人気ブログランキング | 話題のタグを見る

誇りあるスバラーとしてXV HYBRIDを語る

準備中にツバメが相変わらず頭上を飛び交う。

ドジを踏んで出られなくなったところを
とっ捕まえた。
良く言い含めて、
この領域には入らないと約束させて逃がした。

誇りあるスバラーとしてXV HYBRIDを語る_f0076731_1655878.jpg


ついに禁断の一眼レフを購入した。
昔の一眼レフも高級機には徐々にモーターの外付けが可能になった。
いわゆるハイブリッドで、
確か「モードラ」と呼んだ気がする。
誇りあるスバラーとしてXV HYBRIDを語る_f0076731_11585774.jpg

銀塩写真の時代には、もったいなくてとてもモードラなど使えなかった。
誇りあるスバラーとしてXV HYBRIDを語る_f0076731_11591791.jpg

デジタルの時代に移り変わり、
今やカメラの世界は全てハイブリッドやEVが常識だ。
必要無いと割り切っていたが、
クルマの試乗と同じだ。
シャッターの切れ味に降参し、

40年ぶりに一眼レフを持った。
まずカメラに全て任せツバメを撮影。
誇りあるスバラーとしてXV HYBRIDを語る_f0076731_1612222.jpg

えらく簡単に撮れるじゃ無いか。

ド素人でもBRZならNBRでソコソコ走れたようなモノだ(笑)
ツバメの飛ぶ姿は美しくて好きだ。
そしてホバリングも見事だ。
オスプレイのような不格好な飛行機とは違い、
固定翼と回転翼の機能を自在に操る。
ISO感度を上げて、シャッタースピードを速くして、
適当に狙いを定めてバシャバシャ写した。
誇りあるスバラーとしてXV HYBRIDを語る_f0076731_16152515.jpg

簡単に手足のように使えた。
他メーカーに乗り換えなくて良かった。
AFセンサーと画素数の量も無駄では無かった。
これは「かわら版」を作るための大切な道具だ。
その愛読者にレガシィをご購入頂いた。
誇りあるスバラーとしてXV HYBRIDを語る_f0076731_15342040.jpg

若尾さんご夫妻だ。
たまに沖縄ナンバーのレガシィが入庫しているのを見た人も居るだろう。
GT好きな若尾さんならやはり2.0GT spec.Bが一番だ。
今は愛知県にお住まいだが、沖縄の泡盛と御菓子をお土産に戴いた。
何度読んでも舌を噛んでしまうドーナッツだ。
とても美味しく頂きました。

千葉から川淵さんが愛機インプレッサの、
カスタマイジングに来てくれた。
誇りあるスバラーとしてXV HYBRIDを語る_f0076731_19132632.jpg

後藤さんのインプレッサ以来だ。
久しぶりに素直で力強い個体に出会った。
誇りあるスバラーとしてXV HYBRIDを語る_f0076731_19141854.jpg

素性の良さというモノは、
乗らないと解らない。
電気差動制限装置を組み込むという楽しい仕事を承った。
誇りあるスバラーとしてXV HYBRIDを語る_f0076731_1917158.jpg

このクルマが手放せないスバラーとしての気持ちが良く解る。
美味しい名物をありがとうございました。
誇りあるスバラーとしてXV HYBRIDを語る_f0076731_19184382.jpg

落花生はオトコにとって欠かせないミネラルの宝庫だ。
誇りあるスバラーとしてXV HYBRIDを語る_f0076731_19191565.jpg


土曜日に埼玉から松井さんが来てくれた。
12ヶ月点検と錆止めパックを施行させて頂く間に、
誇りあるスバラーとしてXV HYBRIDを語る_f0076731_1921332.jpg

