人気ブログランキング |

EXIGA CROSSOVER7(クロスオーバーセブン)をフォレスターと比較する


最初から失敗しようと思う人間は居ない。
良かれと思って決断しても、
僅かな狂いが勝敗を分ける事がある。
欧州のバタ臭い匂いは、
日米双方で失敗した。
f0076731_19551142.jpg
熟成を重ねボディの艶も抜群だが、
フェイスリフトは時間の問題だった。

こうして振り返ると、
やはり「造形言語」には、
少し無理があったのかもしれない。


2007年の社員研修も米国で開いた。

新型インプレッサを一足先に見るため、
ニューヨークのオートショーに行った。
f0076731_20501207.jpg
インプレッサより、
トライベッカに興奮した。
その時の感動を今も忘れない。
コイツは凄く良かった。

結局2013年の末で生産を終えるまで、
このデザインは守り通された。
f0076731_19553215.jpg
最新のトライベッカはとても良かった。
人間は常に成長する。

しかも他の動物と違うのは、
人はその気になれば精神の老化を止められる。
だから前向きな人は、
肉体の老化と精神の老化が一致しない。

常に若々しい人は、
精神も若い。

スバルのデザインは、
今とても若々しい。

決して若作りしている訳では無い。
ある時から突然良くなった。

特にリデザインさせると抜群のセンスを見せる。

それに気がついたのは、
DEXを初めて見た時だ。

パッケージは実に大切だ。
どこから見ても旨そうに見える箱だ。
f0076731_18050662.jpg
東京から友人が遊びに来てくれた。
レイ君の可愛い娘さんに会いたかったが、
外出していた。
本当に残念だ。
次の機会を楽しみにしています。
美味しいお土産をありがとうございました。

彼は熱効率の魔術師だ。
だからお土産も熱を有効的に使う逸品だ。

f0076731_18053643.jpg
適切に空気を導入し、
切り口をタンブルジェネレーターバルブのように使う事で、
f0076731_18054587.jpg
見事に焼きおにぎりが再生する。
f0076731_18055349.jpg
指示された向きと、
逆に切る事で大変美味しくなるようだ。
発想の転換が出来る男は、
精神的に歳を取らない。

いつまでもきっと若々しいだろう。
また是非遊びに来て欲しい。

横浜から手塚さんがいらっしゃった。
IHIでターボに関わる仕事をされている。
最近スバルのターボはハネウエルに切り替わったが、
敵に塩を送る姿勢は技術者の鑑だろう。
f0076731_18531221.jpg
お土産をありがとうございました。
f0076731_18043344.jpg
イラストと言い、
イメージキャラクターと言い、
やはり都会は違う。

f0076731_18044474.jpg
いよいよゴールデンウイークのイベントが始まった。

日本中で民族が大移動し、
春の魅力的なシーズンは佳境に入る。

3機目のイベント屋台を製作した理由は、
一種の「マーケティング」だ。

イベントに刺激が欲しい。
やはりリフレッシュしないと、
スタッフのモチベーションも維持出来ない。
f0076731_18540574.jpg
アルコールで隅々まで消毒している。
骨組みから作り直した屋台が遂にここまで仕上がった。

この中で美味しい「みたらし団子」を焼く。
テントだけだと吹きっ晒しで見栄えが悪い。
風に煽られ冷めるのも早くなる。
f0076731_19374585.jpg
望桜荘で桜祭りの時に使っていた提灯を取り付け、

f0076731_19382752.jpg
焼き台も備え付けた。
純正の暖簾も付けた。

世界で二つしか無い妻の手作りだ。
f0076731_19375896.jpg
一カ所縫い忘れたらしい。
それもまた愛嬌だ。
f0076731_19380804.jpg
機材はとても大事だが、
馬鹿ほどお金を掛けられない。
みたらし団子で商売をするわけでは無いので、
やはり綿密な計算が必要だ。

何事にも優先順位がある。
愛情は溢れるほど注いだが、
コストを節約した。
f0076731_21143953.jpg
でも必要な場所には思い切ってお金を掛けた。
いくら手間暇を注いでも、
それだけでは難しい部分もある。
年間に2度しか使わない機材に、
多額のコストを掛けるわけには行かない。
f0076731_21145068.jpg
かといって、
いい加減なシロモノを、
晴れの舞台に出せない。
f0076731_21150591.jpg
スバルエクシーガは晴れの舞台に相応しい、
実に果敢なモデルチェンジを遂げた。
「CROSSOVER7」のサブネームを掲げ、
大胆に姿を変えた。

f0076731_20164797.jpg
初めて見た瞬間、
とても違和感が無く、
スバルのSUVとして何年も前から鎮座しているようだった。

「まだ届いて無いのか」と社員に向かって聞くほど、
シックリと納まっていた。
名古屋モーターショーで見たプロトタイプと、
工房に据えた実物を比較して、
このクルマにデザイナーが注いだ愛情をヒシヒシと感じた。

また同時に、
フォレスターやXV、
それにOBKなどのSUVファミリーと、
どうに棲み分けるのか明確に解った。

都合の良い事に、
CROSSOVER7をロングテストした後で、
フォレスターに長時間乗る機会が訪れた。

f0076731_21322511.jpg
東京から井上さんが来訪された。
ドライブエクスペリエのAプランがその目的だった。

f0076731_21311759.jpg
美味しいお土産をありがとうございました。
f0076731_21312436.jpg
明日香川には芸術性を感じる。

f0076731_21313398.jpg
薄いガラスが口の中で砕けるような食感を、
他では味わえない。
冷たくないけれど、
まるで薄氷を踏みしめて割る楽しさを覚える。

