改訂版:待ちに待ったぞ!Sの部屋の新たな住人

このブログの最後に
f0076731_21383738.jpg

土曜日の夜に
この場所から撮影した
f0076731_2242132.jpg

とびっきりの画像を紹介する。

レガシィの後ろにそびえ立つ御嶽山は
この画像を撮影した15日に
強風が吹き荒れ、

山頂は恥ずかしそうに
顔を隠したままだったが、

18日は風も無く穏やかな夜で、
とっても青い月に照らされ
深い水の中に浮かんだように
幽玄な姿を現していた。

なぜ「逆さ御嶽」になったのかは
秘密だ(笑)

そのトリックを見破ったら、たいしたものだ。
一発で当てたヒトには
先着一名様に
f0076731_22153575.jpg

チコリ焼酎をプレゼントしよう。

この画像を撮るのが楽しみで
御嶽山まで走ったから、
345万円ものコストをかけた、
一期一会のチャンスだったともいえる(笑)
楽しみにして読んで欲しい。

届いたばかりの

f0076731_15393279.jpg


最新のチューンドバイSTI。

tSと言う言葉には、
イマイチ馴染めないので
あえてチューンドバイといわせていただこう。

tSはイニシャルのつもりで
受け止めている。

この足回りと
初めてリヤサスペンションに装着された、
ドロースティフナーが、
どれほど口の肥えたドライバーを感動させるのか・・・・

背の高いクルマにSTIはふさわしくないと
主張している以上、
購入して味わって初めて本気で文句も言える。

なので、
覚悟を決めて導入した。

そもそも、高速道路を連続走行する
自分のドライブスタイルに、
ベストマッチとは言えないのにも関わらず、
フォレスターが大好きなのだ

だから、
もしWRXのようなフォレスターだったとしたら、
久し振りに感動を味わえるだろう。

このオークションリストに載った
伝説のクルマの再来となるだろう。

今月14日、某所で
久し振りに出会った、
f0076731_1602631.jpg

「タイプM」
中津川に連れて帰ろうとしたが、
他のコンペティターに奪い取られて悔しながら惨敗したので、お見せできないが、

果たしてこいつを凌駕できるか。

発売を前に、STIとやり取りした中で、

「WRブルーで発注しました。社員からもショールーム映えすると好評です。さて、届いたらすぐに降ろして乗って見ますが
もし、気に入らなかったら今度は・・・・・(笑) 冗談です」

と、恫喝した。

そしたら

「走りについては
辰己の魂が込められています。
それでも社長の
お気に召さなければ
当分方針は変わりませんので、
あきらめてください(笑)」




軽くいなされてしまった

つまり、それくらい自信があるのだろう。

それと何といっても価格が安い

ただし、こういうものはバリューという範疇に入るのではないかと危惧している。

本来のSTIは
プレミアム
目指し
ホンモノのスバリストに
プライスレスな「時空」を提供すべきなのだが・・・・!

このご時勢では、
理想だけでは飯は食えない。


思ったのかどうかは知らない・・・

でも、その部分は
どうしても目をつぶらざるを得ないらしい。

これは、あくまで推測だ。

ただ、一年前から
奇妙な「違和感」が漂い始めたので、
こうして諦めることなく提言し続けている。

f0076731_15532143.jpg

さあ、早速テストに取り掛かる。
といっても、
ならしをかねて
f0076731_15542580.jpg

いつものコースで味わえば、いとも簡単に車の素性がわかる。

テストの結果は、
想像どうりの仕上がりで
とにかく気持ちの良いクルマだ。

上下のダンピングが抑えられ、揺れない車である。
助手席に載ると特に解るが
標準車でワインディングを高速で攻めたら、
タフな嫁さんでも車酔いした。

ところが、今日は「このクルマなら大丈夫」と、
太鼓判を押した。

f0076731_2236483.jpg


17時少し前の薄暗い中津川をスタート。
f0076731_223639100.jpg


19号線を離れる前に
新しく出来た道の駅でトイレ休憩。
なかなか美しいフォルムで
宵闇でもWRブルーはきりりと引き立つ。
f0076731_22371296.jpg


いつものコースを軽く攻める。

ステアリングのギヤ比は、
もっとクイックだと嬉しいが
クルマの性格上、やむをえない。

cafe kazeで小休止。

f0076731_22384032.jpg

デビューしたてのtSにマスターたちも興味津々。



この店の自慢の
美味しいココアで暖を取り、
薪ストーブで焼きマシュマロを楽しんだ。
マスターのお気に入りは
左右シンメトリカルなエキゾーストパイプ。
f0076731_224712.jpg


ところで、マスターは、
今日1日中とても頑張って
トムソーヤ計画を推進!!!

