人気ブログランキング |

予期せぬオーバーヒートに心機一転で挑む

今だから言えるが、
寝込んでいられる場合ではなかった。
予期せぬオーバーヒートに心機一転で挑む_f0076731_15062367.jpg
まさかフォルクスワーゲンの集まりで、
この決めポーズが出来るとは思わなかった。
「中津スバルは」と声を上げると、
何とVWのオーナー達が声を揃え
「スバリストの聖地だ!」一斉に声を揃えてくれた。
予期せぬオーバーヒートに心機一転で挑む_f0076731_15135862.jpg
22Bミーティングの熱も冷めやらぬうちに、
中津川で開かれたVWの集まりに参加した。
予期せぬオーバーヒートに心機一転で挑む_f0076731_15205843.jpg
主宰された中村さんに、改めて御礼申し上げます。
予期せぬオーバーヒートに心機一転で挑む_f0076731_15154364.jpg
美味しいお土産をありがとうございました。
オフ会の流れで訪問された皆さんは、
皆クルマ好きだった。
予期せぬオーバーヒートに心機一転で挑む_f0076731_15212941.jpg
また多くの人から、
「前はレガシィに乗ってました」と声を掛けて戴いた。

なるほどなぁ。
そういう同好の匂いがお互いに漂ってるからなのだろう。
予期せぬオーバーヒートに心機一転で挑む_f0076731_15174374.jpg
レヴォーグはまるで違和感なく欧州車の中に溶け込んだ。
色々な人達と知り合えて楽しかった。
予期せぬオーバーヒートに心機一転で挑む_f0076731_15204148.jpg
神戸からいらっしゃった「いりあん」さんは、
このクルマの前にT社のワゴンに乗っていらっしゃったそうだ。

リタイヤして自由な時間が増えた機会に、
このクルマと色々な場所に遊びに行っておられるようだ。

「次は何に乗りたいですか」と、
意地悪な質問をすると、
迷うことなく「このクルマに添い遂げます」と仰った。

いいねぇ。

いつもこう言う人達と触れ合えて本当に幸せだ。


予期せぬオーバーヒートに心機一転で挑む_f0076731_14141157.jpg
雪岡さんのお土産の「黒豆入チーズケーキ」は絶品だった。
甘煮の黒豆とコクのある薫り高いチーズのコンビネーション。
予期せぬオーバーヒートに心機一転で挑む_f0076731_14150615.jpg
確かな滋養強壮効果が出た。
この一ヶ月間、
かなりラジカルに活動した。
次のかわら版の構想にも手し、
予期せぬオーバーヒートに心機一転で挑む_f0076731_13390940.jpg
明日からはまた東京へ出張だ。
体調の変化は咽頭部に現れた。
痛みから熱へ変わり、
耳まで聞こえにくくなった。

ようやく熱は下がったが、
今度は咳が酷くなった。

マイペースで仕事をするというのは、
常に背水の陣を敷くことかもしれない。

11月の出会いをもう一度見直し、
師走に備える。
福島県からパワーを戴いた。
予期せぬオーバーヒートに心機一転で挑む_f0076731_13504540.jpg
渡辺経営コンサルタント事務所のご一行が、
2年ぶりに中津川へいらっしゃった。
予期せぬオーバーヒートに心機一転で挑む_f0076731_13550313.jpg
懇親会にお招きいただき、
本当にありがとうございました。
予期せぬオーバーヒートに心機一転で挑む_f0076731_13554239.jpg
楽しい話を聞かせて戴いた。
予期せぬオーバーヒートに心機一転で挑む_f0076731_13560421.jpg
自動車学校を経営する、
エネルギッシュな男や、
予期せぬオーバーヒートに心機一転で挑む_f0076731_13563960.jpg
菓子屋を経営する、
エレガントな女性まで、
渡辺さんの元には素晴らしい人達が集まる。

