人気ブログランキング | 話題のタグを見る

スバルの商品戦略を考察する その1


スバルの商品戦略を考察する その1_f0076731_17352086.jpg
大貫誠さんと、青木るえかさんから記念写真が届いた。
芸文社のノスタルジックヒーローに、

スバルの商品戦略を考察する その1_f0076731_09561675.jpg
彼女たちの連載がある。
今回はプレゼントもあるそうだ。
スバルの商品戦略を考察する その1_f0076731_17402943.jpg
柔らかくてとても使い心地が良い。
スバルの商品戦略を考察する その1_f0076731_17403720.jpg
ハンカチより、
他の用途もありそうだ。
一枚持っていると便利だろう。

相変わらず読み応えがある。
100頁に連載中の「レディバードの旅」を是非読み、
感想を聞かせて欲しい。
スバルの商品戦略を考察する その1_f0076731_15071917.jpg
スバル360に乗り、
相変わらず元気に飛び回っているだろう。

そんなことを考えていたらPHP研究所から知らせが届いた。
スバルの商品戦略を考察する その1_f0076731_09595906.jpg
先日寄稿した新刊が発売された。
こちらも相変わらず読み応えがある。
各界の皆さんが、
その思いをギュット凝縮して述べられている。
スバルの商品戦略を考察する その1_f0076731_10001848.jpg
本屋に並べないのがPHP研究所の拘りだろう。
スバルの商品戦略を考察する その1_f0076731_09562941.jpg
220頁に掲載されているので、
興味のある方は是非ご覧頂きたい。
「自動車家畜論」をまとめてみた。

文章にすると言うことは、
その言葉に責任を持つことに繋がる。

出版して頂き、
ありがとうございました。
熟考する良い機会になりました。
PHP研究所の皆さんに心より感謝申し上げます。

コスミック出版さんからもムック本が届いた。
スバルの商品戦略を考察する その1_f0076731_10094554.jpg
「ほほう、そういえば暫く軽自動車を注視してなかったなぁ」と、
何気なくパラパラと頁をめくると、
スバルの商品戦略を考察する その1_f0076731_10141762.jpg
「目を覚ませ!」と叱られた気がした。
「えっ!」とビックリして思わず座り直し、
編集後記に当たる部分を開いた。
スバルの商品戦略を考察する その1_f0076731_10162507.jpg
ありきたりな編集後記では無かった。
実にビジュアルに何故今軽自動車があるのかを訴えていた。

ただならぬ気配に目を凝らすと、
そうそうたるスタッフが名を連ねていた。
スバルの商品戦略を考察する その1_f0076731_10180336.jpg
恐れ入りました。
表紙を見ただけでは素通りするところだった。

せっかく送って戴いたが、
肝心のクルマの紹介は実にあっさりしたものだ。

「COTYの眼」というチェックリストでは、
何が伝えたいのかイマイチ解らない。
特にステラはスバル専門に作られているのに、
全く際立っていない。
スバルの商品戦略を考察する その1_f0076731_10292157.jpg
スバル360の誕生から56年経過し、
随分大きくなった。
良く考えたら油断していた。
積極的にステラを導入し、
本気で売っている。
ところが、
新型サンバートラックやプレオ+の良さを既に伝えたのに、
大事なクルマを忘れていた。
良いクルマなのに、
売る努力が足りなかった。

スバルの商品戦略を考察する その1_f0076731_16242084.jpg
素晴らしい天気に誘われ、
新車で降ろす事を決心した。

まずガソリンを入れた。
走らせると、
1kmも行かないうちに感動した。
スバルの商品戦略を考察する その1_f0076731_16250177.jpg
このクルマの誕生から間もなく1年になる。
率直に言う。
全く売れない。
スバルの商品戦略を考察する その1_f0076731_16261499.jpg
前のLSも良いクルマだった。
スーパーチャージャーを4気筒エンジンに付け、
普通のステラをパワフルにした。
けれども販売は伸びなかった。

最新型ステラLSのスペックを以下に挙げる。
スバルの商品戦略を考察する その1_f0076731_16522967.jpg

【車名】STELLA LS
【型式】DBA-LA110F
【主要諸元】全長×全幅×全高(mm):3395×1475×1620
      ホイールベース(mm):2455
      トレッド前/後(mm):1305/1295
      最低地上高(㎜):150
      車両重量(kg):820
      最小回転半径(m):4.4


【エンジン】KF型直列3気筒DOHC 12バルブ インタークーラーターボ
スバルの商品戦略を考察する その1_f0076731_16532641.jpg
内径×行程(mm):63.0×70.4
圧縮比:9.0
最高出力 47kw/6400rpm
最大トルク92N・m/4000rpm

