人気ブログランキング | 話題のタグを見る

売りたいクルマと作りたいクルマ

綺麗なカサブランカが咲いた。
売りたいクルマと作りたいクルマ_f0076731_17343683.jpg
黒鰤(ブリッツェンの愛称)を、
豪快に80㎞余り走らせた。

清々しい顔のBL型レガシィB4は、
GC8に負けず劣らずカッコイイ。

欧州の血を引くブリッツェンは、
異質のスタイルを誇る。

中でも2006MODELは、
ベースモデルがspec.Bになり、
更に完成度を高めた。

レヴォーグと並べて遜色ない。
売りたいクルマと作りたいクルマ_f0076731_16454229.jpg
美味なる黒鰤は、
そのボディ剛性と軽さが身上だ。

剛性の高さを証明する、
大きな証拠がまた増えた。

土石流でもみくちゃにされた、
レガシィのグローブボックスから、
車検証入れを回収した。
売りたいクルマと作りたいクルマ_f0076731_13531391.jpg
閉じたグローブボックスから、
大切なものが次々と現れ、
センターコンソールボックスの中には、
家の鍵も入ったままだった。

車検証を取り出して驚いた。
売りたいクルマと作りたいクルマ_f0076731_14001031.jpg
濡れてさえいない。
ほとんどそのままだ。

4代目レガシィの、
ボディ強度の確かさ驚かされた。
同時に実証した出来事として、
深く記憶に残った。
売りたいクルマと作りたいクルマ_f0076731_14030574.jpg
GC8とBL5のターボは、
どちらもスポーツ魂を搔き立てるクルマだ。

GC8に乗ると、
その手足のように操れる運動性能と、
少し子供っぽいスバルサウンドにときめく。

つまり少年の心を失わないオトナを、
トムソーヤの旅へと誘い続ける。

黒鰤に乗ると、
実に奥の深いサスペンションの味に舌鼓を打ちながら、
澄んだボクサーサウンドのハーモニーも楽しめる。

塊感のある上質な香りを楽しみながら、
肺の奥深くまで吸い込むように。

この二つのクルマに乗ると、
きっと何歳になっても、
目をキラキラと輝かせながら、
キーを捻る喜びを得られるだろう。

こうして考えると、
2つの要点が導き出せる。
GC8は若干子供っぽくても良い。
荒さがあったり喧しくても良い。

でも、
軽さだけは譲れない。

愉しいクルマは、
車両重量が1.4トン以下に収まる。

運動性能に加え質感も大切だ。
研ぎ澄まされた性能を、
上手く包み隠す包容力が欠かせない。

そしてマニュアルシフトが絶対条件。

別に6速で無くても構わないし、
むしろワイドレンジな5速で良い。

強いて言えば、
動力性能も低くて構わない。

そんなクルマが、
少年の心を持つオトナに刺さる。

それも、
もう死にそうになるほど、
ブスリと刺さる。

次のWRXは、
間違いなくこの両車の受け皿になる。

ただ一つだけ不安材料がある。
STIの質感が重厚になり、
実際に重量も重くなった。

粗削りなスペックCなど影も形も無くなった
やっぱり日本には、
少年の心を持つオトナが絶滅寸前なのか。
優れたマーケティングさえあれば、
有利にクルマ造りを進められる。
結果として、
導き出された解が「S4」と「STI」の違いだ。
じゃあ、何故不安か。

これまではマーケティングとは別に、
スバルが必ず韻を踏むクルマがあった。
それは、
「売る」というより、
むしろ「作りたい」クルマだった。

それがスッポリと抜けたのも事実だ。
売りたいクルマと作りたいクルマ_f0076731_20432349.jpg
蘇らせたクーペのエンジンルームは、
外観同様かなり疲れていた。

