人気ブログランキング | 話題のタグを見る

みかんとスバル

台風一過のチャンスを狙って、
みかんとスバル_f0076731_1839238.jpg

御嶽山に登ってきた。

登山道のを見て欲しい。
みかんとスバル_f0076731_1840472.jpg

なぜ登るのか、この中にヒントがある。
それは50歳を過ぎたと同時に、
自分に対する課題が二つ降りそそいだからだ。

一つはニュルブルクリンクを年に一度徹底的に走り込む。
そしてもう一つが御嶽山に登る事だ。
いずれも自分の知力と体力に対するベンチマークを作るためだ。

どちらの場所もオウンリスク

先ほどの石は、登山靴で磨かれピカピカになっている。

まるでノルドシェライフェのアスファルト路面と同じだ。
タイヤで磨かれた一粒ずつの小石が、
みかんとスバル_f0076731_19295727.jpg

恐ろしいほど滑る環境を作っている。

ノルドシェライフェの別名を、
「グリーン・ヘル」と呼ぶことを既にご存じだろう。

御嶽山も、登りやすい山だからと舐めてはいけない。
みかんとスバル_f0076731_18452675.jpg

一歩脇へそれたら、奈落が待ち構えている。

ここは9合目にある、中央不動尊の真下だ。
みかんとスバル_f0076731_18514337.jpg

この急な斜面を登るためには、
深い呼吸が欠かせない。
吸っては全てはき出し、
薄くなってきた酸素をかみしめるように味わううちに、
体から邪気が出ていく気がする。
こんな高いところに不思議な色をした芋虫が居た。
みかんとスバル_f0076731_18553779.jpg

これからここで越冬するのか、
「凄い奴だ」
と考えながら撮影していたら、
背後をオコジョが駆け抜けたらしい。

近くに居た人がビックリして教えてくれた。

自然と同化した一瞬だったのだろう。
王滝頂上にさしかかると、
何やら騒がしくなった。
みかんとスバル_f0076731_18594873.jpg

頭上にヘリが飛来しホバリングを始めた。
このカラーリングは警察なのか、あるいは取材ヘリなのか。

リニアモーターカーの中津川駅が、
この日正確に報道陣に明かされたらしい。
留守番していた妻の話では、
会社の上空に絶え間なくヘリが飛来したそうだ。
NHKがついでに御嶽山まで足を伸ばしたのかと思ったが、
それは違うらしい。
事故でもあったのかと一瞬驚いた。

王滝頂上に到着した。
みかんとスバル_f0076731_19323136.jpg

山小屋のお姉さんは美人だった。
チョコレートだけ買うつもりだったが、
みかんとスバル_f0076731_1935204.jpg

1000円渡して、
思わず「おつりはイイよ」と言った。
みかんとスバル_f0076731_19331374.jpg

おつりの代わりにビールを受け取り(笑)、
ここから先のもう一踏ん張りに備え一休みだ。
みかんとスバル_f0076731_19375062.jpg

火星のような光景が広がり、
みかんとスバル_f0076731_19352263.jpg

最も高い場所へと誘うのだ。


みかんとスバル_f0076731_192588.jpg

3067メートルで快晴に恵まれると、
何とも比較できない爽やかさがある。
このまま下山するつもりだったが、
みかんとスバル_f0076731_1965888.jpg

あまり人の行かない場所に心が向いた。

この奥にさらに「奥の院」という場所があるらしい。
登山道とは呼べない崖を
道しるべに沿って下る。
命綱が引けないため。岩にある〇が目印だ。
みかんとスバル_f0076731_1912511.jpg

良く見ると尾根に沿って人の踏み固めた道が一本の線になっている。

この左側はまさに地獄の景色だ。
御嶽山が強烈なエネルギーを持つ活火山である事を如実に示す。
みかんとスバル_f0076731_19101097.jpg

このエネルギーが人を惹きつけ、
そして信仰の対象として崇める源だろう。

思わず足がすくみ、
それ以上進めなくなった。

ここから先は来年の課題にしろと
誰かに後ろから引き留められた気がした。
後ろを振り返り、
みかんとスバル_f0076731_19124797.jpg

来た道を戻った。

強烈な魅力を感じる山には、
恐ろしいほどのエネルギーが漲っていた。

過日のオーナーズミーティングを振り返る。
22Bはあのクルマにしか無い強烈なオーラを放つ。

15年前を振り返ると、
ご本尊が出来上がる前に、
みかんとスバル_f0076731_19455136.jpg

神殿を造った。
みかんとスバル_f0076731_1946920.jpg

既に信仰の対象のような魅力を感じたに他ならないからだろう。

彼等はそれが解っている。
だから中津川に来る。

この歌はその象徴だ。
もはや2次会にカラオケは欠かせない。
そしてそれぞれ持ち歌も決まっている。
中でも寺田さんの歌は、
皆が待ち望む一級品の芸だ。
歌詞の内容が面白い。
みかんとスバル_f0076731_21412736.jpg

