人気ブログランキング |

大都会でレヴォーグの実力を試す

でかいコンテナ車に思わず目が行く。
何度も出会うので妙に気になる。

不自然な手つきに疑問を持ったが、
なるほどと思った。
わざとらしく見えるのは、
隠そうとしているからだろう。
大都会でレヴォーグの実力を試す_f0076731_20522802.jpg
何とも言えない違和感がある。
手で隠されているのもは、
過去との別離を暗に示す何かだろうか。

あるいは、あえて隠すと見たくなるから、
目を引かせるための「あざとい」演出か。
何しろ目立つのは事実だ。
東京で良く見る広告手法だ。

ほぼ半月が過ぎ、
慣らし運転の終わったレヴォーグで東京まで往復し、
更に詳しく確かめた。
大都会でレヴォーグの実力を試す_f0076731_19393998.jpg
まず中央自動車道を八王子インターチェンジまで走る。
サービスエリアで一度だけ小休止し、
大都会でレヴォーグの実力を試す_f0076731_19392276.jpg
走り始めからSモードを維持した。
変速フィーリングはスポーティーになり、
高回転を維持しようとするのでパンチの効いた走りが楽しめる。

iモードで時速80キロを維持し続ければ高燃費をたたき出せる。
しかしその実力値は既に確認済みだ。

それで、アップダウンの激しい中央自動車道で、
まず思う存分Sモードを使うことにした。

やっぱりこのモードは楽しい。
燃費もそれほど悪くなく、
リッター当たり11キロ台をキープする。

そして中津川から270キロ程離れた八王子に到着した。
大都会でレヴォーグの実力を試す_f0076731_19510458.jpg
一般路への合流点から、国道16号線まで出る。
すると渋滞が始まる。
そこまでの間にアイドリングストップが4分以上働き、
燃料も87cc節約している。
高速道路を走っている間にアイドリングストップは働かないから、
僅かな距離で凄い効果を出した訳だ。

これまでインプレッサなどに搭載されているシステムと、
明らかに違った。

停止時間も明らかに長くなってる。

スバル技術開発本部の佐々木主査に、
「お粗末なアイドリングストップ」といった時、
彼は怒りを込めて、
「決してお粗末では無い」と言い切った。

それは確かだった。

強く踏まないとエンジンが止まらないことだけは、
好みに合わないが、
お粗末と決めつけた事だけは撤回し、
お詫びしたいと思う。
大都会でレヴォーグの実力を試す_f0076731_19494419.jpg
国道16号線は混んでいた。
前回はここをXVハイブリッドで走行した。
ここから座間にある目的地に向かう間に、
どの程度低燃費な実力を見せるのか比較する。

トリップメーターをBに切り替えリセットした。
大都会でレヴォーグの実力を試す_f0076731_20050263.jpg
トリップメーターだけで無く、
アイドリングストップの経過時間なども全てゼロになった。
大都会でレヴォーグの実力を試す_f0076731_20065322.jpg
都内ほどでは無いが、
度重なる赤信号と右折のために停まる車の影響で、
ノロノロ運転も多くなる。
大都会でレヴォーグの実力を試す_f0076731_20081061.jpg
目的地に着いた。
走行距離は22キロほどだが、
大都会でレヴォーグの実力を試す_f0076731_20130564.jpg
1リットル当たり14.2キロも走っている。
エネルギーを回生するXVハイブリッドだと16キロを超えるだろうが、
高速連続走行の平均値まで考えると大きな差は無いだろう。

それではハイブリッドの美点が無いかというと、
決してそうでも無い。
ハイブリッドの振動特性は6気筒並なので、
その存在価値は十分にある。

座間で用件を済ませ、
都心を目指す。

横浜インターチェンジまでの一般道は、
いつもの事ながら酷い混雑だ。

とても前の区間燃費を上回れるシチュエーションでは無かった。
大都会でレヴォーグの実力を試す_f0076731_20274572.jpg
ようやく東名高速道路に横浜インターから滑り込んだ。
ここは空いていてまるで天国だ。

