人気ブログランキング | 話題のタグを見る

新型アウトバック EyeSightのSパッケージLimitedには野生の薫りが迸る

7月に入って2週目が終った。
予想していたとはいえ、この一週間の忙しさは自分自身の想像していた範囲を超えた。
新型アウトバック EyeSightのSパッケージLimitedには野生の薫りが迸る_f0076731_1301318.jpg

形に出来たものもあれば、そうでないものもある。
今月は誕生日の月のせいもあり、一年で最も自分自身が活性化するチャンスだ。
楽しくてワクワクして次から次へと色々なアイディアがを沸き起こってくる重要な時なのだ。
今年は驚くほど早く梅雨が空けた。
昨年の梅雨明けは7月18日だったので、
約三週間も余分に真夏が楽しめると思うと
なおさら嬉しくてしょうがない。
新型アウトバック EyeSightのSパッケージLimitedには野生の薫りが迸る_f0076731_130529.jpg

植物も大変だろうが、環境に対応しながら頑張っている。
そこで、チョッと増えすぎた植物を使って
周りの環境をさらに良くしようと、みんなで頑張った。
新型アウトバック EyeSightのSパッケージLimitedには野生の薫りが迸る_f0076731_1321139.jpg

昨年結実させず体力を温存させたブルーベリーは、
見事に沢山の実をつけた。
最低でもこれくらいの量を採って、
新型アウトバック EyeSightのSパッケージLimitedには野生の薫りが迸る_f0076731_133837.jpg

一気に頬張る。
開田高原で教えてもらった最高に美味しい食べ方だ。
三河から呉さんが美しいブリッツェンに乗って整備にご来店された。
新型アウトバック EyeSightのSパッケージLimitedには野生の薫りが迸る_f0076731_1333865.jpg

早速、ご家族をブルーベリー狩りに案内する。
洗いもせずにいきなり食べても大丈夫・・・と言われても
新型アウトバック EyeSightのSパッケージLimitedには野生の薫りが迸る_f0076731_1343987.jpg

チョッと心配だったようで(笑)
及び腰ではあったが、甘い!と喜んでいただけた。
新型アウトバック EyeSightのSパッケージLimitedには野生の薫りが迸る_f0076731_135493.jpg

ここの崩落防止に望桜荘の庭から昨年移植した竜舌蘭。
この勢いの素晴らしさには驚いた。
新型アウトバック EyeSightのSパッケージLimitedには野生の薫りが迸る_f0076731_1352366.jpg

昨年以上に美しい花を咲かせてくれた。

そして、時期が少し悪いと
新型アウトバック EyeSightのSパッケージLimitedには野生の薫りが迸る_f0076731_13132880.jpg

心配しながらの作業ではあったが、
望桜荘の裏にある駐車場の入口を
一部石畳化して花壇を作った。
新型アウトバック EyeSightのSパッケージLimitedには野生の薫りが迸る_f0076731_13135626.jpg

樹木の周りに増え続ける芝桜をここで綺麗に増やすよう、
土壌改良と花壇整備を完了させた。
新型アウトバック EyeSightのSパッケージLimitedには野生の薫りが迸る_f0076731_13142017.jpg

余りの暑さなので、有機肥料を与えた後で
水を霧状に噴霧し温度を下げるように工夫した。
新型アウトバック EyeSightのSパッケージLimitedには野生の薫りが迸る_f0076731_13145583.jpg

また、望桜荘の裏から
桜の古木に通じる路地に
新型アウトバック EyeSightのSパッケージLimitedには野生の薫りが迸る_f0076731_13152561.jpg

庭で増えすぎた玉竜を移植して雨水の跳ね防止を兼ねた緑化に取り組んだ。

というのも、
新型アウトバック EyeSightのSパッケージLimitedには野生の薫りが迸る_f0076731_1316084.jpg

これが何かわかるだろうか。
もの凄い量の
松の葉を徹底的に食い尽くす、丸々と太った毛虫だ。
新型アウトバック EyeSightのSパッケージLimitedには野生の薫りが迸る_f0076731_1316284.jpg