けれど無茶な改造は無く、
オリジナルに保たれている。

ただし、
剥き出しのエアフィルターは良くない。
すぐ取り除き、
正規のエアクリーナーケースに戻した。

本格的にリフレッシュして、
縮み塗装が剥がれたインマニを、
長年の疲れから解放してやろう。
売りたいクルマと作りたいクルマ_f0076731_20433337.jpg
エンジンを降ろした。
インテークマニフォールドを取り外し、
エンジン本体の化粧直しを始める。
売りたいクルマと作りたいクルマ_f0076731_20434525.jpg
まず補器類のホースを交換し、
左右のヘッド周りを分解して、
交換が必要な部品を調べた。
売りたいクルマと作りたいクルマ_f0076731_20441082.jpg
外したマニフォールドを調べると、
全体の様子に比べ、
この部分の状態がやけに良い。
インジェクターの口が見える。
残ったままの縮み塗料を丁寧に取り除く。
売りたいクルマと作りたいクルマ_f0076731_20435689.jpg
細部まで丁寧に残った塗料を取り除く。

塗料の乗りが良くなるように、
奇麗に脱脂したら接合面にマスキングテープを貼る。
売りたいクルマと作りたいクルマ_f0076731_20442530.jpg
熱処理をしない。
だから塗料は縮まないが、
リフレッシュした感が大きい。
売りたいクルマと作りたいクルマ_f0076731_20444118.jpg
配管や部品を元通りに取り付け、
売りたいクルマと作りたいクルマ_f0076731_20445928.jpg
エンジンに取り付けて、
クラッチのオーバーホールを終えた。
軽量なフライホイールに交換し、
売りたいクルマと作りたいクルマ_f0076731_20451561.jpg
エンジンのピックアップを高め、
テンショナーやベアリングも交換し、
最後に新品のタイミングベルトを装着した。
売りたいクルマと作りたいクルマ_f0076731_20453062.jpg
エンジンをボディに載せて、
点火系統をしっかり調整した。

このクルマのスロットルには電気仕掛けが無い。
だからアクセルケーブルを持つ。
売りたいクルマと作りたいクルマ_f0076731_20454355.jpg
クラシカルな手法だが、
この部分をつまんで持ち上げると、
エンジンの呼吸が高まる。

たまらないね。
こんなクルマに息子と乗れば、
クルマ好きが減らないはずだ。
売りたいクルマと作りたいクルマ_f0076731_20414037.jpg
やっとGC8のリフレッシュが終わり、
妻籠宿まで連れて行った。
快調に走った。
クルマの状態がカラダの一部の様に掴めた。

エンジンは完治したが、
まだシャシーまで手が回らなかったので、
全開走行では無く、
散歩程度に走らせた。

数日後、
岐阜の矢野さんから手紙が届いた。
感激したので一部を紹介する。
売りたいクルマと作りたいクルマ_f0076731_20383017.jpg
ありがとうございます。
仕事に掛ける意気込みが高まる。
これを読んだ北原課長の動きが、
あれよあれよと加速して、
売りたいクルマと作りたいクルマ_f0076731_20420066.jpg
シャシーの隅々まで丁寧に手を加え、
ブレーキキャリパーの色も塗り直し、
売りたいクルマと作りたいクルマ_f0076731_20430668.jpg
エンジンに勝る制動力に回復させた。
売りたいクルマと作りたいクルマ_f0076731_20420960.jpg
フロントのロアアームを取り外し、
売りたいクルマと作りたいクルマ_f0076731_20423528.jpg
ブッシュを全て交換した。
これが出来ないと、
いくらダンパーを良くしても効果が薄れる。
売りたいクルマと作りたいクルマ_f0076731_20424654.jpg
ボロボロにくたびれたストラットを、
4本ともB&Bサスに交換した。
長年かけて熟成に熟成を重ねた、
売りたいクルマと作りたいクルマ_f0076731_20425555.jpg
このサスは中津スバルの味を出す。
その作業を見届けず、
神奈川県の大和市に向かった。
売りたいクルマと作りたいクルマ_f0076731_20391549.jpg
青森スバルの大川率いる東北軍団は
秋田スバルや宮城スバル、
それに山形岩手など多彩だ。