井上さんにフォレスターのドライブスキルをレクチャーした。
助手席で、
改めてその良さを実感した。

今年の冬にレポートを沢山まとめた。
そのブランド性について興味のある人はクリックして欲しい。
フォレスターの成長ぶりが解るはずだ。

f0076731_19393102.jpg
また本格的なSUVとして、
どこが素晴らしいか知りたい人は、
このブログを参考にして欲しい。


フォレスターのX-BREAKは、
新しく出たCROSSOVER7より4万円高い。

ブランド内で価格が真っ向からきっ抗する。
ある意味で対抗馬だから、
購入を考え迷う人も多いはずだ。

フォレスターとCROSSOVER7を正確に理解して、
購入対象にして欲しい。

基本的に水平対向エンジンを積んだワゴンだ。

ワゴンとSUVのどこが違うか。
外観の差を選択の対象にする顧客ははかなり多いだろう。

それ以上に重要なSUVの定義が存在する。

着座位置だ。

それほど悪路に行くわけでもないのに、
世界中でSUVが定着したのは何故か。

それは、
腰痛持ちが増えたからだ。
乗り込む時にかがみ込む必要の無いSUVは、
世界中で完全に市民権を得た。

悪路走破性を求めるというより、
乗降時の負担を減らすために買う。
「なんちゃってSUV」が増えた理由もそこにある。

フォレスターはその辺にあるSUVとは一線を画す。

f0076731_19391791.jpg
クルマの背が高く、
座面も高い。
悪路走破性を高めるために最低地上高も220mm確保された。

しかもシートリフターの調整範囲も大きく、
高い所に座れる。

高速から一般路まで乗用車と変わらぬスムーズさで走るのに、
本格的なクロススカントリーカーに近い能力も持つ。

更に素晴らしいのは、
何度も繰り返すようだが、
フォレスターの自然なドライビングポジションだ。
高い位置に座るのに、
自然なスタイルで運転できる。

ここまでをフォレスターの美点とする。

エクシーガに話を移す。

これまでのエクシーガでも、
基本的な走破性能は、
下手な四駆のSUVより高かった。

元来スバルのシンメトリカルAWDは、
悪路から高速道路まで、
とても高い走破性を有す。

エクシーガの美点は、
中途半端な高さになりがちなミニバンの着座位置を、
あえてレガシィ並みに下げ、
2列目から3列目に座面を高くした。

そのパノラマシートレイアウトで、
ドライバーの疲労軽減と、
後席の居住性向上を両立した。

改めて明るい所で眺めた。
f0076731_18551305.jpg
エクシーガCROSSOVER7は全く嵩上げされていない。
従ってドラポジは標準車と変わらない。

ダンパーとスプリングで10mm高められ、
SUVの定義の一つを満たしたが、
高い位置に着座して運転できると考えてはいけない。

本来のコンセプトがフォレスターと異なるので、
両車のドラポジには大きな差がある。
f0076731_21342952.jpg
CROSSOVER7に乗り、
高速道路で思いっきり加速すると、
ダンパーコントロールの良さが際立った。
車体が上に伸びて戻る時の動きが絶妙に気持ち良く、
長時間連続して走っても疲れを感じさせない。

これまでより更に安定性が高く、
乗りやすいクルマになった。
多人数で移動するために大切な要素だ。
f0076731_21331136.jpg
高速道路を走ると、
ステーションワゴン的な以前の設定より、
更に安定した走りになった。

これにまず驚いた。
最近のスバルに全て共通する、
リヤ周りの剛性向上が、
正確な走行性能を産み出す事に大きく寄与しているのだろう。
嵩上げをせず、
タイヤサイズも変えない代わりに、
エクステリアに大金を注ぎ込んだ。
f0076731_21333004.jpg
きちんとデザインされた再度クレッディングは、
とってつけた感が全く無い。
最近のスバルは樹脂パーツに奇麗なシボを入れる。
CROSSOVER7でもその技は冴え渡った。

f0076731_18560235.jpg
このロゴも安っぽさが全く無い。
ホイールのデザインも一新され、
新型アウトバックに近いデザインとなった。
逞しさだけで無く、
空力も良さそうな美しいホイールだ。
コンセプトモデルとデザインは同じだが、
切削光輝に白塗りするより黒塗りの方が実用的だ。

f0076731_21334245.jpg
ブラックベゼル化されたヘッドライトは、
以前からの流用だが、
f0076731_21335117.jpg
コの字型のLEDアクセサリーライナーは、
とても高い質感を持つ。
その上、中心にLEDフォグランプも仕込める洒落たデザインだ。
f0076731_19442895.jpg
大きめのリヤスポイラーは、
コンセプトモデルとほぼ同じだが、
以前ほど違和感が無い。

シャークフィンアンテナを採用せず、
スッキリした。
あの形にはうんざりしていて、
早く止めて欲しいと思っている。
欧州メーカーの2番煎じで何が嬉しいのか良く解らない。

もう一つスッキリした理由は、
ダイレクトマウントのルーフレールだ。

アウトバックに比べ形は少し違うが、
XVの様に足が無い。
これが少しうねったショルダーラインと微妙にマッチして、
随分良い形になった。
f0076731_12220757.jpg
高速道路を160km走り込み、
今度は展示場にあるエクシーガと比較した。

