人気ブログランキング | 話題のタグを見る

スバルブランドよ、永遠に飛翔せよ

季節は巡る。
春になると毎年WRXを愛する気持ちが騒ぎ出す。
スバルブランドよ、永遠に飛翔せよ_f0076731_20545340.jpg
                                               2015.04.09
出張からの帰り道、
ふと思い出した。
あの桜、どうしているのかな」
勘が当たった。
散り始めの素晴らしい姿を披露していた。

今年の4月は例年に比べ気候が不安定だ。

そう言えばあの頃から天候は不順だった。

スバルブランドよ、永遠に飛翔せよ_f0076731_20292471.jpg
ここは深い森に囲まれた、
「山のハム工房 ゴーバル」だ。

しっとりとした山の空気に包まれながら、
WRX STIを優しく迎えてくれた。

この中では、
知る人ぞ知るハムが作られている。
そこでハム作りを陣頭指揮するのが桝本さんだ。
プレオをお買い上げ戴き、
そのご縁で知り合った。

一度訪問するという約束をやっと果たせた。

ゴーバルは商品を店頭販売しない。
唯一の例外は恵那駅前の物産施設だ。
それ以外は、
すべて顧客の注文に対して直接郵送する。

開田高原のペンションにも御得意様があり、
プロからの信頼も厚い。

スバルブランドよ、永遠に飛翔せよ_f0076731_10503619.jpg
何気ない看板だが、
見た瞬間に手作りの味を感じた。

看板は大切だ。
「暖簾」と言い換える事も出来る。

ドアを開けたが人の気配が無いので、
「こんにちは」と声を掛けた。

すると奥から「はい」と男の人の声が返ってきた。

しばらくすると社長の石原潔さんが現れた。
スバルブランドよ、永遠に飛翔せよ_f0076731_10512426.jpg

残念ながら桝本さんは留守だった。
お弟子さんの一人が修行を終え故郷へ帰るので、
送別会の真っ最中だった。

事務所に通して戴き、
色々なお話しを伺った。
棚に商品見本が飾られていた。
スバルブランドよ、永遠に飛翔せよ_f0076731_10502654.jpg
沢山のハムやソーセージに加え、
生肉も並んでいる。
スバルブランドよ、永遠に飛翔せよ_f0076731_10504418.jpg

ゴーバルの凄い所は養豚まで手がけている事だ。
だから美味しい豚肉も直接買える。
厚さも自由に指定できる。

折角来たので好物を買った。
スバルブランドよ、永遠に飛翔せよ_f0076731_10505395.jpg
この辛さは半端ではなく、
実に旨い。
スバルブランドよ、永遠に飛翔せよ_f0076731_10511521.jpg
娘が早速調理した創作料理は、
ほっぺたが落ちるほど旨かった。



スバルブランドよ、永遠に飛翔せよ_f0076731_11265155.jpg
石原さんは獣医をされていたそうで、
家畜とは深い繋がりがある。
来た時から感じたが、
工房の周辺に何か独特の雰囲気が漂っている。

「発酵」し「熟成」するのに相応しい命が溢れているのだろうか。
ここの環境はドイツに似ているのかもしれない。
スバルブランドよ、永遠に飛翔せよ_f0076731_10513321.jpg
ハム工房の中を見せてもらうと、
ここで一ヶ月ほど熟成された豚肉が、
美味しそうに並んでいた。

このあと3ヶ月ほど、
更に乾燥させ旨味を出していく。

素晴らしい工房だった。

ゴーバルは商品開発力を備えている。
養豚から精肉加工そして発酵燻製まで、
自社一貫で生産している。
だから確かな商品が看板を形作った。
商品には優れた技術と知識裏付けが必要だ。

看板や暖簾はそのシンボルだから、
技術と知識同様に、
とても大切なのだ。
簡単に金で手に入るものでは無い。
「執念」でブランドを磨くと、
そこに信頼と脅威が宿る。

その翌朝も雨模様だった。
スバルブランドよ、永遠に飛翔せよ_f0076731_10515737.jpg
                                                2015.04.04

望桜荘の桜がようやく膨らんできた。
ヤマザクラはソメイヨシノより開花が遅い。

そして花と一緒に若葉も一気に開く。
スバルブランドよ、永遠に飛翔せよ_f0076731_10520968.jpg
幹の周りの草取りをしたいが、
雨が続くので手を付けることが出来ない。