ふと気がついてメーターを見ると、
国道16号線に乗りトリップメーターをリセットしてから、
400ccのガソリンを節約していた。
大都会でレヴォーグの実力を試す_f0076731_20305343.jpg
停まっていた時間は約20分だ。
ちりも積もれば山となる。
これから先、
排気量の大きいクルマほどこのシステムを持たなければ片手落ちだ。
大都会でレヴォーグの実力を試す_f0076731_20321174.jpg
丁度カップホルダーに飲み干したコーヒーの空き缶があった。
30km走行する間に、
これ1本分のガソリンを節約できた意味は大きい。
大都会でレヴォーグの実力を試す_f0076731_20380249.jpg
燃費はリッター当たり1キロの悪化に留まった。
高速道路は条件が良いから、
また混雑した場所に向かう。
大都会でレヴォーグの実力を試す_f0076731_20340083.jpg
東名を降りて道玄坂を下る。
好きな都会の風景だ。

混んでいるというより、
ゆっくりしか走る事の出来ないシチュエーションだ。
渋谷の駅前も随分変わった。
一度訪れてみたいヒカリエが前方に見えてきた。
大都会でレヴォーグの実力を試す_f0076731_20354719.jpg
窓にまるでフィギュアのように人間の姿が見える。
ここから新宿方面に向かうため明治通りを北上する。

時間は丁度午後5時になった。
マルチインフォメーションディスプレイを横目で見た。
すると、
ノロノロ運転なのに燃費が向上した。
大都会でレヴォーグの実力を試す_f0076731_20412531.jpg
このクルマ、
侮れない。
感心しているとパトカーが来た。
なかなか立派な出で立ちで、
クラウンを向こうに回して決して引けを取らない。

むしろスポーティでなかなか良い。
大都会でレヴォーグの実力を試す_f0076731_20432493.jpg
B4の姿に見とれながら、
明治通りを走る。
大都会でレヴォーグの実力を試す_f0076731_20494846.jpg
八王子から56km余りで新宿に到着した。
丁度500㎜リットルのペットボトル1本分、
燃料が節約できた。
大都会でレヴォーグの実力を試す_f0076731_15440631.jpg
一旦クルマを休ませ、
人間の燃料を補給した。
大都会でレヴォーグの実力を試す_f0076731_16135862.jpg

翌朝、早稲田通りを東へ向かった。
神田川に沿って隅田川を目指す。
大都会でレヴォーグの実力を試す_f0076731_16222095.jpg
高田馬場を通過し、
神楽坂へと向かう。
大都会でレヴォーグの実力を試す_f0076731_16233983.jpg
信号が多く、
青になってもバスが居るのでスムーズに走れない。
少し走ったら止まるという、
燃費に最も良くない状況が続く。
大都会でレヴォーグの実力を試す_f0076731_16250171.jpg
流石に昨日のような訳には行かず、
14キロに復活した燃費は少しずつ下がった。
大都会でレヴォーグの実力を試す_f0076731_16261355.jpg
走行距離に比べアイドリングストップの時間が急に増えたことが、
交通状況のまずさを如実に物語る。
その上、坂も多く発進と停止の繰り返しによるエネルギーロスは大きい。
大都会でレヴォーグの実力を試す_f0076731_16282611.jpg
神楽坂に入り
フォレスターの似合うステキなお店を見つけた。

大都会でレヴォーグの実力を試す_f0076731_16345900.jpg
地下鉄の駅を左に眺め、
一度この街で呑みたいなと思った。

中央線をまたぎ飯田橋駅南口をかすめ、
靖国神社の方へと向かう。
大都会でレヴォーグの実力を試す_f0076731_16360924.jpg
真っ直ぐ進むと大通りに突き当たる。
正面があの「武道館」だ。