昨年来、こいつらが異常発生している。
昨年はこの松と
新型アウトバック EyeSightのSパッケージLimitedには野生の薫りが迸る_f0076731_1321295.jpg


この松にたかった。
新型アウトバック EyeSightのSパッケージLimitedには野生の薫りが迸る_f0076731_132138100.jpg

何とか新芽も出て復活したように見えるが、まだ心配だ。

そして今年はこの松が食い荒らされた。
しまった!
気付いたのが少し遅かったか・・・・・
新型アウトバック EyeSightのSパッケージLimitedには野生の薫りが迸る_f0076731_13222721.jpg

枯れて死にそうになっている。

恐るべき奴らだ。

そしてついに五葉松にまで「たかり」始めた。
新型アウトバック EyeSightのSパッケージLimitedには野生の薫りが迸る_f0076731_13232760.jpg


妙に茶色いものが増え「おかしいな」と思い、
良く見れば
このようにウジャウジャ居る。
新型アウトバック EyeSightのSパッケージLimitedには野生の薫りが迸る_f0076731_13235379.jpg

まるで異常繁殖したプリウスのようだ(笑)
不格好だけど妙に元気が良くて、気味が悪いほど静かだ。

消毒したら他の生き物も死ぬかもしれないので
毎日採り続け数を減らしてやっとこさ、枯れずに乗り切ったようだ。
新型アウトバック EyeSightのSパッケージLimitedには野生の薫りが迸る_f0076731_13242781.jpg

高いところの奴は
このように剪定ばさみで掴むが
掴み損ねるとびゅんと跳ねて飛んでくる迷惑な奴だ。

取りながら、4本の松の内
一本だけがなぜ枯れかけているか、改めて考えてみた。
良く見たら、この松の根の周りにビッシリと玉竜が繁殖していた。
望桜荘の庭は
まさにマザープラントとして最高の土壌を持っている。

そこで、増えてしまった玉竜を
根こそぎ取り出して移植する計画を立てた。

以前から雨水の跳ね返りが気になっていた、
望桜荘とSABの間の小道を緑化して環境整備するのにもってこいだ。


先ず
新型アウトバック EyeSightのSパッケージLimitedには野生の薫りが迸る_f0076731_13273577.jpg

植える場所をしっかりと決めた。
次に幅をはかり、水糸を引き
丁寧に30cm掘って天然のプランターを作る。
なるべく土ごと植えたら培養土を被せた。
SABの入口側から見ると、今までより雰囲気が和んだ。
新型アウトバック EyeSightのSパッケージLimitedには野生の薫りが迸る_f0076731_13275298.jpg


昴整備工房に眼を移すと
仲良く並んだ新旧の水平対向6気筒が、
気持ち良さそうにメンテナンスを受けている。
新型アウトバック EyeSightのSパッケージLimitedには野生の薫りが迸る_f0076731_13281796.jpg

手前のXT-6は、岡山から車検でご来店された岡田さんの愛機だ。
WRXの優勝を祝ってお土産も頂戴した。
新型アウトバック EyeSightのSパッケージLimitedには野生の薫りが迸る_f0076731_13285274.jpg