このエクシーガも2.5リットルエンジンとCVTを搭載し、
とてもスムーズに走る。

先日テストで100kmほど走らせたが、
実に面白いクルマだ。


f0076731_21352417.jpg
心臓部にはEJ25が収まっていて、
FB25よりパンチがある。

しかしスムーズさと静粛性、
それに燃費効率でEJ25を上回る。

パノラミックガラスルーフをOPに持つ代わりに、
ルーフレールは選べなかった。
天井に物を積みたい人には不都合な部分もあっただろう。


f0076731_21353308.jpg
CROSSOVER7をこの角度から見ると、
大型リヤスポイラーのカットが、
リヤフェンダーの切り込みに上手く重なる事が良く解る。
そして直付けされたルーフレールと、
ショルダーラインの融合も解るはずだ。

f0076731_21354881.jpg
リヤバンパーの辺りに、
前のモデルの影は一切見えない。
むしろXVで成功した、
リヤタイヤと遠目に見ると融合する踏ん張ったデザインを感じる。
f0076731_21355508.jpg

f0076731_21394985.jpg
フロントマスクはアウトバックに近いデザインだ。
これがなかなか格好良くて、
このデザインはトライベッカとそっくりで、
思わず見とれた。
f0076731_21395993.jpg
スバルのデザイン力は、
この頃ますます冴えている。
f0076731_20290395.jpg
トライベッカのリデザインも凄い。
これほど冴えている彼らが、
どうして一歩更に踏み込まないのか不思議だった。
偶然CROSSOVER7の後ろに、
XVが置かれていた。
f0076731_21401535.jpg
XVも国内より海外で売るクルマの方が、
吹っ切れている。

吹っ切れていない国内仕様が大成功した理由は、
優れたマーケティングで顧客の意向を細かく汲み取ったからだ。

そのように眺めると、
エクシーガのタイヤサイズに納得がいく。

f0076731_21410657.jpg
専用デザインのホイールまで用意したのなら、
以前の215/50R17を使わず、
f0076731_21411529.jpg
最低でもXVに採用されたサイズに合わせて欲しいと思っていた。

f0076731_21404398.jpg
発売直前まで、
議論が交わされたであろうこのホイールは、
結果的にXVを大ヒットに導いた。
f0076731_21412616.jpg
タイヤサイズも225/55R17と、
一回り大きくなっている。
f0076731_21413479.jpg
これくらいの迫力がCROSSOVER7にも欲しい。
タイヤの選択もナゾだった。
燃費を稼ぐために、
とりあえずXVにエコタイヤを履くのは解る。

でもCROSSOVER7にアドバンを付ける理由は何か。
f0076731_21414900.jpg
高速道路のジャンクションを、
かなりの速度でクリアした。

丁寧にラインを取り、
スムーズに限界に近い性能を引き出した。

かすかに4輪からスキール音が聞こえたが、
クルマの挙動はピクリとも乱れなかった。

7人で高速移動する場合、
あれぐらいのグリップが必要だ。

でも履き潰したら、
ジオランダーを履きたいと思った。
もともとジオランダーはフォレスターの開発に合わせ、
横浜がリリースしたスグレモノだ。
最近ではブルーアースのようなジオランダーもデビューしたが、
そんな中途半端なものでは無く、
逞しいタイヤを付けたい。

その時、
デザイナーの気持ちが急に憑依した。
彼らはきっともっと下半身を逞しくしたかったはずだ。
欧州仕様のXVのように、
ジオランダーのG95を装着する手もあった。
f0076731_21415744.jpg
そもそもいくら低燃費タイヤだと言っても、
SUVのタイヤに50扁平はほとんど無い。
f0076731_21421020.jpg
ちなみにヨコハマタイヤの市販品カタログを開くと、
ジオランダーG051に、
XV用の225/55R17が存在する。
f0076731_21421988.jpg
外径が683mmで幅が231mmだ。
CROSSOVER7に装着された215/50R17は、
ここには無い。

アドバンにもそのサイズは無い。

CROSSOVER7には専用開発の、
アドバンA10が装着されているのだ。
f0076731_21422854.jpg
エコタイヤのES31に、
ぴったりのサイズがあった。
その外径を調べると、

f0076731_21423643.jpg
649mmと書かれている。
おおよそ65センチだ。
幅は22センチだ。
f0076731_21425629.jpg
メジャーを使ってタイヤ径を出すと、
このくらいの高さになる。
f0076731_21430580.jpg
それに対してジオランダーG051、
225/55R17だと3センチ高い。
半分隠れていたキーボードが見えるようになった。

更に頭に乗り、
エクシーガと同じ頃に開発が進んだ、
BR9型アウトバックのタイヤサイズを探した。
旧型のOBKには225/60R17という、
とても香ばしいサイズのタイヤが付く。

f0076731_21431407.jpg
ページをめくると、
とても面白いタイヤが見つかった。
G051より更に逞しい。

f0076731_21432372.jpg
G012の225/60R17は、
外径が70センチもある。
幅は23センチだ。

f0076731_21433367.jpg
それにブロックも荒い。
横から見たスタイルも、
痺れるほど逞しくSUVにぴったりだ。
f0076731_21434329.jpg
70cm引っ張り出すとこんな感じで、
標準の車高より25㎜高くなる。