でかいタマネギが屋根の上にある。
入学式と卒業式でしか入ったことの無い場所だ。
大都会でレヴォーグの実力を試す_f0076731_16390296.jpg
左折すると靖国通りだ。
ここをまっすぐ行けば隅田川に出る。
大都会でレヴォーグの実力を試す_f0076731_16415382.jpg
広くて走りやすい道を気持ちよく進むと、
わが町に出る。
懐かしい神田神保町だ。
大都会でレヴォーグの実力を試す_f0076731_16434438.jpg
下町に向かうと車の往来も増え、
賑わしさが戻る。
江戸通りを過ぎたので左折し八重洲に向かおうとした。
すると、
大都会でレヴォーグの実力を試す_f0076731_16480358.jpg
渋い光景が目に留まり、
思わずレヴォーグを路肩に止めた。
大都会でレヴォーグの実力を試す_f0076731_20522997.jpg

ここは柳橋だ。
都心の一般道をほんの数十メートル逸れただけで、
こんな雰囲気のシチュエーションが楽しめる。
東京ほど刺激される場所は、
世界中のどこにも無い。
かわら版に使えそうな良い写真が撮れた。

そして、
いつもの場所へと向かった。
大都会でレヴォーグの実力を試す_f0076731_16504084.jpg
地下駐車場にクルマを入れると、
そこには兄貴が居た。
大都会でレヴォーグの実力を試す_f0076731_16512978.jpg
直系の遺伝子を持つことが良く解る。
都内のテストはこれで終わりだ。
八王子で高速道路を降りてから、
ピッタリ80キロ走った。
大都会でレヴォーグの実力を試す_f0076731_16525595.jpg
節約した燃料は1ℓをl超えた。
あえて走行時間帯をラッシュアワーに絞った。
このシチュエーションで、
大都会でレヴォーグの実力を試す_f0076731_16550891.jpg
この結果は決して悪くない。
渋滞路における実力値だ。

それに忘れてはいけないこと。
「このクルマ何て気持ち良いんだ」

700キロ走行し、
このクルマの本性を引き出した。
大都会でレヴォーグの実力を試す_f0076731_16583102.jpg
オーディオを使いたくなくなった。

なぜなら気品の高い音色が、
トーボードを通じてかすかに聞こえてくる。
最新のボクサーエンジンは、
まさしく鼓動を効かせてくれる。

極めて精密に燃焼させているのが手に取るように解る。

とにかく走らせると、
気持ちが良いのだ。

帰路は雨天で道路状況が良くなかった。
Iモードを使って気持ちよく戻った。

今回は高速道路で燃費を全く意識せず走った。
どういう走りかは勝手に想像してほしい(笑)
とんでもなく悪くなるかと思ったら、
都内の燃費がそのまま帰るまで続いた。

これもまた面白い結果だった。

それぞれの地域でそれぞれの走り方がある。

地方の空いた道路なら1リットル当たり20キロ以上走れることを実証した。

次に高速道路を等速で走れば時速100キロで1000キロ走れることも事実だと解った。

今回は更に都市部でも郊外なら1ℓで14㎞以上走れることを実証した。
そして極めつけは東京での実力値だ。

これは全て事実であり、
最新のスバルがどのレベルに仕上がっているかを如実に示したつもりだ。



一言で表現しよう。

物凄い完成度!

