人気ブログランキング |

スバルXV 「POP STAR」とカシオ「PRO TREK」

誰も居ない事務所で一人簡素な朝食を摂った。
スバルXV 「POP STAR」とカシオ「PRO TREK」_f0076731_18180916.jpg
可知さんが届けて下さったスモークチーズだ。
雪印のプロセスチーズを使った、
自家製の逸品だ。

チーズは大好物の一つで、
特に熱して柔らかくなった物が好きだ。

炊きたてのご飯に、
サイコロに切ったチーズを混ぜて、
ギュット握った熱々の握り飯は、
大好物の一つだ。
ただし家族はあまり喜ばない。

人と少し感覚が違うのだろう。
戴いたチーズも、
こんな食べ方が好きだ。
スバルXV 「POP STAR」とカシオ「PRO TREK」_f0076731_18182118.jpg
事務所にあるオーブントースターにアルミホイルを敷く。
分厚く切ったチーズを載せて数分間焼く。
スバルXV 「POP STAR」とカシオ「PRO TREK」_f0076731_18183721.jpg
「チン」とチャイムが鳴っても、
暫く放置すると、
スバルXV 「POP STAR」とカシオ「PRO TREK」_f0076731_18184965.jpg
こんな具合に熱々の焼きチーズが出来る。
スバルXV 「POP STAR」とカシオ「PRO TREK」_f0076731_18190135.jpg
最初の一つは熱々なのでフォークで切った。
これはロスが出るのであまりお薦めできない。
どうしても少しくっついて残るからだ。
が、待ちきれないほど良い匂いが漂う。
一つ目を食べ終える頃になると、
ほどよく冷めるので、
スバルXV 「POP STAR」とカシオ「PRO TREK」_f0076731_18191169.jpg
手に持って食べる。
スバルXV 「POP STAR」とカシオ「PRO TREK」_f0076731_18192057.jpg
表面はパリッとして、
中はトロトロだ。
コーヒーを飲みながら食べると、
至福の時間を過ごせる。
色って大切だ。

デザートカーキのようなホクホクした色も良い。

デザートは、桑名のまき子さんが贈ってくれた、
メチャクチャ甘いミカンだ。

スバルXV 「POP STAR」とカシオ「PRO TREK」_f0076731_18193169.jpg
このシーズンは、
ミカンがとても美味しい。
やる気の出るオレンジ色も大好きだ。
スバルXV 「POP STAR」とカシオ「PRO TREK」_f0076731_18193971.jpg
体重が増えるので夜の11時過ぎにご飯だけ食べるのを止めた。
今朝は我慢出来なくチーズを食べたが、
おかげで昼を抜くことが出来た。

一人で忙しいので簡単に済ませた。
電子レンジもあるが、
マイクロウエーブで暖めるより、
やっぱり直接加熱する方が旨い。

それに調理中の機械から、
強烈な電磁波が出ているのを感じてから、
無闇に使うのが嫌になった。

電磁波と言えば、
携帯電話にも同じ事が言える。
よく携帯電話を無くしてしまう。
なるべく胸などに近い場所に入れないようにしているからだ。

手には持つが、
置いておく事も多いので、
いつも行方不明になる。
しかし困った。
年末の忙しい時なので、
次の電話に乗り換える事にした。
スバルXV 「POP STAR」とカシオ「PRO TREK」_f0076731_21210285.jpg
皮肉なモノだ。
諦めて買いに行く途中で見つかった。

思いも寄らない場所にあった。
慌てると手順を無視するからだろう。

災い転じて福となる。
色々手続きするうちに、
最新の「6プラス」が無料でもらえることが解った。
「只ほど高いモノは無い」と怖い話だが、
カラダで覚えた商品に乗り替えた(笑)。
しかし、
もったいつけたような説明を窓口で聞かせる割には、
番号を移動するサービスはできないと言う。

