SVXの偉大さを改めて実感

北海道に行く直前の連休明けに、
ベストカーガイドの編集部から取材の依頼があった。

変態を取材したい」と、
いささか失礼な話ではあるが(笑)。

もうこの頃では自他ともに認めるしかない状態なので、
有難く喜んでお引き受けした。

f0076731_7122590.jpg
昨日発売された本を見たら、
「クルマ界奇人・変人」という面白い特集のトップを飾っているではないか。

f0076731_7132971.jpg
記事は103ページにある。
良かったらぜひ買って欲しい。
右側の102ページとのバランスも極めてナイスだ


もうここまで、気を使っていただけると、
感謝感激雨あられ。

10冊ぐらい購入し、
店に置かねばと思うくらいである。

改めてこのクルマの実力を探りたくなった。
昨年のフォーエバーミーティング以来、
ほとんどSVXのステアリングを握っていない。

「よしっ!
それならばワインディングを一気に100キロ以上走ろう」
そう決めた。
SVXほど操る時に後輪の存在を意識させるクルマは無い。

グンとトルクを感じたり、
ある時は一瞬ためらうようなケツの存在を感じる。


SVXは女性的な存在で、
同誌にあるマニアッククイズの写真の女性のような、
美しくてプワンとしたケツのイメージだ。

f0076731_12232266.jpg
この世にこれ以上美味しいモノがあるだろう。
そう感じるほど、
官能的な世界を提供してくれる。

だから、
ちょっとスカートをめくりたくなった。
f0076731_12242578.jpg
赤いパンティーをはいている。

美しい者・物・モノ・ものものものも・・・・・
もういてもたってもいられなくなり、
点検整備が終わったという知らせを聞き、
さっと仕事を片付けた。

時刻は19時半だった。


開田高原までひとっ飛びだ。
やまゆり荘にも滑り込みで間に合った。
f0076731_714438.jpg
保存している車両を定期検査したところ、
このSVXのエアコンに不具合が見つかった。

修理が必要だ。

置いておくだけの飾り物になぜ金をかけるのかと、
いぶかしく感じる人も居るだろう。

正規の状態に維持することは、
最前線のスバルディーラーにとって、
必要不可欠な商品開発だ。

ヒトや家畜の病気も、
病気の症例はおおよそ分類できても、
症状はそれぞれ微妙に違う。

大いに興味があるところで、
SVXも高齢化しカラダの彼方此方に不具合が出る。
今回はエキスパンションバルブを中心に
エアコンユニットのオーバーホールを終えた。
クルマは部品と技術さえあれば性能を維持させることが可能だ。

まだかなりの主要パーツを新品で調達できる。

スバルの凄さはここにも垣間見える。
今回の部品代だけで6万円弱を要し、
これまで既に60万円ほどのパーツを交換したが後悔は全くない。

それよりメカニックの整備経験に、
また一つ新しいページが加わったと事の方が大切だ。

そして結果確認のテストドライブが楽しめるので、
まさに一挙両得と言える。

久しぶりに全身全霊を傾けて、
クルマと対話した。

それは一緒に寝るようなドライブで、
ステアリングを握ると、
だんだん興奮してくる。
f0076731_7142561.jpg
16万キロ以上走った個体とはとても思えない。
人なら老婆だろう。
でもそんな印象は微塵もない。

だだリフレッシュメンテナンスを具体的に説明するショーケースなので、
予防整備を徹底的に施してある。
それで信頼性は抜群だし奇妙な色気もあるのだろう。

それにしても相変わらず凄い性能の持ち主だ。

ここに来たのは平成13年のクリスマスだった。
ボロボロでガタガタだったが、
心臓だけはしっかりしていた。
5度にわたる徹底的な整備を受けた。

21年も前にこれほど高性能なクルマを作った。
だからBRZが高いレベルでデビューしても、
何の不思議もない。

人気を博しているBRZの武器は、
低重心と前後の重量配分の優秀さにある。

AWDであるSVXの武器は、
前後の駆動力を後輪重視で不等配分する技術だ。

パワーをかけてもグイグイ曲がる。

最新のWRXに繋がる味だ。


このクルマの誕生前に、
初の水平対向6気筒を搭載したアルシオーネXT6が誕生した。

それは長年の夢を実現したクルマだった。
幾多の新技術で武装し、
ようやく最高の心臓を手に入れた。

f0076731_12251526.jpg
ただ苦労して6気筒を押し込んだ結果、
かなりフロントヘビーなクルマになった。

前輪の仕事の割合が増えすぎると、
どうしようもないクルマになってしまう。
ところが面白いことに、
当時のスバルはフロントヘビーであることを何も厭わなかった節がある。

