人気ブログランキング | 話題のタグを見る

日野トラックと思わぬサンバー

世の中には、
ある場面に似合うモノと、
想像以上に似合わないモノがある。
日野トラックと思わぬサンバー_f0076731_22225975.jpg
オートサロンで見たアウトバックは、
SUVなのに思いの外サーキットが似合う。

ラピスブルーがこんなに良い色だと初めて知った。

しかし惜しい。
これがディーゼルなら、
サーキットを疾走する姿は更に際立ったはずだ。

今からでも遅くない。
早く国内仕様のディーゼル開発に踏み切って欲しい。

渇望しているのはお客様だけでは無い。

日本中のディーラーの戦闘員が、
首を長くして待ち望んでいる。

ヨーロッパの耐久レースで、
ディーゼルが幅をきかすようになってかなりの年月が過ぎた。
ガソリンターボより、
クリーンで経済的なイメージが定着した。

ラピスブルーのアウトバックに、
水平対向ディーゼルエンジンは痺れるほど似合うだろう。
オートサロンでも、
似合う物や似合わない物が数多くあった。
そのなかで子猫のような可愛いモデルは、
この場に彩りを添え良く似合った。
日野トラックと思わぬサンバー_f0076731_20170688.jpg
真っ赤なボディカラーや、
初々しい笑顔は、
機械だらけの会場に欠かせない。

日野トラックと思わぬサンバー_f0076731_20171481.jpg
しかもその手つきや身のこなしは、
全て計算され尽くして、
ハードなクルマと対照的な艶を見せる。

しかし、
時にはパンツを履き忘れてきたような、
掟破りの技を見せる。

なので、用心しないと、
心臓を鷲掴みされたようなショックに襲われ、
死にそうになる。
日野トラックと思わぬサンバー_f0076731_20172246.jpg
ステキな視線を投げつけた彼女に、
「履き忘れていませんか」と、
思い切って聞けば良かった。

ピックアップには、
ぎりぎりの色気が似合う。
その点、
トヨタグループの日野自動車も実に抜かりが無い。

毎年このブースが楽しみだが、
今年は少しおとなしく見えた。

所がどっこい、
そんなに甘いブランドでは無かった。
日野トラックと思わぬサンバー_f0076731_20175152.jpg
一見何やら訳のわからないパフォーマンスで、
ふざけているようにしか見えなかった。

帰ろうとすると、
どうしても「ある場所」に立てと言う。
日野トラックと思わぬサンバー_f0076731_20180316.jpg
しかもここが絶好の撮影ポイントだから、
この位置で撮って欲しいと言う。

おやおや、
先ほどよりまともなポーズだ、と思いきや、
そこには秘策が隠されていた。

アメリカで「H度」を表すのに、
「X」を使うと聞いた事がある。

トヨタスープラという名前が誕生したのもそのためだ。

セリカXX(ダブルエックス)名前は、
そのままアメリカで売るには、
あまりにもエッチだったらしい。
日野トラックと思わぬサンバー_f0076731_20181386.jpg
彼女のコスチュームには、
縦にでっかくXXXと連続に描かれ、
その一番下は危険度ぎりぎりだ。

オトコというモノは、
パンツをはいていようが居まいが、
その下に執着を持つイキモノだ。

トラックとトリプルエックスを結びつける、
広告代理店の生き様に感服した。

トラックを侮ってはいけない。
いすゞと日野とふそうの名を借りたダイムラートラックの三つどもえは、
日本のトラックビジネスに新世代の風を呼び込んでいる。

年末に林檎ジュース を戴いた話をした。
日野のブースを見た後で、
トヨタのブースに行こうとしたら、
何かに引き込まれるように怪しげな空間に誘われた。

するとどこからか林檎の臭いが漂ってきた。
日野トラックと思わぬサンバー_f0076731_19544469.jpg
見覚えのあるクルマが、
目立つ場所に鎮座しているでは無いか。
日野トラックと思わぬサンバー_f0076731_19553819.jpg
気合いの入り方が凄いので、
またコンテストで一位を獲得したそうだ。

妻はこの噂を聞いていて、
探し回ったにも関わらずとうとう見つけられなかったと残念がっていた。

トヨタに行こうとする所を引き込むとは、
持ち主以上に妖術を使う憎いサンバーだ。
何しろこの宗派の連中は、
一段とパワーがある。
過去に「サンバー愛好者座談会」 にも招かれた。
座主とおぼしき藤田さんと、
谷さん、佐藤さんは、
それぞれ強烈なレプリカを所有している。