楽しい会話が弾んだ。

誇りあるスバラーとしてXV HYBRIDを語る_f0076731_1939892.jpg

新発売されたXVと我が愛機をセットで戴いた。

皆さん
お土産をありがとうございました。

松井さんと話すと、
生粋のスバリストだったお父さんの思い出が蘇る。

先日PHP出版社より、
『トップが綴る わが人生の師』
という本の寄稿を頼まれた。
柳原滋さんとの思い出を綴ったので、
目にすることがあったら読んで欲しい。

世の中にはヒトの「揚げ足」を取って騒ぐ人も居る。
「スバラー」という言葉に、
過敏に反応する読者が居るかもしれない。
そもそも中津スバルのことを、
誰が「スバリストの聖地」と言い出したのか、
今となっては解らない。

思い当たるのは、
22Bのオーナーが集まりオフ会が開かれた時だ。
その日は初めてのCM撮影と重なった。
誇りあるスバラーとしてXV HYBRIDを語る_f0076731_15421064.jpg

ディレクターのキューで、
「中津スバルは」と声を張り上げると、
22Bオーナーズのメンバー達が、
「スバリストの聖地だ!」と拳を突き上げた。

放映当時、
「えらく顔つきの悪い社員が居るな」と
誤解した人が居た(笑)。

いつの間にか決まり文句になり、
CMから外すことの出来ない重要な要素になった。
2006年に初めて流したサンバー編、
に続き、
聖地編、
整備士編、
BRZ編が生まれた。

いよいよ第五弾がスタート。
今回はXVと芝桜をセットにしたが、
社員研修のためにドイツへ旅立つ前日に撮影したので、
花が少なくて寂しい。

社員以外の参加者が居ないので、
やむを得ずディレクターの指示に従った。
自ら「聖地だ!」と叫んでいるが、誤解の無いように。
それほどの代物ではない。
22Bオーナーズの面々や、
マリオ高野による、風説の流布だ(笑)
XV HYBRIDも間に合わずガソリン車で撮影した。
テロップで「ハイブリッドシステム搭載」と流れるが、
ローカル局の余興だと思って欲しい。

各地から整備や販売の相談でお客様がいらっしゃる。
企業からの見学希望もあれば
取材も受ける。
しかし何よりも、
誇りあるスバラーとしてXV HYBRIDを語る_f0076731_19141080.jpg

一番大切なのは、
お得意様だ
17日も早朝からイベントに備え場内を奇麗に掃除した。

全国のスバル販売店は、
お客様感謝デーを積極的に展開している。

僭越ながら、
当社では言われる前から定例化し四半世紀の歴史がある。

中津スバルで繰り広げるのは、
「お客様感謝ディ」では無く、
「お得意様感謝ディ」だ。

言葉の定義は曖昧な事が多い。
この「お客様」と「お得意様」の違いが、
良く解っていないか、
あるいは解らないふりをするのが「メーカー」だ。
そして召使いのごとく「忠実に」言われたことを守るのがディーラーだ。
その上で書く。
この頃最悪だと思うことの一つが、
「Dラー」という舐めた書き込みだ。

日本は法治国家だが、
法的に定めたことでもグレーゾーンが多く存在する。
だから「曖昧な言葉」自体をこれ以上責めるつもりは無いが、
ふざけた略語は気分が悪い。

そんなことでストレスをためても仕方が無いから、
「お得意様」を重視してイベントに精を出す。
そのお迎えの準備で床を奇麗に洗う。
水を切ったら順番にクルマを戻す。
誇りあるスバラーとしてXV HYBRIDを語る_f0076731_1635552.jpg

ギャラリーの奥にある中古パーツコーナーは、
色々な人に人気がある。
来店されたお客様が楽しそうにご覧になり、
時間つぶしのスペースに丁度良い。
但し展示物のほとんどがイザという時のための予備だ。
整理して保管すると役に立つが、
大きく利益に貢献しているわけでは無い。
しかしこれらを維持するために毎日流す汗は、
設備だけで無く「空間そのもの」を創造するのに役立っている。