それに尽きる

-おわり-

Commented by 未来のスバリスト at 2014-06-12 21:13 x
写真で見ると、レヴォーグには黒もなかなかかっこいいですね!今まで青や赤、それから白などのを見ましたが、やはりもとのデザインがいいとどんな色でも似合いますね。
Commented by b-faction at 2014-06-12 21:38
未来のスバリストさん、こんばんは。黒はとってもクールです。
当社は3色並べるのでお楽しみに。
Commented at 2014-06-13 00:12 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by LEVORG_cafe at 2014-06-13 07:57 x
700km走行のレポート楽しみにしてます。
あと、自分のレヴォーグも…
Commented by b-faction at 2014-06-13 15:05
関西の車好きさん、2.0GT-SはWRXのワゴンそのものです。1.6は国内専用車であるレヴォーグという新しいクルマを象徴するエンジン。これを搭載するのはレヴォーグだけです。レガシィGTを長く愛用した人でも1.6で充分満足できる仕上がりです。ところが本来のベースはWRXです。国際車として米国中心に稼ぐことを目的としています。しかもスバルで初めて姿勢を大きく下げました。その効果を最も発揮するのは最強のエンジンを搭載したクルマです。WRX S4をプアマンズSTIと呼ばせない内容で仕込んだはずですから、それと共通する2.0GT-Sは硬派な存在だと思います。
こんなところでよろしいですか。
Commented by b-faction at 2014-06-13 15:06
LEVORG_cafeさん、こんにちは。解りました、急ぎます。とにかく忙しくて(笑)
Commented by BE5乗り at 2014-06-15 09:41 x
こんにちは、はじめての書き込みです。なかなか面白そうな車ですね。是非一度試乗してみたなあと思いました。ATのみというのがホントに残念です(笑)
Commented by b-faction at 2014-06-15 10:28
BE5乗りさん、面白いですよ。今回のように数百キロ走ると、クルマの鼓動が良く解るようになります。
Commented by マウザァ at 2014-06-15 11:20 x
いやいや凄い車ですね✨試乗するなら1日借りきっていろいろ試して見たいですね🎵素晴らしい❗
Commented by b-faction at 2014-06-15 12:40 x
マウザァさん、その通りです。どこかでレンタカーが出来たら借りてみて下さい。旅行にでも使うと良いですよ。実力が良く解ります。
Commented at 2014-06-16 02:11 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by akito at 2014-06-16 12:52 x
とても興味深いレポートですね!
私も発注しており、7月上旬の納車を待つものです!

走りに関しては実際に試乗しましたし、インプレも数多く出ていますが、LEDヘッドライトの明るさがどーしても気になっています。HIDより暗くなって改悪・・だけは無いといいな・・って思ってます。
ちょーど車庫でBPと並んでる写真がありますが、、もしよろしければ、両方をロービームのみ点灯した状態での比較写真等をUpしていただけないでしょうか?
初めて書き込んでこのようなお願いをしてすみませんが、、スバルディーラーさん以外、現段階でこのような芸当ができる方はいらっしゃらないので、、お願いしたい次第です。。
よろしくお願いします。
Commented by スバル好き農家 at 2014-06-16 13:40 x
ダウンサイジングターボエンジン日本初市販車なのです。
これが成功すると、1400、1200辺りに拡大して行くのだが、この辺はダイハツの役割なので難しい。
fordの1000cc3気筒80馬力ターボA4の大きさ
17kmLモード燃費 超えるのを出して欲しい。
多分可能なのはスバルだけなのです。