なぜなら執念で誕生させた
名車スバル1000の開発で、
開発陣はフロント荷重を増加させる事に重きを置いた。

その結果不可能だと言われた数々の問題を解決し、
初の本格的な量産型前輪駆動車を完成させた。
コーナリングが楽しいクルマではなかったが、
室内の広さは抜群だった。
曲がり難いが、
それは直進性の素晴らしさに繫がった。
スタートダッシュの鋭さもピカ一だった。

それに加え雪道など悪路における走破性能も、
他車を大幅に抜きん出た。

4輪独立の優れたサスペンションと、
前輪荷重の十分な確保という効果と相まって、
先駆者達が思いもよらない程の高レベルなクルマに仕上がった。

しかし流石のスバルでもXT6で苦労した。
オーバーハングにかかる荷重が大きすぎたので、
そのままでは「どうしようもない」クルマになってしまう。

そこで自社開発のマルチプレートトランスファー式4WD(MP-T)を、
初めてアクティブ制御し4速オートマチックと組み合わせた。

これが現在のACT-4に通じる誕生の秘密だ。
これを前輪荷重の大きいアルシオーネに搭載し、
素晴らしいフィーリングのクルマが生まれ、
何とかスペシャリティーカーとしての体裁も保った。

しかしコーナリング時のアンダーステアは課題となって残り、
後の技術者達が解決に取り組んだ。

その後のクルマ造りで駆動系の技術者たちは、
4WD技術の粋を集め「あるもの」を開発した。

それがVTD(バリアブル トルク ディストリビューション)だ。

SVXの開発における一番大きなコア技術だと思っている。


この技術がなかったら、
今年のニュルブルクリンク24時間チャレンジにおける、
クラス優勝も無かっただろう。

こうして素晴らしいクーペに改めて乗ると、
改めて思った。

いつの日か是非、
スバルの得意なBOXER6を搭載した、
本格的なFRスポーツカーを誕生させて欲しい。

ところで昨夜は熱を出して苦しかった。
今朝は太陽が黄色く見えた。
笑い事ではなく本当だ。

f0076731_12261646.jpg
SVXに乗る者は、
時々クルマに憑依される。

実際にこのクルマのオーナー達は、
誰もがとことん付き合える勇気のある人ばかりだ。
f0076731_15333557.jpg
しばらく熱なんか出したことがなかった。
なんかヤバイ感じ~~。
クルマではなくドライバーがオーバーヒートした。

強い魂を持つクルマは、
そうザラに居るものでは無い。
彼女に乗ったのは平成22年1月3日以来なので、
2年半近く遠ざかっていた。
今回の走行距離は167キロだった。

f0076731_7232714.jpg

カラダが少し休めと信号を出している。
ただし休むという事は、
会社にいて仕事をしなさいという事だ。

レガシィDITの函館編を楽しみにしている人も多いので、
総括しなければならない。

中津スバルの雰囲気を楽しめるよう、
環境改善に力を入れお迎えの準備も進む。
そのさなかに金環日食という歴史に残る出来事が起きた。
その日は掃除の日だで、
早朝から周辺環境を整えていた。

環境美化に取り組んでいたら日食が始まり、

f0076731_12294055.jpg
周囲が薄暗くなると、
木漏れ日まで見たことの無い三日月型に変わった。
f0076731_12293072.jpg
世紀のショーは深く脳裏に焼き付いた。
そして、
太陽と月の双方の引力を地球を背にして浴びている不思議な感覚に酔いしれた。

いっしょに皆で感動したが、
シニカルなこの人だけは、

f0076731_12371111.jpg
一切話題の中に入らなかった。

ひょっとすると何かに憑依されていたのかもしれない(笑)
見たことのない光の風景をしばし楽しむ。

f0076731_12323486.jpg
あっという間に幕は下りた。
さあ、整備工房の入り口から草取りを始めよう。
f0076731_1239443.jpg
一列に並んで仕事を進めると、
f0076731_12385944.jpg
みるみる綺麗になってゆく。
ブルーベリーの周りも雑草に覆われてしまった。

f0076731_12395634.jpg
斜面の一部も含めると4日間を必要としたが、
コツコツ続けた成果がこのように現れた。
f0076731_1242942.jpg
二宮さんが肥料を届けてくださる。
手入れを続ける事が楽しい。
豊作を願い準備万端に整った。

望桜荘の桜の根元に、
雑草を低温発酵させて作った堆肥を与えたら、
そこから草が蘇ってきたので、
もう一度取り除く。

f0076731_12442784.jpg
力を合わせて1時間続けることが、
大きな蓄積となり結果を生む。

ベンチも鳥の糞で汚れていた。
洗って気持ちよく整え憩いの場にする。
f0076731_12451685.jpg
綺麗に咲いたコウリンタンポポと、
ムラサキツユ草のスラリとした姿が揺れている。