サンバーを展示していたブースは、
「みんから」と表示され、
スタッフが忙しそうに働いていた。
その中の一人に「寄っていって下さい」と声を掛けられた。

つい、
「このクルマの持ち主は、とても親しいんですよ」と言うと、
目を丸くして「本当ですか」と言うので、
「良く来てくれるんですよ」と返した。
ついでに「他にもこう言うクルマを作る人が居るんですよ」というと、
へぇ~~~と驚いていた。

三重県に総本山のある、
KF教 にはフルレプ三羽烏が居り、
その門を叩く者が後を絶たないらしい。

恐るべき連中である。

他にもトヨタ教の修行僧が、
甘い匂いを漂わせるクルマを展示した。
日野トラックと思わぬサンバー_f0076731_19572419.jpg
痛車では無くて「甘車」を作ったと言うが、
結構イタイ(笑)。
日野トラックと思わぬサンバー_f0076731_19575984.jpg
トヨタには今壮大な野望が渦巻いている。
数年経つと今のマツダどころでは無い、
大きな花を開かせるだろう。

その本山が運営する大学だから、
かなりの希少車をベースに、
新たな法話を大胆不敵に形作った。

それに比べると、
教祖の居ない会社は上げたり下げたり忙しい。

一昨年は走れないほど上げたかと思えば、
日野トラックと思わぬサンバー_f0076731_21120114.jpg
今年はノーマルより下げてきた。
あくまでもコンセプトモデルで実験しているに過ぎない。
ここでトレンドを探ることも大切な仕事だ。

前回のモーターショーで、
実に見苦しいエクシーガのXV版を出した。
苦言を呈して以来、
何も動きが無いがどうするのだろうか。

本格的に脚を上げ、
大きなタイヤを着け、
グッとホイールを外に出せば良い。

もし出来ないと、
イメージだけで買った人が、
客観的に走る姿を見た時、
ガックリと肩を落とす事になるだろう。

動的質感を標榜するスバルが、
逆方向に行くのは良くない。

ポップスターにローダウンは似合わない。
日野トラックと思わぬサンバー_f0076731_21182798.jpg
このコンセプトカーは、
ひと世代前のインプレッサXVそのものだ。
北米や中国ロシアへ行くクルマは嵩上げし、
国内と欧州は標準車高だった。

国内で売る自信が無く、
開発費を節約したのが理由だ。
外観だけ変え、
シャシーは標準車高のままだった。

日野のトラックがカッコイイ理由は、
機能性を確保してスタイリッシュに演出しているからだ。

それがオンナの演出とピッタリマッチし、
企業の考えと、
広告代理店の考えに絶妙な阿吽の呼吸がある事を窺わせる。

それに対してスバルの取った道は、
ポツリと他のクルマと何の因果関係も無いコンセプトカーを唐突に並べた。
とはいえ、
彼らが何も考えずにこのような真似をするはずが無い。

現在XVを使っている人達に楽しい提案だ。
数多くの仕掛けの中で、
ほとんどのエクステリアパーツが、
そのまま流用できる。

カスタマイズパーツが少ないXVを、
これらのスポーツアイテムで着飾ることが可能だ。
間もなくデビューするパーツを紹介しよう。
日野トラックと思わぬサンバー_f0076731_21264455.jpg
なかなか面白い形のフロントスポイラーは、
STIの拘りを感じさせる良いデザインだ。
日野トラックと思わぬサンバー_f0076731_21265569.jpg
エッジの効いたサイドステップも美しい。
オーバーフェンダーに付いているオーナメントを、
「STIパフォーマンス」と入れ替えれば良い。
日野トラックと思わぬサンバー_f0076731_21270203.jpg
このパーツも、
既にSTIの韻として定着しているから、
XVの「ローダウン派」にはとてもしっくりするパッケージになること間違いない。
オートサロンで評判が良ければ、
きっと発売されるだろう。
日野トラックと思わぬサンバー_f0076731_21274734.jpg
元々腰の高いXVには、
ルーフスポイラーが良く似合う。
このデザインもなかなかイケテル。

日野トラックと思わぬサンバー_f0076731_21272599.jpg
ダウンスプリングを入れたら、
軽量ホイールは必須アイテムだ。
STIの軽量ホイールは、
標準タイプとは違う方向性だが、
これも良く似合う。