オフセット衝突安全性で前が斜めになってますが
スバル1000、1300の丈夫な重い箱形状のボンネットは
ひょっとしてオフセット衝突に強いのではとふと思った。

この車は相当売れますね
山梨ではルクラの展示をレボーグで廃止
Commented by 博多人 at 2014-06-16 22:14 x
社長様
黒のレヴォーグが実際の一般道にいる姿を初めて見たので、まず、やはり黒のひきしまった感じが良いですね。私も黒は好きですが、新しい青色に惹かれております。
また、やはり燃費がすごいですね。先日ディーラーで試乗した際は、付近の道路が渋滞していたので、気持ちよく走らせることはできませんでしたが、アイドリングストップは体感できました。個人的には、好きな感触でした(笑)止めたい時に気持ちよく止まる印象だったので、ドライバーの意思を大切にするスバルらしいストップのように感じました。
他の方もおっしゃってますが、レヴォーグは長距離や長時間乗って味を確かめてみたいです。一日中走るような長距離走行が多い私にとって、本当に待ちこがれていた車です。
レポートの続きお待ちしております!本当にご多忙の中、ありがとうございます。
Commented by b-faction at 2014-06-17 09:39
今はYA-5乗りさん、ガソリンの安い地域にお住まいですね。羨ましい(笑)今後ともよろしくお願いします。
Commented by b-faction at 2014-06-17 09:43
akitoさん、率直に言ってボクはBP最終型のヘッドランプが一番好きです。ポップアップウオッシャーが内蔵されてるヤツです。明るいですよね。LEDはトレンドですから採用してくれたことは嬉しいです。後はそれぞれのお客さんがカスタマイズで前照灯を全てLEDにすると良いでしょう。
いずれにせよ、改良の余地は沢山あります。
Commented by b-faction at 2014-06-17 09:45
博多人さん、柳橋で良い光が降りそそぎました。良い写真撮れて嬉しかったです。スポーティーな青も良いですね。その色にした理由はそこにあるそうです。
Commented by b-faction at 2014-06-17 09:47
スバル好き農家さん、以前のボクのブログをご覧下さい。スバルオリジナルでも低排気量は理論的に可能です。
Commented by at 2014-06-18 15:53 x
こんにちは。
いつも楽しみに拝見してます!
前に書き込みをさせて頂きました瀧です。
ブログを読んでいてレヴォーグの良さが本当に伝わってきます。
先日私も1.6GTの試乗をしてきました。ずっとスバル車に乗っていますが、とても良い出来具合いに感動しました。
2.0の方は乗っていないのでわかりませんが、社長様の記事を拝見していても今回のレヴォーグのベストバイは燃費走行もでき走れば速い1.6の方でしょうか?
Commented by b-faction at 2014-06-19 10:48
瀧さん、レヴォーグを「国内専用のスポーツツアラー」と捉えれば1.6でも過ぎたくらいです(笑)。究極のスポーツツアラーがほしいと思ったら2.0GTです。ボクも1.6リットルのエンジンが想像以上に良かったので感動しています。
Commented by at 2014-06-19 11:59 x
社長様、早速のご返事ありがとうございます。
巷では1.6リッターではパワーが足らない・加速力が無いとか発進がモタツクとか目にしますが、僕にはそんな悪い印象がなく普通に『あ、いいかも』とおもいました。(GC8 GDB GRB BL5と乗り継いできましたが)

社長様の1.6でも過ぎたくらいという表現からしても良い車両なんだなーって感じました。

このままGVBスペックC(良い車ですよね、インプレッサって)を乗っているか、レヴォーグに乗り換えるか、はたまた新型のWRXが国内で販売されてから決めるか、決まらない自分が居て毎日が悩みどころです(笑)
Commented by b-faction at 2014-06-19 15:19
瀧さん、悩みますね。スペCは希少車だから査定高いので買い換えるならチャンスです。3万キロ以下なら新品のタイヤに変えて手足のように使うのも良し。
Commented by Midnight Blue at 2014-07-30 21:57 x
レヴォーグ、試乗して来ました。

1.6も2.0も非常に運転しやすくBP5オーナーの私にとってオーダーメイドのスーツの如く馴染みます。
辰己英治氏監修と言って過言ではない仕上がりですね(愛弟子の方が操安を担当しているそうな)。
車体剛性から足廻りを含めた運動性能は素晴らしく、間違いなくBPレガシィの血統がアップデートして帰って来たのだと実感出来ました。