焼き肉を喰い、
売りたいクルマと作りたいクルマ_f0076731_20392840.jpg
東北パワーとヒュージョンした。
焼き肉を食べたのは5年ぶりだ。
男には闘争心を維持するために、
充分な肉が食う必要がある。

が、
痛風で痛い目に合うので、
知らず知らずのうちに遠のいた。
売りたいクルマと作りたいクルマ_f0076731_14290373.jpg
完全に食べ過ぎた。

もう繰り返さない。
懲りた。

思い切って沢山食べたら、
闘争心がモリモリと湧き出て、
翌日は良い仕事が出来た。

ところがすぐ調子が悪くなり、
太ももの内側にゾクゾクするような痛みが走る。
右目の奥もなんとなく痛い。

これはヤバい。
良いクルマが買えたので、
一目散に中津川へ向かった。

ほぼノンストップで戻り、
そのままジムに向かい過激なプログラムに参加した。

空手やキックボクシングのような技を、
踊りながら繰り返す「パワーミックス」だ。

よせば良いのに、
「コイツは焼き肉明けに効く!」と張り切った。

跳び蹴りや回し蹴りを、
エアーアクション(笑)し、
45分間しっかり汗をかいた。

終わると、
カラダスッキリで、
行き場の無かったスタミナも奇麗消えた。

カラダが調子よいと、
心も軽い。
けれどもその先に、
痛風と言う名の悪魔が潜む。

翌朝誰も居ない工房に行くと、
そっと佇むGC8には、
売りたいクルマと作りたいクルマ_f0076731_20461210.jpg
新品のシフトノブが奢られ、
売りたいクルマと作りたいクルマ_f0076731_20460299.jpg
質の良い革を用いたステアリングホイールが付けられ、
気持ちの良いドライブが出来るよう配慮されていた。
売りたいクルマと作りたいクルマ_f0076731_20462999.jpg
必要な小道具を助手席足元にまとめ、
重心高を優位にまとめた。
トランクを殻にして、
ワインディングを飛ばす。
売りたいクルマと作りたいクルマ_f0076731_20464555.jpg
抜けるような青空だった。
売りたいクルマと作りたいクルマ_f0076731_20473459.jpg
けれど気圧は少し低め。
なのに開田高原で33℃とは、
気温の上昇が著しかった。

ちょっとおかしい。
ここの標高は1100mを超えている。
売りたいクルマと作りたいクルマ_f0076731_20472191.jpg
まさか午後からあの雨が降るとは・・・・。
確かに少し暑すぎた。

真夏の太陽を背に受け、
放牧場を歩きブルーベリー畑で二宮さんに会った。
売りたいクルマと作りたいクルマ_f0076731_14351203.jpg
彼に褒められた。
落合さんから届いた、
ニュル土産の帽子がよく似合うと。
売りたいクルマと作りたいクルマ_f0076731_14352659.jpg
落合さん、ありがとうございました。
ブルーベリー農場も本格的なオープンを迎えた。
売りたいクルマと作りたいクルマ_f0076731_20494208.jpg
完熟実も増えてきた。
売りたいクルマと作りたいクルマ_f0076731_20501431.jpg
付近の蕎麦畑に真っ白な花の絨毯が出来ている。
売りたいクルマと作りたいクルマ_f0076731_20511920.jpg

二宮さんの主催する写真展に参加した。
売りたいクルマと作りたいクルマ_f0076731_19202957.jpg
ブルーベリーを食べながら、
是非ともご覧戴きたい。

やまゆり荘まで駆け上り、
温泉に入った後で蕎麦を楽しんだ。
売りたいクルマと作りたいクルマ_f0076731_20530840.jpg
ずっしりして歯触りが良く、
香りもステキな手打ち蕎麦だ。
売りたいクルマと作りたいクルマ_f0076731_20520510.jpg
まず山葵で食べる。
売りたいクルマと作りたいクルマ_f0076731_20522845.jpg
これが美味い。
次は、
売りたいクルマと作りたいクルマ_f0076731_20525637.jpg
地元野菜の漬物だ。
これらで完全にデトックス出来た。