【燃料供給装置】
EGI
【変速機】CVT
【燃費】25.2km/l (JC08モード)
スバルの商品戦略を考察する その1_f0076731_16535525.jpg
プッシュスタートシステム
スバルの商品戦略を考察する その1_f0076731_16553861.jpg
キーレスアクセス連動電動格納ミラー
スバルの商品戦略を考察する その1_f0076731_16561789.jpg
アルミホイール
スバルの商品戦略を考察する その1_f0076731_16563549.jpg
オートライト車速感応式間けつワイパー
スバルの商品戦略を考察する その1_f0076731_16570575.jpg
オートエアコン
クリーンエアフィルター
UVカット機能付き濃色ガラス

ざっと見回しただけでこれだけ装備が付いている。
それなのに税抜き車両本体価格は、
1.199.524円だ。

LSはもともと、
マイルドチャージャーを仕込み、
スポーティなスーパーチャージャーと同じ外装を纏ったモデルだった。
そのスタイルと、価格以上の性能が絶妙で大ヒットした。

LSという栄光のグレードは、
今回も価格設定が絶妙だ。

頭の中に瞬時に浮かんだ。
「ほらみろ、思った通りだ」

4気筒エンジンの軽自動車が如何に無益な挑戦だったか身に滲みる。


2008年4月10日、
スバルは軽自動車からの撤退を表明した。

もし軽自動車の開発をズルズル続けて居たら、
このLSに乗ることは出来なかった。

今でも意地になって、
「スバルの作った軽じゃ無いと認めない」と言う人が居る。
早く目を覚ました方が良い。

スバルの商品戦略を考察する その1_f0076731_17051284.jpg
レンタカーでデビューさせる。
興味のある人は乗ると良い。
スバルの商品戦略を考察する その1_f0076731_17063285.jpg
アイドリングストップの制御も良い。
インプレッサを上回る。
スバルの商品戦略を考察する その1_f0076731_17071450.jpg
この技術を早くWRXに取り入れないとダメだ。
スバルは遅れている。
ステラLSターボに乗ると、
WRXに投入した技術が、
果たして進んでいるのか遅れているのか、
実に微妙な色合いが出る。

スバルの商品戦略を考察する その1_f0076731_17143123.jpg
真逆なことをやるブランドが目の前を走る。
元気のあるホンダだから良いが、
もし「このクルマ」をスバルが開発したら冷や汗ものだ。

バカみたいに高いクルマになる。
軽自動車でやたらスペックに拘ると、
どういうことになるか。
いくら元気があっても、
孤立すると意外に己が見えなくなる。

ステラLSはN-1ツアラーAより、
税込みで15万円弱安い。

最近はどこの軽自動車も優れた性能だと言うが、
そんなモノは発泡酒と同じだ。

ステラLSを舐めてはいけない。
地味な姿ながら、
とんでもない性能になっている。
プリン体も糖質もゼロなのに、
思いがけないヤツがある。

各社が全て横並びかというと、
決してそうでも無い。

ステラLSの印象はとても良い。
最新のアウトバックが、
4気筒エンジンなのに6気筒のようなフィーリングを持つように、
振動騒音の押さえ込みが見事だ。
一番気持ち良いのは、どの当たりか。
それを説明しよう。
N-1の後ろで信号待ちしてアイドリングストップ。
スバルの商品戦略を考察する その1_f0076731_17184003.jpg
信号が変わる前に、
ブレーキを強く踏み増すと始動する。
スバルの商品戦略を考察する その1_f0076731_17363894.jpg
ブレーキを離しアクセルを開けると、
クルマは軽々と前に進む。
流石に沢山の台数を売るだけある。
ダイハツの3気筒エンジンはストロークが長く、
トルクで有利。
それにターボが絶妙に働きCVTとの相性がとても良い。
スバルの商品戦略を考察する その1_f0076731_17391279.jpg
この時点でスバルのスーパーチャージャー付き4気筒エンジンは、
完全に負けだ。

3000rpm前後の、
振動騒音のレベルは4気筒以上で、
アクセルに対するスピードの乗りも良い。

スバルの商品戦略を考察する その1_f0076731_15513030.jpg
今日の昼飯代わりに食べた、
ロッテのガーナミルクチョコレート。

その味がする。

忙しさの合間を縫うように195号を構成した。
スバルの商品戦略を考察する その1_f0076731_16194511.jpg
かわら版は連休明けに校了し、
お届けするばかりになった。
スバルの商品戦略を考察する その1_f0076731_16212305.jpg
こんな感じで奇麗に仕上がった。
購読者の皆さん、
お楽しみに。