月末まであと4日になり、
昨日はインプレッサとBRZの新車が売れた。
インプレッサの好調な売れ行きはまだまだ続いている。

また水曜日になると、
飯田にお住いのリンゴ屋さんを中心とした、
サンバーの愛好者達がここに集まる。
f0076731_1382477.jpg

念入りに準備して、
来訪を待とう。

トラックバックURL : https://bfaction.exblog.jp/tb/17586791
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented at 2012-05-27 20:21 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by なべ田 at 2012-05-27 21:55 x
小型車2台受注、おめでとう御座います!
当社は1ポイントを地道に積み重ねております(苦笑)

札幌編の記事はとても勉強になりました。有難う御座います。
ちなみに現地で2次会の際にさり気なく社長のテーブルに合流を試みましたがタイミングが合わず叶いませんでした。。

ところでベストカー誌と言えば
最後までBRZにはターボでAWDが存在すると主張していました。
「その根拠は?」と逆取材をお願いしたかったですね。
まあ富士重工側は初期の頃そんな意見もあったと聞きますが。

Commented by b-faction at 2012-05-28 07:03
しまださん、おはようございます。SVXのインマニを赤く塗っては少々下品ですが、いやらしさも同居します。
Commented by b-faction at 2012-05-28 07:05
なべ田さん、ベストカーは今一番売れてる自動車雑誌なんだそうです。
週刊誌の一部だと考えればどういう編集になるのか解るようになりました。だから、この頃あまり深く考えずに接しています。
Commented by マツダパンダ at 2012-06-11 22:15 x
ご無沙汰したます。体調は戻られましたか?
さて、ベストカーの記事を読みました。ここの告知は知らず、また、単に新型カローラの記事が読みたくて購入していました。
そして、パラパラとめくると「愛すべき奇人・変人」記事のトップに知っている方の顔が掲載されている。しかも、ちょっとおちゃらけたポーズで・・・。
マリオ氏の愛情たっぷりの文章を、ニタニタしながら読んでしまいました。ただ一つ不満なのは、アルシオーネ以外の車種についても少しは触れていただきたかったことでしょうか。
話は変わりますが、最近、インプレッサスポーツワゴンの4atが気になっています。これも4wdはVTDを搭載で良かったんでしたっけ?
4at
Commented by b-faction at 2012-06-11 22:28 x
マツダパンダさん、こんばんは。
やっとこさかわら版の164号ができました。体調不良もあって今回はかなりきつかったですね。でも作るのは本当に面白いです。
SABの件は、あのクルマにこだわる変態が居ることを取材したかったようですよ。

いつのインプレッサですか?
GF8のターボ車(WRX)は4ATにVTDを組み合わせています。
Commented by マツダパンダ at 2012-06-11 23:19 x
お疲れ様です。
すいません。スバルの4wdのことを全然理解していませんでした。世代やバージョンによって機構が全く異なるんですね。しかも前文では、最後に「4AT」なる謎の文字を残してしまい申し訳ないです。
「新車情報」のSVXの回を見て、「VTDっておもしろそう」と思った次第です。やはり、競技用の4wdに限定されるのでしょうか?個人的には先代フォレスターも気になっていたりします。最近ゆったりとした運転に憧れるもので。
Commented by b-faction at 2012-06-12 07:05
マツダパンダさん、DCCDが競技用です。昔、フロントヘビーを相殺するためにVTDが考え出されました。それをMTように研究していたものをSTIのために引っ張り出したのが久世さんです。凄い人でしたね。
Commented by マツダパンダ at 2012-06-12 10:52 x
ということは、SVXみたいなロングツーリングがもとめられるものは、運転感覚が上質であるためにVTDを準備した。また、VTDの技術を昇華させて競技用に発展させたのがDCCDである。これは、久世氏による功績である、ということですか?
これはすごい。スバルの車に憧れるのは、一本筋が通っていることなんですよね。そしてそれを積み重ねているところです。「五輪書」に通じるものがあるとおもいます。
Commented by b-faction at 2012-06-12 17:43 x
上質か否かではなく回頭性能です。米国仕様のSVXにはACT-4が搭載されていました。今回のレガシィは初めて大きなメスをACT-4に入れたので一度体感してください。お近くのディーラーに試乗車が多分あります。
Commented by マツダパンダ at 2012-06-12 18:24 x
了解です。基本的なことからお聞きしてしまい、申し訳ないです。
試乗車ですか・・・。レンタカーでないですかね。現在、買う気もないのに販売店に行くのは、どうも販売店の方に悪い気がしまして。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by b-faction | 2012-05-27 07:23 | Trackback | Comments(11)

毎日の活動やスバルについてご紹介します


by b-faction
カレンダー