人気ブログランキング | 話題のタグを見る

SVXのホイールをインチアップして現在のタイヤ技術を考察する。

「案ずるより産むが易し」

実際に試して見ないと解らないことは多いものだ。
また、
最新の技術で作られた、
「良い商品」は、
これまでのステレオタイプを打ち砕く時がある。

18インチにホイールを大型化することは、
結果的に成功した。

それは、
エコタイヤの出来が良かったからでもある。

七福の栗粉餅が美味しいシーズン。
SVXのホイールをインチアップして現在のタイヤ技術を考察する。_f0076731_2249721.jpg

この滑らかな餅と栗きんとんのそぼろが、
SVXのホイールをインチアップして現在のタイヤ技術を考察する。_f0076731_22492795.jpg

口の中で至福のシンフォニーを奏でる。

「栗粉餅」を「栗おはぎ」にアレンジした安藤さんの力量は大した物だ。
感心する。
そして同時に、
このようなスバルのクルマに囲まれながら、
仕事が出来る幸せをかみしめ
毎日の積み重ねを大切にしている。

有り難いことに、
仕事が無限に広がる。
しかし消化不良気味になっているので、
整理整頓清掃が毎日の課題だ。

これでようやくこのブログを一旦コンプリートできる。

今月は特に月初から時間の捻出に苦労した。
最新のかわら版を作るために、
SVXのホイールをインチアップして現在のタイヤ技術を考察する。_f0076731_22414235.jpg

一気にドラフトを書いた。
イメージを作り、
SVXのホイールをインチアップして現在のタイヤ技術を考察する。_f0076731_21335365.jpg

平和印刷の渡辺さんに渡す。
彼のセンスと技術で素晴らしい仕上がりになった。
裏面も精魂込めて仕上げた中古車のなかから、
シーズンを考えセレクトした。
SVXのホイールをインチアップして現在のタイヤ技術を考察する。_f0076731_21345781.jpg


すぐに効果の出るチラシではない。
この様なパブリシティは失格かもしれないが読み物として楽しめるように工夫した。

11月3日の結婚記念日には、嬉しいサプライズがあった。
SVXのホイールをインチアップして現在のタイヤ技術を考察する。_f0076731_2032544.jpg

富山の島田さんから結婚記念日のお祝いとして、
甘金丹が届いた。

彼からコメントが届いた。
「レガシィブック、かわら版と共に到着しました。
黒鰤のブログ記事を読み赤鰤の時を懐かしんでおりました。
今後のレガシィからはもうMTは出ない感じですかね?リニアトロニックが良いからなのでしょうけれど。
これからもスバルの代表車種で有り続けて改良・改善を続けて行って欲しいです。
素晴らしい贈り物ありがとうございました。
異動で夜勤がなくなり体は楽になった気がします。
以前、人は日が昇って起きて、沈んだら寝るが摂理だ、と言われたことを感じております。
なかなか行けなくなってしまいましたがこれからもよろしくお願いいたします」

その通り。
人は夜は眠り、昼は働く。
実はその黒鰤の記事がSVXに繋がった。
SVXのホイールをインチアップして現在のタイヤ技術を考察する。_f0076731_2244059.jpg
 
ピレリのエコタイヤは面白いと何度かこのブログで伝えたが、

それを黒鰤に付けて雨の中をテストした。
実に楽しかった
SVXのホイールをインチアップして現在のタイヤ技術を考察する。_f0076731_2394799.jpg

既にBRZでも試し、
WRXに付け替えて走らせたこともある。
十分納得できる性能を持っていたので、
一クラス上の前輪荷重も大きな黒鰤で、
SVXのホイールをインチアップして現在のタイヤ技術を考察する。_f0076731_2310618.jpg

18インチにアップすると、どのような潜在能力を発揮するのか試したわけだ。

タイヤの側面には93Wと言う文字がサイズの後ろに記されている。
ところでタイヤのカタログを隅々まで読む人は、
どの程度居るのだろうか。
最高速度とタイヤに関する荷重の基準は、
カタログに必ず記載されている。
インチアップすると内部の空気の量が減るし、
総じて重くなるので、注意しなければならない。

