人気ブログランキング |

御嶽山噴火

今も中津川から噴火の様子がハッキリ見える。
御嶽山噴火_f0076731_16431985.jpg
甚大な被害が出るのは間違いない。
既に中津川を流れる木曽川も、
青みがかった濁流に変わった。
御嶽山噴火_f0076731_16442298.jpg
快晴が続いているのに、
この有様だから、
もし豪雨にでもなったらどんなことになるのか想像も付かない。
御嶽山噴火_f0076731_16464485.jpg
木曽川に注ぎ込む、
数多くの支流がこの左手にある。

その中の一つが王滝川だ。
その源流が噴火口そのものだから、
こうなるのは当たり前なのだ。

雄大でエネルギーに溢れた御嶽山。
その異様な姿が示すように、
猛り狂うと手が付けられない。
御嶽山噴火_f0076731_10294200.jpg
太古の痕跡を度々見ているので、
いつも心のどこかで噴火に怯えていた。

御嶽山一帯は、
豊かな水に恵まれた場所でもある。

その証拠に、
山麓の至る処に滝がある。

岐阜県側にも、
長野県側にも美しい滝が山ほどある。
これほど滝の多い山も珍しいのでは無かろうか。

剣が峰の山頂から、
地獄谷を覗き込むと、
御嶽山噴火_f0076731_21045400.jpg
遙か下に川の源流があり、
水の流れる音が聞こえる。

彼方此方から吹き出す噴煙も、
煙では無く水蒸気だ。

今回の噴火で特徴的なのは、
噴煙が白いと言うことだ。

国産ロケットの発射では白い煙に包まれながら、
機体が空高く舞い上がる。

液体水素と液体酸素を反応させるからだ。

北朝鮮のロケットは、
どす黒い煙を巻き上げながら天空に登る。

火薬を使って舞い上がるからだ。


そんなことを思い出しながら、
今日の噴煙の色を見て、
少しだけ安堵感が出てきた。

27日には皆様から電話やメールやメッセージなど、
数多くのご心配を戴き、
ありがとうございました。

もしかしたら登っているのではと、
思われた方も多かったようだ。

それもそのはずだろう。
毎年の恒例行事で、
今年も10月1日に登るつもりだった。

御嶽山噴火_f0076731_14052929.jpg
とうとう火山灰が降り始めた。
御嶽山は中津スバルから良く見える距離にある。

けれども、
会社の前にある小高い丘が遮り、
窓からは噴煙だけが見える。
御嶽山噴火_f0076731_10141381.jpg

電柱にピントが合ってしまったので少し見難いが、
2本立つ電話鉄塔の間に、
噴煙が上がり右へと流れている。

こちらがどちらかと言えば風上だが、
ざらついた砂のような火山灰は遠慮無く降り注ぐ。

数年前から御嶽山に必ず一年に一回登っているが、
同じ時から水泳を始めた。

今では大切な健康のバロメーターだ。
そしてもう一つ決めたことがある。
体力が続く限り、
年に一度は必ずNBRを走る事だ。

この3つは執念とも言える自分との約束だった。

その御嶽山が突然噴火した。

8合目で噴火に遭った人の動画を見たが、
御嶽山噴火_f0076731_16485544.jpg
生きた心地がしなかった。
もしその場に居たら、
きっと覚悟を決めただろう。
去年は3度も登り、
その魅力に取り憑かれていた。

共同通信社の画像で、ショッキングな様子が見て取れる。
全て灰色に染まった山小屋は、
大滝頂上だ。
御嶽山噴火_f0076731_10471464.jpg
下の登山道からは、
ここまでしか見えない。

なので一番高い場所に思える。

登ってくるとホッと一息付けるが、
御嶽山噴火_f0076731_10492907.jpg
ここから更に上が待っている。
目の前に書かれた王滝頂上という階段を上ると、
御嶽山噴火_f0076731_10503376.jpg
鳥居と神殿の向こうに目指す場所が現れる。
ヘリで撮影出来るのは、
どうもここまでが限界のようだ。

この神殿を通り抜け裏に回ると、
遠くに一番高い「剣が峰」が見える。
御嶽山噴火_f0076731_16361299.jpg

御嶽山は複合的な成り立ちで、
火山の集合体と言える。
その中でも最も高い「剣が峰」は、
3067メートルの高さを誇る。

上の写真左手方向には、
活動中の火口があり、
激しく水蒸気を吹き出している。
御嶽山噴火_f0076731_16404280.jpg
剣が峰に向かう登山道は荒涼としており、
「賽の河原」という名前が相応しい場所だ。
ここまで登ると、
御嶽山が怖い山だと言う実感が湧く。