水曜日は工房が休みなのでとても静かだ。
時間に余裕が出来たので、
忙しくて目を通せなかった書類を確認した。

日本中から集まった220名の皆さんのアンケートが届いた。

中身を揃え製本しておいたが、
良く見てなかった。
スバルの商品戦略を考察する その1_f0076731_16152279.jpg
製本機では一冊に綴じられず、
全部で4冊になった。
色々面白い事が書いてあった。
スバルの商品戦略を考察する その1_f0076731_16163041.jpg
お役に立てたなら幸いだ。
また是非遊びに来て欲しい。
丁寧に書いて戴きありがとうございました。
スバルの商品戦略を考察する その1_f0076731_15520228.jpg
感謝ディの後は、
作業伝票が山のように溜まる。
新型レガシィの発表も重なり、
今年の秋の感謝ディは、
スバルの商品戦略を考察する その1_f0076731_16123486.jpg
とても実りのあるイベントになった。
作業伝票だけで無く、
来場アンケートにも全て目を通し、
どなたがいらっしゃったのか振り返る。
スバルの商品戦略を考察する その1_f0076731_17433937.jpg
荻野さんはN社のSUVからレヴォーグに乗り換えられた。
ようやく納車出来て、
息子さんと感謝ディにいらっしゃった。
スバルの商品戦略を考察する その1_f0076731_17474380.jpg
これからは年間5回のイベントを楽しみに、
是非グランドスラムを狙って欲しい。
スバルの商品戦略を考察する その1_f0076731_17480736.jpg
沢山のお客様に来て戴き、
お土産まで頂いてしまった。

山田さんはハワイで休日を楽しまれたそうだ。
今、現地で大人気のクッキーをお土産に頂いた。
スバルの商品戦略を考察する その1_f0076731_17491292.jpg
皆で美味しく頂きました。
スバルの商品戦略を考察する その1_f0076731_17500309.jpg
ごちそうさまでした。

地元のお客様だけで無く、
遠方のお得意様にとっても、
感謝ディは大事な節目だ。
スバルの商品戦略を考察する その1_f0076731_17570867.jpg
石川県から浮田さんがいらっしゃった。
愛機の健康を維持するために、
ロングドライブも大切だ。
RA-Rにとっては嫁ぎ先からの里帰りのようなものだ。
スバルの商品戦略を考察する その1_f0076731_18014366.jpg
美味しい地酒をありがとうございました。

横浜の西原さんは、
リフレッシュを終えた愛機を迎えにいらっしゃった。
スバルの商品戦略を考察する その1_f0076731_18055069.jpg
横浜の銘菓をおみやげに頂いた。
初めて見るアソートだった。

スバルの商品戦略を考察する その1_f0076731_18065116.jpg
皆で美味しく頂きました。
ありがとうございました。
スバルの商品戦略を考察する その1_f0076731_20384988.jpg
朝早くから準備し、
皆で力を合わせお客様をお迎えした。
スバルの商品戦略を考察する その1_f0076731_18042222.jpg
ヘルプスタッフの皆さん、
色々なお手伝いをして頂き、
ありがとうございました。
スバルの商品戦略を考察する その1_f0076731_18065018.jpg
また花などのお心遣いも頂いた。

この場を借りて御礼申し上げます。
ありがとうございました。

感謝ディに来場される方の愛機は、
レガシィやインプレッサ、それにフォレスターなどの登録車に加え、
軽自動車をお使いの方も多い。

そうした皆さんにスバルの軽自動車を積極的に売る。
サンバーのフルモデルチェンジは、
新世紀への足がかりだろう。

この数週間、
へとへとになりながら、
仕事を続けた。

それでも楽しくてしょうが無い。
血の通ったおもてなしが出来るからだ。

ある日、
弁当が届いた。
かすれて消えそうなLEGACYの文字の下に、
何やら怪しげな紋様が見える。
スバルの商品戦略を考察する その1_f0076731_18113055.jpg
蓋を開けたら、
実に微妙な物が出てきた。
スバルの商品戦略を考察する その1_f0076731_18125812.jpg
うーん、
何と表現して良いのやら。
しかし食べやすい。
なので仕事をしながら、
空腹を満たした。

こういう時にはもってこいだ。

奇麗に器を洗って返したら、
また忙しい時に袋が届いた。

スバルの商品戦略を考察する その1_f0076731_18142095.jpg
袋を開け、
思わず「遠足かよ」と笑ってしまった。
実に好物を心得ている。
スバルの商品戦略を考察する その1_f0076731_18184743.jpg
スバルはこの様な雰囲気の似合う、
血の通ったブランドだ。

