人気ブログランキング | 話題のタグを見る

秋の訪れとレガシィアイサイトに感じるプライオリティ

あっという間にになってしまった。
この一年間で、
選択と集中による効果が最も大きい商品は、
これだ
秋の訪れとレガシィアイサイトに感じるプライオリティ_f0076731_21223777.jpg

すくすくと成長を遂げ、
今スバルが最も力を入れて推し進めるのにふさわしい、
世界一の技術を誇れる商品だ。

秋の訪れとレガシィアイサイトに感じるプライオリティ_f0076731_19345434.jpg

これは、望桜荘の庭ですくすくと育ち続けている苔。

秋の訪れとレガシィアイサイトに感じるプライオリティ_f0076731_19363296.jpg

このあたりは3年前までドブ臭く、
少しも良い場所ではなかった。

ふとしたきっかけから、苔を移植した。
全面に広がって解りにくいが
上の画像で見ると、右上の庭石のすぐ下だ。

昨年の暖かくなったある日、
スバル整備工房の入口にある、
芝生を観察していたら、
芝の無い部分にビッシリと数種類の苔が生えていた。
不思議に思いピンセットを使って抜いてみたところ、
綺麗な緑色の苔が気持ちよいほど取れる。
それを集めて望桜荘の庭に移植してみた。
僅かな量だ。

そしたら、
第一段階
先ず枯れずに定着した。

第二段階
数週間後のある日、
良く観察したら、種類毎に健気にもコロニーを作って乾きに耐えていた。

第三段階
それで、去年の夏から秋にかけ地下水を噴霧し続けた。
そうしたら、
それは見事に拡がった。
今でも順調に増殖を続けている。

すると、今年はその相乗効果で
庭の池の水も乾く事が無くなり、
この庭で毎年冬眠しているトノサマガエルの一族が、
突然大家族になった(笑)。

おたまじゃくしの頃から付き合っているせいか、
近くで草取りしていても一向に逃げることなく、
カエルの学校が繰り広げられている。
秋の訪れとレガシィアイサイトに感じるプライオリティ_f0076731_1956879.jpg


20匹以上同じ方向を向いて
虫の捕り方でも学んでいるのだろう。

小さいカエルの「ケロケル」と鳴く声は誠にカワユイ。

妻にそのことを教えてやったら、
「あー面白い」と言って、
その場でピョン!と飛んだ。

ドスンと言う地響きで、カエルが一斉に池に飛び込む。
そんな事をするもんだから、
この頃は人を見ると反射的に逃げる様になってしまったが、
妻の無邪気な姿には思わず笑みがこぼれた。

苔と言うものは誠に奥が深い。
そう感じさせられる不思議な事がいっぱいある。

今朝も肌寒い雨の中で、
苔の間に生えてきた雑草を取りながら、
素手で苔の表面を押さえると、
何とも言いようの無い、「癒され感」が体全体に染み渡る。

これほど安全で安心な植物はそうそう無い様に思えてくるから不思議だ。

もし一人しか居ないのなら
こんな事やろうとはきっと思わないのだろうが、
雨が降って外の作業はできないので、
他のメンバーは望桜荘の中や
農家風ガレージやSABの中を雑巾掛けしたり
展示車を拭取ったり様々な仕事をしていた。

そんな中、雨で湿っていると
草も抜きやすいだろうと、
傘を差して、苔の手入れを始めた。
やり始めたら楽しくてやめられなくなってしまった。

ツルツル抜けるので、気持ち良いのと、
苔そのものが発する、良い空気に包まれ、
素晴らしい空間で一時を過ごせた。
秋の訪れとレガシィアイサイトに感じるプライオリティ_f0076731_2072778.jpg

苔にも色々あって、
上のほうのスギゴケと下のほうのミズゴケは良く見るが、
他にもまるでゼラチンの塊のような不思議なものも良く出たり消えたりする。
これが、ツノゴケの一種かと思うときもあるが、
皆目検討もつかない不思議な物体だ。

そのあたりは、また観察して、
ご覧いただけるようにまとめてみたいと思っている。

そのように苔だけにこだわり、
庭の周辺に集中して、
選択した良い苔だけを増やし続けている。

アイサイトの持つ神秘性に近い機能も、
スバルの開発陣が、
今ある資産の中で、最も我々にふさわしい技術を選択し、
それを集中して磨いた結果、
今日の成功がある様に思えてならない。

さて、
ブルーベリーに目を向けると
秋の訪れとレガシィアイサイトに感じるプライオリティ_f0076731_20143246.jpg


葉が一気に少なくなってしまったものや、
黄色い若葉のような物が出てきた個体もある。
秋の訪れとレガシィアイサイトに感じるプライオリティ_f0076731_20154770.jpg

そんな中で
一本だけまだ驚くほど実を付けている。
まだ、収穫できそうだ。
秋の訪れとレガシィアイサイトに感じるプライオリティ_f0076731_2016844.jpg

