人気ブログランキング | 話題のタグを見る

黒いBRZの発するオーラを楽しむ

これなんだと思う?
黒いBRZの発するオーラを楽しむ_f0076731_20431862.jpg

望桜荘のヤマザクラもあっという間に盛りを過ぎた。

黒いBRZの発するオーラを楽しむ_f0076731_20492626.jpg

桜吹雪が始まると
黒いBRZの発するオーラを楽しむ_f0076731_20492498.jpg

それに合わせるように山形の平方さんがいらっしゃった。
12か月点検と同時に
北国の過酷な融雪剤から車体を守るため
錆止めパックを施工するのが今回のご来訪の目的だ。
黒いBRZの発するオーラを楽しむ_f0076731_2052243.jpg

いつも大好物をお土産に頂いているが
黒いBRZの発するオーラを楽しむ_f0076731_20525759.jpg


今回はとても面白いものを見つけたということで
何か聞いても教えてもらえず、
楽しい夕食でお披露目になった。
黒いBRZの発するオーラを楽しむ_f0076731_20543995.jpg


なんと「甕入りプリン」でした。

凄いボリュームですが
とってもおいしいんです。
和風の甕に入ったプリンとフルーツの色合いが、
見事にお互いを引き立てあい
とてもお洒落なスイーツでした。

ショールームに大切に飾っていた、
BEAMSのコーディネートしたお洒落なアウトバック。
黒いBRZの発するオーラを楽しむ_f0076731_20585210.jpg

2.5i EyeSight EX Editionは500台の限定でリリースされたが、
すべて完売した。
素敵な内装の色合いは、
きわめてナチュラルで「あたたかみ」の溢れる大好きな組み合わせだ。
黒いBRZの発するオーラを楽しむ_f0076731_2162162.jpg

京都のオーナーに見初められ嫁ぐことになった。
黒いBRZの発するオーラを楽しむ_f0076731_217224.jpg

きっと末永く愛してもらえることだろう。
そこに鎮座することになったのが
届いたばかりの漆黒のBRZだ。
黒いBRZの発するオーラを楽しむ_f0076731_2181833.jpg


以前から、
最も好みでクールなカラーはブラックだと確信している。
注文しておいた黒のSがやっと完成して手元に届いた。

何しろ蓋を開けたら受注の78%を占めたのが「S」だ。
それに比べ
愛機RAはわずか4%しか売れていない。
当然といえば当然で
価格差と装備を考えればSに予約が集中することは当たり前だろう。
センターパネルの
黒いBRZの発するオーラを楽しむ_f0076731_2264970.jpg

造り込みも全く違うし、
エンジンルームもお化粧されている。
黒いBRZの発するオーラを楽しむ_f0076731_228885.jpg



その中間で売れそうなのは
ブルーのRのマニュアルに17インチパフォーマンスパッケージを組み合わせたものだと思ったので、
こちらも注文した。

既にシアターの下でお客様に愛でていただいている。
黒いBRZの発するオーラを楽しむ_f0076731_21151436.jpg

黒のSにはエアロパッケージを装着したので、
全てのグレードと、
レザー&アルカンターラパッケージを除く組み合わせを、
同時に比べていただけるようになった。

とにかくこのクルマには心酔しているので、
少々出費は膨らんだが、
嬉しくて仕方がない。
特にこのラインがたまらなく好きだ。
黒いBRZの発するオーラを楽しむ_f0076731_21213119.jpg

このフェンダーガーニッシュも涎が出るほど気に入っている。
黒いBRZの発するオーラを楽しむ_f0076731_21224730.jpg

特にスバルのアイデンティティが際立つ、目鼻立ちとほっぺのふくらみは、
思わず口づけしそうなほど悩ましい
黒いBRZの発するオーラを楽しむ_f0076731_21242248.jpg

些細なことだが、
このパーツひとつとっても、質感が良い。
黒いBRZの発するオーラを楽しむ_f0076731_21472727.jpg

少しもプラスチッキーではなく、
舐められないクルマ作りに没頭させてもらえた喜びが満ち溢れている。

トヨタから開発資金を供与され、
一心不乱に性能を極めたことが、この辺りからもプンプンと匂う。
実に気分が良い。
普段のスバルなら、マイナーチェンジまでお預けになりそうなことが、
このクルマには見当たらない。
インプレッサにも与えられずレガシィすらまだまだ遠い夢の、
素敵な前後の灯火器類も与えられた。
クルマの美しさは、やはり顔に出る
しかしながら、ドイツのライバルたちに比べ、
優先順位が低いため
ヘッドライトやテールランプなどに大きなお金をかけてもらえない。
黒いBRZの発するオーラを楽しむ_f0076731_21344933.jpg