活火山だから当然のことだが、
今度のように噴火すると、

この辺り一帯には遮る物が何も無く、
降りそそぐ岩石を体中に浴びることになる。

あたり一面が灰色になった写真を見て、
月面のクレーターのような痕跡に恐怖を感じた。

御嶽山噴火_f0076731_10524086.jpg

ここまで来ると、
たとえ下界が曇っていても晴れてくる。
そして頂上から抜けるような青空を眺めることが出来る。

それが楽しみで登る人も多い。
噴火した日はピッタリ当てはまる天候だった。
その上、噴火した時間はゴールデンタイムとも言える、
この季節の登山で最も快適な頃だった。
御嶽山噴火_f0076731_11205971.jpg
後ろを振り返ると、
王滝頂上が遙か下に見えるが、
まだここは「真の頂上」への半ばだ。
良く見ると、
山小屋の左側に溶岩が吹き出し固まった痕跡がある。

もし今回の活動で、
この様にマグマが現れると恐ろしいことになる。
有史以来、まだ猛り狂うところまで御嶽山は眠りから覚めていない。
噴出物の分析が始まるのを、
興味深く見守りたい。

更に登るとこれまでの噴火口との位置関係が解る。
30年くらい前に火山活動が再開してから、
右手の方向に噴火口が出来た。
御嶽山噴火_f0076731_11272268.jpg
そこからは常に水蒸気が激しく吹き出し、
当たりには硫黄臭が立ちこめている。

さらに頂上から同じように見ると、
大滝頂上までどれ程の距離があるか解るだろう。

簡単に逃げ降りられる場所では無い。
御嶽山噴火_f0076731_11253775.jpg
剣が峰の頂上に、
かなり大きな火口が出現したようだ。
激しく煙を噴き上げている。

もし賽の河原を歩いていたら、
身を隠す場所がどこにも無い。
被害者が最小限であることを祈りたい。

剣が峰には神社が祀られている。
御嶽山噴火_f0076731_16545417.jpg

そこから右方向を眺めると、
美しい弐の池が見える。
恐らくここも古い火口だろう。
御嶽山噴火_f0076731_16572468.jpg
弐の池がどうなったかは、
想像も付かないが、
壱の池は、容易に想像が付く。

徐々に視野を左へそらす。
御嶽山噴火_f0076731_17053472.jpg

ここに水は溜まっていないが、
平らな場所のように見えて、
僅かな窪みがある。
御嶽山噴火_f0076731_17034171.jpg
ヘリから撮られた写真を見ると、
ここから激しく噴煙が出ているように思えた。

ここを「すり鉢」に例えたのか、
「お鉢巡り」というルートがある。

実は今度の水曜日に、
御嶽山に登り念願の「お鉢巡り」にチャレンジする予定だった。
この場所から下に降りて、
御嶽山噴火_f0076731_17122401.jpg
後ろを振り返ると険しさが解る。
御嶽山噴火_f0076731_21100958.jpg
この岩にへばりつくようにして降りてきた訳だ。

ゴロゴロと石が転がる間に、
踏みしめられて出来た道がある。
突き出た溶岩が不気味だ。

この先を良く見て欲しい。
外縁部に1本の線が見えるだろう。
人一人がやっと歩ける登山道だ。
御嶽山噴火_f0076731_21112808.jpg
今回の噴火は数カ所で起きているが、
ここまで降りて歩いていたら、
もう逃げることは出来なかった。

過去の登山における行動を分析すると、
今回の噴火が起きた時間には、
間違いなくこの辺りに居たはずだ。

少し前に歩みを進め、
左手を覗くと、
地獄が見える。
御嶽山噴火_f0076731_17144520.jpg
これまで3度この場所まで来て、
それ以上先へは進めなかった。

今年こそは歩くぞと、
気合いを入れてその日を待っていたが、
もし3日遅れて、噴火していたら、
「ハナ垂らしたこのオッサン」はこの世から消えたかもしれない。
御嶽山噴火_f0076731_17172331.jpg
御嶽山は登山に絶好の季節を迎えていた。

今年もこの光景が見たかったが、
暫くお預けだ。
御嶽山噴火_f0076731_17380643.jpg
開田高原には、
大切なお客様や友人が沢山居る。

先日レヴォーグをお買い求め戴いた草野さんに、
当社の大宮が早速電話を入れた。
「おお、この辺は大丈夫だぞ」
と元気な声が聞けたそうだ。

開田には今のところ大きな被害は無く、
本当に安心した。

噴火の僅か4日前に、
WRX STIの慣らしを兼ねて、
御嶽山噴火_f0076731_17221192.jpg

カフェKAZEを訪問した。

28日にコンサートが開かれる予定だった。
それに備え準備を着々と進めていたが、
急遽開催を見合わせた。

御嶽山噴火_f0076731_17215876.jpg
噴火した日の夕方に電話すると、
「うっすら外のテーブルに火山灰が積もる程度で、
全く大丈夫です」
と元気な声がかえってきたのだが、
刻一刻と被害者の数が増えるに従い、
そのような状況では無くなった。
皆さんの心中を察すると言葉に言い表せない。