しかし嵩上げしないシャシーに、
迂闊に大きなタイヤを付けてはいけない。
それにバネ下重量が重くなると、
高速道路で気持ち良く走らない。

逞しく見せる工夫ならいくらでも出来るが、
安全面を犠牲にしてやる事でも無い。

最も大きな問題は、
正確にアイサイトが作動しなくなる事だ。
f0076731_21390672.jpg
それは「アイサイトの無いクルマはスバルでは無い」と言われるくらい、
今では大切な主要装備になった。

エクシーガCROSSOVER7は、
実に論理的なプライオリティで企画された。

トライベッカに乗った後だから、
優先順位の重要さ尚更良く解る。

もし開発陣に「作りたいように作りなさい」と言えば、
走行性能最優先だ。
それにスタイルだって全て一新したい。
すると、
1.外装一新
2.走破力向上
3.逞しさ増強
4.高品質追求
5.燃費向上
6.アイサイト更新
7.価格
優先順位はこうなるだろう。

トライベッカは良いクルマだが、
マーケティングで失敗した結果、
大きな実績を残せなかった。

GMとのアライアンスも、
油断を生んだかもしれない。

5人乗りと7人乗りが有り、
アウトバックやフォレスターと重なる部分がある。
それでいて7人乗るには少々狭い。
全て専用設計のため、
価格もアウトバックに比べ高額になる。

良いクルマだけれど、
売れなかったSVXのようだ。

CROSSOVER7の扉を開くと、
その失敗を繰り返さない決心が見えた。

まずアイサイトの搭載が優先順位のトップだ。
キャリーオーバーならコストの増加に繋がらない。
バージョン2を舐める人が居るけれど、
とんでもない話だ。

CROSSOVER7は、
人間の姿を認識する能力がこれまでより高い。

悪戯なバージョンアップより、
蓄積技術を応用しコストを抑え、
他の改善に回す事も大切だ。

f0076731_19394006.jpg
最近は道路もすぐ除雪される。
今年の厳冬期に開田高原の高い場所に行った。
いつも除雪され、
雪はあるが標準の車高で困る事は無い。

ここにマーケティングの重要性が見て取れる。

今の日本で、
本格的なクロスカントリーカーが活躍できる場がどれほどあるのか。
それよりも、
他に無い7人乗りを開発し、
多人数乗りの火を消さない事の方が大切だと解る。
そうなると、
走破性の優先順位は下がる。

するとCROSSOVER7の、
マーケティング後の優先順位はこうなるはずだ。

1.アイサイト搭載
2.価格据え置き(AIRBREAKと同額)
3.高品質な装備を徹底追求
4.SUVに演出
5.逞しさの追求
6.走破力の向上
7.燃費向上

CROSSOVER7のインテリアの質感は凄い。

f0076731_18563318.jpg
手の触れる部分のクオリティを徹底的に高めてある。

フォレスターより安い255万円という値段で、
7人乗りのSUVを商品化した。
だからこの成功に掛ける執念は相当のモノだ。

f0076731_21061752.jpg
ステアリングのステッチは、
BRZのtSで用いられた素材に近い。
しかも僅か10万円出すだけで、
更に良い素材を使ったレザーパッケージが選べる。

とにもかくにもマーケティングが冴え渡った。
なぜそう感じるかって。

やっぱりフォレスターより安いのは魅力だ。
またサードシートを収納し、
XVとアウトバックの間を埋める「でかいワゴン」としても使える。

メーカーオプションを265万円の本革シートだけに絞り込んだのも良い。
売れ筋のパッケージを全て備え、
価格を最優先に商品を練り込んだ。

助手席にバッグを置いた時、
このクルマの品質への拘りが解る。
f0076731_21063299.jpg
ここに良いモノを置けば置くほど、
その値打ちが際立つだろう。

次のブログで更に品質を究明したい。

おわり

Commented by 山本 at 2015-05-01 00:00 x
クロスオーバー7 でましたね。
記事編集の途中ですが、社長が言わんとされることが私には解ります!XVのサイズなら
+6%の範囲でギリギリ、かつ200ミリをクリアかもですね。
力作のかわら版、届きましたよー
Commented by 44B at 2015-05-01 07:58 x
クロスオーバー7・・・これはエクシーガ(スバル)開発陣の多人数乗り乗用車は廃止させないしOEMにもさせない!の意思表示でしょうか?多分先代XV~現行XVみたいな予告かもしれません。スバリストファミリーには絶対必要な車ですね。熟成されたエクシーガは実に良いです。私はこの先の展開も見てみたいです。妄想ですが、次モデルチェンジがあるとすれば、次期トライベッカとは別に次期エクシーガもあるような気がします。しかも、インプレッサ&XVみたいな形で。これからがスバルは面白いと思います。
Commented by natazha at 2015-05-01 10:34
インターネット検索でたまたまたどり着いた者です。
現在、クロスオーバー7を検討しています。
これから追加される記事を楽しみにしています。
Commented by マンガ盛り at 2015-05-01 12:41 x
社長様
コメントありがとうございます。
私はクロスオーバー7が、せめてBPアウトバックの215/55R17サイズのタイヤを装着することができればなぁと考えておりました。


