人気ブログランキング | 話題のタグを見る

進行中のプロジェクト5.MGBを残した思いとFRスポーツ「BRZ」に掛ける情熱

コレクションとして
一部の人には良く知られたこのクルマ。
進行中のプロジェクト5.MGBを残した思いとFRスポーツ「BRZ」に掛ける情熱_f0076731_1852148.jpg

MGBが中津スバルにやってきてから15年目になる。

なぜ残すのか
昔から良く聞かれたが、
この時代になって、エッと驚く事が多い。

進行中のプロジェクト5.MGBを残した思いとFRスポーツ「BRZ」に掛ける情熱_f0076731_18563515.jpg


この車名も聴いた瞬間、あれっと思う反面、
何か不思議に好印象を持ったのは
類似性だったのかもしれない。

さあ、これから東京出張だ。
久し振りに優れた家畜の
3.6Rで空いた時間の中央フリーウエィをぶっ飛ばそう(笑)

そんな冗談はさておき
昨日は3年目の御嶽チャレンジ。
「晴れ車」で王滝の登山道を目指した。
進行中のプロジェクト5.MGBを残した思いとFRスポーツ「BRZ」に掛ける情熱_f0076731_12414428.jpg


忙しい合間のブログアップなので
肉付けをお楽しみに。

疑問があればどんどんお答えするので、
遠慮なくコメントして欲しい。

進行中のプロジェクト5.MGBを残した思いとFRスポーツ「BRZ」に掛ける情熱_f0076731_1911917.jpg

MGBを捨て切れなかった理由
その① 簡単明快なFRスポーツだから。そしてそのキャッチコピーに痺れたから。

進行中のプロジェクト5.MGBを残した思いとFRスポーツ「BRZ」に掛ける情熱_f0076731_19394.jpg

その② 計量コンパクトなエンジン。しかも機械らしさが山盛りである。

進行中のプロジェクト5.MGBを残した思いとFRスポーツ「BRZ」に掛ける情熱_f0076731_194469.jpg

その③ レオーネまで慣れ親しんだOHV型エンジン。

進行中のプロジェクト5.MGBを残した思いとFRスポーツ「BRZ」に掛ける情熱_f0076731_195620.jpg

その④ 古典的なFRの心臓部。シンプルながらこだわりの機能も持つ。

これらの事から、
BRZの登場を予感して以来、
コツコツともう一度蘇らせる準備を続けてきたのだ。

北原課長の進めるハード面の準備に対して、
ソフト面を自ら積極的に担当する。

そもそもなぜFRスポーツの誕生がそんなに嬉しいのか。

先ず、そのクルマで何をしたいか。
進行中のプロジェクト5.MGBを残した思いとFRスポーツ「BRZ」に掛ける情熱_f0076731_1985451.jpg

空に向かって駆け上り
そのまま天空に飛び出すような走りをしたい。
進行中のプロジェクト5.MGBを残した思いとFRスポーツ「BRZ」に掛ける情熱_f0076731_1994242.jpg

そのためにインプレッサを駆ってイメージトレーニングする。
進行中のプロジェクト5.MGBを残した思いとFRスポーツ「BRZ」に掛ける情熱_f0076731_19101112.jpg


もし、現在明らかになっている事の他に、
抜群の前後重量配分をこの車が有していれば、
これまでのスバル車同様に新たな伝説を刻み続ける事は間違いないからだ。
進行中のプロジェクト5.MGBを残した思いとFRスポーツ「BRZ」に掛ける情熱_f0076731_19114218.jpg

大空へ飛び立つ瞬間をイメージして車を操る。

スバリストにとっても
至福の瞬間はもう間も無く手の届くところに来る。
進行中のプロジェクト5.MGBを残した思いとFRスポーツ「BRZ」に掛ける情熱_f0076731_19151728.jpg


このクルマより
エンジンがおそらく20センチ以上車体後方に来るはずだ。
そしてフロントデフが無いから
おそらく10センチ以上下に下がるだろう。

これまで御嶽山に登る時は、
必ずインプレッサで来た。

その座を来年はBRZに明け渡す事になるだろう。
それはここまでの道程が楽しいことと、
もう二つ理由がある。
進行中のプロジェクト5.MGBを残した思いとFRスポーツ「BRZ」に掛ける情熱_f0076731_19165915.jpg

ドキドキするほど
高いところにあるこの場所を自分の肉体だけを信じて目指す。
進行中のプロジェクト5.MGBを残した思いとFRスポーツ「BRZ」に掛ける情熱_f0076731_19174627.jpg


特別な準備をするわけではないが、過去2回の経験を生かし
今年は3つの新兵器を用意した。

ひとつは良く見えるサングラス。
ドライビングでも大きく役立つこのアイテムのおかげで、
昨年の倍以上風景を楽しめた。

そして持久力に欠かせない水筒、キャメルバッグ。
これのおかげで体がとても楽になった。
去年入手したこのアイテムに
進行中のプロジェクト5.MGBを残した思いとFRスポーツ「BRZ」に掛ける情熱_f0076731_19201222.jpg

水量計を追加して2リットル背負った水の消費量が確認できるようになった。
汗っかきの自分にとってこれほど役立つとは思わなかった。

3つ目は時計だ。
この日のために入手したGショック。
進行中のプロジェクト5.MGBを残した思いとFRスポーツ「BRZ」に掛ける情熱_f0076731_19213636.jpg

辛い時にこの景色を見ると
本当に来てよかったと思う。
進行中のプロジェクト5.MGBを残した思いとFRスポーツ「BRZ」に掛ける情熱_f0076731_19223549.jpg