自分でやるうちに、
だんだん頭にきた。
叩き付けようとも思ったが、
スバルXV 「POP STAR」とカシオ「PRO TREK」_f0076731_21211697.jpg
頼りになる相棒が会社まで来てくれた。
叩き付けるというと、
酷いことをすると思うかもしれないが、
結構この一週間は大変だった。
今年最後のかわら版の制作に取りかかり、
スバルXV 「POP STAR」とカシオ「PRO TREK」_f0076731_21214034.jpg
新春初売りの招待チケットも並行して確認した。
チケットは分担作業だが、
最後の確認をしなければならない。
こうして箱が届くとプレッシャーが掛かる。
スバルXV 「POP STAR」とカシオ「PRO TREK」_f0076731_21220906.jpg
日曜日はかわら版の原稿に全力を注いだ。
スバルXV 「POP STAR」とカシオ「PRO TREK」_f0076731_21435710.jpg
封筒やスピードクジもだんだん出来上がった。
スバルXV 「POP STAR」とカシオ「PRO TREK」_f0076731_18461775.jpg
こうして刷り上がると、
本当にスカ-っと晴れやかな気持ちになる。
この満足感が忘れられないから、
197号まで続けることが出来た。

いよいよ福袋の準備も大詰めだ。
カレンダーの作成や、
ポスター作りなど課題が山積みだが、
頑張ってくれている。
スバルXV 「POP STAR」とカシオ「PRO TREK」_f0076731_21222657.jpg
妻が駄菓子を数え、
面白そうな企画を考えている。
彼女は誕生日が来ると、
必ず時計をプレゼントしてくれる。
昔から高級時計に全く興味が無い。
その代わりG-SHOCKを衝動買いする。
なので、
妻は気を効かせて、
毎年ステキなG-SHOCKをプレゼントしてくれる。

ここ数年、
このPROTREKが好きでいつも身に着けていた。
すると今年は、
お洒落な配色のPRO TREKをプレゼントしてくれた。
ステキな黄色のコントラストが、
一目見ただけで好きになった。
スバルXV 「POP STAR」とカシオ「PRO TREK」_f0076731_21230481.jpg
XVとコラボレートすると良いなと、
以前このブログに書いたことがある。
覚えているだろうか。
スバルXV 「POP STAR」とカシオ「PRO TREK」_f0076731_21233366.jpg
ぴったりの素材が誕生した。

性能については、
先に報告済みだから、
それ以上何も言うことはない。

先日この色を塗った試作車を見た時には、
これほどの興奮を覚えなかった。

ところが、
届いたPOP STARを見てゾクゾクと興奮した。
「欲しい!」
スバルXV 「POP STAR」とカシオ「PRO TREK」_f0076731_21245952.jpg
とてもバックシャンだ。
外に出すと一回り小さく見えるが、
夜工房に届いた時は、
背が高いことも有り抜群の存在感を示した。
スバルXV 「POP STAR」とカシオ「PRO TREK」_f0076731_21251475.jpg
この角度から見ると、
黒とイエローのコントラストが良く解る。

トーンオントーンのブラックも良かったが、
雪山に乗っていくなら絶対こっちが良い。

この部分に、
今使っているPRO TREKのカラーコーディネートと共通性を感じた。
だからPOP STARを欲しくなったのだろう。
スバルXV 「POP STAR」とカシオ「PRO TREK」_f0076731_21255251.jpg
これで6MTなら、
何も文句は無い。

そろそろ出してはどうか。
PRO TREKとコラボすると、
余計な金が掛かるというのなら、
もっと良い手がある。

アメリカの「クロストレック」を導入すると良い。
ついでに20㎜高い方のシャシーを選び、
全車ルーフレールを標準装備させ、
でかいフォグランプが付くようにバンパーを少し加飾する。

PROTREK風のステンシルを貼り付ければ、
もう鬼に金棒だ。

想像するだけでワクワクする。
物凄く迫力が出そうだ。

こういう特別仕様車を、
限定で出せば、
またきっと盛り上がるだろう。
しかもMTだけしか作らない。

そうすれば先に買った人からも、
文句は出ないだろう。

何しろ「MTバカ」は、
誰が何と言おうともMTしか買わない。
我慢してまでATに乗ろうと思っていないので、
指をくわえている人達は、
すぐ飛びついてくれるはずだ。