取材の申し込みがあった。
ベストカーは日本を代表するクルマ雑誌だから、
知らない人は少ないだろう。
5代目レガシィのデビューで、
どこかの「くそがき」に自動車評論させたので怒ったことがある。

編集長の勝股さんは我が母校「恵那高等学校」の大先輩だ。
相手が知らないことを良いことに、
結構言いたい放題だった。

昨年、妻が勝股さんに後輩だと伝えた。
誇りあるスバラーとしてXV HYBRIDを語る_f0076731_1644056.jpg

これからは先輩にたてつくわけにいかなくなった。
それを知ってか知らずか、
ベストカープラスから連絡があった。

「取材希望車種は……
・スバル360
・1300G
・初代アルシオーネ(4気筒)
・アルシオーネSVX

の4台でございます。
大変お手数ですが、何卒よろしくお願い致します」
(ほぼ原文のまま)

取材に協力すると、
手間も金も時間もかかるが活性化に繋がる。

クルマは走らせてこそ価値があり、
古いクルマほど動かさないとすぐ腐る。
取材をきっかけに整備するからクルマだけで無く社員も活性化する。
ただ個人も団体も含め、
無闇に申し込みを受けるわけでは無い。
突然来店されるお客様もいらっしゃるが、
当社にご登録の無い方は、
事前にご連絡の上、
身分を明かしてご見学頂きたい。

「無断」と「予約無し」は同義語だと考えて欲しい。
当社は門戸を広く開放しているので、いくら来て頂いてもかまわない。
ただし、
「玄関から入り靴を脱いで上がって欲しい」

イベント準備で大わらわだ。
誇りあるスバラーとしてXV HYBRIDを語る_f0076731_1762987.jpg

この展示部品は保存車両に役立つ。
準備のある所にチャンスあり!だ。

スバル1000は「ただいま支度中」。
ハンドルを握る取材を望まれたが、
2台のうち、一台はレストア中で、
もう一台もそれに合わせてバンパーのメッキをやり直している。
誇りあるスバラーとしてXV HYBRIDを語る_f0076731_17105166.jpg


なので、
1300Gを出動させることにした。
すでにマリオのDVDで紹介されているので、
ご覧になった人も居るだろう。
誇りあるスバラーとしてXV HYBRIDを語る_f0076731_11374316.jpg

WRXは1300Gの直系子孫だから、
新井さんが乗るならこの方がふさわしい。
誇りあるスバラーとしてXV HYBRIDを語る_f0076731_1717065.jpg

AMSの専務だった伊藤さんは、彼に何度か「中津スバルに行くと良い」とアドバイスしたそうだ。
取材なら一石二鳥だろう。

さっそく問題が発覚した。
このおばあちゃんは、かなり気管支が弱っている。
誇りあるスバラーとしてXV HYBRIDを語る_f0076731_17181580.jpg

昔のエンジンを磨いたり、
動くようにするための場所に目をやると、
誇りあるスバラーとしてXV HYBRIDを語る_f0076731_172064.jpg

課長が頭をひねりながら、
何やらごそごそやっている。
誇りあるスバラーとしてXV HYBRIDを語る_f0076731_17204592.jpg

久しぶりにエンジンを掛けたら、
スローが効かない。
時間だけが無駄に過ぎて困ったようだ。

そこでここに来て考えたらしい。
誇りあるスバラーとしてXV HYBRIDを語る_f0076731_17244764.jpg

初代サンバーのパワーユニットで、取材に間に合うようサブロクを修理する。

ということで、
世界のトシヒロと、
中津スバルのトシヒロが、
手を組んだらさぞかし面白い記事になるんだろうな!
とベストカープラスを恫喝しておく(笑)。

2気筒はスバル初の量産型エンジンだ。
量産試作は1500CCの直列四気筒から始まったが、
残念ながらお蔵入りとなった。

よちよち歩きから、
ポルシェのような6気筒を持つに至った。
いよいよ電気モーター付エンジンまで支配下に置こうとしている。
「ハイブリッド車」というカテゴリーは、
実に曖昧で、
明確な定義など実は全く存在しない。

