東京オートサロンでスバルを学ぶ

2012年の東京オートサロン
f0076731_77198.jpg

幕張メッセの3つある中で
今回は一番奥にスバルブースがある。

さらにその会場の一番奥
f0076731_775115.jpg

必ず行って欲しい。

日野のデュトロ
次のキャリアカーの第一候補だが
まさかここに現れるとは思わなかった。

じろじろ見ると

ぶん殴られるので
そういうことが嬉しい人も
ぜひ行くべきだろう。
f0076731_79927.jpg

オートサロンの初日は
平日ながら意外なほど活況で、
午後から更に人が増えた。
半日で割高なのに、一般来場者がどんどん入場していた。

入場してすぐに察したことは、
自分の感覚に対して奇異なクルマが減り、
f0076731_15355687.jpg

しっかりとしたカスタマイズを続けてきた会社は、
直接自動車メーカーから信頼を得て、
発売前の車にも深く関与していた。

トヨタに関して言えば
あそこまで派手ではないが、
Bbがデビューした時のような印象だ。

このブースを仕切る会社は実力派で
インプレッサで国内ラリーを制覇しているし、
勝田社長とは数年前に熱く語り合ったこともある。
f0076731_1537314.jpg


自慢げに横たえられたトランスミッション。
レオーネを思い出させる軽量コンパクトな外観だ。
f0076731_15383422.jpg


こんなモノが置いてある事自体異常で、
トヨタから強烈なオファーがあったことを匂わせている。

実車に搭載されていた事は明確だ。
f0076731_19263851.jpg



86から取り外されたミッションにも
律儀なことにアイシンは、
きちんとSUBARUと打刻している(笑)
f0076731_192776.jpg



また、他にも目新しいものがあった。
これまでなら絶対無い
カスタムチューンのメーカーによる
大型ディーゼルエンジンの環境対応化もあり、
実に際立つ演出がされていた。

冒頭にあるように
中型トラックの展示にもユニークなものがあり、
しかも悪ふざけではなく、的を得ている。

奇異な車が減ると同時に
奇異な来場者も激減し
カメ子と呼ばれる女の子目当ての来場者も少なく、
とてつもなく個性的(変な格好)をした男女も
少なくなっていた。

特別招待日だけのことなのかもしれないので
土曜と日曜の来場傾向を見ないと何ともいえないが、
クルマ好きの絶対数は、
回復傾向にあると見た。

BRZやトヨタの86が刺激になり
今後もこうしたスポーツカー増えると思われるし
輸入車や
f0076731_19294726.jpg

オフロードタイプと総称するにはちょっと無理が有るような
f0076731_1930574.jpg

アメリカンでビッグなクロカンなども、
これまで同様に展示されていて、
非常にバランスの良いショーが成立していた。

秋のモーターショーから間が無いにも関わらず、
特定のメーカーがハイブリッドに力を注ぐのと反比例して、
クルマ好きの間では、
そこから回帰する傾向が見受けられる。

痛車と呼ばれる、アニメを描いた車も減り、
軽自動車も激減した。

ここ数年、あれほどあった
プリウスも姿を消し、
ホンダのCR-Zに至っては
メーカーが自ら
無限のブランドで出した以外、
あまり目にしなかった。
CR-Zは一発花火で終わってしまうようだ。
ホンダの深刻な状況は変わらないようで、
今年も旧車のカスタマイジングが一等地を飾る。
f0076731_1933039.jpg

メーカーのやることではないように感じるが、
愛好者の多いことも紛れも無い事実だ。


マツダとスバルにトヨタが絡み、
日産もGT-Rをフラッグシップに据え、
長く続けて来た
スーパーGTでは独自の地位を築いた。
f0076731_1935298.jpg