300台ぐらいなら、
今のスバルの実力なら絶対に秒速で売り切れるだろう。
つまらないモノでも、
「限定だ」といえばあっという間に売れる。

こう言う本当に「待ちに待ったモノ」を、
本気の限定車で儲からなくても出す。
そんなファンサービスをして欲しい。

どうだろう、
賛同する人は居ないか。

ATに乗りたくない気持ちがあるせいか、
名車BP/BL系のMTを見るだけで、
ゾクゾクと興奮する。
スバルXV 「POP STAR」とカシオ「PRO TREK」_f0076731_21260937.jpg
今日も採れたての新鮮な魚が入った(笑)。
スバルXV 「POP STAR」とカシオ「PRO TREK」_f0076731_21262420.jpg
ヒヒヒヒヒヒヒ・・・・・・、
見ただけで嬉しくなるじゃないか。
少し距離も伸びているので、
初売りに備えテストを頼まれた。
店頭に並べる前に徹底的に整備するためだ。

それにしても、
なぜ皆オートマチックばかり乗るのだろうか。

それは日本の道路事情のためだろう。
またアメリカナイズされた生活も、
繊細な操作を要求されるクラッチ付きのクルマから、
顧客を引き離した理由だろう。
昔はオートマチック車のことを「トルコン」と言って、
緩慢なクルマの代名詞とした。

また口の悪い人は「×〇□△のクルマだ」などと揶揄したが、
トランスミッションの技術革新が相次ぎ、
今では燃費もCVTの方が良くなった。

そうなると、
この左にあるペダルが疎ましくなるらしい。

ばかだなぁ。
しっかり覚えればこんなに楽しいモノは無いのに。
スバルXV 「POP STAR」とカシオ「PRO TREK」_f0076731_21272872.jpg
三つペダルがある事が疎ましくなると、
MT車にはもう乗れない。
面倒な操作の入らないクルマが良いに決まっている。

「クラッチが減る」というネガティブな面も、
MT車離れに加速を掛けた。

クラッチを傷めない運転を教えずに
オートマ専用免許を新設すれば、
クラッチ操作が疎ましくなるに決まっている。

娘に教えたいのだが、
「いらない」とつれない返事だ。

彼女は限定免許じゃ無いので、
MTを運転して良いのに、
全く乗ろうとしない。

その代わりスマートフォンの扱いは上手い・・・・・・・

いろいろな人と関わることが多いが、
運転がそれほど苦手では無い人、
と言うよりむしろ大好きな人でも、
正しいクラッチ操作をしていない。
当たり前だ。

教えてもらったことが無ければ、
解るわけが無い。

ほとんどの人が、
発進時に誤った操作でクラッチを繋ぐ。

解り易く言うと、
「フライホイールの力」で発進しようとする。

BRZの試乗時に、
親しい人にはその辺りを良く説明した。

今はドライブエクスペリエがあるので、
そんなお節介なことをしなくても、
希望する人には念入りに説明している。


クラッチの減った量は外から言えない。
だから感触で探る。

減っているなと感じたら、
余計にフライホイールの力を使わず、
「ブン」と上手くクラッチを合わせ、
スムーズに発進すると良い。

一度滑らせると、
加速度的にクラッチディスクは消耗する。
特にターボ車は顕著だ。
ベアリングやカバーにもへたりは出るので、
ディスクだけの問題ではない。

おかしな臭いが続くような時は、
早めに点検しないと行けない。

中津シェライフェの雪は未だに溶けない。
しかし、こんなシーンがたまらなく嬉しい。
スバルXV 「POP STAR」とカシオ「PRO TREK」_f0076731_21264921.jpg
ここから至福の時が始まる。
早めのブレーキで適切に減速させ、
クルマの挙動を替えないよう、
コーナーの先を考え丁寧にシフトダウンする。
スバルXV 「POP STAR」とカシオ「PRO TREK」_f0076731_21284165.jpg
左足でクラッチペダルを踏み、
右足で優し~~~くブレーキペタルを踏みながら、
土踏まずの右側あたりでアクセルをちょいと開け、
エンジンの回転を上げる。

誤解されると困るが、
こんなことを無理にしなくてもMTには乗れる。

むしろやらない方が良い時も多い。
しっかりブレ-キだけに集中し、
半クラを使って丁寧に繋げば良い。
スバルXV 「POP STAR」とカシオ「PRO TREK」_f0076731_21300712.jpg
ポンと踏んだリズムを活かして、
ホイッと三速に入れる。
コーナーの先が上り坂だと、
実に気持ち良く次の加速が始まる。
スバルXV 「POP STAR」とカシオ「PRO TREK」_f0076731_21302109.jpg
エロビデオしか見ない奴は、
女を気持ち良くさせられない、、、と昔GT-Rの側で説明していたニッサンの人に話した。