なので、ほぼ完成!!!
すっかり出来上がったツリーハウスは
とてもステキだ。

f0076731_22491370.jpg


次に宴会やって酔っ払ったら
ここで泊まらせて貰おう(笑)

kazeに別れを告げ

更に奥を目指す。

急な昇りの連続する山岳路を攻めた後、
いよいよここからUターンして中津川に戻る。
気温は氷点下4度だ。
f0076731_22412821.jpg


これまでのエクシーガやレガシィのtSと同じように、
ステアリングに対して素直に応答し、

お辞儀したり
ロールしようとする姿勢をうまく「いなす」ので、
とても気分が良くて、ストレスが一切無い。

それでは、
その2種類のクルマと
全く同じかと言うと、
そうではない。

フォレスターは、
NAにしろ、
Sエディションにしろ、

高速領域の走りは、
どう贔屓目に見ても

「飽和状態」である。

その代わり、
ラフロードで抜群の性能を示す。

その飽和状態の走りを、
辰己仙人が、

じつーに

うまーっく
「中和させている」

押さば引く、引かば押すのタイミングで

シャシーが
まさしくプッシュプルのハーモニーを奏でる。

ローリングとピッチングを
360度
サテライトに引っ張るように中和させるような力が働く。

その証拠が
この画像だ。
f0076731_22504244.jpg


この暗さで
もちろんノーフラッシュで
コーナリングしながら
運転中に
オートモードで撮影して
こんなに綺麗に写るのは

車の走行姿勢の乱れが如何に無いのか!!!!
というこを示す。
難しい表現だったが
解ってもらえただろうか。

tSは辰己マジックが
ふんだんに注がれている。

結論は
買いだ!


ただ2点だけ
FHIは大きな過ちを犯している。
STIでは無く。
誤解のないように。

それは後々語りたい。

逆さ富士ならぬ
逆さ御嶽

どうだ美しいだろう
f0076731_22544453.jpg

トラックバックURL : https://bfaction.exblog.jp/tb/15178962
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by マツダパンダ at 2010-12-18 21:06 x
個人的に非常に楽しみです! 現行フォレスターには座ったことがあるだけで運転したことはないので、社長様の感想は今後の資料となると思いますから。
Commented by b-faction at 2010-12-18 22:56
マツダパンダさん、こんばんは。
語る時間が足りず、とりあえず画像をお楽しみ下さい。

凄くいい車で気に入りました。
ATを望む人には文句なしです。
Commented by Willy Jr at 2010-12-18 23:26 x
今日は朝日の写真を撮りに行くといって、自宅近くで走りを楽しんできました。(笑
コレクションの為にWRX STI tsパンフレットを貰いに。。。