「晴れと褻(ハレとケ)」という日本人独特の世界観がある。

「ハレの商品」もあれば、
身近な軽自動車のように、
生活に密着した「ケの商品」もある。
スバルの商品戦略を考察する その1_f0076731_18201379.jpg
そのどちらも欠かせない。

次のイベントは8日から30日までのロングランだ。
お得意様にはDMが届いただろう。

気温が7度を下回ったらスタッドレスタイヤに履き替えても良い。
そろそろサマータイヤの方が冬タイヤより減りが速くなる。

3℃になったら、
サマータイヤのままだと危険だと思って欲しい。
例え凍結していなくても、
グリップ力が大幅に低下するからだ。
雪が降る間際まで夏タイヤで過ごすのは愚かだ。

チケットご持参の上、
ぜひ早めの付け替えにご来店戴きたい。



Commented by 河野 at 2014-11-06 10:41 x
社長様

おはようございます。今朝、R1メンテ入庫、代車でNAステラを借りました。

トータルバランスはR1敗北ですね凹
贔屓しても、上回っているのはボディだけだと感じました。

特にCVTが素晴らしいです。これならCVTを嫌う人も納得でしょう。街中での加減速が気持ち良いです。

もう少し、外装にスバル色を出せたらもっと売れるんじゃないかなぁ・・・と、思います。勿体無いですね。
Commented by b-faction at 2014-11-06 10:57
河野さん、ダイハツは盟友です。共に歴史ある企業だし泥臭さがあって良いですね。コペンは惜しいなと思います。せっかくの挑戦的な技術がデザインに反映していません。SUBARUブランドで出してホンダの出鼻をくじき、ダイハツのMCでそのデザインを取り入れると良いと思います。その胆力が双方にあるか、見物ですね。
Commented by SANYA501 at 2014-11-06 22:27 x
代田社長

こんばんは。
先週プレオRMの車検の際に、代車でNAの新型ステラに乗る機会がありました。

自分のプレオに比べてアクセルレスポンスの悪さと、サスペンションの特性の違いを大いに感じました。
具体的には、プレオと同じ感覚で運転して、車両姿勢の変化が激しいように感じました。

ただ、ドリンクホルダーやシガーソケットの配置等は新型のほうがいいなと思いました。

なので、一概に新型の軽が素晴らしいとも思えないし、スバル製の軽が完全に負けと言ってしまうのはなんだか納得できないと言いますか、勿体無いと考えます。

ヴィヴィオのような軽をベースにダイハツさんの培ったドリンクホルダー等の使い勝手を融合させたクルマなら結構売れそうな気がするのですが、社長はどう考えますか?

長文失礼しました。
Commented by b-faction at 2014-11-07 06:58
SANYA501さん、おはようございます。勝ち目はありません。乗れば解ります。
Commented by 河野 at 2014-11-07 10:45 x
社長様

ダイハツは盟友

このコメントで、今年上旬の大阪モーターショーでのダイハツ関係者さんとの会話を思い出しました。
新型ハイゼット発売前、ちょっと意地悪に「新型キャリィはやられましたね」的な質問をした所、「新型ハイゼットに期待してください、スズキさんには負けませんよ!それに、ウチはスバルサンバーのお客様にも満足して頂ける様に頑張っています。」と、いった返事でした。

多少のリップサービスもあったと思いますが、デビュー前の新型コペンの色々な苦労や、参考出品のDECADECAが実は年内発売に向けて開発中な事、軽トラ赤帽ユーザさんからの厳しい意見と、それに対応する姿勢など、真面目さが伝わって、良い人がいるメーカだなと思いました。しきりに「コペンのデザイン、どうでしょう?」と意見を求められたので、07年に東モで参考出品したOFCが好き、ちょっと濃い気がします。」と答えたら、メモされてました。