それをスバリストという曖昧な言葉に当てはめてみよう。
スバラーとうまく使い分ければ、
スバルライフがより一層楽しくなる。

どこかの大学関係者が残した、
セピア色に染まったスバリストの定義など、
今では遙か過去の残骸に過ぎない。

「ハイブリッド」は大きく「ストロング」「マイルド」「マイクロ」と分ける事が出来るそうだ。
それらがカテゴリーのどこに位置するかを見極めることで、
商品企画も立て易いし、そこから先の戦略も明確になる。
けれどもそれぞれの特徴は様々で、
単一的な側面だけで優劣を付ける事が難しくなってきた。
そこにXVハイブリッドが生まれた。

スバラーを語ろう。
その言葉を聞くだけで不愉快になる人たちが存在するらしい。
だけど、
不愉快になるからと言って遠慮するつもりなど全くない

なぜならば、
彼等とはスタンスが違い、
自分自身もスバラーだと自覚している。

本来その言葉は、スバル愛好者をおちゃらかしたり、
軽んじる意味など持っておらず、
優劣では無く深さを測る尺度と解釈している。
面白い例えを言おう。
スバラーにも値しないような行為を、
スバラーの聖地であるべきSTIがやり続けている(笑)。
解るかな

「楽しくなくちゃクルマじゃ無い」というノリは、
スバラーの眼で見たほうが解り易い。

スバリストと呼ばれず、
スバラーと言われてプライドが傷つくなんて、
浅い

富士重工の役員だってスバリストと呼べるヒトなどそんなに多くは居ない。
だから困るのかというと、全く困らない。
それに居る必要も無い。
誇りあるスバラーとしてXV HYBRIDを語る_f0076731_19274142.jpg

たとえば吉永社長だって、
スバラーだという自覚はあるが、
スバリストだなんて決して思っていないだろう。

実績や功績とも違う。
過去に社長を勤められた竹中恭二さんに対してだけ、「この人はスバリストだ」と感じた。
前社長の森さんや吉永さんは優秀な「アナリスト」であり経営者だが決してスバリストでは無い。

けれども、スバリストとはなんたるかを知っておく必要があるから、
秘密基地がある。
スバルの研究実験センターには歴史に名を刻んだ沢山のスバル車が動態保存されていて、
役員はそれに乗ることが出来る。

このところ吉永さんに優れた取締役の皆さんをご紹介頂いている。
現役の取締役でスバリストと言えば、誰が思い当たるか。
馬淵さんや池田さんや小林さんをご紹介頂いた。

なぜか、逆に紹介されたとたん怖がって逃げた人も居た。
新任執行役員の堤ひろみさんは、
富士重工始まって以来、初の女性役員という大変優秀な方だ。

吉永社長から紹介され、
「これからもよろしく」と握手を求めたとたん、
「いえ、結構です」と慌てふためいて逃げた(笑)

それくらい嫌われれば本望だ。

恐らく触ると火の粉が降りかかる「危ないオトコ」だと思われているのだろう。

ガハハハハ!

誇りあるスバラーとしてXV HYBRIDを語る_f0076731_19343144.jpg

小坂井さんにも初めてお目にかかった。
素晴らしい人柄で国内販売にこれまでとは違う爽やかな風が吹くと感じた。
彼もスバラーにはなったが「スバリスト」ではない。

さて、この曖昧な定義を頭に置いて、
スバルのXV HYBRIDをもう少し深く掘り下げる。

まずガソリン車からスペックがどう変化したか比較してみよう。
【車種名】
スバル XV 2.0i-L EyeSight

スバル XV HYBRID2.0i-L EyeSight
【型式】
GP7B5TC TOC

GPEC5TC TOC
【主要諸元】
全長×全幅×全高(mm):4450×1780×1595
ホイールベース(mm):2640
トレッド前/後(mm):1535/1540
車両重量(kg):1390
乗車定員 5名