コンサートは中止になったが、
この緊急事態を脱したら、
必ずマスターの顔を拝みに行こうと思っている。

是非皆さんも開田まで足を伸ばして欲しい。
御嶽山噴火_f0076731_17250361.jpg
訪れた時、
タピタ」のママと知り合った。
拘りのパンを作るユニークなお店だ。

KAZEから少し先へ行き、
御嶽山の方向にちょっと奥まで入っていく。
ちょっと分かり難いが面白いところだ。
ユニークなパン屋さんにもぜひ行って欲しい。

 カフェkazeはスバリスト待っている。

Commented by セベ at 2014-09-27 17:16 x
代田社長、こんにちは。御嶽山噴火のニュースですが、関係の皆さまにお怪我等はございませんでしたでしょうか。特に何も無ければ良いのですが・・・。
私も登山を趣味としておりますが、自然の力とは言え、人間の無力さも思い知らされます。山頂付近で怪我等されている方々のご無事と、周囲の自然に大きな影響が出ないことを祈るばかりです。
Commented by b-faction at 2014-09-27 17:43
セベさん、ご心配ありがとうございます。ブログにも追記させて戴きました。いずれ噴火することはあるだろうと思っていました。かなり観測器機も設置され、国の予算が入っているから、
ある程度は危険を事前に察知できるだろうと思ってましたが、
甘かったです。
自然は偉大であり、雄大であり、畏敬の念を抱く対象だと改めて思いました。
Commented by 栗原 at 2014-09-27 18:58 x
先日はお世話になりました。
突然の噴火のニュースに、大変驚きました。
関係の皆様もご無事で、開田高原も被害が軽いようで安堵いたしました。
開田高原は故郷に似ていて気に入っている場所なので、そちらにお伺いした際には必ず立ち寄っており、先日お伺いした後も、麓を巡って、御嶽山の雄大な光景を眺めた来たばかりでした。
今後の状況次第ではありますが、機会を作って、開田高原に伺いたいと思います。
皆様のご無事と、状況の終息をお祈りいたしております。
Commented by b-faction at 2014-09-27 19:11
栗原さん、ご心配戴きありがとうございます。ボクもちょっと心配なので、折を見て訪問します。
Commented by スバル好きの中学生 at 2014-09-28 00:18 x
お久しぶりです。体育祭などで忙しかったのです。
ニュース、びっくりしました。御嶽山で噴火と聞いて、行ったことはないですがいつもブログを拝見しているので、とても心配になりました。
コナラなどに被害がないことを祈っています。
Commented by b-faction at 2014-09-28 10:36
スバル好きの中学生さん、こんにちは。今後の噴火や風向きが心配です。幸い開田高原にはまだ大きな被害は無いようです。ご心配戴きありがとうございました。
Commented by スバリスト一族の初心者 at 2014-09-28 19:07 x
こんばんは。やっと新型WRXを肉眼で拝見できたのでその感想を社長に御伝えしようと思った矢先の噴火…
長野岐阜の境と聞いて、真っ先に中津川のことが思い浮かびました。社長が無事である報告代わりのこの記事を見て一安心しました。
噴火を起こすような火山は桜島とか離島のほうとか、かなり遠くのほうというイメージを勝手に思っていましたが…自然の脅威は恐ろしいですね。滋賀も活火山は無いものの山に囲まれた地形ですので、気をつけて参りたいと思います。
Commented by b-faction at 2014-09-28 20:35 x
スバリスト一族の初心者さん、ご心配戴きありがとうございます。富士山の噴火も噂されるこの頃ですから「まさか」は通用しないですね。あの天気ですから、ボクも休みなら間違いなく登ってました。亡くなられた方々のご冥福をお祈りします。
Commented by hanako at 2014-10-01 09:15 x
所長さんのところに、被害がでなくて何よりです。
火山灰が滞積した、写真ばかり見たので
こんなに美しい景観が。。。悲しいです。
しばらくご心配だと思いますが、充分お気をつけて!!
Commented by b-faction at 2014-10-01 18:16
hanakoさん、ご心配戴きありがとうございます。まだ安心できませんが、火山国日本は今どこも同じ状況と言えますね。前を向いて頑張りたいと思います。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by b-faction | 2014-09-29 17:19 | Comments(10)

毎日の活動やスバルについてご紹介します


by b-faction