そこで更に場内の改善を続けた。

東京の片岡さんからお預かりした初代レガシィも、
最終検査を終え週末にお返しする予定だ。
スバルブランドよ、永遠に飛翔せよ_f0076731_10525090.jpg
そこで、
ピカピカにしたピットで検査を施し合格した。
即ち記念すべき第一号車だ。
スバルブランドよ、永遠に飛翔せよ_f0076731_10525976.jpg
些細なことだが、
ここに大きな喜びが隠れている。
これも下地作りから始めた。
内部照明も取り外し、
整備士3人が力を合わせて塗装した。
スバルブランドよ、永遠に飛翔せよ_f0076731_10530781.jpg
気持ち良く仕上がった。
雨がやんだので外に出ると、
いつの間にかヤマザクラが八分咲きになっていた。

スバルブランドよ、永遠に飛翔せよ_f0076731_10532094.jpg
                                                 2015.04.06

次の日も朝から雨だった。
スバルブランドよ、永遠に飛翔せよ_f0076731_10533089.jpg
北原課長がリフトの手入れを再開し、
黒錆転換剤を塗り始めた。
スバルブランドよ、永遠に飛翔せよ_f0076731_10533700.jpg
燻し銀の輝きが良い仕事に繋がる。
丁寧に設備を磨くことは、
技術を磨くことと同じだ。
スバルブランドよ、永遠に飛翔せよ_f0076731_10535262.jpg
スバルを売るためには「技術」のバックボーンが欠かせない。
それ以上に必要なのは「スバルらしさ」とは何かという、
知識も正確に持つ事だ。

スバルがこれまで残れた理由は、
確かなモノ作りの蓄積にある。

その中で最も大切なのは、
水平対向エンジンだ。

第三世代を迎えた水平対向エンジンは、
歩むことを止めずひたすら熟成を続けて居る。

このエンジンが無ければ、
スバルの存在価値さえ疑われる。

それほど重要なファクターだ。

現在の世界的な視野でスバルの水平対向エンジンを鑑みる。
すると、
中心的役割をFB25型水平対向エンジンが担っている。

直噴エンジンの影に隠れがちだが、
完成度は高く海外における評価も抜群だ。
このエンジンが今後どのように磨かれるのか興味深い。

以前にも触れたが、
スバルの技術開発力は並外れている。
その理由はバックボーンにある。

こうした事実を深く知るのも大切な仕事だ。

もう一皮剥けると、
更に次のステップも見えるに違いない。
だから社員全員で米国に行く。

インディアナ州ラファイエットにある、
スバル・インディアナ・オートモーティブ(SIA)を見学し、
なぜ急激に躍進したのか事実を目に焼き付ける。
そして確かな整備技術を確立し、
確かな商品知識を常に提供する。
そこに中津スバルの存在価値もある。
「かわら版」もいよいよ200号を迎える。
これまでスバルの正しい情報を常に満載してきた。

スバルブランドよ、永遠に飛翔せよ_f0076731_10291510.jpg
12年ぶりにシンボルマークも更新される。
それと重なるのは単なる偶然では無い。
看板工事の職人は悪天候をものともしなかった。
朝礼が終わるのを見計らい、
「これから吊ります」と連絡が来た。

いよいよ新商標に交換の時が来た。

「柱の話は面白かったですよ。
次は看板を吊り上げる所が見たいですね」
スバルブランドよ、永遠に飛翔せよ_f0076731_11013957.jpg
棚橋さんから、
ブログのリクエストが届いた。
ビジュアルな世界で活躍するので、
その視点は鋭く注文もうるさい。

レヴォーグを購入して戴いた以上、
リクエストに応えねばなるまい。
スバルブランドよ、永遠に飛翔せよ_f0076731_13325120.jpg
雨に濡れながら、
タワーサインを取り付ける様子を撮影した。
新しいシンボルマークは、
シルバー基調にスバルブルーが冴える。
スバルブランドよ、永遠に飛翔せよ_f0076731_10295309.jpg
職人の腕の見せ所だった。
思ったより速いスピードで吊り上げた。

スバルブランドよ、永遠に飛翔せよ_f0076731_16095812.jpg
妻も思わず手に力が入った らしい。
手に汗握る光景がしばらくの間繰り広げられた。

スバルブランドよ、永遠に飛翔せよ_f0076731_11052155.jpg
時折風が吹く雨の中で、
見事なチームワークが繰り広げられた。

雨も厄介だが、

上の動画を見るとその理由が解る。
スバルブランドよ、永遠に飛翔せよ_f0076731_11094164.jpg
見事に取り付けが終わった。
思わずガッツポーズが出た。

