人気ブログランキング | 話題のタグを見る

BRZとM3の特質を語る

BRZとM3の特質を語る_f0076731_19513635.jpg

NBRのドラトレでコンビを組んだM3と別れを惜しんだ。

二日間にわたるトレーニングで、
全行程600Km以上M3のステアリングを握った。
BRZとM3の特質を語る_f0076731_1952367.jpg

一日目は2人交代でこの206号車をドライブした。

二日目は単独で使用することが許された。
BRZとM3の特質を語る_f0076731_19531764.jpg

その時に貸与されたのがこの208号車だ。
乗った瞬間に感じた。
この子はどうも他の個体とは特質が違う。

エンジンは良く回るし、
クルマ全体の追従性が俊敏だった。

なぜか解らないが個性が際立つクルマだった。

クルマは家畜だと良く説くが、
どんな経歴を持つのか、クルマがその様子から語りかけてくることがある。

208号車との相性はとても良く、
全く疲れ知らずで2日目を過ごした。

M3は素晴らしいクルマだ。
まるで高性能4WDのように、卓越した安定性を雨天でも発揮する。

ドシンと地に根を張ったような安定感は、
安全と安心を絶え間なく与える。

高額なクルマ故、
電子装備も満載だ。
BRZとM3の特質を語る_f0076731_1959546.jpg

セレクタレバーも電子制御で、ポジションを間違えても安心だ。

デュアルクラッチ式の7速シフトは、
オートマチックモードを選択していても、
パドルを操作した瞬間にマニュアルモードに固定される。

セレクターの左側に並んだ3つのスイッチ。

一番下はVDCのカットスイッチだが、
「絶対に切ってはならぬ」と厳命される。

ロバートの言うところの『モダンなクルマ」の定義はまずそこにある。
実際に超高速でノルドシェライフェを走り、
迫り来るコーナーを次々にクリアしていると、
そのモダンさに痺れてしまう。

とても切る気になんかならない。
カットスイッチは、あくまでも
雪道や砂利道などの、エマージェンシー用だ。

真ん中にあるEDCはエレクトロニックダンパーコントロール。
ここではノーマルを使う。
雨が降ったらソフトを選択する。

一番上はオートマチックモード時のスポーツ切替だ。

ユニークなのはセレクトレバーの直下にある楕円形のスイッチ。
これでパドルシフトの感度を調節する。
左に押すと感度が下がる。
右を押すと感度が上がる。
BRZとM3の特質を語る_f0076731_2011178.jpg


シフトポジションを示す数字の右にバーが並んでいる。
これがインディケーターだ。
3目盛りの中間値にしているが、
インストラクターの推奨値は2目盛りだった。

このように数々の高性能な飛び道具を持つM3は、
NBRを美しく舞うように走る。

BRZとM3の特質を語る_f0076731_20141394.jpg

このカルーセルに飛び込むと良く解るが、
絶対的な操縦安定性が国産車とは全く違う。

カルーセルの路面を近くで見ると解ると思うが、
こんな場所はリアルワールドにほとんど無い。
4月にGT86でここを走った時、
BRZとM3の特質を語る_f0076731_20154935.jpg

VSCがいとも簡単に作動した。

初めて中津川でトヨタ86に乗った時にも感じたが、
下りコーナーを高めの速度でクリアしようとすると、
外側の後輪がグリップを失うのか、
少し安易すぎるほどVSCが働いた。