製造工数が多く、手間が掛かると言われるコペン、OEM供給へのハードルは高いと思いますが、外皮着せ替えを活かして、別デザインでスバルでも取り扱えるようになったら素敵ですね!名前はKFZなんてどうでしょう(笑、R1でもいいかな?
Commented by b-faction at 2014-11-07 11:17
河野さん、おはようございます。
関係者の方が仰ったとおりですね。新型コペンのデザインは過渡期です。インナーフレームだけで強度を出しているところが凄いんです。だからこれから期待して良いと思う。良い匂いがサンバーからも漂うので嬉しいんだな。
Commented by 真夏のサンタ at 2014-11-07 23:56 x
こんばんは いつも更新を楽しみにしております。今回の「気温が7度を下回ったらサマータイヤの方が冬タイヤより減りが速くなる」というのは硬くなって削れてしまうという事ですか?
Commented by b-faction at 2014-11-08 11:05
真夏のサンタさん、夏タイヤと冬タイヤのコンパウンドは7度を境にグリップ力が衰えます。グリップ力が衰えるため路面との関係も歪になり減りやすくなります。だから気温が7度と表示され始めたら秋ならスタッドレスタイヤにしてかまいません。春ならサマータイヤにしましょう。
Commented at 2014-11-08 14:12 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by b-faction at 2014-11-08 15:03
平川さん、こんにちは。ボンネットの先端にあるスリットはエアスクープより良いと思いますよ。
Commented by 元Coro-gon乗り at 2014-11-08 18:38 x
こんばんわ。
なかなか贅沢なクルマをレンタカーにされましたね(笑)。
自分のクルマも、世代こそ違えど同じKF-DETとCVTの組合せで900kgを超えるモデルですが気持ち良く走ってくれるので、ステラLSだとかなり爽快じゃないかと想像します。
日常の使用範囲で十分な性能をもっていて快い、軽カーはそんな感じでいいと思っています。

スバルの軽はOEMに切替わって1世代目、ゆえにまだまだこれからで、
融合(スバルの特色をうまく溶け込ますこと)と懐柔(新たな視点でユーザーを惹き付けること)だと思います。
Commented by b-faction at 2014-11-08 18:50
元Coro-gon乗りさん、ラインアップも増え売りやすくなりました。お得意様に理解を深めて戴くために息の長い販売促進を続けようと思います。
Commented by スバリスト一族の初心者 at 2014-11-09 02:45 x
社長様こんばんは。毎回楽しく拝見しています。
私の母が現行ステラカスタムRに乗ってるのですが、快適性や小物入れの類の配慮がスバル製造の頃と比べ抜群に良いと言ってました。
ただ、制御のせいなのか、ハンドルやペダルが軽すぎてフワフワして気持ち悪いとも言ってました。あと、もし事故したときは危ないかもしれないとも。スバル製造の頃と比べるとエンジンルームのクラッシュゾーンが小さいので、ボディの強さや安全性に不安に感じる人が多いからあまり出回らないのかもしれない、と勝手な推測をしました。
またご意見聞かせて戴けると嬉しく思います。
Commented by b-faction at 2014-11-09 09:39
スバリスト一族の初心者さん、軽自動車が普通車とぶつかった時の安全性は、新しければ新しいほど優れています。全く問題ありません。
Commented by スバリスト一族の初心者 at 2014-11-09 21:17 x
こんばんは。ご返信ありがとうございます。
確かに、スバルの軽自動車撤退から4年以上は経ちますので、その間の技術躍進は大きいものだと思われます。私もその部分認識を改め、母にもそう伝えておきます。
幸いなのか、自宅に旧式サンバーと現行ステラの新旧スバル軽自動車がありますので、社長の本文で仰った勝ち負けの部分を含め、両者ともじっくり味わってみたいと思います。

ちなみに風の噂で聞いたのですが、現行ステラとmoveに付いてると聞くスタビライザーでしたっけ?あれはスバル側が『これくらいしないと売らないぞ!』とごねたから付いたみたいなことを聞いたのですが…デマなのか本当なのでしょうか。
Commented by b-faction at 2014-11-09 22:21
スバリスト一族の初心者さん、是非試して下さい。
ごねたかどうかは知りませんが、スバルらしい商品にするため常に意見交換してると思いますよ。
Commented by 青いスルメ at 2014-11-12 02:56 x
自分が一番よく飲む酒蔵の酒です。少し甘口っぽいですかね?お口に合えば嬉しいです。感謝デイで頂いたコーヒーも美味しかった。ブラックで飲むと凄くわかります。お里帰りで距離走ったんで、RA-Rを味わう事も出来ました。RA-RとS204をバックに写真を撮られるのも凄い事ですね。緊張しました。中津スバルさんに来ると、珍しいスバル車達に出会えるのも楽しみの一つです。楽しかった!!
Commented by b-faction at 2014-11-12 13:02
青いスルメさん、ごちそうさまでした。独特の甘さと日本酒らしさが混在した面白いお味でした。また珍しいスバルが4台も入るのでお楽しみに。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by b-faction | 2014-11-07 20:39 | Comments(18)

毎日の活動やスバルについてご紹介します


by b-faction