木曽馬の里もにぎやかだ。
四肢の弱い子馬は、
心配されながらもスクスクと育っていた。
売りたいクルマと作りたいクルマ_f0076731_20485346.jpg
なかなかお行儀が良く、
群れからトコトコ離れていったので、
何をするかと見ていたら、
暫く佇み排便した。
売りたいクルマと作りたいクルマ_f0076731_14492426.jpg
ふーん。
エチケットがあるんだ。
売りたいクルマと作りたいクルマ_f0076731_14515965.jpg
このマナーを親や周りのおばさん達が躾けるだろうか。
何気なく草を食べているように見えるが、
彼女たちの間には厳しい掟がある。

おばさんパワーのいじめも見た。
人間社会より露骨で厳しいから、
ストレスでアトピーになる馬が居る。

これも食物連鎖だ。
子馬の糞に瞬く間に群がる。

猛烈な勢いで虫がたかった。
売りたいクルマと作りたいクルマ_f0076731_14525600.jpg
遠くからでも見えるほど、
虫の量が凄い。
それほどのご馳走なのだ。
夏を迎えた高原には、
この日も様々なドラマがあった。
売りたいクルマと作りたいクルマ_f0076731_14543820.jpg
クローバーが手土産だ。
売りたいクルマと作りたいクルマ_f0076731_14550600.jpg
更に奥へと向かった。
そこにいる種馬に会うためだ。
声を掛けた。
売りたいクルマと作りたいクルマ_f0076731_14552023.jpg
利口なヤツだ。
干し草より生に目が無い。
売りたいクルマと作りたいクルマ_f0076731_14554451.jpg
美味そうに食うなぁ。
売りたいクルマと作りたいクルマ_f0076731_14555719.jpg
手のひらから上手く受け取る。

噛まないよう唇で優しくはさみ、
その後咥え込む。
噛むことなど無い。

木曽馬は長年に渡り人の手で改良され続けた。

日本人の素晴らしい友達だ。

ここに来ると、
「人馬一体」という感覚が、
さらに研ぎ澄まされる。

売りたいクルマと作りたいクルマ_f0076731_20565018.jpg
完全に蘇った。
ステアリングを切れば素直に順応し、
スロットルの微妙な開け閉めだけで、
売りたいクルマと作りたいクルマ_f0076731_20483225.jpg
クルマのラインを容易に変える。
倒立ストラットは、
サスペンションの横剛性を高めるので、
低重心が更に際立つ。

軽々と走るクーペは、
お世辞抜きでカッコイイ。
売りたいクルマと作りたいクルマ_f0076731_20573836.jpg
2ドアなのでドアがデカい。
実用上は不便だが、
これが大きな効果をもたらし、
車体全体のバランスが跳び抜けて良くなった。
この柔軟な身体能力は、
センターピラーを後ろに下げる事で生まれたのだ。
恐らく偶然の賜だ。

とても楽しいクルマに仕上がった。
売りたいクルマと作りたいクルマ_f0076731_20592417.jpg
この鞍に跨がり、
御岳山麓を駆け巡ると、
木曽馬で乱世を駆け抜けた戦国武将の気持ちに浸れる。

安心した。

次は黒鰤だ。
売りたいクルマと作りたいクルマ_f0076731_20395623.jpg
点検整備と共に、
吸気系にシムスのインダクションボックスを取り付けた。
売りたいクルマと作りたいクルマ_f0076731_12201952.jpg
標準のエアークリーナーケース交換して、
吸気抵抗を減らす。

もうすぐ15万㎞になるので、
無茶なチューニングはしない。

B4のスペックBは楽しい。

18インチのタイヤを履かせ、
ダンパーにGC8のような減衰力特性を与え、
アンバランスに尖らせたからだ。

平成18年の、
レガシィビッグマイナーチェンジ直前、
SUBARUはスペックBをベースに、
最後のブリッツェンを企画した。

それまでのGTベースでは無く、
スペックBをベースに、
インテリアのクオリティを高め、
エクステリアのディティールにも拘った。
それがブリッツェン2006MODELだ。