世界を相手に戦いながら、
徐々に軸足が移りつつある。

今後ますます楽しみな傾向として
捉えることができよう。

東京オートサロンは
ある意味自動車社会のオートクチュールとして
各社がトレンド争奪を競っている。

プレタポルテとオートクチュールの違いを
以前述べているので参考にして欲しい。

今回の内容を一言でまとめると
「ワクワク、ドキドキの連鎖」だ。

現実に目を移そう。
各国でダウンサイジングが盛んに行われ
あのベントレーさえ

W12型からV8に変更されたばかりだ。

今後エコカー補助金が復活して、
どのような販売環境に変化していくのか興味深い。
ホンダの戦略のズレは、
相当に深いところに問題があるようだ。

さて、
当然の如く現れた
BRZのコンセプトだが
f0076731_794318.jpg


ちょっと待って欲しい。
そんなに焦らずに生まれた子供を産湯に付けて大切にしよう。

ガキのように焦らず、
オトナらしく振舞い
こういう先輩を参考にしよう。
f0076731_19515224.jpg

フェラーリだって色々苦労がある。
東京モーターショーでは
ターンテーブル上でBRZが一番輝いていたが、
f0076731_20184628.jpg

今回は
このたたずまいの片鱗を
86のほうが強く匂わせていたぞ。
f0076731_19525932.jpg

モーターショーでは控えめだったトヨタも、
この場所に来ると俄然やる気を見せる。
f0076731_19394056.jpg

NBRでレースデビューした
実車を持ち込んだ。
長年の謎だったグルグル君を初めて近くで見た。
f0076731_19404833.jpg


乗り放題のシルバーとパールの86が用意され、
初めて詳細を目の当たりにした。
メーターにはほとんど違いが無い。
モーターショーで確認したBRZに対して、
f0076731_19431042.jpg

86用は、
f0076731_19435295.jpg

こんな感じで、
タコメーターの演出にわずかな違いがある。
またスバルには、オートマチック車にもかかわらず
レブリミットの警告ランプが装備されている。

86をカスタマイジングしたTRDは、
もうやる気満々で、
爆発しそうな勢いだ。
f0076731_19541250.jpg


スバルもカーナビを装着したりするのはやめて
f0076731_19552413.jpg

これくらいギンギラギンにしよう。
f0076731_19555769.jpg


面白い形のシフトノブと
STIのように赤く変更されたスタータースイッチ。
f0076731_1957688.jpg


STIはWRXでおなじみの雰囲気を醸し出した。
f0076731_19575054.jpg


エンジンルームの演出や、
ボディワークに関しては
さすがに本家に一日の長がある。
f0076731_19591859.jpg


WRXなどのために開発してきたパーツがかなり流用できるのと同時に
フレキシブルタワーバーと言う、
秘密兵器を持つからだ。

トヨタもがんばってはいるが、
ここは地味である。
f0076731_2031327.jpg

しかもストラットタワーバーにカーボンシャフトを用いて
しなりを与えることで、いなす効果を出しているようだが、
コストと動きの抑制の精度でスバルに分があるように感じた。

逆にトヨタでおしろいのは、
このユニークな部品。
f0076731_2024592.jpg


これは早速購入し
ぜひ試そうと思った。

どちらにしても、互換性があるので
色々試すことが出来るのも楽しみだ。

それより
次の我が愛機の予定車両が展示され
f0076731_7113213.jpg

見ごたえが有った。
パールホワイトで標準ボディを注文したのだが、
黒がどうしても忘れられず、
車種変更した。

実はじっくりG4の2.0i-Sを見たのが初めてな上、
各種パーツでドレスアップされた姿に惚れ惚れした。
f0076731_7114496.jpg


BRZのデビューまでG4をしっかり紹介しよう。
トラックバックURL : https://bfaction.exblog.jp/tb/17071990
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by なべ田 at 2012-01-14 16:23 x
おっと!やはり行かれてましたかぁ!!

インプレッサの燃費記録の証拠貼ってましたがまたの機会に。
インプレッサのSTIコンセプト興味深いですね。
ところでBRZはどの仕様を選ばれますか?
3パターンで悩んでおりまして・・トルセンあった方がいいですかね?

さあ、サボってないでルクラの商談行って来ます!
ではまたお邪魔します。
Commented by b-faction at 2012-01-14 16:43
なべ田さん、見所満載のショーでした。
自分へのご褒美にミニカーも買ってきました。
2009年と2010年のスーパーGT参戦車を揃えることが出来たので5年間通して手許に集まりました。
BRZはテスト用にエアコン付のRAを発注済です。
トルセンによる走行抵抗の増加が心配なので、最初は素のまま乗ります。
ブレーキも当初は過激なものは必要ないと思うので、
ホイールの軽量化に挑戦します。