走りが楽しくなるワクワクする車は良いですね♪
それに美しい、逆さ御嶽♪

今度、ココアで釣ってCafe Kazeに行って見ようかしら。
Commented by 日下部 at 2010-12-19 06:16 x
お久しぶりです。フォレスターはかっこいいなぁって思ってましたが、やっぱ今見てもかっこいいですね。僕も今から御嶽にスキーをしに行ってきます!
御嶽の効能を得てきます!
Commented by b-faction at 2010-12-19 07:07
Willy Jrさん、おはようございます。
kazeは洋風メニューが豊富なので、洋食党には魅力あるでしょう。
僕は掟破りの「居酒屋」として愛用してます(笑)
奥さんとタイチ君をぜひ連れて行ってあげて下さい。
ツリーハウスはもうすぐ完成です(マスターたちの手作りです)
Commented by b-faction at 2010-12-19 07:10
日下部さん、おはようございます。今日は風も無く絶好のスキー日和ですね。楽しんできてください。
昨日もいっぱいのスキー客でkazeは賑わってました。
また遊びに来て下さい。26日以降なら日下部さんに試してもらっていいですから。
Commented by GH3 at 2010-12-19 16:51 x
やっとフォレスターtSが見れるんですね!
近いうちにお邪魔させていただきます!
Commented by b-faction at 2010-12-19 20:28 x
GH3さん、こんばんは。
23日から24日迄の2日間だけ他の場所に行きますので
ご注意下さい。
後は大丈夫です。室内も渋いし走りも最高です。
Commented by detto at 2010-12-20 10:59 x
はじめまして。いつもブログを拝見させていただいております。
SF-SGとフォレスターNAでした。逆さ御嶽、きれいですね!
NAにはない、エアインテイクが鏡のごとく作用したのだと推測しております。
Commented by b-faction at 2010-12-20 12:37
dettoさん、始めまして。
ドキッとするほど綺麗でした。
答えの方は惜しいですね。
正解はルーフの中央部分を使いました。苦肉の作です。
でも、ほぼ正解とさせて戴きます。
チコチコを贈りますので、非公開コメントかメールで住所、氏名、電話番号をお知らせ下さい。
Commented by マツダパンダ at 2010-12-20 13:51 x
あのバイパス(?)との合流地点の写真は、驚愕ものです。中和した足回りですか。全く持って、スバルの潜在能力には脱帽です。いいですね。
MTの現行フォレスターにあの足回りがつけば、自分の悩みは解消されそうです。
ただし、最近はエクシーガも気になっていたりします。CVTがチェーン式でしたっけ?あのロンドンタクシーのような外観も結構好きだったりしますから。
Commented by b-faction at 2010-12-20 19:04
マツダパンダ さん、こんばんは。
いつもそうなんですが、Sを乗る前には、一切の論評や
カタログさえも可能な限り見ないようにしています。

もともとラフロードで飽和状態にならないように設計されていますから、
今度のチューニングで、
そのあたりに影響が全く無いのも
凄い事だと思います。

kazeの駐車場から全開でダッシュしたときに思いました。
マスターには申し訳なかったけど。

多人数で使うなら
絶対エクシーガが良いですよ。
Commented by mtontake at 2010-12-21 07:18 x
先日白い車も青い車も偶然すれ違いました
こちらは軽トラ「地元の足はもっぱら軽トラです」だったんで判らないはずです
今度はサンバーのストライパーですれ違いたいですね
逆さ御嶽は私も昔何度かやってまして、そのときは車ではなくゴーグルのミラーレンズでやってました
Commented by b-faction at 2010-12-21 10:58
mtontakeさん、鋭い観察力、さすがですね。
白い車ならまだしも、青いほうまで目撃されるとは、参りました。

電光石火の早業のつもりだったのですが(笑)
サンバーならすぐ解るし、
例の秘密兵器も存在感抜群ですものね。
癖の強い味を持つものほど、
「ハマル」と手放せませんね。
逆さ御嶽の先輩のご指導を基に、次は夜ではなく
夕暮れを狙ってみます。
今回、偶然に撮影できたのですが、
新車のため鏡面状態なのと、
ブルーの塗装のマッチングが良かったのでしょうか。
Commented at 2010-12-25 11:30 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by detto at 2010-12-28 13:19 x
代田社長さま

昨日 ちこちこ 届きました!!ありがとうございます!!
まだ味わっておりません。というのは、
このあと、女房と、女房の実家にゆく予定で・・
焼酎大好きな女房の父親と酌み交わすために、愛車BRへ積み込む予定であります。楽しみです。

奥様直筆のお手紙、恐縮です。ご案内いただいた初売りから時を置くことになりそうですが、お伺いできる日を楽しみにしております。
ありがとうございました。

追伸
かわら版、同梱いただきありがとうございます。
大変興味深く拝見させていただきました。
自室にあるSUBARU関連の品々に加えさせていただきます。
技報の隣もよいポジションかもしれません。
Commented by b-faction at 2010-12-28 14:18
dettoさん、「ちこちこ」は中津川インターチェンジを出るときに目の前にある「ちこり村」で作っています。この施設もなかなか評判が良いので、ぜひ当社にお立ち寄りのついでに遊びに寄って下さい。焼酎は鹿児島の酒造メーカーの指導の下、苦労して開発したもの。村長の中田さんは友人でもあるしBR9のオーナーでもあります。

当社HPのトップページの下のほうに「取材の風景」というタグがあります。
そこをクリックすると、下のほうに様子が出ています。
覗いてみて下さい。

技報をお持ちとは!なかなかの御仁と推察いたします(笑)

名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by b-faction | 2010-12-19 21:07 | 新型車 | Trackback | Comments(17)

毎日の活動やスバルについてご紹介します


by b-faction
カレンダー