中津川来訪は、
友人の加藤さんが経営する、
株式会社加藤製作所グループ視察のためだ。
予期せぬオーバーヒートに心機一転で挑む_f0076731_13573155.jpg
加藤さんの奥さんのご実家は、
木曽で有名な酒蔵だ。
「七笑」というブランドをご存じの人も多いはずだ。
沢山の地酒に囲まれ、
旨い純米酒を楽しんだ。

大変光栄なことに、
話す機会を戴いた。
しこたま呑んだ勢いで、
予期せぬオーバーヒートに心機一転で挑む_f0076731_13583963.jpg
「自動車家畜論」を語らせて戴いた。
その上、
予期せぬオーバーヒートに心機一転で挑む_f0076731_13593640.jpg
大切な家畜にもスピーチのチャンスを戴いた。
改めて心より感謝申し上げます。

大変なご苦労を重ねられたにも関わらず、
皆さん以前より更に元気で、
本当に楽しかった。
予期せぬオーバーヒートに心機一転で挑む_f0076731_14060632.jpg
二次会ですっかり時間を忘れ、
予期せぬオーバーヒートに心機一転で挑む_f0076731_14071651.jpg
大いに呑んで唄った。
ほんとうに多くのパワーをありがとうございました。

この日はS204を回復させ、
ロードテストに連れ出した日でもあった。
宴会場の湯船沢まで、
予期せぬオーバーヒートに心機一転で挑む_f0076731_21225193.jpg
試運転を兼ねて、
連れて行った。
予期せぬオーバーヒートに心機一転で挑む_f0076731_21241734.jpg
やはりマニュアル車は最高だ。
予期せぬオーバーヒートに心機一転で挑む_f0076731_21243332.jpg
24万キロ以上走った事を、
まるで意識させない。
魂を込めて元気にさせた。
エンジンの後は内装だ。
予期せぬオーバーヒートに心機一転で挑む_f0076731_21540962.jpg
何もかも取り払ったら、
見えないの丁寧な造り込みが良く解った。
予期せぬオーバーヒートに心機一転で挑む_f0076731_21535333.jpg
この部品は、
フレキシブルタワーバーの開発に際し、
良いヒントになったのでは無いか。
予期せぬオーバーヒートに心機一転で挑む_f0076731_21532907.jpg
ヤマハの作ったパフォーマンスダンパーは、
天才的な部品だ。
予期せぬオーバーヒートに心機一転で挑む_f0076731_21534209.jpg
このコンプリートカーのベースまで、
とうとう中津スバルにやって来た。
これも何かの縁に違いない。
予期せぬオーバーヒートに心機一転で挑む_f0076731_21555548.jpg
前のオーナーの躾が良いのか、
エンジンの回転がバンバン上がる。
このスペックCらしい走りが、
マニュアル好きには理屈抜きで面白い。
予期せぬオーバーヒートに心機一転で挑む_f0076731_21593326.jpg

ルーフベンチレーターは、
心を弾ませる。
予期せぬオーバーヒートに心機一転で挑む_f0076731_21594437.jpg
そして何よりも6MTが良い。
ベース車ならではなのか、
戦闘的な「パチン」と入るフィーリングが堪らない。
予期せぬオーバーヒートに心機一転で挑む_f0076731_21595371.jpg
この特別限定車も、
S204と同じようにバラバラにした。
隅々まで身を清め、
最良の状態に蘇らせる。
予期せぬオーバーヒートに心機一転で挑む_f0076731_21543959.jpg
2代目最後のマイナーチェンジで、
WRXの質感は非常に高まった。
予期せぬオーバーヒートに心機一転で挑む_f0076731_21582510.jpg
たとえ競技ベースでも、
必要な部分には防振剤が入っていた。
予期せぬオーバーヒートに心機一転で挑む_f0076731_21562922.jpg
このクルマにはパフォーマンスロッドはない。
その代わり飛び道具を持つ。
予期せぬオーバーヒートに心機一転で挑む_f0076731_21591395.jpg
中央の白いタンクに水をため、
インタークーラーにぶっかける。
この様に戦闘的なアイテムは、
クルマの雰囲気をまるで変える。
予期せぬオーバーヒートに心機一転で挑む_f0076731_22001434.jpg
隅々まで分解すると、
前のオーナーが注いだ愛情が手に取るように解る。
とても深く可愛がられたようだ。
予期せぬオーバーヒートに心機一転で挑む_f0076731_22002964.jpg
そう言えば、
ひねくれてどうしようもなかったGC8も、
愛情を注ぎ続けた結果、
今ではすっかり優等生のお宝になった。