このLIを参考にしてタイヤを選べば、
昔は簡単に付けることが出来なかった18インチを安心して使うことが出来る。

で試したら、
に付けたくなった。
SVXのホイールをインチアップして現在のタイヤ技術を考察する。_f0076731_2262226.jpg


安易にインチアップすると クルマに悪い影響も出る。
やってはいけないことも多々あるので、
決して中途半端な気持ちで、
真似してはならぬ

タイヤの幅を広げると、
空気抵抗も転がり抵抗も増えてしまう。
だからタイヤ幅を変えずにホイールの径だけ大きくしたい。
扁平率を上げ、タイヤの外径寸法を揃えることを前提に、
インチアップを試みた。

SVXのホイールをインチアップして現在のタイヤ技術を考察する。_f0076731_2151172.jpg


この日は工房をSVXが独占していた。
SVXのホイールをインチアップして現在のタイヤ技術を考察する。_f0076731_2048246.jpg

珍しいことではないが、
クリムソンと、
SVXのホイールをインチアップして現在のタイヤ技術を考察する。_f0076731_11413381.jpg

美しいスプルスグリーンの2台に加え、
シルバーの珍しい個体が工房でメンテナンスを受けていた。

SVXのホイールをインチアップして現在のタイヤ技術を考察する。_f0076731_12394946.jpg

90kg軽量化したオレンジのSVXも相変わらず絶好調だ。
ちなみにオレンジと他に所有する黒の鯨は走行距離が16万㎞を越えている。
この日は、
SVXのホイールをインチアップして現在のタイヤ技術を考察する。_f0076731_12402528.jpg

瞬間的に全部で9頭の鯨が社内に居た事になるわけだ。

SABの前に勢揃いした3頭の鯨を紹介しよう。
SVXのホイールをインチアップして現在のタイヤ技術を考察する。_f0076731_113014100.jpg

この三台を並行して楽しいクルマに仕上げている。
並行して問題解決とリフレッシュを進めている。
黒い鯨は、
昨年エアコンの修理にお金を掛けた。
既にシャシーのブッシュ類など全て新品に交換済みだ。

最も新しく仲間に加わった中央のシルバーは、まだリフレッシュの途中だ。
走行距離は13万キロを超えている。
SVXのホイールをインチアップして現在のタイヤ技術を考察する。_f0076731_22563023.jpg

グリーンのS4には既に念入りな整備が施された。
77816kmと2番目に距離の少ない個体だが、
整備に掛けたコストは他のクルマと変わらない。
後はエクステリアを整えるだけだ。

この鯨の背後にあるSABの中には3台の鯨が棲んでいる。
9万キロの稀少なパールホワイトはバージョンLの極上車。

クリムソンからスパークイエローに塗り直したVLは139000キロ走行しているが、
サンルーフを持つ珍しい車だ。

そしてグリーンのS3は7万キロと最も走行距離が少ない。

黒鯨で少し気になったことがある。
元々何となくコックピットが薄汚れていた。
そこで思い切って大がかりな清掃に取り組み、
このように、
SVXのホイールをインチアップして現在のタイヤ技術を考察する。_f0076731_22224084.jpg

外せるモノは全て外して床を直接洗浄した。

過去の痕跡を全て取り除くために。
SVXのホイールをインチアップして現在のタイヤ技術を考察する。_f0076731_22234378.jpg

高圧洗浄機でカーペットを丸ごと洗って、天日に干した。
可能な限り爽やかに蘇らせる。

外装で気になっていたルーフとクオーターガーニッシュのペイント劣化も改善した。
雨晒しで放置した割には頑強な塗装だったと思う。
早めに直して大切に温存する理由は、
SVXのホイールをインチアップして現在のタイヤ技術を考察する。_f0076731_22213688.jpg

整備技術も錆付かせないようにするためだ。

SVXのホイールをインチアップして現在のタイヤ技術を考察する。_f0076731_21224611.jpg

なぜこれほどまでに、
SVXとBRZ

に惹かれるのだろうか。

SVXは開発の場をヨーロッパに求め、
従ってNBRでも、
徹底的に走り込まれクルマを基本から磨き上げた。

ちなみに、その時のパイロットは、
現在STIに移籍された渋谷真氏だ。
BRZを開発した時のテストパイロットも彼が務めた。
二つのクルマに繋がる系譜が明らかになった。

大好きなクルマは、
いずれも同じ調教師によって躾けられていたのだ。

それが惹かれる理由なのだろう

SVXがデビューした1991年頃は、
今と比べタイヤに要求されるレベルも異れば、
当然メーカーもタイヤのコストを考えた上でSVX装備するタイヤを決めたはずだ。
SVXのホイールをインチアップして現在のタイヤ技術を考察する。_f0076731_1126328.jpg

