人気ブログランキング | 話題のタグを見る

BRZと過ぎ去る夏が薫る美しい高原

もう何から話してよいか解らないくらい素晴らしい一日だった。
一言で表現すると「現代に蘇った最新のSVX]だ。
BRZと過ぎ去る夏が薫る美しい高原_f0076731_20465931.jpg

BRZのRAが持っていた印象はGC8を凌駕する運動性能の高さだったが、
今度のSが持つ最上級のクオリティは、
ステージの違いを見せつけた。

このテストに先立ち、
月曜日の夜に80kmほどおろしたてのBRZを慣らし運転した。
BRZと過ぎ去る夏が薫る美しい高原_f0076731_217663.jpg

そのあと、このSVXを同じ場所で走らせた。
まあそれはそれは面白い事実があふれるように出てきた。
先週の水曜日に、香川の坂井さんから、
「SVXが乗れなくなってしまった時に何を選んだらよいでしょうか」
と相談され、迷うことなく
「BRZに乗ってください」と言い切った。
それを自分自身で実証できた。

この緑色のSVX最終仕様は他の機会でも紹介するつもりなので
楽しみにしてほしい。

今回のテストで改めて、いや、つくづく思ったが、
やはりSTIはスバル独自のBRZづくりを担うべきだろう。
BRZと過ぎ去る夏が薫る美しい高原_f0076731_2114347.jpg

小手先のチューニングではなく、
BRZに水平対向6気筒エンジンを搭載して、
更にワイド化したスペシャルバージョンを作ってほしい。
tSのような小手先のチューニングでお茶を濁したり、
カタログモデルに成り下がった「STI」グレードを出すようじゃあ
男がすたるぜ
BRZと過ぎ去る夏が薫る美しい高原_f0076731_21144650.jpg

また、このSVXと比較すると、
次のBRZの課題はBEAMSとのコラボだと自信を持って言える。

スバルにはなくてトヨタにあるのが、「スポーツカー文化」だ。
中津川にも遂にLFAが現れた。
BRZと過ぎ去る夏が薫る美しい高原_f0076731_21102849.jpg

嬉しくなって後を追いかけ持ち合わせていたカメラで写真を撮った。
ナンバーは「1」でオーナーの気迫が解る・・・・。
どんな人が運転してるんだろう。
頑張って追い越し車線で横に並んでドライバーを見ると、
ひげを蓄えたカジュアルな姿の「60歳台の男性」だった。
なかなか良いじゃないか。
思わず良いねマークを送ったが、
見えたかどうかはわからない。
このクルマは顧客に販売する前から、
ニュルブルクリンクでレースに参戦し、
クラス優勝をもぎ取っている。
大したものだと思う。少なくとも「チキン」ではない。

そして輝かしい記録を持つ「トヨタ2000GT」は誰もが認める名車だ。
その実績の上に彼らの選んだ「86」というネーミングがある。
フジヤマとハチロクは同じ土俵に並んでいる思わないか。
「86」という名を迷うことなく選んだトヨタの凄さを、
発表当日から鳥肌が立つくらい興奮して眺めていた。

背水の陣「ゼット」をあえて名乗るスバルも凄いが、
残念ながらスポーツカーの文化水準はトヨタに比べ相当低い。
その差を埋めるには、
せっかく契約まで交わして共同戦線を張った、
新宿村の同志に力を借りるしかないだろう。

さて、
SとRAの優劣ではなく
また、どちらが好きか嫌いかでも無い。

両車は全く別のクルマと思えるほど、
それぞれの個性が秀逸だ。

最新の6速AT、これはスバル初のトランスミッションだが、
その作動感や動力が伝わるときのサウンド(ノイズではない)が、
これまた秀逸だ。
ノイズ、バイブレーション、ハーシュネス、いわゆるNVHをきっちりやって、
その上でサウンドクリエーターを通して入る吸入脈動音と、
トランスミッションの放つメカニカルノイズが微妙にマッチしたこの感覚は、
以前乗った630馬力のベントレーで感じた鼓動に近いモノがある。

そして燃費が素晴らしく良い。
燃費計をリセットして国道19号線を法定速度に沿って走る。
BRZと過ぎ去る夏が薫る美しい高原_f0076731_21134578.jpg

いつもの国道からの分かれ道までおおよそ60km。
この数値には目を疑った。
BRZと過ぎ去る夏が薫る美しい高原_f0076731_21135382.jpg

そして高速ワインディングでは
トランスミッションをスポーツモードに切り替え、
BRZと過ぎ去る夏が薫る美しい高原_f0076731_21141363.jpg

トラクションコントロールもスポーツにセットする。
BRZと過ぎ去る夏が薫る美しい高原_f0076731_2114495.jpg

表示がこのように出ると、
クルマの印象が一変する。

さて、具体的にどうなのかを次のブログで語りたい。
これからプールで1000M泳いで、
今日の疲れを一掃しようと思う。
Commented by なべ田 at 2012-08-30 13:39 x
昨日はがきが届きました。
ご丁寧に有難う御座います。今後とも宜しくお願い致します。