中津スバルの目指す、
精度の高い走りを取り戻した。
予期せぬオーバーヒートに心機一転で挑む_f0076731_22010464.jpg
GC8やspec.Cに続き、
S204をロングランさせた後、
最新のWRX STIを中津シェライフェで試した。


予期せぬオーバーヒートに心機一転で挑む_f0076731_22012640.jpg
シャープな走りを堪能し、
会社に戻ると新旧のWRXを並べてみたくなった。

やはりこれらは同じ線の上に並んでいる。
操る悦びや快感と共に、
サウンドやクルマの匂い、
それらがきちんと向き揃えて備わっている。

MTを装備したクルマは減っていく一方だが、
その価値を見いだし、
正しく評価している人達も居る。

アウディは、
新しくS1と言うクルマを作った。
ゴルフGTiのエンジンを、
最もコンパクトなアウディに押し込んだ。
DSGを入れる余裕が無いので、
6速マニュアルのギヤボックスと組み合わせた。

こんなホットハッチに触手を伸ばす人が想像以上に多い。

MTを楽しく乗るためには、
それ相応の時間が必要だ。

今年は本当に新型車が多かった。
こんな歪な状態だから来年も忙しくなるだろう。
予期せぬオーバーヒートに心機一転で挑む_f0076731_22020436.jpg
レヴォーグの主流は1.6だが、
2.0もしっかり売れている。

予期せぬオーバーヒートに心機一転で挑む_f0076731_22022183.jpg
ようやくレヴォーグのバックオーダーが全て解決した。
VWミーティングで留守にしている間に、
川村さんの納車式が開かれた。
ショールームのモデルと、
予期せぬオーバーヒートに心機一転で挑む_f0076731_16271680.jpg
全く同じクルマにT社の高級車からお乗り換えだ。

荻山さんは納車式のために、
予期せぬオーバーヒートに心機一転で挑む_f0076731_16282614.jpg
思い出深い正装で現れた。
ブルーのコーディネートが最高だ。

新型アウトバックも絶好調だ。
一号車のプラチナムグレー・メタリックが届いた。

「しまった!」と思った。
予期せぬオーバーヒートに心機一転で挑む_f0076731_22062768.jpg
凄く良い色だ。
ホワイトよりこちらを選べば良かった。
アウトバックも素晴らしいから、
最高のクルマを求める人にはピッタリさ。

しかし、
それ以上にフォレスターを期待していた。
予期せぬオーバーヒートに心機一転で挑む_f0076731_22064299.jpg
今度のマイナーチェンジは、
チェンジレスチェンジと呼ぶのに相応しい。

期待した通り、
その内容は充実していた。
さっそく2.0i-Lの6速マニュアルトランスミッション搭載車をオーダーした。

これまでもカタログ燃費を見て、
密かに期待していた。
なぜなら輸出傾向の高いフォレスターは、
6MT搭載車だけの独特なアレンジがあるようだ。

アクセルレスポンスが敏感で、
出足が鋭い。

だからJC08モードで測定された燃費率は、
ターボ車並みに悪化する。

予期せぬオーバーヒートに心機一転で挑む_f0076731_22065534.jpg
ところがクルマの実力は高くなる。
海外にはJC08モードなんて存在しないし、
このクルマのオーナーは、
その使用目的から、
燃費より俊敏な機動性を求めるはずだ。
昨年の春ドイツで試乗して、
やっぱり次は6MTだなと密かに決めていた。