車両重量(kg):1510
後は変化無し
【エンジン】
FB20/水平対向4気筒2.0L DOHC 16バルブ デュアルAVCS
内径×行程(mm):84.0×90.0
圧縮比:10.5
最高出力 110kw/6200rpm
最大トルク196N・m/4200rpm

圧縮比:10.8
最高出力 110kw/6000rpm
後は変化無し
【燃費】
15.8km/l (JC08モード)

20.0km/l (JC08モード)

ここからはHYBRIDだけのスペックだ。
【モーター】
形式:MA1
タイプ:3相交流同期発動機
最高出力 10kw(13.6ps)
最大トルク65N・m(6.6kg・m)
【動力用主電池】
ニッケル水素電池
直列接続 21個
容量 5.5Ah
【税抜き車両本体価格】
2,390,000円

2,690,000円
価格差は30万円だ。
フォレスターの場合NAとDIT(直噴ターボ)で157000円の差だ。

XVハイブリッドは重量税と取得税が100%免除になるので実質的に30万円も価格差が無い。

ということはフォレスターをターボ化した場合とほぼ同等の価格差だ。
破格値と言っても過言ではなかろう。

しかもフォレスターの2.0i-L EyeSightのルーフレール付、
つまりターボ無しが269万円という全く同じ価格で購入できる。
ここが非常に面白い。

お客様の嗜好に合わせて、
面白い商品が上下にラインナップされた。

今後インプレッサにはターボモデルを設定しないだろう。
それはWRXが単独車種として独立するからだ。

そしてインプレッサファミリーに先進の最高級グレードが生まれた。

GC8のWRXや、
先代のS-GTに相当する「電気ターボ」がそのポジションに収まった。

フォレスターには既にDITというトップグレードが存在する。

HYBRIDがインプレッサファミリーに於けるDITのような位置づけだと考えれば解り易い。
これまでのインプレッサファンもこの冒険的な試みなら納得出来るだろう。
誇りあるスバラーとしてXV HYBRIDを語る_f0076731_1934283.jpg

XVの嵩上げ車高の優位性を活かしたハイパフォーマンスカーだ。

これは光る存在だ。

レガシィとフォレスターはスバルの中で重い車に相当する。
ターボとCVTの相性の悪さを、
DITという妙薬を上手く処方し凄いクルマを作った。

それに対して、
軽い部類のXVにモーターを使った。
プレオバン1台分のトルクをアドオンし、
電気ターボの概念で仕上げている。
電池を搭載したことでリヤシャシーの強度が上がったので、
スタビライザー径を16→18と強化した。
ステアリングギヤ比もクイックにして高性能バージョンを作る時の韻も踏んでいる。
念のために付け加えると、
このシステムをフォレスターやレガシィに組み込んでも意味が無い。
スペックを比較するのはそういう理由からだ。

これらのシステムをこうして深く見つめると、
インプレッサスポーツやG4にターボやハイブリッドが誕生する可能性も皆無だと解るだろう。

電気ターボの心臓部はネオジウム合金を使ったドライブモーターだ。
誇りあるスバラーとしてXV HYBRIDを語る_f0076731_19354130.jpg

強烈な磁力を持つ合金を模型で試す。
誇りあるスバラーとしてXV HYBRIDを語る_f0076731_19351641.jpg

テープを巻き付けて引かないと素手ではがせない程だ。

1セル1.2Vの電池が4個セット。
そのモジュールを21個直列に詰め込んで100Vの電圧を確保。
誇りあるスバラーとしてXV HYBRIDを語る_f0076731_193611.jpg