貴方ねぇ、いくら高性能車でも、
オートマチックじゃあねぇ。

棒で掻き回さないと、
オトコは興奮しないんだよ・・・

などと言いたいことを言ったら、
「ウチの水野はそういう話が大好きなんです」と嬉しそうに話してくれた。

奴らも本当は解ってるんだ。
車でスポーツする愉しさを。
スバルXV 「POP STAR」とカシオ「PRO TREK」_f0076731_21305393.jpg
そんなことを考えながら、
最高のシチュエーションを楽しんだ。

スバルXV 「POP STAR」とカシオ「PRO TREK」_f0076731_21310797.jpg
まだ明るいのに氷点下だ。
黒のXVで走った時より雪が締まって楽しくなっていた。

猪生まれなので、
やっぱり猪突猛進型の性格かな・・・・・

等と考えていたら、
あっと驚いた。

道路上にでかい家畜のようなモノが居る。
それほど慌てずこちらを見ていたが、
流石にクルマが近づくと山へと向かった。

写真では小さく見えるが、
物凄く大きな猪だった。
スバルXV 「POP STAR」とカシオ「PRO TREK」_f0076731_21312428.jpg
あんなにでかいのが、
まだ明るいウチからのさばっているなんて、
今年の気候はやはりおかしい。
スバルXV 「POP STAR」とカシオ「PRO TREK」_f0076731_21314842.jpg
振り返りながら去って行ったので、
思わず車を降りて見送った。
スバルXV 「POP STAR」とカシオ「PRO TREK」_f0076731_22425945.jpg
あの猪は何を伝えたかったのだろう。
何となく波乱の新年を迎えそうな予感がした。
見方を変えれば、
来たる西暦2015年は、
かなり面白い「勝負の年」になりそうだ。
猪歳生まれに対するメッセージを感じたからだ。

環境破壊と一言で括れないことが山ほど有る。

人里に野生動物が降りてくるのは困った話だが、
何も居なくなるような怖い世界も嫌だ。
スバルXV 「POP STAR」とカシオ「PRO TREK」_f0076731_18204898.jpg
Before
今月の半ば、
早朝から重機の動く音が聞こえた。
スバルXV 「POP STAR」とカシオ「PRO TREK」_f0076731_18210123.jpg
After
河川に堆積した土砂を取り除き始めた。
スバルXV 「POP STAR」とカシオ「PRO TREK」_f0076731_18213560.jpg
Before
大型のパワーショベルと、
ミニバックホーのコンビで、
実に手際よく土砂を掻き集め運び出した。


土の溜まっていた部分が白くなっている。
スバルXV 「POP STAR」とカシオ「PRO TREK」_f0076731_18214757.jpg
After
この河床は平成8年頃に整えられている。
国道19号線を4車線にした時だ。
スバルXV 「POP STAR」とカシオ「PRO TREK」_f0076731_18220313.jpg
Before
ここまで奇麗に土砂をすくい出して作業は終わった。
ちょっと引っかけた場所も、
スバルXV 「POP STAR」とカシオ「PRO TREK」_f0076731_18221848.jpg
After
奇麗にセメントで整えられている。
スバルXV 「POP STAR」とカシオ「PRO TREK」_f0076731_18223479.jpg
Before
少し残念な気もした。
ここにイシガメが居るのを見たし、
ヤマメまで棲息するようになっていた。
スバルXV 「POP STAR」とカシオ「PRO TREK」_f0076731_18224953.jpg
After
バックホーのオペレーターに、
「おはようございます」と声を掛けた。
色々生息する場所だから、
何か居なかったか尋ねると、
大きな目を開けて、
「うん、さっきそこで鰻が飛び跳ねたんだよ」と言った。
スバルXV 「POP STAR」とカシオ「PRO TREK」_f0076731_18230393.jpg
Before
土砂に埋まってしまったが、
まさか鰻が居るとは思わなかったのでビックリしたそうだ。
堆積していた泥は有機物を沢山含んでいるのに、
不思議なことに「泥臭く」なかった。
スバルXV 「POP STAR」とカシオ「PRO TREK」_f0076731_18231496.jpg
After
中津川の地勢は典型的な河岸段丘の中に形成された。
自然が作った肥沃な土地は、
常に危険と背中合わせでもある。
川のお向かいに住む吉村さんは、
代々この土地で暮らしている。
おばあさんに良くお茶をご馳走して戴くが、
「子供の頃は大雨が降ると地響きのような音が長い間続いて生きた心地がしなかった」と聞かされたことがある。