個性的なクルマが更に尖った。

新車からワンオーナーで大切にされ、
熟すほどに秀逸さが際立った。

正に旬を迎え魅力を高めた。
エンジンベイも普通のレガシィでは無い。
売りたいクルマと作りたいクルマ_f0076731_20401091.jpg
ヘッドライトを純正のガーニッシュでカスタマイズし、
マフラーは澄んだ美しいスバルサウンドを奏でる。

STIゲノムのスポーツマフラーだ。
これは実力が高いのに、
今一つ評価されなかった。

乗る度にゾクゾクさせる出来の良さで、
現在当社の保存車で、
このクルマを上回るサウンドはこれしかない。




等長等爆の水平対向4気筒ターボエンジンに、
スバルの純正サプライヤーが魂を込めて開発した。

それがゲノムだった。
坂本工業は本当に良いマフラーを作った。
それに三代目インプレッサWRX用に開発された、
インダクションボックスを組み合わせる。

こちらも純正サプライヤー、
矢島工業の作品だ。

四代目レガシィのフロントセクションと、
直後にデビューした3代目WRX は、
その技術を共用するので、
このパーツを流用できる。

売りたいクルマと作りたいクルマ_f0076731_20402011.jpg
3つの部分に分かれた部品を、
カーボンで一体成形された、
売りたいクルマと作りたいクルマ_f0076731_20404857.jpg
インダクションボックスに交換する。
この蓋は、
サーキットで走る時だけ外す。
ストリートでは絶対にやってはいけない。
センサーが破損する原因になる。
売りたいクルマと作りたいクルマ_f0076731_20405894.jpg
純正のエアフィルターをシムス製のスポーツフィルターに交換した。
売りたいクルマと作りたいクルマ_f0076731_20410874.jpg
作業が終わった。
売りたいクルマと作りたいクルマ_f0076731_17345846.jpg
ひと目でカーボンの美しさが解る。

効果は抜群だ。
売りたいクルマと作りたいクルマ_f0076731_17355135.jpg
普通に走ると以前より燃費が良い。

アクセルを踏み込むと、
サウンドが明らかにスポーティだ。
エンジンだけで無く、
タイヤとの相性も良くなった。
売りたいクルマと作りたいクルマ_f0076731_17360571.jpg
元のレグノと相性が悪かった。
新品に近い良いタイヤだったが、
軽快感にかけ「もっさり」した印象だった。

ところがティンチュラートに変えた途端に、
全く違う軽快感が現れた。

愛用するスケッチャーズと良く似た印象だ。
靴のように表現できるタイヤが一番好きだ。
売りたいクルマと作りたいクルマ_f0076731_20075849.jpg
言い方は悪いが、
まるで地下足袋のような感覚だ。
コイツになれると、
足がこれ以外の靴を受け付けなくなる。
売りたいクルマと作りたいクルマ_f0076731_17361841.jpg
ワインディングロードの下りから、
登りに変わってスロットルを開ける。
すると、
エンジントルクの出方が明らかに良い。