買いやすい価格に抑え、
トップグレードにふさわしい差別化を少なからず織り込みデビューした。
CVTのプーリーにモーターを付けるという発想が面白く、
シンメトリカルで極めてスバルらしい。
拡張性も高い商品だと思う。
しかし当面はXV以外に搭載する考えは無いようだ。
氾濫しているプリウスに飽きた人も多いから、
雪国では更に多くのお客様を惹きつけるだろう。
発表以来2500台以上受注したが、
その内訳に驚いた。
スバル車以外からの乗り換えが50%を占める。
これは異例で、プリウスからの乗り換えがダントツに多い。
最も売れているクルマだから当たり前だが、
スバラーやスバリスト以外の多くの人に刺さった。

それで、乗った人はどう思うだろうか。
予測に過ぎないが、
きっとその日から何の抵抗もなくスバラーの仲間入りができるだろう。

繰り返す。
XVのカジュアルなスタイルや、
ポリシーに惚れている人へ。

迷わずにすぐ注文書を書いて良い。
楽しくて良いクルマだと言うことを責任を持って保証する。

さて結論だ。
スバラーとスバリストは優劣の差では無い。
単純に深さの違いだ。

XV HYBRIDとフォレスターも優劣では語れない
スバラーとスバリストの概念の差が、
この両車に共通する特徴だろう。

-おわり-
Commented by XXX at 2013-06-16 22:03 x
プリウス、ISハイブリッドなど、冷静に語られている車には、最近ようやく語られるようになった、私も感じた共通する印象、カタログ値や宣伝文句に比べて力感に欠ける、という特徴が有ります
そして、シビックハイブリッドの方が正直、走っていて快適で面白かった
理由はエンジンチューニングやミッションに有るのかな?と邪推してます
燃費を犠牲にする事なく、アクセルラグ無しの低速トルクの増大という意味で、今回のスバルのHVは絶対正義です
直列エンジン同士ではどうしても同じカタログ値の土俵で比較されますが、水平対向は話が別
他社より低重心、他社よりいい走行安定性、本社・知的拠点が東京にあり本来は頭良くてデザインセンスが小奇麗で良くないとおかしい事、などなど特徴を意識して頑張っていただきたい
てか僕も東京生まれ育ちですし、地方に行くと意味解らず小馬鹿にされる東京モンの意地の象徴として、応援してますよ
Commented by buchi at 2013-06-16 22:27 x
しばらくご無沙汰しております。
電気差動制限装置、やっと慣れて参りました。
首都高や箱根などでの曲りの気持ちよさは痛快です。
まさに私専用のGC8となり、すごく満足感高いです。
中津スバル、北原さん、の技術力に感服しております。
このままずっと乗り続けたいと思っています。ありがとうございました!

