人気ブログランキング | 話題のタグを見る

新生STIの公道インプレッションを贈る

六年前のデビュー時を振り返った。

スバラーの代表として、
四代目WRX STIのインプレッションを語る。

スバラーはSUBARU応援団を幅広く指す。

逆に「スバリスト」なる引用句は、
公用語として存在価値を持った。

何故ならば、
今やSUBARU自らが、
この語句を堂々と使うからだ。

だからこそ、
「スバラー」の持つ意味は大きい。

「スバリスト」なる語句は、
遥か昔から存在する。

スバルサインと同時に生まれたのだろう。

それをどこかの大学教授が定義づけたらしいが、
そんなことは知ったこっちゃ無い。

彼が論文を書いて「富士重工」に提出し、
それを認めてもらったのなら別だが。(笑)

新生STIの公道インプレッションを贈る_f0076731_23224868.jpg
それより先に根付いていた。

その端緒がスバルサインだ。

今では信じられない事だが、
スバル1000がデビューした頃、
SUBARUユーザーはすれ違いざまに「プッ」とホーンを鳴らした。

サブロクの頃からあったのだけど、
スバル1000の先進性が、
クルマ好きにより共感を与えた。

要するに意識の共有が、
いとも自然に芽生えていたのだ。

それに対して、
スバラーはもっと深い。

WRCが好きでたまらない連中が、
SUBARUを盛り上げながら産み出した言葉だ。
新生STIの公道インプレッションを贈る_f0076731_11414977.jpg
だから、
この言葉も好きなんだ。

今の様にインターネットは機能せず、
SUBARUの出す情報か、
この専門誌の発売を待ち望んだ。
新生STIの公道インプレッションを贈る_f0076731_11412426.jpg
土煙の漂う香ばしい雑誌だ。

汗水かいてWRC応援してた頃、
自然に出来た言葉だ。
野望に満ち溢れ、
ぶっ飛ばしていくSUBARUが大好きだ。

排気音と土の匂いの絡み合った、
あの味を知る者しか理解出来ないKOTOBAだ。
新生STIの公道インプレッションを贈る_f0076731_23214803.jpg
だから、
WRXに「スバリスト」なんて言葉は似合わない。
スバラーが踊り狂うクルマだ。
新生STIの公道インプレッションを贈る_f0076731_23220476.jpg
この血のような、
欲望が蠢く色を見よ。
戦国武将が戦いに挑むとき、
兜と鎧を身につけた。

愛馬にも同じように鎧を纏わせた。
やるか、
やられるかの瀬戸際を、
風のように駆け巡る。

女子供のクルマじゃない。

理屈では無くDNAだ。

それが目を覚ました時、
WRX STIは初めて主(あるじ)の伴侶となる。
新生STIの公道インプレッションを贈る_f0076731_23233956.jpg
MFDに採用された過給圧計が、
まるでSTIの勲章に見える。

ブルブル震える、
まるで鼓動のような針の動き。

バーチャルな世界を、
コックピットにスパイスとして振り撒く。

SI-DRIVEもより過激だ。
デフォルトが「S」になり、
インテリジェントモードとより制御が明確に違う。
新生STIの公道インプレッションを贈る_f0076731_23223083.jpg
マルチインフォメーションディスプレイ付きの、
レッドルミネセントメーターを採用した。

視認性も抜群だし、
多機能で使い易い。

消してあるが、
最上段のエコゲージの下に、
デジタル速度計が表示できる。

DCCDのモード表示も、
視認性が高まった。

ドンドンマニュアルに切り替え、
フロントタイヤの仕事を減らそう。

ワインディングを攻め、
自分との戦いに打ち勝つのだ。

技量に合わせ、
最大のパフォーマンスを発揮させる。

そのためには、
まず限界を超えないよう、
常に摩擦を支配する。

「カイカン」に酔わず、
我慢も必要だ。

時にはその連続となり、
それが「戦い」を意味するのだ。

自分との戦いは、
燃費にも表れる。
新生STIの公道インプレッションを贈る_f0076731_23241194.jpg
MFDにある、
エコ履歴画面を活かせ。

ベースのSTIを相棒に選んだ。

これが一番だと確信した。
スペックを紹介したい。
【型式】
CBA-VAB

【主要諸元】
全長×全幅×全高(mm):4595×1795×1475
ホイールベース(mm):2650
トレッド前/後(mm):1530/1540
最低地上高(㎜):140
車両重量(kg):1480
最小回転半径(m):5.6

【エンジン】
EJ20/水平対向4気筒2.0L DOHC 16バルブ デュアルAVCS ツインスクロールターボ
内径×行程(mm):92.0×75.0
圧縮比:8.0
最高出力 227kw/6400rpm
最大トルク422N・m/4400rpm

【変速機】
6速マニュアルトランスミッション

【燃費】
9.4km/l (JC08モード)