更新を楽しみに待ちますね。
Commented by b-faction at 2015-05-01 16:42
山本さん、エクシーガファンには堪らないプレゼントですね。このクルマ、ヤンチャで大人のワイルドさを醸し出すカスタマイズが楽しめそうです。
Commented by b-faction at 2015-05-01 16:47
44Bさん、マニアックなハンドルネームですねぇ。このクルマは7人乗りの火を消さないための決意です。仰るとおり前回のモデルチェンジで腰を据えた改良が施されました。しかし思うように販売が伸びない。しっかりしたドアを持つので方向性は間違っていません。他社の真似できないウルトラCだと思います。
Commented by b-faction at 2015-05-01 16:48
natazhaさん、気合い入れてまとめます。お楽しみに。
Commented by b-faction at 2015-05-01 16:49
マンガ盛りさん、こんにちは。イロイロできそうですね。アイサイトも同じバージョンとは思えないほど認識力が高いです。
Commented by ひろです。 at 2015-05-01 21:29 x
こんばんは。社長を始め社員の皆様GWイベントお疲れ様です。サンバーの屋台も良い感じですよね!お客さんでにぎわっているのでしょうね~楽しそう!クロスオーバー7中々よいですね!クロスオーバー7の社長の豪快なインプレッション楽しみにしています。
Commented by jecht at 2015-05-01 21:30 x
スバルらしくない”ちょいちょいのちょい”で作った安直車かと思いきや、社長の仰るように違和感無い仕上がりですね。
フロントマスクなどCO7の方が好みです。ノーマルエクシーガに比べクラッディング等で下半身のボリューム感が増して上屋根とのバランスが良くなった気がしますね。
Commented by パルP at 2015-05-02 01:29 x
社長いつも遅くまでお疲れ様です。
エクシーガよさそうですね。みてみたいです。
というか最新のスバル車全部みる機会がないです。
かわら版も広告も手元にないですが、GW中にお店に行ってもよいでしょうか?
Commented by かまたん at 2015-05-02 01:34 x
赤いエクシーガ乗りです。最近12ヵ月点検が終わったところです。話題のクロスオーバー7、カタログを熟度しました。なんとシートヒーターが標準装備されてるではないですか!、エクシーガ買うときに一番残念だったのは、それがオプションにもなかった事です。アルミホイールもカッコいい、内装の配色最高。モデル末期の車種にここまでする?、あー、欲しくなっちゃいました。
Commented by b-faction at 2015-05-02 09:52
ひろさん、こんにちは。時間が無くて高速道路しか試してませんがダートも楽しそうなクルマです。
Commented by b-faction at 2015-05-02 09:53
jechtさん、ダンパーのセッティングが絶妙です。伸びて縮む時の抑揚が気持ち良くていつまでも走っていたくなるスバルらしいクルマです。
Commented by b-faction at 2015-05-02 09:54
パルPさん、こんにちは。通常営業してますのでお気軽にどうぞ。
Commented by b-faction at 2015-05-02 09:59
かまたんさん、赤のスポーティなエクシーガも良いですね。走りを好む人には絶好のクルマです。spec.Bも良かったのですが伸びませんでした。エクシーガを残すために単なる追加では無く他の道を選びました。こういうドラスティックなやり方が好きです。
Commented by jecht at 2015-05-02 11:35 x
> 代田社長
そうですね、もともとエクシーガの乗り心地は評価高いですもんね。
SIシャシーベースということで敬遠される方も多いですが、先入観抜きに考えれば良い車だと思いますけどね。7人乗りでここまで走る車って他に無いんじゃないですか?

CO7の売れ方次第かもしれませんがVWクロストゥーランなどがあることを考えるとレヴォーグ同様、日欧対応車としてSGPシャシーでリメイクしてスバルSUVシリーズの柱になれれば良いですね。
Commented by b-faction at 2015-05-02 14:57
jechtさん、完結させました。SGPはこれからのスバルの基準になるでしょうが、
全て入れ替わるまでに何年もかかります。
シャシー改良はこれからも続くので、
SIシャシーが当面無くなるわけではありません。
良い例が5速MTです。
全て6MTに切り替わるとは言い難い。
なぜなら5速ぐらいが実は一番使い易いからです。
リメイクとはそういうことですね。
SIシャシーは、スバル1000から続く奇跡の形状です。
違う使い方が始まるかもしれませんよ。
Commented by がく at 2015-05-02 20:13 x
初期型エクシーガ乗りです。エクシーガ、凄く気にいってたのですが、以前からあまり評価は良くなかった気がしていましたが、ここにくると評価が良くて、とても嬉しいです。
クロスオーバー7はとても気になります。買い換えようかとも思ってます。エクシーガを乗り継ぐって他からみてどうなんでしょうか?
あの内装とか欲しくてたまらないです。
Commented by くにゃオール at 2015-05-02 20:59 x
社長こんばんは
このところ、暑い日が続いていますね。
この前、クロスオーバー7を横に乗せていただいた際の感想ですが、とても運転しやすい車だと思います。
仕事柄、作業のためセンターの敷地内にていろんなジャンルの車を乗るのでよく分かります。
取り回しのいい形で前後左右の見切りがいい。車体の大小とわず、これらが適切だとあらゆる面で「易さ」に繋がると思っています。夜、雨等で見通しの思わしくない時はこういう乗り易さが車に対する信頼が持てるものだと思います。
それと、無闇に長くないホイールベースもそのひとつ。
内輪差という初歩的な事ですが重要なことで、ハンドルの切れ角は大きいけどホイールベースが長すぎると左後ろを引っ掛けやすい、内輪差でゴリっとやる。しかもやったところは見えない見えてないケース。見栄やステータスと流行りで買うようなミニバンに顕著ですね。
仕事柄得た各車の特性をぼくの場合はこういう観点で重要視しています。
いくらセンター内でプロであっても一歩公道に出れば並でしかないケースがいくらでもありますから、我が家にもう一台ある、カミさんがメインで乗る車はセダンで、運転のし易さを最重要視して選んだのです。スバルでいえば、初代インプレッサの全高以外の各寸法とほぼ等しい車です。