土石流を防ぐために、
砂防ダムが作られこの辺りも水害から守られるようになった。

しかし油断すると、
溜まった土砂が橋を詰まらせ、
周辺の家屋に増水した水が流れ込む事になる。

昔なら田んぼだった場所に家が建つようになったから、
余計に注意しないといけない。

スバルXV 「POP STAR」とカシオ「PRO TREK」_f0076731_18233583.jpg
国道ベイル明日に架かった橋から下流を見ると良く解る。
新しく作った河床を浚渫することは出来るが、
昔の国道に架かる橋は、
中仙道の延長線上にある古い場所だ。

今年の夏の大雨で、
南木曽を襲った白い雨が、
この辺りに降らない保証は無い。
スバルXV 「POP STAR」とカシオ「PRO TREK」_f0076731_18242543.jpg
桜の古木は旅人を眺め続けてきた。
この橋が架かる前は、
馬車が通る程度の木橋だったらしい。

人々は橋と言うより、
むしろ川に降りる感じでっここを渡った。
向こう側に見える成瀬さんのおじいちゃんは90歳近くになる。
家のある土地も低かったそうだ。
国道として舗装され橋が架かった年月が記されていた。
スバルXV 「POP STAR」とカシオ「PRO TREK」_f0076731_18243771.jpg
高度経済成長へ向かってまっしぐらの時代に、
作られた橋だ。
スバルXV 「POP STAR」とカシオ「PRO TREK」_f0076731_18244914.jpg
バックホーのオペレーターは、
不思議そうに聞いた。
「この辺りの川はみんなこんなふうになっちゃうんだよ。どうしてかな」

そりゃあそうだ。
脆い土質で出来た土砂が、
大雨によって削り取られ、
深い渓谷を埋めてゆく。

肥沃な土地が生まれ、
人が集まり栄える。

人類は常に危険と背中合わせで繁殖しているのだ。

中津スバルの塀の横には地中から出た怪しげな蓋がある。
スバルXV 「POP STAR」とカシオ「PRO TREK」_f0076731_18245802.jpg
古人は常に知恵を蓄え、
生きるために努力を続けた。

その結果、
この辺りには沢山の溜め池を作った。

夏に渇水が起きて、
田んぼの水が無くなると溜め池の水を抜く。

するとこの水路を通り、
中津スバルの下を大量の水が流れていく。
XVの下にマンホールが点々とあるのは、
その点検を容易にするためだ。

スバルXV 「POP STAR」とカシオ「PRO TREK」_f0076731_18250728.jpg
溜め池はかなり上の方に有り、

普通の人では絶対に探せない。
スバルXV 「POP STAR」とカシオ「PRO TREK」_f0076731_17591014.jpg
溜め池から出た水は、
六地蔵川に運ばれ、
そこを流れながら、
スバルXV 「POP STAR」とカシオ「PRO TREK」_f0076731_18001027.jpg
各所にあるこの様な取水口から取り込まれ、
各家の軒先に水を供給し田畑を枯渇から守った。

危険と繁栄は隣り合わせだ。
片方を伸ばし、
もう一方を押さえ込む、
それが永遠の課題だろう。
それを追い続けるのが正に文明そのものなのか。

スバルXV 「POP STAR」とカシオ「PRO TREK」_f0076731_18064082.jpg
溜め池の位置は、
向かいにあるガソリンスタンドを見ると説明しやすい。
建物の大屋根に看板が付いている。

その遙か後方の中央自動車道を越えたところにひっそりと隠れる。
溜め池の水を抜くなら心配ないが、
想定を超えた大雨が降れば、
ここも無傷では住まない。
このスタンドと、
中津スバルのリニューアルはほぼ同時期だった。

ガソリンスタンドにするため、
そこにあった大きな製材工場を解体し更地にした時の事。

まだマンホールの無い古い工場の頃だった。
ある日突然、場内で口を開けていた点検口から大量の水が噴き出した。
整地して真っ平らな広い土地から、
雨水が一カ所に集中し、
何故か導水管に入り込むのだ。