フルチェンジしたら、
もしかしたら日本でもディーゼルを投するかもしれない。
そう思い待ち続けたが、
予期せぬオーバーヒートに心機一転で挑む_f0076731_16340960.jpg
日本ではどうやら夢に終わりそうだ。
新型車ラッシュで導入する時期を決めかねていたが、
予期せぬオーバーヒートに心機一転で挑む_f0076731_22071544.jpg
今回のマイナーチェンジで決心した。
フォレスターの2.0i-Lにはこれまで野=-BREAKに加え、
新たな特別仕様車「S-Limited」が追加された。
そちらに眼が向きがちだが、
普通のクルマも良くなった。
ウエルカムランプがついたんだ。
予期せぬオーバーヒートに心機一転で挑む_f0076731_22073026.jpg
カタログはほとんどキャリーオーバーだけど、
ところどころに手を加え、
新型に対応しているところが泣かせるぜ。

6MTが届いたら、
フォレスター初のドライブエクスペリエも考えよう。
久しぶりに楽しいクルマを目指し、
ドレスアップもしてみようか。

ドライブエクスペリエを始めて良かった。
予期せぬオーバーヒートに心機一転で挑む_f0076731_16365921.jpg
土曜日に名古屋から黒部さんと、
お友達の山田さんが来訪されAプランを楽しまれた。

そして日曜日は兵庫県から羽下さんがいらっしゃった。
予期せぬオーバーヒートに心機一転で挑む_f0076731_16385572.jpg
彼はドイツ駐在の経験があり、
NBRもかなり走行している。

したがって初めてのご来店だが、
Bプランを楽しんで戴いた。

さていよいよ師走に突き進む。
かわら版愛読者は、
今度のニュースレターも楽しみにして欲しい。

おわり

Commented by えーえる7D at 2014-11-28 23:40 x
ご無沙汰しております、
この週末、いつぞやご一緒に伺ったツレですが、赤の後期SFをようやくメンテ入院させていただく様です。
どうやらいろいろ出てきている模様でして、ぜひ SJの6MT を強く薦めてやって下さい。
 サンルーフの設定があれば決め手になると思うのですが・・・

処方された薬を飲んでよくなりつつありますが、ここ2週間ほど喉をやられてます。
今年は早めにインフルエンザ予防接種をしたせいか油断していたかも、と自省しています。
Commented by b-faction at 2014-11-29 07:40
えーえる7D さん、おはようございます。朝がキツイです。本日ご来店のようですね。サンルーフの設定はないのですが、軽さが決め手。XVのポップスターより10㎞重いだけなのでフォレスターの走りが楽しみです。
Commented by yah-_-yah at 2014-11-29 10:12
こんにちは。