【税抜き車両本体価格】
3.510.000円
新生STIの公道インプレッションを贈る_f0076731_23242706.jpg

全車に標準装備された左右独立温度調節式フルオートエアコン。
スイッチが赤く染められ、
STIらしく演出されている。
 
キーレスアクセス&プッシュスタートも標準装備だ。
新生STIの公道インプレッションを贈る_f0076731_23263847.jpg
歴代のWRXで、
初めてシフトポジションが表示される。
BRZで採用されて、
WRXにも続いた。

慣らし運転なので、
ドライブモードをIに切り替え、
なるべく高いギヤを選択した。

新生STIの公道インプレッションを贈る_f0076731_23271306.jpg
10分ごとに燃費の推移を確認し、
表示を一時間単位に切り替えれば、
一気に長距離を走る時に役立つはずだ。
新生STIの公道インプレッションを贈る_f0076731_23272847.jpg
DCCDをマニュアルに切り替えよう。
前後デフの締結力を最も下げると、
後輪の駆動トルク比はやく6割だ。

過去の設定で大きい部類に入る。
新生STIの公道インプレッションを贈る_f0076731_23274388.jpg
正確には後輪59%に対して、
前輪41%に設定されている。
この駆動力配分は、
SUBARUの知見を活かした絶妙の味だ。

長年の経験が生かされている。
新生STIの公道インプレッションを贈る_f0076731_23280258.jpg
国道19号線を等速走行して感じた。

タイヤが物足らない。

ロードノイズが大きい割に個性が無く、
可も無く不可も無く、
全く面白さに欠ける。

どうしてブリヂストンを使わないのだろう。


導入の際にコンペで負けたのは、
一体何が原因なのか。

昔なら、
SUBARUとBSは蜜月だった。

このコンビで日本初の、
ラジアルタイヤ装着車を完成させたのだから。

GDBのためにRE070まで作ったほどだ。

心底どこまでも、
スバルに付きあった会社なのに。
新生STIの公道インプレッションを贈る_f0076731_23282199.jpg
国道を時速55キロで走ると、
タコメーターは1550回転を指した。
このシチュエーションでは、
6速まで入れないことだ。
新生STIの公道インプレッションを贈る_f0076731_23283729.jpg
刻々と燃費が変わる。
新生STIの公道インプレッションを贈る_f0076731_23285202.jpg
燃費が10キロを上回ったところで、
ちょうど国道19号線とお別れする場所に来た。

ここから少しづつ鞭を入れ、
新生STIの公道インプレッションを贈る_f0076731_23290858.jpg
S#を選択してワインディングをのんびりと楽しんだ。
新生STIの公道インプレッションを贈る_f0076731_23292331.jpg
路面の状態は抜群だ。
ドライで曇り空だ。

新生STIの公道インプレッションを贈る_f0076731_23302052.jpg
最高のシチュエーションだ。

邪魔者は誰も居ない。
新生STIの公道インプレッションを贈る_f0076731_23303554.jpg
本当に多機能で、
演出も派手で美しい。

STIらしさを余すところなく発揮する、
素晴らしいコンビネーションメーターだ。

同じ系列のクルマだが、
レヴォーグと明確にデザインを分けた。

オモテナシのイラストも、
よりレーシーで好ましい。
新生STIの公道インプレッションを贈る_f0076731_23305362.jpg
ここで走りを変えたのが解るかな。

詳しく書くのは止める。

エコ履歴画面を見て、
恍惚の走りを想像して欲しい。
新生STIの公道インプレッションを贈る_f0076731_23312096.jpg
中間地点に来たが、
今日は家畜論を確かめる時間が無い。
新生STIの公道インプレッションを贈る_f0076731_23313610.jpg
残念だが、
馬場を横目で見ながら帰る。

蕎麦の花が咲き始めていた。
驚くほど成長が早く、
二期作も順調に進んでいた。
新生STIの公道インプレッションを贈る_f0076731_23315298.jpg
是非ブルーベリー狩りに行かないか。

美味しいからクルマもヒトも元気になる。

次の土日に向けてのプロローグだ。
新生STIの公道インプレッションを贈る_f0076731_23320620.jpg
おいしいトウモロコシも、
スバラーの来訪を待っている。
新生STIの公道インプレッションを贈る_f0076731_23322171.jpg
会社に戻る頃には、
ほぼ陽が沈みかけていた。
新生STIの公道インプレッションを贈る_f0076731_23325391.jpg
オドメーターは169kmになり、
この戦う馬の素質が、
想像以上に素晴らしい事を確認した。
新生STIの公道インプレッションを贈る_f0076731_23323809.jpg
欲しい。
ほとんどiモードを使わ無かったが、
国道を等速で走る事も多く、
とても優秀な燃費を記録した。

さてセダンらしさの検証も大切だ。

トランクの積載性を確認しよう。

このクルマのトランクは、
BRZ同様に電磁オープナーへ変わった。
新生STIの公道インプレッションを贈る_f0076731_23343087.jpg
至る処に成熟の様子が見てとれる。