興味のある方はご覧戴きたい。
一気に溶接作業が終わり、

夜になり点灯する頃には、
既に東京に着いていた。
スバルブランドよ、永遠に飛翔せよ_f0076731_21260145.jpg
かわら版200号は倍の手間を掛けて作る。
そのトップを何で飾るか迷いに迷った。

やっぱりこのクルマしか無い。
レガシィとは全く別の側面を持つ、
スバルの看板だ。
スバルブランドよ、永遠に飛翔せよ_f0076731_16060268.jpg
醸し出す迫力は只者では無く、
明らかにもう一つのフラッグシップだ。
走行距離は4000kmを超えた。
出発前にレ・プレイヤードゼロをたっぷり飲ませた。

ほぼノンストップで東京に到着し、
ホテルの部屋でかわら版の原稿を作っていると、
スバルブランドよ、永遠に飛翔せよ_f0076731_21314316.jpg
友から電話が入った。
青森スバルの大川さんだった。
「社長、昔よく行った美味しい店があるので一緒に行こう」
と誘われた。
スバルブランドよ、永遠に飛翔せよ_f0076731_21321119.jpg
何も食べず原稿を作っていたので嬉しかった。
待ち合わせてホテルを出ると、
彼は「寒い寒い」と言い続けた。
青森県民がこの程度で「寒い」だと??
どういう事だ。

ずっと車で移動したし、
モンベルのパーカーを着ていたので気付かなかった。
スバルブランドよ、永遠に飛翔せよ_f0076731_16043275.jpg
この時の気温はかなり低く、
本当に寒かったらしい。

馴染みの店だという割には、
情報収集が出来てない。

スバルブランドよ、永遠に飛翔せよ_f0076731_21322198.jpg
この奥にある、
目的の居酒屋は、
シャッターを閉めていた。

残念だが別の機会を楽しみにしよう。
気分を切り替え近くの居酒屋に入った。
ガランとした広い店だった。
一つ一つの商品は安いのに、
支払いになると「えっ」と思う金額だった。

チェーン店のような「暖簾の無い店」は、
やはり味気ないから割高に感じる。
スバルブランドよ、永遠に飛翔せよ_f0076731_16053786.jpg
青森県人はずっと寒いと言い続けた。
そのせいか翌朝は本気で寒くなった。

強烈な風が吹き横殴りの雨だった。
持っていた傘も壊れてしまった。
びしょ濡れになりながら、
コインパーキングの機械に千円札を挿入すると、
何度繰り返しても吐き出される。
濡れてしまったからだろう。
本気で凍え死ぬかと思うような冷え方だった。
クルマのエンジンを掛け走り始めた。
するとウインドゥガラスには雨粒に混じって、
固形物が付着した。

みぞれ交じりの雨になった。
4月の東京で雪が降るなんて、
これまで一度も経験が無い。

吐く息が白くなるような場所だったが、
スバルブランドよ、永遠に飛翔せよ_f0076731_21571035.jpg
仕事は上手くいき、
この二頭を連れ帰った。
スバルブランドよ、永遠に飛翔せよ_f0076731_21574534.jpg
特にWRXには執念を燃やした。
なかなか思うように入手できないからだ。
スバルブランドよ、永遠に飛翔せよ_f0076731_21591740.jpg

軽量ホイールの似合う素敵な個体だった。
少し疲れが見えるが、
それを見事に蘇らせるのが中津スバルの務めだ。

あのスポーツキットを付けるのも悪くない。
最近は渋い色のWRXが人気だ。
きっと面白いクルマになるだろう。

仕事が終わり移動を始めると、
思わぬ光景に目を疑った。
東京近郊の山々が、
真っ白になっていたからだ。
スバルブランドよ、永遠に飛翔せよ_f0076731_21331745.jpg
するともう散るはずの桜が、
散らなくなった。
高速道路を降りて、
マニュアルシフトを楽しみながら、
夜桜を眺めに行った。
スバルブランドよ、永遠に飛翔せよ_f0076731_15361226.jpg
とても四月とは思えぬ寒さで、
人通りもまばらだった。
夜桜が奇麗だった。

スバルブランドよ、永遠に飛翔せよ_f0076731_21325769.jpg
こんな事は初めてだ。

東京近郊を後にして、
山梨の甲府から諏訪へと移動する。
どこでも同じように桜が美しい。

何と釈迦堂SAの周辺では、
桃の花まで美しく開いていた。
こんなに嬉しいことは無い。
桜が満開になった景色が尽きないのだ。
それで冒頭の桜を思い出した。
スバルブランドよ、永遠に飛翔せよ_f0076731_21333349.jpg
数年前と同じ美しい姿だ。
WRXで訪れた場所は、
淡い桜色に包まれていた。