「ミカン」を何と置き換えると解り易いか。

死んじまえは、
言い過ぎだが、
ピンと来る物がある。

そうそう、忘れてはいけない。
今回も沢山のお土産をありがとうございました。

金子さんご家族から今年も
みかんとスバル_f0076731_21453969.jpg

素敵なミニカーを頂戴した。
机の上に飾り祭りの余韻を楽しんでいる。
みかんとスバル_f0076731_21482898.jpg

他にも名産品などを沢山お持ち戴いた。
みかんとスバル_f0076731_2148433.jpg

紹介しきれないモノもあるが、
みかんとスバル_f0076731_21485844.jpg

ご容赦戴きたい。
みかんとスバル_f0076731_21491579.jpg

全国的な集まりである
「22Bオーナーズミーティング」も今回で7回目になる。
もはや伝説的だ。
雨が降り続けたことが一度も無いのだ。
今回も同様だった。
みかんとスバル_f0076731_21502239.jpg

出勤した時は、この状態だった。
みかんとスバル_f0076731_21511518.jpg

今年は大雨と諦めていたが、
みかんとスバル_f0076731_21514695.jpg

恐るべき神通力だ。
大阪から豪雨の中を走り続け、
中津スバルに到着したとたん晴れ間が見えたという。
みかんとスバル_f0076731_21524634.jpg

あっという間だった。
彼等の執念がいかに凄まじいかと言うことを物語っている。
また、同時にこのクルマ自体を開発した人達の、
恐ろしいほどの執念と情熱も垣間見える。

今回のミーティングで彼等に伝えたかったこと。
それは、結局メーカーを育てるのはオーナーの質だと言うことだ。

みかんとスバル_f0076731_2156621.jpg

これだけの希少車を、
このコンディションで維持するためには、
情熱だけでは足りない物がある。

そんな彼等だからこそ、
熱いメッセージを出した。

メーカーを育てる最短の方法は、
最新のスバル車を購入すると言うことだ。

肝心のスバル自身も、
この部分が少し「ちぐはぐ」になっている。
こういうオーナーを逃がさないよう、
富士重工も気を引き締めて欲しい。
こういう好調な時こそ、
そこを少し考えて、
せっかくの大切な宝を失なわ無いようにしてほしいものだ。