こちらが、みんなで食べる様にいただいた美味しい和菓子。

中の羽二重餅が甘すぎず、
新型アウトバック EyeSightのSパッケージLimitedには野生の薫りが迸る_f0076731_13291083.jpg

絶妙なハーモニーを奏でる。
もうひとつ、とっても珍しいものをいただいた。

この祝い菓子だ。
新型アウトバック EyeSightのSパッケージLimitedには野生の薫りが迸る_f0076731_13293284.jpg


食べるのがもったいなくて、
新型アウトバック EyeSightのSパッケージLimitedには野生の薫りが迸る_f0076731_13302065.jpg

そのまま取っておいてある。
新型アウトバック EyeSightのSパッケージLimitedには野生の薫りが迸る_f0076731_13303551.jpg

奥に並んだ白いSVXは三河の加地さんの愛機だ。
いつも社員一人に数個ずつもの地元産の美味しい豆腐
お土産に戴いている。

また、山形の平方さんから
新型アウトバック EyeSightのSパッケージLimitedには野生の薫りが迸る_f0076731_1331498.jpg

社員全員へ暑気払いの心を込めて
サクランボが届いた。
新型アウトバック EyeSightのSパッケージLimitedには野生の薫りが迸る_f0076731_13321222.jpg

眼が飛び出るほど美味しい。
このなんとも儚く純粋な甘さは、
日本ならではの味だと実感できる。

生田さんにも夏ばて防止のソーセージやチーズに特製つけ麺が届いた。
新型アウトバック EyeSightのSパッケージLimitedには野生の薫りが迸る_f0076731_13331559.jpg

元気がうんと付きました。
皆様、本当にお心遣いをありがとうございます。
中津スバルの全社員は夏の暑さ乗り切っています。
それは、このようなお土産やアンケートに添えられた暖かいご声援によるところが大きいと実感しております。
重ねて感謝申し上げます。

そうそう、
忙しかった理由がまだあった。
NBR優勝を記念してかわら版を作った。
下手なドラフトだが紹介させていただく。
新型アウトバック EyeSightのSパッケージLimitedには野生の薫りが迸る_f0076731_13341068.jpg

七福の水饅頭を食べながら作業を進めると
ツルツルと効率よくこなせてパワーも全開!(笑)

かわら版に載せるために
新型アウトバック EyeSightのSパッケージLimitedには野生の薫りが迸る_f0076731_13352019.jpg

月に一度の大掃除にあわせショールームからtSを出した。
改めて外の光の下で舐め回すように観察する。
新型アウトバック EyeSightのSパッケージLimitedには野生の薫りが迸る_f0076731_13375710.jpg

優勝したクルマと同じ物がここにある、
と思うだけで感無量だ。
新型アウトバック EyeSightのSパッケージLimitedには野生の薫りが迸る_f0076731_13395328.jpg

これがカーボンだと思うだけで
痺れてしまいそうだ。

この角度のリヤスタイルが一番好きだ。
新型アウトバック EyeSightのSパッケージLimitedには野生の薫りが迸る_f0076731_13412688.jpg

躍動的なコックピットにはおなじみの
STI専用ステッチ入りシート。
新型アウトバック EyeSightのSパッケージLimitedには野生の薫りが迸る_f0076731_13401080.jpg

また、見やすく
ブラインドタッチがやりやすい
新型アウトバック EyeSightのSパッケージLimitedには野生の薫りが迸る_f0076731_1415263.jpg
インストルメントパネル。

WRXらしい躍動感にが溢れる。
新型アウトバック EyeSightのSパッケージLimitedには野生の薫りが迸る_f0076731_14163489.jpg

トランクが広いので実用性も抜群だ。

ボディの下回りに眼をやると、凝ったサスペンションが眼に飛び込む。
新型アウトバック EyeSightのSパッケージLimitedには野生の薫りが迸る_f0076731_14165386.jpg

ただし空力を考えれば
整流するためのカバーがもっと必要だろう。

かわら版のホンモノが
そろそろ愛読者の手元に届く頃だ。
発行日から少し遅れたのにはわけがある。

せっかくドイツで優勝したのに、
取り上げ方の差は何なのだろう。
新型アウトバック EyeSightのSパッケージLimitedには野生の薫りが迸る_f0076731_14202657.jpg