ところがその後、タイヤの進歩は著しく、
統一規格にも色々な変化があった。

タイヤにはロードインデックスというもの記されている。

SVXに標準装備されたタイヤのサイズも、
開発当時は高性能な部類のタイヤだった。
SVXのホイールをインチアップして現在のタイヤ技術を考察する。_f0076731_2381287.jpg

その頃のスバルで225/50R16と言うサイズは、
かなり思い切ったサイズだ。

サイズ表示の後ろについている「92W」をロードインデックス(LI)という。
92の示す意味は1本の負荷能力が630kgあると言うこと。
Wの示す意味は時速270㎞まで耐える言うことだ。

今では300㎞/h以上も可能とするタイヤがあり、
それだけでも平成の初期とは随分環境が変わった。
ちなみに、
展示場にあるインプレッサのタイヤを見てみよう。
SVXのホイールをインチアップして現在のタイヤ技術を考察する。_f0076731_2248528.jpg

ミシュランのパイロットスポーツには、
SVXのホイールをインチアップして現在のタイヤ技術を考察する。_f0076731_2373674.jpg

205/50ZR16 87Wと記されている。
SVXのホイールをインチアップして現在のタイヤ技術を考察する。_f0076731_2375163.jpg

この表記でZRとある理由は、
この規格が定められた当時は、
時速270㎞を出せる究極の速度カテゴリーとして「Z」を記したからだ。

ところが、
順番に新しいタイヤが生まれ、
LIが混在している。
だから、
このタイヤの場合、
複雑なことになっていた。

究極のZRでありながら、
87という数値で負荷能力が545kgである事を示し、
更に速度記号のWで270km/hまで最高速度が出せるよと、
改めて書かれているわけだ。

負荷能力を下げれば当然タイヤを軽く出来る。
だからインプレッサWRXには十分な能力だ。

このようにタイヤそのものが変わり続けるわけだから、
過去の理論だけでタイヤを選択する必要も無い。
昔なら、
いたずらにインチアップすることは危険だ。
空気の量が減り、タイヤが耐えられなかったりする。

それに対して今では正確な規定値がある。

タイヤとホイールの存在は、
クルマ全体の存在感に大きく影響する。
韓国車でも19インチをニュルブルクリンクで装着しているのを見ると、
「スバルよ、しっかりしないか」と、
どうしても言いたくなってしまう。

もう最新型のクルマでは、
20インチが当たり前なのだ。

シルバーの鯨を使って、最新のエコタイヤがどのような効果を発揮するのか試す事にした。
限定車なので、BBS製の軽量ホイールを標準装備している。
SVXのホイールをインチアップして現在のタイヤ技術を考察する。_f0076731_223548.jpg

縁あって当社に持ち込まれたクルマだ。
朽ち果てないように可愛がるつもりで手入れを進めてきた。
エンジン関係はオイル漏れを改善しウオーターポンプも交換した。
フロントのロワアームブッシュなど、操縦系のオーバーホールも既に施してある。
この後はリヤマフラーやデフを取り外し、
サブフレームにあるブッシュまで交換する計画になっている。

走行距離は13万kmを越えている。
どこまでフレッシュなクルマに蘇らせることが出来るか楽しみだ。

このクルマに密かに隠し持っていた、
18インチのSTI軽量ホイールを使う事にした。
SVXのホイールをインチアップして現在のタイヤ技術を考察する。_f0076731_217258.jpg

このホイールは軽いとは言え、
ホイールだけで1本9キログラムほどある。
SVX用に幅はそのままでインチアップすると、
比較的軽いチンチュラートと組み合わせても、
SVXのホイールをインチアップして現在のタイヤ技術を考察する。_f0076731_2265027.jpg

1本で20キログラムを少し越える。
SVXのホイールをインチアップして現在のタイヤ技術を考察する。_f0076731_227556.jpg

それに対して、
軽いBBSと組み合わせた16インチは、
SVXのホイールをインチアップして現在のタイヤ技術を考察する。_f0076731_2271697.jpg

このように、
SVXのホイールをインチアップして現在のタイヤ技術を考察する。_f0076731_22741100.jpg

とても軽い。
だから重くなったバネ下重量を考えサスペンション本体から手を付けねばならない。
SVXのホイールをインチアップして現在のタイヤ技術を考察する。_f0076731_2275768.jpg