7人乗れて運転しやすい車、ステキですね。

Commented by b-faction at 2015-05-02 21:32
がくさん、こんばんは。凄く良いクルマです。ちょっと乗るだけでも解ります。アイサイトを装備し価格を抑える努力も良くわかりました。プロトタイプではタイヤサイズに不満がありましたが、
優先順位を考えると納得出来ます。トライベッカのリデザインの経験が良い意味で活かされています。エクシーガを乗り継ぐ人はクルマ好きです。どうしても多人数が必要だけど水平対向エンジンに乗りたい人にとって、長い間夢のクルマでした。スライドドアだと、構造上重く、コストも掛かるから高額になります。激戦区で一人頑張るスバルは、とんでもないスラッガーを投入しました。
このクルマに太鼓判を押します。
Commented by b-faction at 2015-05-02 21:36
くにゃオールさん、こんばんは。
今日は特に暑かった。だからスタミナ回復にスキヤキ食べます(笑)
クルマのプロらしいコメント、ありがとうございます。がくさんの背中をグッと押して下さったコメントですね。エクシーガの良さは7人実際に乗った時に感じます。息苦しくないんですよ。
Commented by tarouzu14 at 2015-05-02 22:05 x
クロスオーバー7を注文したものです!
車に関心なくノアに10年来のって降りました。
その間に、様々な車に出会い、六人家族で楽しい車!という事で決めたのが、クロスオーバー7でした。
社長様?のホームページを読んで、この車を選んで間違いなかった!と改めて感じる事が出来ました。
今後とも、HPにて、勝手に勉強させて頂きます!
素敵な書き込みをありがとうございます!
Commented by くにゃオール at 2015-05-02 23:56 x
グイっと呑んで、すきやきをガッツリ行っちゃってください(笑)
Commented by w-force at 2015-05-03 11:05 x
初めてのマイカーにBHレガシィを購入し、かれこれ13年乗ってきた者です。

レヴォーグの登場にも心惹かれ試乗もしましたが、雑誌でエクシーガがレヴォーグベース、アイサイトVer3へのモデルチェンジとの情報を読み、家族が増えることもあったので、その発表を心待ちにしていました。

結果、CO7の発表ということで、期待も高かった分、ちょっと気持ち的にトーンダウンしたのですが、ブログ読ませてもらって、試乗してみたい気持ちが強まりました。

デザイン的には、フロントグリルやルーフレールも今乗ってるBHレガシィになんか近くなったというか、違和感無く思っているので、あとはカタログ値だけで一喜一憂するのでなく、実際乗ってみての車に対する自分の感覚を信じてみたいと思います。