この頃、日本の女性はホントに強いね。
連日「なでしこ」が新聞のトップを飾る。

それに引き換え、
どうも富士重工はWRXの優勝をパブリックリレーションする気が無いようだ。

元気の良いニュースだから
どんどん前に出せば良いのに。
左の田口さんは宮城にお住まいだ。
震災後、数日のあいだ周囲と連絡が取れなかったそうで
皆、心配したらしい。
彼とは去年も一緒に応援した仲だ。
彼の愛車、インプレッサWRXスペCは何とこの前の震災で津波でさらわれてしまった。
ご自宅の中もめちゃくちゃだったそうだ。

それにも関わらず、
はるばるドイツまでスバルの応援に駆けつけた。
新型アウトバック EyeSightのSパッケージLimitedには野生の薫りが迸る_f0076731_14254917.jpg

また右に並んで東北魂のTシャツを見せているのは、STI社員の渋谷さんだ。
普段はシャシー設計課で特装車やグループNパーツの設計を担当しておられる。

彼も福島県の出身で、
着ているTシャツに故郷を思う熱いを感じる。
何も話さなくても分かり合える。

彼らにはスバル愛が溢れているのだ。

そんな熱さに、心が昂ぶる。
優勝記念イベント
メーカーがやらないなら、
我々が出来る事を何でもやろうじゃないか・・・という
大義名分が出来たので、
なにか記念になる事を一発ぶち上げようと考えた。
新型アウトバック EyeSightのSパッケージLimitedには野生の薫りが迸る_f0076731_14285139.jpg


普通なら大目玉を食らうが
最新型のアイドリングストップ付ステラL-Limitedを使い
土曜日から優勝イベントを開催する。
ただし、特典はかわら版愛読者限定とさせて戴く。
新型アウトバック EyeSightのSパッケージLimitedには野生の薫りが迸る_f0076731_14305889.jpg

クーポンが届いたら是非お使いいただきたい。

さて、慌しく過ごす中で3連休が直前に迫ったので、
早急に届いたばかりのアウトバックをテストする必要が生じ
そのために時間を作った。

くれぐれも言っておきたいが、決して避暑に行ったのではない。
仕事なのだ(笑)
妻は避暑と決め付け少しご機嫌が悪かったが、
水曜日の当直を夕方から交替してくれた。

まず高速道路を皮切りに
チェンジレスチェンジを受けた新型レガシィ「アウトバック」を、
初めてリアルワールドで試した。
新型アウトバック EyeSightのSパッケージLimitedには野生の薫りが迸る_f0076731_1439715.jpg

いつものインターを降り、右手に伊那谷を眺める。
左側が中央アルプスの南斜面だ。

ここをまっすぐ駆け上る。
新型アウトバック EyeSightのSパッケージLimitedには野生の薫りが迸る_f0076731_14392959.jpg

すると、リニアトロニックの優れた変速特性が容易に体感できる。
とにかく、アクセルの「ツキ」が良い。
このスグレモノは世界最高水準のトランスミッションと言っても良いだろう。

新型アウトバック EyeSightのSパッケージLimitedには野生の薫りが迸る_f0076731_1558312.jpg

アイサイトのロジックもより精密にチューニングされ、頼もしい限りだ。
はっきり行って今後のSシリーズには標準装備するべきシステムだと思った。
車線逸脱に関しても、以前より緻密に判断するので、
邪魔ではなく、
むしろ「教官、済みません」という気持ちにさせてくれる。

ところで今回のマイナーチェンジで外観上、最も変化したのがアウトバックに新設されたS。
新型アウトバック EyeSightのSパッケージLimitedには野生の薫りが迸る_f0076731_1441362.jpg

グリルも格好良いしフォグランプ周りにメッキリングが付いてお洒落だ。

走りはとっても気持ちが良い。
18インチの専用ホイールは見た目も良いし、サマータイヤが付いたのでグリップも上がった。
新型アウトバック EyeSightのSパッケージLimitedには野生の薫りが迸る_f0076731_1442592.jpg