フロントサスはオーバーホール済みだから、
リンクやブッシュを全て交換し、てある。
注文したビルシュタインダンパーには中津スバルオリジナルのセッティングが施してある。
ビルシュタインダンパーに交換した。
SVXのホイールをインチアップして現在のタイヤ技術を考察する。_f0076731_2282064.jpg

リヤサスはとりあえずダンパーだけ交換し、
テスト走行に備える。
リヤも後日完全にオーバーホールするが、
大きなメンバーを持つので作業に時間がかかる。

SVXのホイールをインチアップして現在のタイヤ技術を考察する。_f0076731_2285745.jpg

STIのホイールセットに、
標準品を重ねてみる。
5㎜ほど大きくなってしまうが、
それほど大差の無い外径だ。

そして装着すると、

Befor
SVXのホイールをインチアップして現在のタイヤ技術を考察する。_f0076731_2294311.jpg

After
SVXのホイールをインチアップして現在のタイヤ技術を考察する。_f0076731_229567.jpg


これほど雰囲気が変わるのだ。
軽くいつものコースを走りタイヤの表面を優しく均した。
しかし、他のクルマが品質向上していくと、
このクルマの内装が汚れている事が残念でならない。
SVXのホイールをインチアップして現在のタイヤ技術を考察する。_f0076731_23343887.jpg

このクルマも徹底的に分解する事にした。
SVXのホイールをインチアップして現在のタイヤ技術を考察する。_f0076731_2321551.jpg

面白いほど汚れが落ちた。
SVXのホイールをインチアップして現在のタイヤ技術を考察する。_f0076731_2332349.jpg

女性の手による丁寧な作業は、
クルマの持ち味を見事なまでに蘇らせる。
SVXのホイールをインチアップして現在のタイヤ技術を考察する。_f0076731_234228.jpg


トランクをきれいに洗うことが出来た。
SVXのホイールをインチアップして現在のタイヤ技術を考察する。_f0076731_2344032.jpg

助手席も運転席も取り外し、

SVXのホイールをインチアップして現在のタイヤ技術を考察する。_f0076731_2355784.jpg


マットをきれいに洗った。

SVXのホイールをインチアップして現在のタイヤ技術を考察する。_f0076731_2361513.jpg

18インチにアップしたタイヤを取り外し、
清掃して組み付けが終わった黒いSVXに装着した。
SVXのホイールをインチアップして現在のタイヤ技術を考察する。_f0076731_23877.jpg

おなじみの見慣れたホイールから交換すると、
SVXのホイールをインチアップして現在のタイヤ技術を考察する。_f0076731_2395212.jpg

STIの18インチが一段と際立つ。

黒いSVXは存在する個体数そのものが少ない。
20周年のイベントでも僅かしか見かけなかった。
このクルマのシャシーもリフレッシュしたてあるが、
専用開発したビルサスだけをオレンジのSVXに譲ってしまったので、
シルバーと対比する時に好都合だ。

ここでしっかり走り込んでおけば、
ビルサスの有無による効果を正確に比べられる。
18インチのチンチュラートP1を移植された黒鯨は、
予想以上
の走りを繰り広げた。

まず高速道路上で水を得た魚(鯨)のように、
とてもイキイキと、
滑るように走る。

標準ダンパーだと、低速時の段付で、
どうしても乗り心地の角が出る。
しかしハイウエイではそれほど気にならなかった。

何よりも軽々と転がる感じがたまらなく良い。
SVXのホイールをインチアップして現在のタイヤ技術を考察する。_f0076731_21362510.jpg

80㎞走行した後のサーフェイスだ。
チンチュラートP1はピレリのエコタイヤだ。
転がり抵抗が小さいことはこれまでのテストで承知していたが、
SVXでなぜこれほど軽快さが際立つのか。

ひとつの理由はエンジンだ。
バネ下重量が少しぐらい重くなっても、
高トルクな3.3リッター水平対向6気筒エンジンのおかげで、
重さは一切外に出ないのだろう。

もう一つはフライホイール効果だ。
1輪あたり3.5キロほどバネ下重量が増えたことで、
フライホイールのような効果が出ている。

すなわち慣性重量が大きいから、
一旦回り出してしまうと、軽くアクセル空けるだけでクルマがすっと前に出る。
それが軽快な反応として右足から体に伝わってくるのだろう。
それにしても驚いた。
机上の空論では成り立たないことも多い。
好きな現行型WRX(GRBあるいはGVB)がなかなか手に入らないので、
偶然思いついた暴挙に近い行為だ。
だがサスペンションを倒立のビルシュタインに交換したり、
確実なオーバーホールを施した上で、
最新の理論で作られたタイヤを装着すると、
思いもよらない楽しいクーペに蘇った。
シルバーのSVXを清掃して、
リヤサスをオーバーホールしたら、
上質なSVXとして蘇らせる。