XVハイブリッドも楽しみですね。
Commented by b-faction at 2013-06-17 06:34
水平対向エンジンが大好きだと言うことですね。良く解りました。
Commented by b-faction at 2013-06-17 06:37
buchi さん、おはようございます。楽しんで頂けて嬉しいです。あれを付けるとFRですからね。タイヤに十分お金を掛けて下さいね。雨の日もご注意を。
Commented by クロベ at 2013-06-17 10:29 x
社長様、こんにちは。
電気ターボかなり気になります。プリウスには1000km程しか乗ってないですが、少しは比較ができると思います。試乗できる日が楽しみです。
Commented by b-faction at 2013-06-17 11:40
クロベさん、プリウスとは完全に異なるフィーリング。普通のクルマです。そこが良いですね。
Commented by WillyJr at 2013-06-17 22:23 x
おばんです。
先日はお忙しい中、楽しい一時をありがとうございました。
今回の旅では、我が愛機は始終機嫌が良く軽快に走ってくれました。まるで中津スバルで整備される事を楽しみにしていたかの様でした。(^ ^)
今回の整備でよりスムーズなハンドリングになった感じです。整備士の方によろしくお伝えください。
馬籠→清内路と教えて頂いた事を実践しながら楽しいドライブでした♪
Commented by b-faction at 2013-06-18 06:34
WillyJr さん、「整体」が効きましたね。次回は中津シェライフェをBRZで走りましょう。お待ちしております。
Commented by 初スバル男 at 2013-06-18 22:20 x
いつも拝見させていただいています。
私は自動車の整備士ではありませんが、中津スバルさんのショップは働いてみたくなる素敵な設備ですね。整頓されていますし。
ぜひ一度訪問してみたいです。
Commented by 博多人 at 2013-06-19 10:46 x
社長様
スバラーとスバリスト、「深さ」の違いというのは、すごく納得いたしましたし、私もそのように思います。
いつか中津スバルのお店に訪問してみたいと、このブログを見ていると、いつも思います。それだけ、お店作りに情熱を注がれているってことですもんね!近所の福岡スバルもお店がキレイになり少し嬉しいです(笑)
スバルのハイブリッド、早く乗ってみたいです!!
Commented by b-faction at 2013-06-19 12:29
初スバル男さん、飛行機の整備士かな?いずれにしろ整備とは「今日整えて、明日に備える」というロマン溢れる仕事です。頑張ってくださいね。
Commented by b-faction at 2013-06-19 12:30
博多人さん、福岡スバルの小島さんはスバリストだから楽しいよ。沢山買ってあげてくださいね。
Commented by 初スバル男 at 2013-06-20 00:20 x
そうなんです。飛行機いじっています。課長さんがサンバーの発動機をいじられている写真にグッと来てしまい書き込んだ次第です。
幼い頃レオーネクーペ1400RX に憧れて以来いつかはスバルをと想いつつ私の経済力ではスバル車を手に入れる事が出来なかったのですが、先月中古ですがようやく念願のSH5XTを購入出来ました。
初めて車を運転した時の様な、どこまでも走りたいと言う気持ちを抑えるのに困っています(笑)
安全に対する安心感も今まで乗っていた車と違いますし、大満足しております。
社長様、整備の方の記事ももう少しブログで採り上げられませんか?
Commented by TANI at 2013-06-20 01:39 x
こんにちは。

>【動力用主電池】
>ニッケル水素電池
>直列接続 25個

>1セル1.2Vの電池が4個セット。
>そのモジュールを21個直列に詰め込んで100Vの電圧を確保。

バッテリの個数が合わないような。。。
Commented by b-faction at 2013-06-20 11:24
初スバル男さん、雰囲気で何となく飛行機を感じました。
ボクは免許取得後暫くしてレオーネセダン1400DLで北海道を一周しました。力強く走る良いクルマでした。懐かしい思い出です。
Commented by b-faction at 2013-06-20 11:26
TANIさん、ありがとうございます。カタログを書き写しながら後ろの5.5と混同したようです。さっそく修正しました。21個が正しい数です。電池だけの個数だと84個になります。
Commented by マツダパンダ at 2013-06-22 19:16 x
ご無沙汰しております。覚えてらっしゃるでしょうか?マツダパンダこと井山晴雄です。
ただいま就職活動中です。就職してお金が貯まったら、お店に伺いたいと思います。おそらく、自動車購入資金を持参して、自動車を買わせていただきます。多分、中古車でしょうが・・・。
しかし、難しい話が多いですね。
社会人なら礼節を知らないとな、と読んだ感想です。あと、XVのハイブリッドはおもしろそう。ターボとCVTって相性悪いのか、とか勉強になりました。
では、失礼します。
Commented by b-faction at 2013-06-22 19:37
井山さん、もちろん覚えてますよ。お目にかかる日を楽しみにしています。いよいよ欧州仕様にディーゼルターボとリニアトロニックの組み合わせが誕生しました。どのような調律か興味は尽きません。スバルが出すからには相当な仕上がりでしょうね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by b-faction | 2013-06-21 19:36 | Comments(18)

毎日の活動やスバルについてご紹介します


by b-faction
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31