夕立の度に工場内が水浸しになるのは、
とても辛いことだった。
災害は忘れた頃にやってくる。

片付けられていく土砂を見て、
「ああビオトープが無くなったなぁ」と少し感傷的になった。

しかし水害の怖さを考えると、
あの狭い橋の上に、
土砂が堆積すると大変危険なことが解る。
一番奥が中央自動車道の橋脚。
その手前が平成8年頃開通した国道19号線の橋脚だ。
スバルXV 「POP STAR」とカシオ「PRO TREK」_f0076731_18181852.jpg
それに比べこの昭和39年に出来た橋は、
あまりに脆弱だ。

作業中に橋の上に立ち、
上流を眺めた。
スバルXV 「POP STAR」とカシオ「PRO TREK」_f0076731_18204728.jpg
本当に災害の重なった年だった。
川を見ながら深く考え、
一年を振り返る一日になった。


Commented by なっちー at 2014-12-24 05:16 x
むっちゃんのセンスは流石ですね。プロトレックが売れすぎたのか、最近の山ヤにはスントのファンが増えているようです。でも、カッコイイけれど、電池なんですよね。
山で電池が切れた時は慌てました。以来ソーラー駆動のプロトレックが手放せません。なので、Gショックなんてメーカーが悲しむ呼び方はやめてあげましょう(笑)。

ところで、徳さん最後の著作の某車の項で、Gショックを引き合い論評しておられます。流石です。某車の旧オーナーが言いたかったのはそういうことなんだよ。カタログデータだけじゃないんだよね。
Commented by b-faction at 2014-12-24 11:19
なっちーさん、そう言えばどこにも「G-SHOCK」て書いてありませんでした。アウトバックをインプレッサと呼ぶようなもんですか?
勉強になりました。徳さんの著書も含め最近自動車専門誌をほとんど読んでません。いけないな、ちょっと改めます。
Commented by 羽下 知伸 at 2014-12-24 23:05 x
代田社長
イエローのPOP STAR素敵過ぎます。
これにTY75ミッション載せてもらったら、
もう何も望まないかも・・・?
期待していいでしょうか?
Commented at 2014-12-25 00:08 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by クロベ at 2014-12-25 00:15 x
社長様こんにちは。
僕の恋人がお世話になってます。
前回お邪魔させて頂いた際は、雪が降る寒い日にも関わらず、奥様にレヴォーグで中津川駅まで送迎下さりまして、本当にありがとうございました。
また、大宮様や僕のクルマの修理に携わって頂いている方々にも、是非ともよろしくお伝え下さい。
社長様のXVの提案、賛同します(笑)
僕も自分自身、MT馬鹿だと思ってます。
しかし、自分の運転を客観的に見ていただく機会が中々ないので、僕もドライブエクスペリエをレガシィが治る前にお願いしたいと思っております。
Commented by b-faction at 2014-12-25 07:01
羽下さん、おはようございます。MTが欲しいですね。黄色も思い切った使い方で良いですね。
Commented by b-faction at 2014-12-25 07:03
にわかスバラーさん、納車おめでとうございます。感じた事をぜひ知らせて下さい。スペルチェックありがとうございます。
Commented by b-faction at 2014-12-25 07:06
クロベさん、MT馬鹿同士でぜひDEしましょう。お待ちしてます。修理は着々と進めますのでご安心下さい。マウントなんかもついでに替えリフレッシュも組み込むと良いかもしれませんね。
Commented by at 2014-12-25 08:47 x
初めまして
記事、楽しく読んでいますー

ATが主流の世の中、私自身も免許を取ってから早10年AT車に乗っていました。
プレオ→レガシィB4(BE5)と乗り継ぎましたが、AT車では乗っていると言うよりクルマに乗せられている感があり、運転していて物足りなさを感じていました。
BE5は気に入ってもいるのですが、やはり物足りなさを拭えず……