6気筒エンジン搭載車が、
如何にスバルにとって重要なポジションなのか、
改めて語りたいと思う。
SVXのホイールをインチアップして現在のタイヤ技術を考察する。_f0076731_21292871.jpg

Commented by Inoue at 2013-11-03 23:35 x
先日はどうもありがとうございました。
おかげ様で楽しい時間を過ごすことができました。

ニュルで自分そんなこと言いましたっけ?(笑 記憶ないです(笑
合っているような合っていないような...。

帰る途中、ロールケージを組んでもらった元WRCラリードライバーのKさんに社長のことお話したら、すごく興味持ってました。グループNのGC8でアジパシに参戦していた方で、KITのコヤブンさんともお知り合いです。

また近くまで行ったらお邪魔させてください。
Commented by b-faction at 2013-11-04 07:02
Inoue さん、おはようございます。ドイルのモーゼル川沿い。レストランで待ち合わせした時のことです。英語の通じない美味しい店でしたね。ボクの左隣に座っていましたよ。Kさんに一度お目にかかりたいです。また会いましょう。
Commented by しまだ at 2013-11-08 23:11 x
かわら版到着しました。もうじき開田も冬の気配でしょうか?

インチアップによってジウジアーロデザインがさらに洗練されたようですごくスタイリッシュですね。
S402と同じホイールですか?
とても15年以上たった車とは思えません。続編楽しみです。
Commented by b-faction at 2013-11-09 07:16
しまださん、おはようございます。今、SVXは工程の都合上バラバラになってます。
しばらくの間お待ち下さい。その前にインプレッサの続報を。
Commented by ロッキー at 2013-11-09 17:41 x
襲えてください。GC8に乗っております。標準は16インチの55タイヤでしたが、当方乗り心地重視のため15インチの60タイヤにインチダウンしました。乗り心地は快適になりましたが、逆に失ったものはあったのでしょうか?そこらへん誰も教えてくれません。
Commented by b-faction at 2013-11-09 20:57
ロッキーさん、インチダウンして乗り心地が良くなり、自分にとってプラスが多いと思われているのなら失ったモノはありません。タイヤの扁平率を下げると内部の空気の量も増えます。扁平率を高めると横剛性が高まりステアリングの印象がシャープになるしコーナリングフォースも高まるのですが、人によっては必要の無い領域です。この後のブログがその話題です。
Commented by kao at 2013-11-09 23:55 x
本日9日無事に納車されました。「仏滅だ」とあれこれ言っていた御仁が1人おりましたが私は一切、気にしないので無視。1984年から無事故無違反が仏滅を跳ね返すでしょう(^^”

早々、市街地を54㎞ほど走りましたが燃費計が9.3㎞➡総走行㎞が60㎞そこそこでの燃費には驚きました。インテリジェントモードオンリーとは言え常時3,000回転前後まで回しての燃費。同じ感じでGH8は8㎞そこそこでしたから嬉しい誤算です。時代の進歩とエンジン効率の進化には脱帽です。(これからエンジンに当たりが出て高回転を使った場合が心配ですが・・・)

それにしても取説の本の厚さには閉口しています。インホメーションメーターやアイサイトそしてナビの操作方法を覚えるのに頭の固くなった年齢には難易度の高い嬉しい新機構です。(^^”
Commented by kao at 2013-11-09 23:57 x
訂正➡81年4月から無事故・無違反でした。
友人には運が良いだけと言われますが(笑)
或は捕まっていないだけだとも・・・
Commented by b-faction at 2013-11-10 07:07 x
kaoさん、81年から優良ドライバーの件、敬服しました。取説は読まないためについてきます。
簡易版を活用したほうが良いですよ。
あれ読む時間があったらドライブします。
Commented by kao at 2013-11-10 08:33 x
自営独立するまでは5年10万㎞でしたが今は5年で4万5千㎞ですからリスクは相当に低いと言えますが年に何回かは?あっ!猫が待っていた・・・などと言う事がありますね。(笑)