私の方、最初に乗ったBRZが6AT仕様でしたが「これぞトヨタとスバルのコラボ」スバルのエンジンをトヨタが制御したらこうなるんだ~と
面白いし燃費の良さもなるほどなと思います。

ひとりのリアルBRZオーナーとしての感想なのですが
このままで充分以上に満足ではありますが更に所有する喜びを求めるならばシートやフロアカーペットのカラーリングやマテリアルに少しのお洒落を加えてくれたならばと考えて居ります。あと何らかの形で屋根を開けてもらえれば最高です。
6気筒エンジンを積むならばEZ36をサウンドも含め少し少しチューニングしてIS-Fの8ATとの組み合わせってのは如何でしょうか?
Commented by 永島 達也 at 2012-08-30 13:52 x
代田社長様
ご無沙汰しております。一昨日・昨日のブログ見させていただき、エクシーガ→レガシィ→BRZとブログの構成から各車種の資料だけではわからない本質を知ることが出来、販売車種が違えどとても勉強になり、1人のスバル好きとしてマジマジといつも読まさせていただいております。”S”のクリスタルブラック。大人の車に仕上がっていますね。ところで、BRZと86はサスチューンが違うと聞いておりますが、サーキット及びチューニングベースの”RA"と”S”はサス自体は一緒なんでしょうか?また、教えてください。スポーツモードで一変したBRZの内容、楽しみです。
Commented by b-faction at 2012-08-30 19:45
なべ田さん、今晩は。8ATはヨーロッパでは主流のオートマチックですから面白いでしょうね。けれど6気筒の搭載は共同開発できるでしょうか。トヨタには必要ないのでね。これはSTIに求めるプレミアムカーですから、別の一捻りが欲しいですね。
Commented by b-faction at 2012-08-30 19:53
永島さん、こんばんは。トヨタのGはスバルのRAと明らかに設定が違います。あとは「女優」にしか乗ってないのでトヨタの他のグレードのことはわかりません。ご質問のRAとSの違いは明確です。Sを運転しながらRAの何とも軽快な印象が忘れられず、また乗りたいと思います。しかし、SのATを操ると「これものすごくいいじゃん!」とわくわくしちゃいます。どれを選ぶかは使う人の環境と好みで決まりますね。
Commented by にのみや at 2012-08-30 20:32 x
こんばんは。
『S』は重厚でした・・・今考えるに、『RA』とは別の次元の車のような。
ATは普段乗ってないのでわかりませんが
気がつけば、アクセルだけで何の抵抗もなく・・・
何もせずにローから無限大へ行ってしまい、ビックリでした。
車内での音も、重低音が結構体に響いてきた感じで気持ちよかったです。
『RA』乗る機会があったらあったら、また乗せてください。
あの軽快感は、忘れられません。
モンスターBRZ・・・実現するといいですね♪
Commented by b-faction at 2012-08-30 20:44
にのみやさん、こんばんは。STIの企画の人に言わせると、僕の考えるクルマをそのまま作るのは癪に障るらしいです。
なので、もっと凄いのが出るかもしれませんね。
写真をたくさん撮っていただいてありがとうございました。分析に大いに役立ちました。
次のブログをお楽しみに。
Commented by Nick-Velvet at 2012-09-22 04:45 x
何やら西の方(当地での相対比較)では、密かにEZ30R搭載計画(検索可なので最早公然かも)が進行中の模様です。
Commented by b-faction at 2012-09-22 07:00
Nick-Velvet さん、お久しぶりです。楽しそうな企画ですね。ゆくゆくはフラットシックス搭載して欲しい。誕生以来ずっとスバルにお願いしています。3年後を目標に実現してくれると、M3に対抗できるようなクルマの誕生に繋がるでしょう。そういう意味では、そのチャレンジは価値がありますね。
Commented at 2012-09-22 07:54 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by b-faction at 2012-09-22 19:52
Nicl-Velvet さん、こんばんは。度胸はありますが(笑)もったいないことをしますよね。余程のバックボーンがあるのでしょう。ただし、それに見合ったシャシーではないので苦労も多いでしょう。軽量化を極めたBRZは4気筒と組み合わせた完成度が高いから、僅かな重量配分の劣化がクルマの動きを大幅にスポイルするかもしれません。でも、あのエンジンはピーキーですがシュンと回って気持ち良いのでBRZと相性が良いかもしれません。3.0R specBに乗ってた頃が懐かしい。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by b-faction | 2012-08-29 21:05 | Comments(10)

毎日の活動やスバルについてご紹介します


by b-faction