22Bオーナーも、
スバル全体を愛してこそ22Bも浮かばれる。
新生スバルから誕生する、
新たな3本の矢を、
絶対に粗末にせず「買いなさい」と心から諭した。

天候に恵まれたので、
今年も中津シェライフェを走る事にした。
みかんとスバル_f0076731_2233131.jpg

きっちりドラミして、
みかんとスバル_f0076731_2241656.jpg


一台一台中津スバルをテイクオフ。
トータル80kmの周回路だ。
ノルドシェライフェ4周分を一度に走りきる。

22Bで舞うように走るのだ。
決して速さは求めない。
一つ一つのコーナーをいかに気持ちよくクリアするのか。
それだけに心を向け、
愛機と同化した。

そして、無事走行会も終わり、
楽しい宴会となった。
みかんとスバル_f0076731_22132513.jpg

今回のための正装に、
みかんとスバル_f0076731_2213439.jpg

着替た人も居る。
みかんとスバル_f0076731_22135668.jpg

待ちかねた、
みかんとスバル_f0076731_22141322.jpg

彼などは、もう極限状態までヒートアップしている。
みかんとスバル_f0076731_2215672.jpg

僭越ながら乾杯の音頭を取らせて戴き、
みかんとスバル_f0076731_22154526.jpg

のっけから盛り上がる。
この会の素晴らしいところは、
本当に笑いが絶えないところだ。

今年も地元のB級グルメ「鶏ちゃん」をリクエスト戴いた。
すると、臭いをかぎつけETが紛れ込んできた。
みかんとスバル_f0076731_22171062.jpg

さっそく捕獲したところ、
スバルが好きらしいので、
みかんとスバル_f0076731_22174787.jpg

温かく仲間に加えた。
あっという間に3時間が過ぎ、
二次会に突入。
みかんとスバル_f0076731_22183519.jpg

幹事さんの気合いもここで一気にヒートアップだ。

みかんとスバル_f0076731_22434154.jpg


いきなり凄いモノが登場した。
みかんとスバル_f0076731_22194795.jpg

寺田さんのお土産は、
恒例の焼酎だ。
みかんとスバル_f0076731_22202175.jpg

いつもならもう少し後で開くのだが、
この味を知ると後回しに出来ない。
みかんとスバル_f0076731_22212382.jpg

いきなり封を切り、
ジャンジャン振る舞う。
みかんとスバル_f0076731_22215378.jpg

こいつに味を占めた人造人間に、
いきなり鞭が入ったようだ。
みかんとスバル_f0076731_22233490.jpg

スロットル全開だ。
その土地ならではの、
つまみを土産にいただいた妻は、
みかんとスバル_f0076731_22241963.jpg

嬉しそうに次々と封を切っていく。
おーっと!
人造人間が一皮脱いだぞ。
みかんとスバル_f0076731_2225589.jpg

人の面倒を見ているのか、自分の曲を入れたのか定かでは無い。
しかし、歌って踊って呑んで、
みかんとスバル_f0076731_2226357.jpg

なぜか腕立て伏せが始まる。
どうも統合ユニットのECUにバグがあるようだ。
みかんとスバル_f0076731_22265493.jpg

その姿があまりにも面白く、
カメの中の酒もジャブジャブ消費されて行った。
みかんとスバル_f0076731_22274921.jpg


ここでマリオにも鞭が入った。
みかんとスバル_f0076731_22285267.jpg

ほぼ全員が歌い終えたところで、
真打ちの登場だ。
「みかんのうた」を皆心待ちにしている。
みかんとスバル_f0076731_22294486.jpg

体の一部がカメラだという男が居る。
みかんとスバル_f0076731_231447.jpg

スクープが楽しみだ。
この歌が歌える人物はざらに居ない。
もう、彼無くして二次会はあり得ない。
みかんとスバル_f0076731_22303393.jpg


「こたつ」を車庫
「みかん」をスバルに置き換えれば、
なぜ皆が喜ぶのか直ぐ解るはずだ。
そしてこの妙技!
みかんとスバル_f0076731_22314061.jpg

エアギターだ。
幹事にも鞭が入った。
みかんとスバル_f0076731_22324033.jpg

希望に応えてデュエットだ。
みかんとスバル_f0076731_22331862.jpg


人造人間も負けない。
みかんとスバル_f0076731_22334363.jpg

歌ったら、
みかんとスバル_f0076731_2234190.jpg

腕立て伏せ。
奇妙なルーティンワークをプログラム通り繰り返す。
みかんとスバル_f0076731_22351246.jpg

あっという間に、完飲!
みかんとスバル_f0076731_2312812.jpg

次の酒に手を伸ばす。
みかんとスバル_f0076731_23125799.jpg

絶唱して席に着き、
更に歌う。
みかんとスバル_f0076731_22375759.jpg

誰彼かまわずハグ!
みかんとスバル_f0076731_22382544.jpg

機械仕掛けのマリオも混乱してきた。
みかんとスバル_f0076731_22392835.jpg

ようやくここで人造人間の燃料電池が底をついた。
みかんとスバル_f0076731_22412158.jpg

午前1時を回っていた。
すると人造人間が動かなくなって安心したのか、
みかんとスバル_f0076731_22422364.jpg

ようや宇宙人も一曲歌うことが出来た。
それを見て、
彼も安心したようだ。
みかんとスバル_f0076731_2243625.jpg

旅の疲れが一気に出た。

翌朝6時半に出勤すると、
みかんとスバル_f0076731_22442999.jpg

BRZの下取りとなったGC8が工房に佇んでいた。
そっとイグニッションをひねると
みかんとスバル_f0076731_22453063.jpg

直ぐに目覚めた。
この子のオーナーは別れに際して涙を浮かべられたそうだ。
そして展示場に22Bが揃っている様子を見て、
「最後に良いものが見れられた」と呟やかれたらしい。
みかんとスバル_f0076731_22465691.jpg


このステアリングを見ただけで、
どれほどの苦楽を共にしたのか良く解る。

そして、こういうオーナーのクルマは、
必ずと言って良いほど、
みかんとスバル_f0076731_22484075.jpg

見えないところに気を遣い
大切にしている。
次のブログで軽自動車を作っていた頃のBMWを振り返ると同時に、
これからのスバルを22Bを通して夢想してみたい。

おわり
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by b-faction | 2013-09-20 19:37 | Comments(0)

毎日の活動やスバルについてご紹介します


by b-faction