こうした個体差もどうして生まれるのか本当に不思議だ。

これらの写真からわかっていただけたと思うが、
今朝はもう一気に秋そのものだった。

数日前から夜の過ごし易さが一段と際立ったなと感じ、
夏の終わりを予感していた。
ところが、そんなのんびりした状況ではないようだ。
こうした事に対して、植物は見事に自然に反応する。
秋の訪れとレガシィアイサイトに感じるプライオリティ_f0076731_20244588.jpg


花梨の落葉が始まった。
今年は沢山収穫できそうだ。
また、
全く気がつかなかったが、庭の中に柿の木が育っていた。
初めて実を付けたので発覚したのだが、

こうした一連の出来事を見ると
今年は果実の当たり年かもしれない。

桜の古木も葉が色付き始め、
落葉が一気に加速しそうだ。

自然に生えたり、
いつの間にか安定して、その土地に根付いた生き物は強靭だ。

苔も最初は移植したものの、
その後は、苔が苔を呼ぶように繁殖している。

近くに澄んだ川があるので、
自然に繁殖していて、
種が飛んできやすいのだろう。

チョッと剥げたとこなどにも、
川辺から採取して植えてやると面白いように増える。

この頃、着眼点を変えることに意識して取り組んでいる。
以前はホームセンターで花の苗を買って来て植えたりもしたが、
去年から、春の間に残すべき植物と、
取除く雑草をビジュアルに区分して、
朝の環境改善や月に二度ある掃除の日に、
除去と育成を繰返した。

展示場の境目に、
綺麗なユリが咲いた。
秋の訪れとレガシィアイサイトに感じるプライオリティ_f0076731_20382579.jpg

以前紹介したカサブランカは、
移植したものだ。
匂いも強く、大きくて綺麗な花だが、
どこかアンバランスで倒れそうになり、
添え木を当てたが、
このユリは本当に「凛」としていて美しい。
秋の訪れとレガシィアイサイトに感じるプライオリティ_f0076731_20384057.jpg

このあたりならどこにでも生えている野生のものだが、
こうして殺伐とした展示場の一角に咲いてくれると
環境整備の効果の一つかなと嬉しくなる。
秋の訪れとレガシィアイサイトに感じるプライオリティ_f0076731_2039370.jpg

春には淡い黄色のスイセンが咲き、
夏には「やる気が出る」オレンジのカンゾウが咲き、
そして美しい白いユリが咲いた。

このように、これまでと着眼点を変え、
その場所に応じて、
残して育成するもの、
或いはそっとしておくもの、
また、取除いてしまうものを考える。

基本的に取除くと言うのは人間の勝手な欲望で、
自然の摂理に反する事だが、
そこはちょっと大目に見て欲しい。

スペインのナカニシさんから、
嬉しいコメントをいただけた。
ボクサーディーゼルのインプレッションだった。
読まれた方も多いと思う。

アイツで、ピレネー山脈に遊びに行く贅沢を、
いつか味わってやるぞっ!と、
そんなやる気が持てた事への御礼も込めた。
日本の庭に集まったトノサマガエルの様子を、
ぜひ息子さんに見てもらいたい。
スペインのカエルも日本のカエルにそっくりなんだろうか?
人間と一緒でかなり、濃い顔をしているんじゃないだろうか。
カルロス サインツのようなカエルを見てみたいものだ。(笑)

カエルの写真だけはとっさの出来事だったので、
アイフォンで撮影した。
なのでチョッと見難いかも知れない。
ところで、
ボクサーディーゼルが、日本でなぜ発売されないか、
良く解ってきた。
着眼点を変えたからだ。

とりあえずこの続きはまた後日。
Commented by Willy Jr at 2011-08-22 23:07 x
ご無沙汰しております。
望楼荘の苔や草木も環境整備の力で元気に育ち、きっと多くの訪れた方々を癒してくれるものと思います。さりげない里山のような自然は良いものですね。

アイサイトの発売で車から離れていた子育てが終わった世代の方達がロングドライブ用にアイサイト付のレガシィを購入されているという話しを聞いた事があります。
渋滞が多く、都市部を中心に短距離目的だとボクサーディーゼルの良さが引き出せないから日本での発売がされないのでしょうね。
私の用途にはかなっているのに、とても残念です。
Commented by b-faction at 2011-08-23 20:37
Willy Jrさん、今日は。
確かにピッタリですね、ボクサーディゼル。
当店にお越しになる方には、ピッタリの方が多いですよ、本当に。
僕もそのうちの一人ですが。

早く購入できるようになるといいですね。

プルーンのブログ、
きっとお役に立つと思います。まだあの美味しさをご存知無いのではないでしょうか。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by b-faction | 2011-08-21 21:38 | Comments(2)

毎日の活動やスバルについてご紹介します


by b-faction