せっかく普通免許持っているんだからやはりMT車に乗りたいという思いは強く、BE5の車検切れを迎える来春、インプレッサG41.6MTに乗り換える事にしました

MT車をまともに走らせるのは社用の軽トラを除けば久し振りなので、色々不安もありますが納車の日を待ち遠しく思っております

家族友人からは、わざわざ面倒なミッションを選ばなくても……と言われましたがクルマはMTで操作してこそ初めてちゃんと乗っていると言えると私は思っています

こちらの過去記事や、こちらでG4を購入された某氏のインプレッションがG4購入の決め手となりましたのでお礼申あげます

脈絡もない乱筆で失礼致しました
Commented by b-faction at 2014-12-25 12:55
柊さん、こんにちは。
思い立ったが吉日ですね。ご契約おめでとうございます。購入のお役に立てて嬉しいです。またインプレッションをお聞かせ下さい。
Commented by jecht at 2014-12-25 14:47 x
代田社長、はじめまして。
先月フォレスターの情報を検索していて、このブログにたどり着きました。今は日々更新されるのを楽しみにしております。
BP9Aからの乗り換えで、当初XVを検討しておりましたが2012年11月のSJGに関する熱いエントリーを読んでC型XTを先日契約しました。(新型アウトバック凄く良いのですがサイズが大き過ぎました)
S-Limitedと迷いましたが価格が大差ないこと、S-Limitedに試乗したところBP9A比で加速が重い感じがしたのと、ロールが若干気になったこともあり試乗もせずXTに決めました。(ディーラーにXTの試乗車が無かった)
乗り心地が硬いとの評価を多々見かけますが、代田社長のレビューを拝見したのと友人のレヴォーグGT-Sの乗り心地が良いと思える自分には問題ないのかなと思っています。ただ、圧倒的なパワーを御しきれるか少々不安ではありますが...

一つ前のエントリーでブリッツェン復活に言及(予言?)されておられましたが1月の東京オートサロンにB4ブリッツェン・コンセプトが出展されるそうですね。

今後も濃厚で熱いエントリー期待しています!

PS.
寒さ厳しい折、また年末年始・年度末とお忙しい日々が続くかと思いますが
どうかご自愛くださいませ。
Commented by b-faction at 2014-12-25 17:08
jechtさん、愛読ありがとうございます。有り余るパワーを支配下に置くのも男の本能。頑張って調教して下さい。
ブリッツェンはあまりにも捨てるには惜しいブランドです。L.L.ビーンやビームスとのコラボレーションも良いですね。ブリッツェンだけにはマッキントッシュも復活させて欲しいな。1月の東京オートサロンの出品概要は僕のところにも先ほど届きました。楽しみです。ところで予定より早く、たった今6速のフォレスターが届きました。

お気遣いありがとうございます。
これから残り一週間全力で頑張ります。
Commented by ふらっと☆ぶらっと at 2014-12-25 21:33 x
どうも、MTバカです。(^^;)
この黄色いXVを見たときは「スイングバックの再来だ!」と興奮しました。
私としては、海外のXVに搭載している 1.6L 5MT D/r が希望です。この希望が通っちゃったら、降りるタイミングを逸した初代レガシィから乗り換えざるを得ません。

ところで、少し前に自分のblogで自光式メーターとライトの点け忘れについて書いたところ、「中津スバルの社長さんに提案してみては?」というコメントをもらいました。
(blog記事は名前のリンク先と、そこからのリンクをご参照ください。)
もしよろしければ、お考えをお聞かせいただけませんでしょうか。
よろしくお願いします。
Commented by マウザァ at 2014-12-26 06:12 x
社長様おはようございます
このBPのMTって2.0iB-SPORTですよね?
う~んこれが私が買うときに会ったら買ってたなぁ( ´△`)良いのが出てきましたね!今のも気に入っているのでいいのですが♪♪ふとMT乗りたい今日この頃(*´ω`*)
Commented by b-faction at 2014-12-26 10:53
マウザァさん、おはようございます。面白いのが入りました。お正月に遊びに来てくださいね。
Commented by b-faction at 2014-12-26 11:31
ふらっと☆ぶらっとさん、量産メーカーの「流儀」とユニバーサルデザインを混同してます。クルマメーカーの「良心」も人によってとらえ方が違います。スイッチやメーターより「意識改革」の方が大切です。この頃ようやくパッシングされなくなりました。僕は10年以上前からヘッドライトなんか昼間でもつけっぱなしです。BFからエンジンOFFで自動消灯でした。今はキー抜かないと消えません。それはそれで良いと思います。キーは抜いたほうがいいですよね。軽は消えないので良くバッテリーをあげてしまいました(笑)。自光式メーターはカッコいいので好きです。スイッチはユニバーサルデザインにすべきだから、それが妥当だという方向に揃っていくと思います。デュアルより6MTが良いです。高トルク対応型と変わらぬ手応えに成長しました。乗ってみると感動しますよ。軽い方のミッションがワイドレンジになって動力性能が向上したFB20と相性抜群です。スモークガラスを好き好んでつけたくない理由は同意できます。でも安っぽくなるので高額車には不向きかも。ドイツでフォレスターに乗ってそう思いました。あの時のフォレはぶらっとさん好みの仕上がりだったな。
Commented by マウザァ at 2014-12-26 12:48 x
こんにちは社長様 なんか海外のコラムなどでスバルの6気筒が廃止になるというのが流れてる見たいですがダウンサイジングが時流とはいえ無くしていいとは思えないのですが(´・c_・`)
Commented by b-faction at 2014-12-26 15:19
マウザァさん、それはもったいない話ですね(笑)
Commented by こみぃ at 2014-12-26 20:31 x
初めまして、名古屋でBPレガシィF型2.0iに乗っておりますこみぃと申します。
いつもブログを楽しく読ませてもらっています。