この違いが価格差から来るものだろうか。

そうでは無いだろう。
僅か2%だが、
これが重量配分に対する執念の差だ。

M3は良いクルマだが、
ネガティブな要素もある。
絶対的な重量だ。

高トルクな8気筒エンジンのおかげで、
軽々と走るが、
慣性マスの大きさは隠しようが無い。
BRZとM3の特質を語る_f0076731_20513781.jpg

燃費を気にする人が乗るクルマでは無いが、
100㎞走行するのにほぼ19㍑必要だ。
欧州式の燃費表示を翻訳すると、
1リッター当たり5.29kmの燃費となる。

そうなると必然的に燃料タンクも大きくなり、
色々な制約に繋がる。

次にどんな展開を見せるのか非常に楽しみだ。

既にMINIブランドを手に入れ、
BRZとM3の特質を語る_f0076731_205615100.jpg


馬鹿っぱやいFWD車をニュルで開発したBMW。
全く商売が上手い。
BRZとM3の特質を語る_f0076731_20572182.jpg

同時に走ったミニチームには撮影部隊まで随行し、
プロモーションに励んでいた。

それだけ数も売れるからだろう。

こちらの分野では相当遅れていたBMWだが、
ようやく人並みのメーカーになりつつある。

それに対してスバルはFWDとAWDのパイオニアだ。
その分野で素晴らしい物作りを進めてきた。
そして彼等がFRスポーツカーに本腰を入れたらどうなるのか。

その答えは既に明快だ。

水平対向エンジンを極めると、
FRスポーツカーに行き着く。

ドイツで過ごした1週間、
使用したクルマは全てFRだった。

陽気なキャビンアテンダントと共に
BRZとM3の特質を語る_f0076731_213524.jpg

ルフトハンザでセントレアに戻る。
BRZとM3の特質を語る_f0076731_2142055.jpg

駐車場で静かに待つ「きゅうはち」に跨がり、
BRZとM3の特質を語る_f0076731_2145843.jpg

久しぶりに道路の左側を走る。

重厚でへばりついた感覚とは違うが、
華麗に道路を舞うように走るBRZはやはり最高の相棒だ。

思う存分スロットルを空けて、
仕事場に復帰した。
BRZとM3の特質を語る_f0076731_21211325.jpg

どう受け取るかは自由だ。
えっ?
と驚く高燃費。

そして、関東への出張になった。
久しぶりにオートマチックを借りて出かけた。
BRZとM3の特質を語る_f0076731_2124599.jpg


ほぼNBRを走行したに等しい距離を一気に駆け抜けた。
BRZとM3の特質を語る_f0076731_2126645.jpg

これも想像に任せるが、
驚愕の燃費だ。
BRZとM3の特質を語る_f0076731_21265292.jpg


AT車の効率の良さは特筆モノだ。
DSGのようなツインクラッチ式の伝達効率も高いが、
日本に於ける使用環境では低速時のデメリットも大きい。

過去にGT-Rに乗って辟易としたことがある。
BRZの楽しさは山岳路で際立つ。
BRZとM3の特質を語る_f0076731_21291898.jpg

この場所は以前にも紹介した日本で唯一の隕石クレーターだ。
絶景に佇むBRZ。
BRZとM3の特質を語る_f0076731_21302548.jpg

この場所に行くと解るが、
丸いクレーターの円周部カラス越下に道がある。
従って、この下は深いクレーターの底になる。
BRZとM3の特質を語る_f0076731_2132285.jpg

強烈な圧力で木っ端微塵にたたきつぶされた痕跡だ。
この辺りはこの様な地質で溢れている。

直径45メートルの隕石が落下した頃、
BRZとM3の特質を語る_f0076731_21334734.jpg


世界中で同じような事が起きたのだろうか。
温暖な気候が急に冷え込むなど、
余程の天変地異があったに違いない。

氷河期の太古に心を馳せ、
深い谷を駆け下りた。

BRZとM3の特質を語る_f0076731_21371882.jpg


旅人の喉を潤わせる場所を見つけた。

管理人には申し訳ないが、
命をかけて飲む水。

生水を呑むことを人々は忘れたが、
時には呑むことが強さを生む。

大丈夫だと書かれていても、
それを保証するものは何も無い。

でも、呑む。
日本ならではの豪快な楽しみだ。
海外では絶対にやらない。
BRZとM3の特質を語る_f0076731_21394625.jpg


そして湯に浸かり疲れを癒す。
BRZとM3の特質を語る_f0076731_21403194.jpg

わずか300円で最高の天然温泉に出会えた。
BRZとM3の特質を語る_f0076731_21411486.jpg


ドイツの温泉も素晴らしいが、
日本の温泉も最高だ。

こういう場所に日本の誇る最高のスポーツカーで出かける感動を、
是非一緒に味わわないか。

続く・・・・
Commented by 坪江 at 2013-10-31 20:29 x
はじめまして、ブログ楽しく読ませて頂きました。
ほんとすごいですね、文章と写真に圧倒されました!
Commented by b-faction at 2013-11-01 06:54
坪江さん、おはようございます。これからもよろしくお願いします。お気軽にコメントください。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by b-faction | 2013-09-14 20:40 | Comments(2)

毎日の活動やスバルについてご紹介します


by b-faction
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31