まぁ、でも今のレガシィにも愛着あるので、CO7乗ったら乗ったで更に色々悩みそうですが。車の買い替えは初めてなので、ほんと葛藤続きです(^_^;)
Commented by b-faction at 2015-05-03 11:49
tarouzuさん、コメントありがとうございました。納車が楽しみですね。これからもよろしくお願いします。
Commented by b-faction at 2015-05-03 11:52
くにゃオールさん、
すき焼き食べて正解でした。スタミナをつけてイベント頑張ります。
Commented by b-faction at 2015-05-03 12:00
w-forceさん、こんにちは。レヴォーグベースのミニバンはありえないですよー。何処の誰がそんなデタラメ言うんでしょう。アイサイトも研究を重ねていますのでバージョンアップします。ところが、面白いことに前のバージョンも成長します。スリーになれば良いというものでもないので、安心して購入して下さい。会社の側道で北原課長にアイサイトが反応して能力向上に驚きました。
Commented by kura at 2015-05-03 14:21 x
今年初めに、カーキのXVを購入し、こちらのコメントにも書き込みさせていただいた者です。我が家のエクシーガは4年目に入っており、Stiのダンパーやフレキシブルシリーズを組み込んで、私好み、家族好みの乗り味になっています。CO7が出て羨ましい気持ちになるかと思いきや、なぜか自分の車への愛着が増してきています。レオーネや古いタイプのレガシィに乗っている方々が、新しいタイプに飛びつかず、大事に自分の愛車を楽しんでおられる気持ちが分かってきたような気がしています。
まだまだEJターボエンジンを味わい尽くしておりません。タイヤもA10のままなので、他の銘柄(ミシュランのパイロット・スポーツが今の候補です)に変えて乗り味がどう変わるかなどなど、楽しみがいっぱいなのです。
CO7、試乗してみたいとは思っています。悔しさや羨ましさも楽しみのひとつでしょうか。
Commented by b-faction at 2015-05-03 15:16
kuraさん、こんにちは。CROSSOVER7は気持ちよく走ります。FB25とリニアトロニックがあればエクシーガにターボはもう必用ないと思います。易くて高品質な最新作にぜひ乗ってみてください。顔つきが良いので欲しくなりますよ、きっと。
Commented by たいちょう at 2015-05-05 22:03 x
たまたま拝見させて頂きました。
bpのWR-に長く乗っています。
家族も増え、次期エクシーガを首を長くして
待っていました。実車を見た質感、試乗したときの
運転のしやすさと安定感は熟成されていると感じました。
これからはディーラーさんを廻り実車のボディカラーを確認し
(あとはシルバーメタリックだけです)、じっくり検討
したいと思っております。なんかだか、クロスオーバー7は
かなり人気が出そうな予感がしますねっ!
アクセサリーなど、今後の情報をチェックしていきたいと思います。
お仕事頑張って下さい!
Commented by b-faction at 2015-05-06 07:14
たいちょうさん、おはようございます。お心遣いありがとうございます。
Commented by ぽん吉 at 2015-05-07 22:02 x
はじめまして。
ただいまクロスオーバー7を検討中のものです。検索でたまたまたどり着きました。
ブログを拝見して、ますますクロスオーバー7が欲しくなりました。
1点、気になることがあったので質問させて下さい。
本文中に、
「CROSSOVER7は、
人間の姿を認識する能力がこれまでより高い。」
という記述がありました。今までホームページなどを見てきましたがそのような情報を見つけられませんでした。これはメーカーからの情報なのでしょうか。それとも実車を運転しての印象なのでしょうか。
教えて頂けると幸いです。
お忙しい中、お手数をおかけしますが、よろしくおねがいします。
Commented by b-faction at 2015-05-08 06:29
ぽん吉さん、おはようございます。実際に車を運転して感じました。アイドリングストップの印象も同じです。アウトバックより良い感じですね。
Commented by kura at 2015-05-12 18:14 x
社長の甘い悪魔のささやきにヤラレて、先日CROSSOVER7を試乗させてもらいました。低速から反応のいいトルクの効いたエンジン、車高が高くなったのにフラット感が増している足回り。Stiのパーツを入れて自分好みに調教した愛車に乗り換えての帰途、暫く低速でのもたつきと縦揺れが強調された感じになりました。ここまでやるのか!と進化・深化のすごさを体感しました。
Commented by b-faction at 2015-05-13 09:01
kuraさん、おはようございます。良いクルマでしょう。ダートも楽しそうです。
Commented by 落ちたね at 2015-05-19 05:21 x
スバルはもっと志のある会社だと思っていましたが、このモデルチェンジには失望しました。クロスオーバーと言うのならもっと本格的にするべきだし、外見をちょっと変えてお化粧直しって昔のスバルならありえなかったことです。販売第一で志を失ったような会社の製品を買うつもりはないし、これなら某大手の大衆車となんら変わらない。スバルがここまで落ちぶれたのはとても残念です。
Commented by b-faction at 2015-05-19 09:49
企画の段階なら気に入らないことをズケズケ言います。でも商品化されたら、クルマに乗り狙いを見定めるます。
ステアリングを握った上で、落ちたかどうか判断しなさいね。
クルマの仕上がりが良い。
だから褒めました。
そして開発陣が狙った意図を汲み取りました。
「多人数乗りの灯火を、決して消さない」という執念です。
それがワングレード、価格優先、徹底的なクオリティ重視、という姿勢に繋がったと思います。
Commented by たいちょう at 2015-05-24 22:51 x
こんばんは。
本日、クロスオーバー7購入を決めました!
社長のブログはかなり参考になりました。
ありがとうございます^_^
色は、ホワイトになりそうです。私はブラックかダークブルーで考えていましたが、お店を回って各色の写真を撮らせて頂き、プリントアウトして家族に聞いたところ、みんなバラバラでした^^;そんななか、3歳になる娘が、『かっこいいから白!』の一点張り...なんです^^;
シートは本革+ウルトラスエードでいきます^_^
Commented by b-faction at 2015-05-25 11:08
たいちょうさん、契約おめでとうございます。娘さん直感で決めるなんて素敵ですね。白は一番人気なので良いと思います。納車が待ち遠しいですね。
Commented by わかっぱ at 2015-06-05 09:27 x
はじめまして、A型エクシーガ乗りです。
楽しく読ませて頂きました。
今年車検なので、このままエクシーガを乗り続けるか
はたまたクロスオーバー7に乗り替えてしまうか思案中です。
WEBでの評判がすこぶる良いので、明日点検の際に試乗して確認してきます。
ついでに見積もりをしてもうらおうかな・・・
なんていろいろ考えてしまう毎日です。
Commented by b-faction at 2015-06-05 12:40
わかっぱさん、こんにちは。エクシーガはA型から完成度が高く、ボクも随分楽しみました。
今回のクロスオーバー7は、価格を上げずに真面目な作り込みの結果、スペックを超えたクルマに成長しています。
試乗する時に是非確かめて欲しいのが2.5リットルエンジンとリニアトロニックの相性です。新リニアトロニックは1.6リットルのFWDから2.5ℓ、はたまたダウンサイジングDITまで、その優れた伝達効率で見事にエンジンの素性を引き出します。
そこが気に入ったので褒めました。
昨日初めて黒に乗ったのですが、タンカラーとの取り合いが良くて気に入りました。色は一番の悩みどころかもしれませんね。
目移りしてしょうが無いので、良いヒントを差し上げます。
大きな鏡の前で乗り降りするご自分を写して下さい。参考になれば幸いです。
Commented by 新米パパ at 2015-06-05 23:49 x
はじめまして、クロスオーバー7を検討している者ですが、
最近、車通の方が試乗されたブログを見まして、そこには
他のモデルに比べ基本設計が古く一世代前のモノだとか・・
ボディ剛性が足りない印象・・などと書かれていたので、少し気になっています。実際の所、社長さんはどういう印象をお持ちでしょうか?その辺の事には触れられていなかった
ので気になります。やはり、現行の他モデルと比較すると
設計の古さや剛性の低さは多少はあるのでしょうか?
アドバイスよろしくお願いします。
Commented by b-faction at 2015-06-06 07:18
新米パパさん、どんな人が書いたのか知りませんが、上っ面の知識を元に固定概念で論じていらっしゃいます。基本的に一世代前の設計は凄いのです。現行モデルでは出来ないことが仕込んであります。勿論、最新のレガシィやレヴォーグしか持てない機能は叶えられません。でも、乗ると解りますよ。7人乗りのSUVを作った理由が。あれはとてもスバルらしいから。
Commented by 新米パパ at 2015-06-06 10:23 x
アドバイスありがとうございました。
確かに、乗ってみて感じるのが一番ですね。変な情報、先入観は捨てて試乗しに行ってみます。後、一世代前は凄いとおっしゃってますが、具体的にどう凄いのか教えて頂けませんか?スバル初心者ですので
宜しくお願いします。
Commented by b-faction at 2015-06-06 11:54
BP/BLの設計思想には利益を度外視した技術屋の浪漫がふんだんに注ぎ込まれています。
Commented by 新米パパ at 2015-06-06 12:56 x
何度も質問してすみません。最後にまとめとしてお聞きしたいのですが、
クロスオーバー7は、利益度外視で造られた時代の設計の熟成型なので、現行の他モデルよりもコストを掛けて造ってあるという事でしょうか?
Commented by b-faction at 2015-06-06 14:07
クロスオーバー7は一つの時代に完成させた理想形の発展型です。それは単なる熟成では無く全く違う方向に展開されました。なので普通のモデルチェンジとは少し違う方向にコストを掛けてあります。だから魅力ある内外装になっています。あのクオリティが低価格で手に入ると言うことを良く見てきて下さい。感想を是非お聞かせ下さい。見ればこの話に納得されるはずです。
Commented by 新米パパ at 2015-06-06 17:17 x
わかりました。色々とありがとうございました。また、コメントさせてもらいますね。
Commented by b-faction at 2015-06-06 17:54
新米パパさん、楽しみにしています。
Commented by 福岡人 at 2015-06-07 19:16 x
代田社長、こんばんは。助手席エアバッグのリコールに行ってきました。他社のエアバッグのリコールにも行きましたが、スバルの方が迅速、丁寧でした。最近、他社の整備に行くと、はてなと思うような製品や、まだ使用できるのでは無いかと思える部品の交換を薦められる事が多く、いささか辟易しております。
クロスオーバー7見てきました。残念ながら、ひどい雨で担当さんも接客で忙しそうでしたので、試乗はまたの機会に見送りました。内装、外装はチリまでよく観察してきました。
お世辞抜きに、内装は10年でずいぶん進化しましたね。レガシィのRS30よりも遙かに良いです。(比べる方がおかしいか)F型になることを批判する人もいるようですが、私はいつも、モデルチェンジの直前の型を購入してきました。2.5リッターで、ほぼフル装備で270万、軽自動車が200万の時代に良心的だと思いました。試乗が楽しみです。
Commented by b-faction at 2015-06-07 19:42
福岡人さん、こんばんは。リコールお疲れ様でした。九州は梅雨入りですね。ご用心下さい。黒いボディはお仕事にも合いそうですよ。
Commented by KOH at 2015-06-14 01:04 x
はじめまして。
CO7の購入を考えている者です。
当方8ヶ月になる子供がおります。子供も増えるかもしれず7人乗りは非常に魅力的です。
ただフォレスターへの憧れもあり迷っております。X−BREAKの撥水シートが子供が汚してもすぐ拭き取れるというのも好印象でした。
静岡に住んでいるため雪はほとんど降らないのですが、趣味はスキー。でもガチンコのオフロードは体験する機会も少ないかもしれません。やはりCO7かなあ。
仕事用の車で8年ほど前のレガシーB-SPORTを乗り回しています。フィーリングは最高です。CO7のベースがその当時のレガシーを継承しているということなので安心はできると思っています。