トランクを開けると、

新生STIの公道インプレッションを贈る_f0076731_23332435.jpg
とても広いので様々な道具を隠し持てる。

戦いに挑むクルマとして、
充分な資質を持つ。

野望の解る人に、
ぴったりのクルマだ。

老若男女を問わない。
アドレナリンを好む者に、
このクルマが相応しい。

必ずや夢中させる事だろう。

-2014年8月26日4時24分投稿記事を校正-

Commented by at 2014-08-26 11:31 x
社長様

黒のノーマル羽無しの感じ、すごくかっこいいですね。
黒もいいなと傾いてしまいます。
SI-DRIVEのデフォルトが、「S」になったんですか。カタログにも書いていない情報ですね。
最近のスバル車はIモードが主の中のこの変更は走りに対する大きな意味がありそうですね。

慣らし運転の中で燃費走行もでき、時には愛馬に鞭をいれる事もできる、そんな車は素敵だとおもいます。
写真を見ると私のGVBより燃費も良さそうなので、良かったです。

トランクルームも先代より広そうですし、ベビーカーも乗せられそうなので購入候補に入れられそうです(笑)
しかも電磁オープナーですか、高級です。

これからのS4の詳細も楽しみにしております。

社長様、ドイツへ気をつけて行って来てください!
ニュルの走行、車好きには憧れます!
Commented by mine at 2014-08-26 14:43 x
こんにちは! 
待ってました(^-^)
1.5tを切ってはいるようですが、ほぼ1.5tなんですよね。ですが、それを感じさせない中身に仕上がっていると巷で耳にするので、ハンドリングや路面の追従性等楽しみにしています。
このWRX、僕はワークスブルーを買いましたが、黒も良い味が出てるんですよねぇ 
黒か青かで悩みましたが、初スバルなんでWRブルーにしました。

社長のブログ読んでいると気分が高まってきますね(笑) 
最高の気分で納車を迎えたいものです。
ちなみに、7/5の午前にtypeS WRブルーパールを予約しましたが、ラインを流れるのは明日の27日と言われました。
日当たりの生産台数はそんなに多くないので、こんなとこですかね。
納車は9月中旬 

今か今かと待ってますが、この気分もなかなか良いかもしれません(笑)
といっても、僕はこの新型が出るまで1年半待っていたので、待ちくたびれていますが(笑)
Commented by TAKU at 2014-08-26 14:57 x
こんにちは。正式発表されましたね!!
中盤のMFDの燃費記録を見ると思わず笑っちゃいました。
誰しもそういう燃費になりますよね(笑)

驚いたことは、国道を走っているときは家のB4より燃費がいいのですね・・・。Iモードで走ってもなかなか10Km/Lを記録しません・・・・。

文章中に社長様も触れられていますが、私もタイヤの事が少し気になっていました。昔からBSだったのに今回からD社製になってますよね。ちょっと寂しい感じがあるのですが・・・。

ニュル24時間レースもD社製タイヤ装着の様だったのでそのままキャリーオーバーで純正装着になったのでしょうか・・・。最近BSはスポーツ路線よりエコ路線へ力を入れているのでしょうか?
某N社のGとTとRが付く車もD社のタイヤになってますし・・・。

いろいろなタイヤとのマッチングを試すブログを楽しみに待っております(笑)
Commented by 福岡人 at 2014-08-26 16:37 x
代田社長、早速のお返事ありがとうございました。約1ヶ月ぶりのお休みで、Sのオイル交換でスバルのお店に行ってきました。待っている間に新型WRXSTIに試乗させていただきました。すごい高級車に乗っているという感じで、以前のインプレッサWRXとは別物ですね。個人的には、現在のSを残して、他社のミニバンをレヴォーグ1.6GTへの乗り換えで落ち着きそうです。
Commented by b-faction at 2014-08-27 03:04
瀧さん、アウトバーンを一時間走って、いまニュルに着きました。今度のWRXで走ってみたい。妄想しながら特訓して来ます。ご心配頂きありがとうございます。
Commented by b-faction at 2014-08-27 06:59
mineさん、それは楽しみですね。ブルーはとても新鮮で良いですよ。待ったかいがありましたね。
Commented by b-faction at 2014-08-27 07:10
TAKEさん、こんばんわ。
タイヤについて、またいろいろ考えます

お楽しみに。
Commented by マウザァ at 2014-08-28 09:30 x
社長様おはようございます 昨日御社へ見に行ってきました 黒キレイでしたね✨ 迫力もありますね✨ あとレヴォーグの赤 案外と明るい赤だったんですね レガシィの落ち着いた赤も良かったですが
レヴォーグには明るい方が合ってますね
奥様には楽しく応対して頂きありがとうございました
Commented by b-faction at 2014-08-29 02:30
福岡人さん、レヴォーグ楽しみですね。良い決断だと思います。
Commented by b-faction at 2014-08-29 02:33
マウザァさん、御来店ありがとうございました。
ニュルを横目にしごとしてます。晴れてよかったです。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by b-faction | 2020-04-23 12:24 | インプレッサ | Comments(10)

毎日の活動やスバルについてご紹介します


by b-faction