僕としてはフォレスターのターボに6MTが登場しなかったのが残念でなりません。
やはりこのエンジンにマニュアル車はこれからも登場しないのでしょうか?
STI仕様でさえCVTのままでしたし、、、
Commented by マウザァ at 2014-11-29 15:51 x
社長様こんにちは 良いですねインプレッサwrxの各面々一度味わってみたい(*´ω`*)しかし新型アウトバック良いですね🎵あのシート体型的にあの広さとレヴォーグよりも少し柔らかめなところが気に入りました ステーションワゴンとSUVの目線の高さは好きな方なので気になる存在です(^^)
Commented by b-faction at 2014-11-29 18:11
yah-_-yahさん、こんにちは。残念ですが売れないからでしょうね。新型フォレスターはNAのMTでも楽しいと思います。とても待ち遠しいです。
Commented by b-faction at 2014-11-29 18:12
マウザァさん、アウトバック絶好調です。もう3月まで納期が掛かるかもしれません。
Commented by あれっくす at 2014-11-29 20:53 x
9月の最終オーダー日に契約したB型がやっと納車になりました。これでSJとSG2台体制です。
(SFも25万キロ乗ったので、あとはSHを買えば・・・(笑))
アイサイトがVer2のままということでB型にしましたが、S-limは想定外でした(ー_ー)!!
家族が安全に移動できればいいので、楽しんでいきたいと思ってます。
たまにはフォレスターもブログに登場しますように。
Commented by takechan at 2014-11-29 21:43 x
こんにちは。
昨年8月納車A型2.0i 6MTに乗っております。
C型の6MTを導入されるのですか!
社長様のインプレッションを楽しみにしております。
なにせ周りには6MT乗りがいないので・・
機械仕掛けの素モデルで楽しいのですが…
Commented by b-faction at 2014-11-30 13:47
あれっくすさん、こんにちは。
承知いたしました。年内納車の予定なのでお楽しみに。
Commented by b-faction at 2014-11-30 13:48
takechanさん、良い物をお乗りですね。楽しいでしょう。出足が良いはずですよ。
Commented by GTa郎 at 2014-11-30 20:24 x
こんにちは、
この度は 【 VWagenaline 】オフ に ご参加いただき ありがとうございました。わたし達の居住地では、御社で購入する事は地理的に厳しいにもかかわらず、熱い想いに感謝しています。生活にクルマが あるとナイでは 大違いの人生ですが、クルマ好きには そのクルマが 何かというのは重要なファクターだと思います。スバル車は クルマ好きの ココロの琴線に触れる工業製品であると思います。今後とも よろしく お願いします。
Commented by b-faction at 2014-12-01 10:40
GTa郎さん、楽しい機会をありがとうございました。「クルマは相棒」ですから、その気持ちのわかる人のためなら協力は惜しみません。また遊びにいらっしゃって下さい。
Commented by いりあん at 2014-12-01 23:57 x
この度はご参加いただき誠に有り難うございます。
車種は違いましたが、楽しい車のお話ができて良かったです。
宝塚~中津川で距離はありますが、いつかまたお目にかかれることを楽しみにしております。
お元気でご活躍ください!

Commented by スバル好きな農家 at 2014-12-02 10:43 x
ワーゲンも好きな農家です。

ところで最近の軽には水温計が無い
のはなぜかと考え中

冷却水トラブルはほとんど無いから廃止かと思いますが
軽こそ温度はシビアに見なくてはと思いますが

ワーゲンのサーモスタット抜け過冷却を
2台連続発見交換した自分からすると不思議です。

幅広いblog楽しんでいます。
Commented by マウザァ at 2014-12-02 10:52 x
こんにちは社長様 今度のフォレスターts本気でstiも力をいれたみたいですが社長様がどう評価するかかなり楽しみです♪
Commented by b-faction at 2014-12-02 21:43 x
いりあんさん、楽しい一時をありがとうございました。また是非会いましょう。
Commented by b-faction at 2014-12-02 21:48 x
スバル好きな農家さん、サーモスタットのトラブルは本当に減りました。だから要らなくなったんでしょうね。
Commented by take at 2014-12-04 13:35 x
こんにちは
初めまして
いつも楽しく、興味深くこのブログを拝見させていただいております。

現在、GDB-E型に乗ってます。
大好きだし、不満もないのでもっと乗っていたい思いもありつつ、家族でキャンプにはまり、テントも欲しいねぇとなったのですが、
テントを買ってもインプでは載らない・・・・・(苦笑)
そこで今TSが気になって気になってしょうがないんですが(笑)
このブログを見ていたら6MTもありですかね?

TSについてもブログ内で触れていただけたらありがたいです。
今後もブログ楽しみにしております。



Commented by b-faction at 2014-12-05 10:30
マウザァさん、まず乗る機会がありません。次に商品企画に興味が無いのです。恵比寿に並んでましたので。
Commented by b-faction at 2014-12-05 10:31
takeさん、不満がないのなら乗る方が良いですね。テントもちゃんと入ります。姿勢の低いクルマに乗ってる人は違うジャンルの車に浮気しない方が賢明です。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by b-faction | 2014-11-30 16:46 | Comments(20)

毎日の活動やスバルについてご紹介します


by b-faction