とにかく、乗った最初のステアリング操作で、ビルシュタインを実感できる。
切込んだ時の確かで滑らかフィーリングは
脳髄に染み込んだ味だからだ。

ボディカラーの選択にあたっては、
ホワイトパールを望む意見もあった。
なぜ、あえて変化の差がわかりにくい黒いボディを選択したのか説明しよう。

この頃、毎週のように木曽馬と付き合い初めた。
今回は丁度放牧された瞬間に立ち会えた。
新型アウトバック EyeSightのSパッケージLimitedには野生の薫りが迸る_f0076731_1446189.jpg

ホワイトパールの馬体もあるが、黒も居る。

厩舎に行くと
新型アウトバック EyeSightのSパッケージLimitedには野生の薫りが迸る_f0076731_14475639.jpg

格別の扱いで今日もお出ましになられた。

木曽馬界のマリオだ。
新型アウトバック EyeSightのSパッケージLimitedには野生の薫りが迸る_f0076731_14484881.jpg

なんとも黒い鬣が似合う、いい感じの種馬だ。

こいつを見たり触ったりしていると、
新型アウトバック EyeSightのSパッケージLimitedには野生の薫りが迸る_f0076731_14513823.jpg

黒いボディのアウトバックに
新型アウトバック EyeSightのSパッケージLimitedには野生の薫りが迸る_f0076731_14493226.jpg

ブラックレザーシートが妙に欲しくなる(笑)

それに雨に濡れた車体がこれほど美しいクルマは
新型アウトバック EyeSightのSパッケージLimitedには野生の薫りが迸る_f0076731_14511597.jpg

これしかない。
新型アウトバック EyeSightのSパッケージLimitedには野生の薫りが迸る_f0076731_14522239.jpg

スコールのような雨が降る開田高原で
いつもの店に立ち寄り翌日まで過ごさせてもらう。
新型アウトバック EyeSightのSパッケージLimitedには野生の薫りが迸る_f0076731_14525035.jpg

ビヤガーデンを楽しみに行ったのだが、雨上がりの開田は「爽やか過ぎる」(笑)
長袖を持ってきて丁度よかった。
新型アウトバック EyeSightのSパッケージLimitedには野生の薫りが迸る_f0076731_1453136.jpg

早朝から起きて撮影に向かうが
今日はチョッと雲が多く、御嶽山も見えない。
新型アウトバック EyeSightのSパッケージLimitedには野生の薫りが迸る_f0076731_14535820.jpg

しかし、刻一刻と変化する開田の情景に魅せられると、
時間があっという間に過ぎてしまう。
新型アウトバック EyeSightのSパッケージLimitedには野生の薫りが迸る_f0076731_14542052.jpg

数分毎に色が変わる景色が解ってもらえるだろうか。
新型アウトバック EyeSightのSパッケージLimitedには野生の薫りが迸る_f0076731_14544329.jpg

こういう美しく
自然の情景が溢れた場所には
新型アウトバック EyeSightのSパッケージLimitedには野生の薫りが迸る_f0076731_14553382.jpg

やはりアウトバックが一番ふさわしい。


この瞬間を最後に山を降りたが
新型アウトバック EyeSightのSパッケージLimitedには野生の薫りが迸る_f0076731_14554831.jpg

あと30分粘ればと少し後悔した。
と言うのも
大桑村を走る頃には空いっぱいの青空が広がったからだ。
Commented at 2011-07-16 23:39 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by b-faction at 2011-07-16 23:59
今年も真夏のフェスティバルを企画中です。是非御来店ください。
Commented by kao at 2011-07-17 19:53 x
>まるで異常繁殖したプリウスのようだ(笑)
不格好だけど妙に元気が良くて、気味が悪いほど静かだ。

これは座布団5枚ですね (^^v
Commented by b-faction at 2011-07-18 06:53
kaoさん、おおきに!
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by b-faction | 2011-07-15 13:05 | Comments(4)

毎日の活動やスバルについてご紹介します


by b-faction