私もMT車が好きで水平対向ディーゼルのMTを待っていましたが、出る気配がないのでF型の最終発注で素の2.0iを購入しました。
2.0iはSOHCながら吹け上がりは気持よく、MTのダイレクト感と相まって、ポテンシャルを引き出しての走りは未だにお気に入りです。

限定でもいいのでMT、かつオリジナル感あるラインナップが増えると本当に嬉しいですね。
Commented by b-faction at 2014-12-26 21:47
こみぃさん、こんばんは。ちょうど次のブログにぴったり重なるので びっくりしました。今後ともよろしくお願いします。MTの灯を消さないようにしたいですね。
Commented by ふらっと☆ぶらっと at 2014-12-27 15:46 x
真摯なご回答、ありがとうございました。
メーカー・販売店という作っている側の考えが聞けて、とても勉強になりました。

オーストリアで見たBPアウトバックが私の好みにぴったりでした。ドイツのフォレスターといい、海外で投入しているベーシックなモデルが日本でも選択できるとありがたいのですが。
Commented by b-faction at 2014-12-28 10:25
ふらっと☆ぶらっとさん、おはようございます。欧州の事情をあまり良く知らないのですが、スバルは苦労してるみたいですね。明らかに売れていません。バランス良く世界で売れると良いのですが。大きいと言わながら日本に受け入られやすいクルマ増えました。20時間で東京往復する間、BR9レガシィ、XV、SJ5フォレスターをホントに沢山見ました。SJ5は都心で扱いやすいですね。
Commented by ナナサン at 2015-01-01 14:51 x
あけましておめでとうございます。
今年も代田さまの活躍に期待しています。
『何しろ「MTバカ」は……我慢してまでATに乗ろうと思っていない』
そうだそうだ!! 全国のMTバカが拍手喝采、胸のスク思いです。
XVにMTが出たら即ハンコ押しますよ。
フォレスターのMT継続にも安堵しましたが狭矮路への進入を考えるとXVがベターなんです。
万が一の限定車発売を夢見て今暫く代替えは見合わせときます。
Commented by b-faction at 2015-01-01 15:02
ナナサンさん、あけましておめでとうございます。MTバカの代表として大晦日もまる一日走り回りました。
XVにMTが出たら楽しいですよね。出たら代替えをお願いしますね。僕はその時に車高も上げると良いと思ってます。クロストレックもその時に使うと良い愛称になりますね。
Commented by hanahito at 2015-01-02 10:43 x
初めてコメントさせていただきます。

>何しろ「MTバカ」は、
>誰が何と言おうともMTしか買わない。

その言葉に「かんぱーい!!」
もう20ウン年、車を運転していますが、全てMT車です。
今はGP3。
周りの人には化石のように扱われていますが・・・ w
車を「操る」楽しさ(「速さ」ではなく)は誰がなんといおうとMTのものだと思います。

スバルのラインナップから少しずつMTが減ってきているのが残念ですが、AWD&MTがスバルにある限りスバル車を乗り続けようと思っています。
Commented by b-faction at 2015-01-02 12:50
hanahitoさん、ありがとうございます。スバルからMTが消えることは無いですよ。これからもよろしく。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by b-faction | 2014-12-25 18:22 | Comments(26)

毎日の活動やスバルについてご紹介します


by b-faction