しかし、エクステリアやインテリアについてはまだまだ不満ですね。
仮にもスバルは実績としてブリッツェンやBPレベルのデザインをする実力がある筈です。
ところがレヴォーグでは残念ながら内外装とも超えていない。
BPと並んだ写真で一目瞭然ですね。
アーキテクチャ(設計主旨)がBPからはダイレクトに感じられますが、レヴォーグからは散漫にしか感じられない。
と言うことは 今ではずっと先に進んだアウディやBMWのデザインにはまったく届いていないということです。
あの頃、BPレガシィはデザイン面でもアウディに追い付く寸前だったと思います。
だから、必ず超えて欲しいし越えられる筈だと信じます。

その為にはBRの時に無くしてしまった「品格」「風格」「シンプルさ」を取り戻すのが必要だと感じます。
Commented by b-faction at 2014-07-30 22:22
Midnight Blueさん、こんばんは。この10年を生きてきて、4代目レガシィのデビュー時ほどぼろかすに言われた事はありませんでした。3代目の時もぎょろ目だのブスだのさんざんでした。レガシィの歴史を辿ってますね(笑)
Commented by Tanac at 2015-02-16 10:40 x
はじめてコメントします。BR9(2.5i S limit.)にフレキシブルタワーバー、フレキシブルドロースティフナー、フレキシブルサポートリヤをつけて乗っております。
レヴォーグや新型レガシィのパワステの手応えについて教えていただきたく存じます。私の相棒と比べてレヴォーグはハンドルの戻りが甘いと感じます。アウトバックはその甘さがむしろ軽いと感じます。BR9のD型はそのようには感じませんでした。アイサイトのレーンキープ機能の差によるものなのでしょうか・・・
他の点ではレヴォーグのハンドリングは素晴らしく、このようなモデルが出てきたことをファンとしては誇りに思っています。ご所感を頂ければ幸いです。
(STIのパーツによってレヴォーグも同様の手応えが得られるのでしょうか)
Commented by b-faction at 2015-02-16 20:44
Tanacさん、初めまして。戻りの「甘さ」「辛さ」より、むしろドライブポジションや、ステアリングの切り方に根本的な問題がありますね。アクティブレーンキープのせいでフワフワした感じがすると、
昨日お客さまが仰いました。
それもドラポジやステアリングの切り方に問題がありそうです。
アドバイスしたら納得して下さいました。
本日のドライブエクスオペリエでも、
参加された方から同じ癖を見いだしたので、
アドバイスさせて戴きました。
多分近日中にコメントが戴けると思います。
機会があれば一度DEにご参加下さい。

ボクはどのスバルもそれぞれ良さがあり、
最近運転していて問題になる差を感じた事はありません。
Commented by Tanac at 2015-02-17 10:35 x
返信ありがとうございます。雑誌やネットでのインプレッションでそのような記載がなかったのですが、同じような感想を持たれた方がいたという事がわかって安心しました。
ドライブの癖・・・確かに、最近17インチの相棒を当初よりうまくドライブできているのかもしれません。と言いますのは、先日マイナーチェンジのアテンザに試乗したのですが、「今回は」相棒に戻ってこっちの方が良いと思えたのです。
皆様とすばらしいスバルファンの交流を拝見し、またスバルのMTに挑戦しようと考えだした次第です。
Commented by b-faction at 2015-02-17 14:38
Tanac さん、ぜひぜひ。(笑)
間違いなく面白いですよ。
いつの間にかセールスまでMTを売ることが面倒になり、詳しく学ぼうとすることさえ忘れてしまいました。楽して売れるからでしょうね。アイサイトに頼った商売は危険ですね。
Commented by タケ at 2015-11-02 19:57 x
こんにちは。いつも楽しく読ませてもらっています。今イタリアでXVのディーゼルに乗っています。イタリアでも今秋からレヴォーグが発売となりXVには満足してますがちょっと気になり調べ始めたところでした。燃費の良さの事、とても参考になりました。ありがとうございました。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by b-faction | 2014-06-15 17:17 | レヴォーグ | Comments(29)

毎日の活動やスバルについてご紹介します


by b-faction