Sのコックピットに座り、
エンジンをかけ
黒いBRZの発するオーラを楽しむ_f0076731_2135926.jpg

ショールームに入れる時に
「こいつはRAとは全く違うクルマではないのか!」
黒いBRZの発するオーラを楽しむ_f0076731_21354938.jpg

と、思わず錯覚するほど質感の違いを感じた。

Sと名がつくだけあり、
SVXにより近いNVHを実現している。

しかしRAの軽さも相変わらず魅力であることは事実。
この黒いSの車体重量は、
1250㎏
大人一人分の重量差は、
軽いクルマほど味の違いに大きく影響を与える。
当たり前のようにアルミボンネットを纏い、
フロントのエキゾーストパイプは、ステンレス製の4-2-1集合管だ。
見えないのが残念だが、
低重心化のために、オイルパンも専用設計されている。
万が一の損傷を予防するために、
アルミ製のアンダーガードまで標準装備だ。

この部品を見ると鳥肌が立つほど興奮する人は、
きっとレオーネエステートバン4WDの楽しさを味わった人に違いない。

ちなみに
Sの下回りをフロントから覘くとこんな感じだ。
黒いBRZの発するオーラを楽しむ_f0076731_21422653.jpg

RAは良く見ないと違いが分からないが
こんな感じだ。
黒いBRZの発するオーラを楽しむ_f0076731_21453281.jpg


お尻から覘いてみよう。
黒いBRZの発するオーラを楽しむ_f0076731_22321926.jpg

Sはマフラーカッターのせいでグラマラスだ。

力を良くするために
黒いBRZの発するオーラを楽しむ_f0076731_21513074.jpg

空アンダーカバーで覆われていることもわかる。
それに対してRAはスパルタンだ。
黒いBRZの発するオーラを楽しむ_f0076731_2152312.jpg


細かい部分もずいぶん違う。
Sのステアリングは
黒いBRZの発するオーラを楽しむ_f0076731_21545830.jpg

やはり握った瞬間に違いが判る上質なものだ。
黒いBRZの発するオーラを楽しむ_f0076731_21552182.jpg


空調ダクトは
黒いBRZの発するオーラを楽しむ_f0076731_2156326.jpg

Sの加飾されたものに対して
RAのものはとても質素だ。
黒いBRZの発するオーラを楽しむ_f0076731_21564586.jpg

もちろん、機能の差は何も無い。

インパネの装飾も
実際に見るとカタログ以上に差がある。
黒いBRZの発するオーラを楽しむ_f0076731_2157992.jpg

艶やかなスバルらしい色調に対して
RAはスパルタンだ。
黒いBRZの発するオーラを楽しむ_f0076731_21582798.jpg

シートも形は同じだが、
マテリアルや縫製は全く異なる。
黒いBRZの発するオーラを楽しむ_f0076731_21592021.jpg

Sは昔から見慣れたスバルらしいクロス。
RAは決して質素ではないが
黒いBRZの発するオーラを楽しむ_f0076731_2202047.jpg

トリコットなので格調高いファブリックのクロスには少し及ばない。

手の直接触れる部分も
良く見極めてほしい。
Sは
黒いBRZの発するオーラを楽しむ_f0076731_2212252.jpg

素材が一段上になり
RAは質素だが、
黒いBRZの発するオーラを楽しむ_f0076731_2222727.jpg

スバルの現在のフラッグシップである、
レガシィより100万倍素晴らしい(笑)

トランクは考え方だけだ。
Sのようにおさまりの良いトリミングは当たり前だ。
黒いBRZの発するオーラを楽しむ_f0076731_2235788.jpg


へそ曲がりな自分には、
剥き出しも決して悪くない。
黒いBRZの発するオーラを楽しむ_f0076731_2243372.jpg


とにかく、こうして真打が高座に何事もなく上がったので、
しばらくは至福の空間をお客様とともに楽しみたいと思う。
黒いBRZの発するオーラを楽しむ_f0076731_2261426.jpg

Commented at 2012-04-29 06:06 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2012-04-29 06:15 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2012-04-29 06:33 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by b-faction at 2012-05-01 07:09
XXXさん、コメントありがとうございました。それぞれの役割に応じたコストをかけない知恵をと、思い切った革新をふんだんに盛り込んだ新型レガシィをお楽しみに。もう僕の脳内には新しいレガシィのキャッチコピーが湧き出しています。ヒントは「風」です。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by b-faction | 2012-04-22 20:44 | Comments(4)

毎日の活動やスバルについてご紹介します


by b-faction
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31