取説は字か細かいのでネットでスバル取説pdfを拡大して重要と思われる箇所だけ見ようと考えていますが社長の言われる「読まないためについてくる」に妙に深々と頷いて納得をしてしまいました。(^^”
Commented by b-faction at 2013-11-10 10:09 x
猫よりパンダが怖いボクです。抜粋板、結構役立ちます。ラーンニング バイ ドゥイング(ドライビング)でいきましょう。
Commented by 博多人 at 2013-11-10 10:13 x
社長様
当方、黒のBPですが、先日ホイールをガンメタからRAYSのゴールドホイールに付け替えました。サイズは純正に準じるものですが、愛車に対する印象が変わり、良かったなと感じております。スバル車にゴールドホイールは、個人的にしっくりきます(笑)SVXがそのようにイノベーションすると非常におもしろそうです!続編、お待ちしております!
Commented by b-faction at 2013-11-10 15:29
博多人さん、こんにちは。軽いホイールを奮発したんですね。きっとよく似合うことでしょう。ボクはスバルブルー(555ブルー)が実は一番好きなんです。レオーネのイメージでこの色にすると黄色いホイールが良いな、と昔夢を見ました。そうしたら、インプレッサが誕生しイメージ通りで驚きました。ラリーカーはゴールドのホイールでしたがイメージが近かったので。その印象がWRXコンセプトでまさに具現化されました。蛍光イエローはラリーカーを思い出します。今はあのクルマにドキドキワクワクします。実物とはほど遠いようですが。
Commented by 20748415 at 2013-11-10 19:13
東京都在住のGG2 乗りの38歳です
今年の2月より中古ではございますが念願のスバル車を手にいれました。
その頃より社長のブログを読ませていただおてます。
毎日更新していないかと心待にしております。
家の親父もスバル乗りで最後のサンバーを今は乗り回しております。
いつか、中津スバルさんに2台でお邪魔できたらなと夢見ております!
これからも面白いブログを心待にしております。
突然のコメントしつれしいました。
Commented by ロッキー at 2013-11-10 19:18 x
回答ありがとうございます。自信をもってインチダウンを継続します。
CG8は中央道の犬山~多治見間の登り坂でも4速にダウンしてアクセルを踏めば加速していってしまうような暴力的な反応が気持ち良いです。バババババッ!
Commented by b-faction at 2013-11-10 20:49
20748415さん、こんばんは。
いつもお読み頂きありがとうございます。
親子二代でスバルを楽しめるのは最高ですね。
東京からなら近いですからいつでも遊びに来て下さい。
またお気軽にコメント下さい。これからもよろしく。
Commented by b-faction at 2013-11-10 20:51
ロッキーさん、GC8は軽いですからね。そういう手のひらに収まるところが愛好家をくすぐるのでしょう。昨夜からボクもGC乗りです。暫く付き合うつもりなのでお楽しみに。
Commented by タナベ at 2013-11-10 23:42 x
一枚目の画像とてもマニアックではないですか!
奥に写る3台の脇役俳優からするとまるで15年前に撮影された画像の様です。

社長の事ですから偶然ではなく「狙って」撮影されたものと思ってますが深読みでしょうか?
Commented by b-faction at 2013-11-11 10:04 x
タナベさん、見る人によってはそのように見えるのですね。いや、驚きました。本気で偶然です。KR6は車検で2年ごとに入るお車で、テストから戻った時に偶然居合わせました。言われるまで気がつきませんでした。ディアス クラシックは追突事故に遭い70万円くらいかかりましたがエンジン搭載が終わったところです。ここにある事に意識がありませんでした。実は軽自動車に関しては新車以外ほとんど眼中にありません。なので、当たり前の備品のようにしか目にとまりません。
Commented by 空色の渚 at 2017-12-24 15:00 x
今頃ですが、SVXの記事を読みたくてこのブログに到着しました。初代アルシオーネといいSVXといい欲しい車の候補なんですけど先立つものがなくて指をくわえていますが、素敵な車。なんとかせねば。またきます。
Commented by b-faction at 2017-12-24 19:58
空色の渚さん、今晩は。早く念願がかなうと良いですね。いつでも気軽にコメントくださいね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by b-faction | 2013-11-12 23:36 | Comments(21)

毎日の活動やスバルについてご紹介します


by b-faction
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31