すぐ脇の小径に偶然迷い込んだ。
すると奇麗な田園風景が広がり、
スバルブランドよ、永遠に飛翔せよ_f0076731_21334440.jpg
川の畔に桜並木があった。
この辺りも前日は荒れたのだろう。
スバルブランドよ、永遠に飛翔せよ_f0076731_21335400.jpg
川の水の濁り方で全てを悟った。
今年ほど長く桜が楽しめる年は、
もうしばらく来ないかもしれない。

行く場所行く場所で桜に出会えた幸運な旅だった。

戻ると走行距離は700kmを超えていた。
スバルブランドよ、永遠に飛翔せよ_f0076731_21344987.jpg
WRXを望桜荘の桜が迎えた。
こちらも満開になっていた。
花と一緒に葉が開くヤマザクラ独特の美しさを持つ。
スバルブランドよ、永遠に飛翔せよ_f0076731_21345962.jpg
タワーサインだけが看板では無い。
この桜も今では中津スバルの大切なシンボルだ。
いつまでも大切に守っていきたい。
スバルブランドよ、永遠に飛翔せよ_f0076731_21351051.jpg
                                                2015.04.09
同じようにレガシィだけがスバルのフラッグシップでは無い。
WRXも今では堂々としたスバルの看板だ。

「スバルらしさ」とは何か本気で理解しないと、
WRX STIを売る力が身に付かない。

WRXを700km以上走らせ、
「スバルらしさ」が改めて解った。

慣らしの終わったWRXは本領を発揮し、
本気を出せば出すほど、
「もっともっと」とその上を強請(ねだ)る。

改めて高性能な運動能力を実感した。
このクルマからは自信が漲っている。

格調高いエキゾーストノートは、
インプレッサの戦う伝統を十分すぎるほど感じさせる。

かわら版200号の巻頭を飾るのは、
やっぱりこのクルマしか無い。

新しいWRX STIなら「S」を作り出せる。
但しそのためには「べったり」と地に貼り付くような走行性能が欠かせない。
エンジンのバランス取りも必要だ。
カーボンルーフにする事も韻の一つだ。
遂に800万円を超すかもしれないが、
このクルマにその資質はある。

新しいWRX STIならやっと「RA-R」を作り出せる。
ただし手段を選ばぬ軽量化が必要だ。
今の性能をそのままに1.4トンを切る事が出来れば、
再びあの称号を名乗る資格を得るだろう。

この出張で実験を試みた。
新車時のオイル交換をいつすべきか。

試してみて本当に良かった。
これからは迷うこと無く言える。

新車から1000km走ったら、
すぐスバル専用オイルを入れるべきだ。
スバルブランドよ、永遠に飛翔せよ_f0076731_17075927.jpg
最近は5000㎞まで乗る人も多いが、
1000kmで交換した方が良い。

エルフ レ・プレイヤードゼロの効果は抜群だ。

だからもう何も迷うことは無い。
新車から1000km走ったら、
古いオイルを抜いてしまおう。

そしてオイルエレメントを交換し、
このオイルを入れて欲しい。

最新のSTIで不満だったのは、
昔のようにダイレクトなスロットルフィールでは無くなった事だ。
発進時にゆっくりとスロットルを開いた時、
操作に対してエンジンがリニアに反応しない。

その傾向をスバル専用オイルが見事に解決した。
このエルフオイルはクルマのポテンシャルを間違いなく高める。

以前から推奨しているオイルだが、
最新のSTIでもこれほどの性能の差が生じた。

驚いた。
ぜひ使って欲しい。

この東京出張往復で、
完全にクルマの当たりが取れた。
エンジンはスムーズに回り、
発進時に気になっていた低回転でのもたつきは解決した。

オイルの性能で完全にカバーされ、
渋滞しようが信号が多かろうが全く気にならない。

慣らしの終わったWRX STIで高速道路を走ると、
その上品で獰猛なエキゾストノートに痺れる。
スバルブランドよ、永遠に飛翔せよ_f0076731_17145379.jpg
この素晴らしさを是非味わって欲しい。

おわり

Commented by アゲイン at 2015-04-07 13:18 x
FB25
一代前のレガシィのエンジンのことですか?