ルクラの新型が実は気になってます。
試乗車で降ろそうと思ってます。
商談がんばってください。
Commented by なべ田 at 2012-01-14 19:25 x
スライドドアが・・・となり結論持ち越しでした
何だかディーラー時代に上司に報告しているシーンを思い出しました(苦笑)
まあウチで買っては頂けるのですがスバルが嬉しいですよね。。

おっと!RAですか。男前な選択ですね。
私はRにしようと思います。トルセンは悩むところですが(トヨタディーラー時代に洗脳された?)ファイナル・レシオからついこちらを。
でも確かにあくまで予感と言うか予想なのですが
205-55あたりで16インチ軽量ホイールが良さそうな感じはします。
まずは乗ってみて今後の展開を考えたいと思います。
勿論、社長のレポートもお待ちして居ります。

インプレッサの方、23.2Km/Lをマークしました。
来週からは2.0FFで走り込んでみます!では。
Commented by b-faction at 2012-01-14 21:55 x
猫も杓子もスライドドアですか。重くなるのにね。

RAは直感で発注したので何ともわかりませんが、軽さは性能です。GDBのデビューでもRAを注文したし初代インプレッサではGC1の5MTを選択したので、今回も韻を踏みました。
Commented by なべ田 at 2012-01-15 00:43 x
軽さは性能!スライドにしたら「50キロも重くなりますよ」と

そう言えば社長はGH2もMTでしたよね。
まさかGC1もMTだったとは・・・
それから「RA」ってネーミングこれがまたいいですね。

GHと言えば先程、ふと思ったのですが幻のNAコンセプト
何となくではありますがBRZとあの車オーバーラップしました。
スバルをNA、2WDで走らせると言う事・・・

ああ今年は素晴らしい1年なのは確定ですね。
Commented by b-faction at 2012-01-15 06:10
なべ田さん、おはようございます。今日は1月の中日で日曜。
決戦の日ですね。RAにはビリッときました。既に1500ccクラスで世界最高の足回りを作り、その後でFRにチャレンジしたわけです。だから必ずその苦労は美しい結晶になったと思います。
STIのNAコンセプトを期待したときもありましたが、
今になってみると出なかった理由もわかります。
STIにそこまでの度胸と根性はありません。
Commented by GH3 at 2012-01-15 19:50 x
こんばんは。
僕もオートサロン行きたかったです・・・
インプレッサG4のSTIコンセプトは興味あります。
もう、BRZもSTIの手によってここまで変わっているんですね~
「RA」という名前もなぜか懐かしく思えて好感が持てます。
Commented by b-faction at 2012-01-15 23:19 x
GH3さん、こんばんは。今は勉強最優先ですよ(笑)
気分転換でいつでもこのブログに遊びに来てください。
いま、かわら版159号の原稿ができました。受験勉強してるみたいですよ、締め切りに追われるのは。

BRZのコンセプトはあくまで提案で、
まだまだ時間が掛かります(作れないかもしれないし)
メルシートが全く貼られて無いのならなお良いんですが。
そのあたりの詳細は未だ不明です。
Commented by マリオ高野 at 2012-01-16 14:57 x
日野ブースはマジで素晴らしかったですね! ↑1枚目の写真の子は超絶よかったですよ!

写真を拝見する限り、相当近くから鑑賞されたようですね!w

来場者もすごく多く、日曜日はウルトラ大渋滞が発生して往復5時間もかかりました。

自動車業界の明るい未来が見えたようで、うれしかったです。
Commented by b-faction at 2012-01-16 15:08 x
マリオ高野さん、ホンワカしたあの娘がピカ一でした。
色々趣味は人それぞれですが・・・・。妻はもう一人の娘がプラスチックハンマーを持っているのが謎だと申しておりました。

日曜日は凄かったんですね!

今、GC8のSTI-RAを中津川リンクノルドシェライフェでテストしましたが、ほとんどFRに近いこの車を味わいながら
重量が1200キロ前後で200馬力のクルマが、
如何に愉しいか想像してました。
ピンクのビキニのように路面にペットリと貼り付くんでしょうね。
Commented at 2012-01-17 23:32 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by b-faction at 2012-01-18 22:19
なべ田さん、こんばんは。
タイヤのせいもあるでしょうね。まあ、いずれにしろ
タバコはすわないほうが良いでしょう(笑)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by b-faction | 2012-01-14 07:11 | Trackback | Comments(12)

毎日の活動やスバルについてご紹介します


by b-faction