途中の富士見岩で小休止。
進行中のプロジェクト5.MGBを残した思いとFRスポーツ「BRZ」に掛ける情熱_f0076731_19235971.jpg

余り格好は良くないが
進行中のプロジェクト5.MGBを残した思いとFRスポーツ「BRZ」に掛ける情熱_f0076731_19271626.jpg

敗残兵スタイルは最も効果が高い。
進行中のプロジェクト5.MGBを残した思いとFRスポーツ「BRZ」に掛ける情熱_f0076731_19244651.jpg

残念ながらこの高度計は100メートル以上誤差があった。
それは頂上に行ってはっきりする事になる。
進行中のプロジェクト5.MGBを残した思いとFRスポーツ「BRZ」に掛ける情熱_f0076731_19254221.jpg

王滝口の頂上に到着。
今日も噴気孔からは激しく硫化水素混じりの水蒸気が噴出している。
水分の消費量を見ると
流石に上りは険しく
進行中のプロジェクト5.MGBを残した思いとFRスポーツ「BRZ」に掛ける情熱_f0076731_1929219.jpg

背負ってきた半分を飲んでしまった。
進行中のプロジェクト5.MGBを残した思いとFRスポーツ「BRZ」に掛ける情熱_f0076731_19295340.jpg

ここからが更にダイナミックなチャレンジ。
進行中のプロジェクト5.MGBを残した思いとFRスポーツ「BRZ」に掛ける情熱_f0076731_19302823.jpg

三度目の頂上制覇だ。
進行中のプロジェクト5.MGBを残した思いとFRスポーツ「BRZ」に掛ける情熱_f0076731_19304995.jpg


Gショックの誤差は172メートルだった。
今回は更にその先を目指す。
上の画像の背景に見える二の池だ。
進行中のプロジェクト5.MGBを残した思いとFRスポーツ「BRZ」に掛ける情熱_f0076731_19321829.jpg

若い人も目立つ頂上から
滑りやすい斜面を下る。
3度こけた。
進行中のプロジェクト5.MGBを残した思いとFRスポーツ「BRZ」に掛ける情熱_f0076731_19343419.jpg


美しい高山植物が
眼を惹き付ける。
進行中のプロジェクト5.MGBを残した思いとFRスポーツ「BRZ」に掛ける情熱_f0076731_19351977.jpg

上から見る世界とはかなり違う。
進行中のプロジェクト5.MGBを残した思いとFRスポーツ「BRZ」に掛ける情熱_f0076731_1936188.jpg

二の池は昨年の半分くらいしか水が無い。
鳥居をくぐり
池の水に触ったとたん、
大げさな話ではなく霊気を感じた。
進行中のプロジェクト5.MGBを残した思いとFRスポーツ「BRZ」に掛ける情熱_f0076731_1937825.jpg


水の美しさと、冷たさにほだされ
転んで痛くて汚れた手を洗っていたら
急に温度が下がり水面が霞んできた。
進行中のプロジェクト5.MGBを残した思いとFRスポーツ「BRZ」に掛ける情熱_f0076731_193837100.jpg

そして背後からいきなり雲がせりあがってきた。
進行中のプロジェクト5.MGBを残した思いとFRスポーツ「BRZ」に掛ける情熱_f0076731_19394097.jpg

山の天気は変わりやすいので
すぐその場を去ることにしたが
指は温度差で痺れ
下山するまで違和感が残った。

体力に余裕があったので
もう一度頂上に戻る。
進行中のプロジェクト5.MGBを残した思いとFRスポーツ「BRZ」に掛ける情熱_f0076731_1940449.jpg

先ほどとはかなり異なる景色がそこにあり

さっきまで居た場所も雲に隠れつつあった。

進行中のプロジェクト5.MGBを残した思いとFRスポーツ「BRZ」に掛ける情熱_f0076731_19524698.jpg


こうして自分の体力を計算しながら
自らの運動性能を体感する。
まさにここに2つ目の理由がある。

クルマを楽しむと同時に、
自分の運動能力を試す場所に行く事だ。

そして3つ目は、
ほぼ限界まで自分の運動能力を試した後でも
クルマを操る楽しみが湧き出るほどの
「優れた家畜」にめぐり合うこと。

その探求を続けている。
Commented by なべ田 at 2011-09-16 21:08 x
ご無沙汰致して居ります!
相変わらずパワフルにご活躍の様子ですね(笑)

BRZでスバルがどんな世界を見せてくれるのか
私も大いに期待をして居ります。
その前にFRとは何ぞやを考えるべく乗っておく車の方を色々と検討しましたが先日下取で入って来たAE86を選択しました(ベタですが)。
現在仕事の合間に走れる様セットアップ中です。
その前に1.6L+CVTにも期待をして居ります。
しばらくはワクワクする日々が続きそうです。もう少しの我慢ですね。

Commented by b-faction at 2011-09-17 13:55 x
なべ田さん、御久し振りです。
昨日、3.6を連続走行させて、しみじみ感じました。
3.6りットルをフロントミッドに押し込み前後の重量配分をキッチリ5対5にバランスさせた兄貴分をSTIが作るべきです。

1.6は隠し玉でしたね。
リニアトロニックもこれでラインナップに幅が出ました。
次は高トルク対応型を待つばかりですね。
せっかくだからモータースポーツ用として登場してもらいたいものです。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by b-faction | 2011-09-15 12:34 | Comments(2)

毎日の活動やスバルについてご紹介します


by b-faction
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31