購入には至りませんでしたが、世界と闘える車、

いいエンジンだと思います!
Commented by jecht at 2015-04-07 14:44 x
代田社長、こんにちわ。

雑誌「NAVI CARS」の特集「マツダ×スバル」を読みました。
その中で吉永社長が「スバルの言うプレミアムとはスポーティさである」という趣旨のことをおっしゃっており、決してベンツ、BMWのような高級路線を目指しているわけではないこと、また質の伴わない販売台数拡大の意思がないことを明言されており安心しました。

たとえが適切でないかもしれませんが従来の水平対向エンジン、AWD技術はAppleで言ったらパソコンのMacであり、そのOSのOSXでしょう。Appleがマニアのパソコンから世間一般に認知される存在になったのはiPod、iPhoneを開発してから。スバルでいえばEyeSightが相当するかもしれません。

今後、よりHV化、EV化が進むと現在の水平対向エンジン、AWD技術を捨てなければならない時が来るかもしれませんが「スバルのコアバリューとは何か」というところにブレが無ければ今後も支持されるのだと思います。
Commented by b-faction at 2015-04-07 15:59
アゲインさん、それはEJ25ですね。最新のFB25は、6気筒みたいによくなりました。一度試乗してみて下さい。
Commented by b-faction at 2015-04-07 16:01
jechtさん、吉永社長とボクの意見が以前から一致してるのは次の一点です。「スバルは高級ブランドを狙わない。STIはスバルにしか作れない高級車を狙う」。これに尽きます。
Commented by くにゃオール at 2015-04-09 23:13 x
こんばんは。
ここ数日本当に寒かったですね、おっしゃるとおり関東南部は4月に雪が降るなんて初めてですよ。
昨日はいつもの通勤で、FM横浜を聞きながら行くんですが海沿いの三浦で雪なんて言ってましたし、箱根は通行止めがあったり冬タイヤとチェーン規制の情報が流れているくらいでしたから、よほどなんでしょうね。
勤務地もほぼ一日雪とみぞれの空模様でした。
そんな陽気でも自宅から勤務地までの道中に桜並木を通るのが気持ちイイですね、わざとその道を選んで通ることもしばしばで車通勤ならではの楽しみです。

まだ不安定な天気が続くようですが体調には気をつけましょうね。






Commented by b-faction at 2015-04-10 06:54
くにゃオールさん、桜の花の寿命が長い。こんな年もあるんですね。望桜荘の桜もまだまだ楽しめそうです。
Commented by jecht at 2015-04-11 11:01 x
代田社長、こんにちわ。

淡い桜色に映える精悍なブラックVABがいいですね!

GOBARさんのお肉、おいしそうですね。
娘さんのお料理もいつも素晴らしいです。
それを肴に晩酌できる代田社長が羨ましい(^_^)
Commented by b-faction at 2015-04-11 11:57
jechtさん、ありがとう。この頃、黒も良いけど渋いグレーを気に入ってます。フォレスターの左側に使った黒いホイールが似合いそうです。

そうそう、ゴーバルの生ハムを
まだ食べてなかった。メロンが無いと娘が出してくれないな。今日買って帰ろうっと。次に紹介しますね。
Commented by くにゃオール at 2015-04-12 08:16 x
社長おはようございます。

明日から研修に行かれるそうで、体調と治安には気をつけて行ってきてください。

それと、自分の趣味としてトミカの収集をしているのですが、6月にレヴォーグが発売になるそうです。
初回限定カラーもあるそうですよ。
Commented by b-faction at 2015-04-12 10:32
くにゃオール さん、お気遣いありがとうございます。現地から中津スバルのフェイスブックでレポートします。トミカ良いですね。初回限定カラーですか。気になります。
Commented by マウザァ at 2015-04-13 15:45 x
社長様こんにちは 桜と言うと上矢作にも新田の桜という推定樹齢500年のヒガンザクラがあります✨今見頃なので帰国されたころにはおわってますが!そして新田の桜から山の上に上がっていくと大船神社の弁慶杉という巨木も!推定樹齢800年ぐらいだったとおもいますが✨またお時間のあるときにても見に来てけださい(^-^)
Commented by b-faction at 2015-04-14 04:28
マウザァさん、ありがとう。良い木に出会えると嬉しくなりますね。とりあえずシカゴ美術館の見学が終わりました。世界の名画がザクザクありました。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by b-faction | 2015-04-13 05:55 | Comments(12)

毎日の活動やスバルについてご紹介します


by b-faction
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31