日野トラックと思わぬサンバー_f0076731_21280104.jpg
インテリアには、
洒落たセンスが溢れていた。
本来ならポップスターでやりたかったことじゃないだろうか。

デザイナー達が、
やりたかったことを思う存分吐き出したようだった。
日野トラックと思わぬサンバー_f0076731_21283849.jpg
X-BREAKと共用したりせず、
こうすると更にステキな車になるだろう。
日野トラックと思わぬサンバー_f0076731_21281479.jpg
オレンジより、
テーマカラーのイエローをあしらう方が、
圧倒的にステキだ。

日野トラックと思わぬサンバー_f0076731_21282489.jpg
以前からクロストレックを出して欲しいと願っているが、
あえてスバルは「クロススポーツ」で挑戦してきた。
これもスバルの「韻」として認めるが、
日野トラックと思わぬサンバー_f0076731_21355869.jpg
機能性の高いクルマには、
機能美を出したほうが色気がある。
日野トラックと思わぬサンバー_f0076731_21362871.jpg
バンパーのサイドを飾るブラックのプロテクターは、
高速道路で追い越す度に、
すらりと長い足に、
短いスカートを掃いたようなかっこよさだ。
パンツが見えそうなコケチッシュさが、
XVの魅力だろう。

カスタマイズなら名案だが、
メーカーのやるべき道はクロストレックだな。

その方が似合うと改めて思った。

Commented by はつ at 2015-01-11 23:34 x
【はつ】です。社長、本年もよろしくお願い致します。今年はオートサロン行けず残念でした。ただ、社長のBlogで的確にご紹介いただいたので行った気になり大変良かったです。ところで、社長が仰るように【ラピスブルー】いいですね。素晴らしく映える色です。【WRブルー】も良い色ですが、より上品で高級感もあるように見えます。プロドライブ時代からスバルのアイコン色になっていますが、私は個人的に他社も含めてブルーメタリックに惹かれます。しかし、実際買うときは黒を選んでしまい、乗ったことがありません(笑)それから、ヨーロッパの自動車事情に精通され、自らもサーキットを走られる社長のご意見には賛同です。ぜひ、ディーゼル搭載願いたいですね。日本は、ディーゼル悪のイメージが強くなかなか浸透しませんが、大型貨物の分野では、大変な進化を遂げているのはご存知の通りです。乗用系ではマツダさんも近頃力を入れられ、素晴らしいエンジンを搭載しているようですし、ONLY1のボクサーディーゼル、フラットディーゼルを国内導入願いたいですね!本来、内燃機関上効率の優れたエンジンです。スバルボクサーターボディーゼル期待しております。アウトバックに搭載されたら、即座に代替します。長々と失礼致しました。
Commented by b-faction at 2015-01-12 06:38
はつさん、おはようございます。こちらこそよろしくお願いします。ボクも黒を選びがちです(笑)。赤鰤を見て欲しいと思う反面、黒を注文するだろうなと想像しました。ディーゼル欲しいですね。トラックでふそうも凄く良いモノを出しましたよね。この意見に賛同が多く、日本中で期待の声が巻き起こればスバルも投入を考えてくれるかもしれませんね。
Commented by アゲイン at 2015-01-12 19:02 x
キャンギャルに鼻の下を伸ばして、スケベなコメント書くと、奥様や娘様に怒られちゃいますよ!

スバルサンバートラックに機能美を感じています。

私の友人が乗っていますが、妙にカッコいいんです。

日産フェアレディーZ所有しているのに普段の足はサンバー。
タイヤを見ればBSポテンザでした
オーデイオ、ナビ付きで云うことなし!
Commented by b-faction at 2015-01-12 19:36
アゲインさん、妻も娘も諦めてます(笑)。クラッシックの顔を着けたサンバーも好きです。
Commented by りんご屋で555 at 2015-01-13 15:19 x
大社長!こられていたのですね!
みんカラの運営から報告を受けていました。すぐに大社長だとわかりましたよ(笑)
おかげさまで、こんな素晴らしい舞台に上がることができました。ありがとうございました!
Commented by b-faction at 2015-01-13 17:13
りんご屋で555さん、おめでとうございます。かっこ良かったね。また遊びに来て下さいね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by b-faction | 2015-01-12 19:42 | Comments(6)

毎日の活動やスバルについてご紹介します


by b-faction
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31