマッチングで、
低速から中速にかけての滑らかで気持ちの良い走りは、
本当に感心する。

しかも、CVTは1.5ℓ用をキャリーオーバーせず、
1.3ℓ専用のCVTを開発して搭載した。

世界で初めて
CVTをこの世に送り出したのはスバル。

トヨタは、いつの間にかアイシンと手を組みCVTのトップメーカーになりあがった。
そのトヨタと組んで、
フィットを迎撃すると思うと本当に痛快だ。

CVTは自由自在に変速比を決められるので、
トルク重視のエンジンチューニングでCVTにふさわしい設定にしてやれば、
街乗りが楽しいだけでなく、
高速領域でも意外な動力性能を誇示する。

早速、サーキットで試してみたが
f0076731_23141611.jpg

このようにDレンジで時速140キロを3300回転程度でクルージングできるだけでなく、
踏み込んで加速すると
f0076731_2315217.jpg

瞬時に5000回転以上に跳ね上がり、
グイグイ加速し160キロに到達する。

そのまま踏み続ければまだまだ加速していくが、
f0076731_23155111.jpg

今回はこの辺で止めておく。

トヨタ基準のサスペンションではあるが、
このように画像を撮影する余裕があるくらいで
高速道路のスタビリティは特に問題は無い。
f0076731_23163769.jpg

時速160キロを約4000回転でラクラクとクルージングが可能だ。
気持ちの良いクルマで、両手を離して120キロで写真撮影が出来るくらい安定している。
ホラこの通り。
f0076731_23165272.jpg

スバルらしさは随所にあり
専用のテールレンズも奢られたし、
f0076731_23172937.jpg

ホイールも5穴の100ピッチとスバルらしくなっている。
f0076731_23175282.jpg

広い室内はとても快適で
f0076731_2318879.jpg


フロントシートを自分ピッタリにあわせ、
f0076731_23182926.jpg

助手席を目一杯下げても

後席にはこのように驚くほど余裕があり

f0076731_23185480.jpg

快適性はぴか一だ。
f0076731_2324659.jpg

センターコンソールのカップホルダーが面白い。
f0076731_23242652.jpg

変幻自在と言う奴だ。
f0076731_23243976.jpg


スーツケースが3つ楽に入る大きなラゲッジ。
f0076731_23194440.jpg

アルシオーネ以来、
久し振りのワンアームワイパーや
f0076731_2320370.jpg

兄貴譲りのグランパスアイもカッコイイ。
f0076731_23201976.jpg
ところで今回のかわら版は、
ちょっと装いを変えた。
f0076731_23252272.jpg

おかげさまで、好評だった。
このかわら版をお持ちになったお客様に、
ルクラをご購入いただいた。

チラシとしても折り込むと、
朝一番でお客様が来店された。
クルマでは無く桜が目的の来場だった。
隣町に御住まいの樋口さん。
f0076731_2325504.jpg

近くの観光名所「恵那峡」の、
桜が弱っているのだそうだ。
とても心を痛めていらっしゃった。

植物が我々に与えてくれるパワーを、
もっと見直す時期に来ている気がしてならない。

by b-faction | 2010-12-12 23:25 | 新型車

毎日の活動やスバルについてご紹介します


by b-faction