オトナの感覚で、
めくるめくように走る。
トルクが太くなり、
これまでより4速を多用できるから、
速度の乗りがとても良い。

しかも3速シフトダウンで、
アクセルワークにエンジンが敏感に働く。
だからギヤチェンジが楽しくて仕方ない。

クルマのタイヤは良い靴だ。

本当にタイヤの選択は重要だ。

この二つのクルマはスバルらしさに溢れる。
だけどこれらはマーケティングで生まれた訳ではない。

作りたくてたまらない連中が、
思うように作ったクルマだ。

スバルの技術開発本部に伝わる、
伝統の言葉を密かに思い出した。
こんなに良いクルマを、
買わない客が悪い。

ー2014年7月20日21時31分投稿記事を再構築ー

Commented by 元Coro-gon乗り at 2014-07-19 18:24 x
こんばんは。
GC8と黒鰤の考察を拝読すると、
GC8のフィロソフィーは、トヨタとの協業ゆえに少し雰囲気は変わりますが、BRZが受け継いでいるように感じました。
BRZ;少し大人びて細マッチョになった…、そんな感じでしょうか?
Commented by b-faction at 2014-07-19 18:46
元Coro-gon乗りさん、今晩は。そうですね。BRZの体質はGC8に似てます。以前からこのブログでも詳しく紹介したように気持ちの良いクルマです。爆発的な加速はしませんが軽くて速い。そして重心高が低い。その辺りの構造を今度はWRXが引き継ぎました。
リアルワールドで走らせると、どう評価できるかとても楽しみです。
印象は凄く良いし、本気になればもっと軽くする事も可能です。
Commented by 博多人 at 2014-07-22 11:36 x
お疲れ様です。久しぶりにコメント投稿させて頂きます。
愛機はまもなく16万Kmで、セールスの方から乗り換えを勧められますが、BPが本当に素晴らしく、なかなか手放せずにいます。
BPのようなワゴンの使い勝手も好きですが、クーペは、なんといっても、そのボディや見た目から非凡な車だというオーラを感じ、登場当初以上に現在、BRZの購入を考えています。音もキレイで、しかもMTで扱うことができるのは、本当に魅力的ですが、絶滅危惧種と言われるほど珍しいのですね。今まではWRX STIしかない、と考えていましたが、他にはないBRZの良さが捨てきれません。性格の違う2台なので、変な悩みかもしれませんが、この2台、なかなか絞れない状況です。
Commented by b-faction at 2014-07-22 15:36 x
博多人さん、RAのエアコン付き、お薦めします。
Commented by ズラー氏 at 2014-07-28 23:13 x
初めてコメントさせていただきます。
先日の連休に岐阜へ旅行で来ていたので突然でしたがそちらの方にお邪魔させていただきました。なんちゃってスバリストの部類に入る当方ですが、ブログで取り上げられている往年の名車や修復されたインプレッサ などに惹かれついつい工場見学をお願いしました。
ガレージの中にこのインパクトある白クーペもあってジーっといろんなとこを見回してしまいました。黒鰤も置いてあったので拝見させていただいたのですが、ただただカッコいいのと他のレガシィとも違った雰囲気を感じました。
どのクルマもとても丁寧にされていて年季は感じさせても古さは感じさせない魅力的なクルマに仕上げているのが拝見出来ました。
また、そちらの方に行く機会がありましたらお邪魔させていただきたいと思います。
長文失礼しました。
Commented by b-faction at 2014-07-29 10:23
ズラー氏さん、初めまして。飼っているクルマ達をご覧頂けたんですね。ありがとうございました。当社の中古車は展示車も保存車も同様に定期チェックされ、皆に磨かれながら可愛がられています。飼っているのと変わりません(笑)。なかなかその辺りをご理解戴くのは難しいかもしれません。ネットやオークション主体の販売に押されていますが、主流は移れども「飼う」という気持ちは大切にしたいです。またお出かけ下さい。
Commented by iBibendum at 2014-07-29 16:59 x
はじめまして、現在ドイツ在住ですが日本ではBE、BLと乗り継いで今はGP(オレンジ)です。
こちらのAuto Motor u. SportにWRX STIとGolf Rの比較が出ていましたのでご紹介致します。
いつも楽しき読ませて頂いております。
http://www.auto-motor-und-sport.de/vergleichstest/subaru-wrx-sti-und-vw-golf-r-im-vergleichstest-kann-das-rallye-relikt-noch-ueberzeugen-8465808.html?show=3
Commented by b-faction at 2014-07-29 19:40
iBibendumさん、初めまして。XVは飽きない格好の良さですね。情報ありがとうございます。欧州仕様も2.5リットルなので2リットルとの比較が楽しみですね。性能的にDSGで優位なのでしょう。ボクはMT派なので6MTとして良く頑張ってると思います。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by b-faction | 2020-04-19 11:48 | Comments(8)

毎日の活動やスバルについてご紹介します


by b-faction
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31