代田社長のCO7へのコメントを拝見してCO7がさらに魅力的に思えてきました。
Commented by b-faction at 2015-06-14 07:23
KOHさん、おはようございます。フォレスターはかなり本格的なSUVでランクルあたりにも匹敵します。クロスオーバー7はハリアーの性能を楽に有すると思えば良いでしょう。内装が良いし革ならダニも発生し難いので子育て世代には良いと思います。
Commented by わかっぱ at 2015-06-14 19:40 x
こんばんは、わかっぱです。
あれからディーラー(名古屋スバル)で試乗してきました。
なるほどさすが7年間アップデートしてきた事はありますね。内装のクオリティにも感心してしまいました。
昨日2度目の商談で、クロスオーバー7に乗り換える事になりました。また色ですがさんざん悩んだあげくダークブルーに決めました。これから末永く乗って行きたいと思います。
この度はいろいろアドバイスを頂き、ありがとうございました。
またクロスオーバー7が納車されましたら、ご連絡致します。
Commented by b-faction at 2015-06-14 21:43
わかっぱさん、こんばんは。ご契約おめでとうございます。お役に立てて嬉しいです。またコメントを御待ちしてます。
Commented by 新米パパ at 2015-06-23 16:38 x
先日、色々とアドバイスいただいた事を
頭に入れて、クロスオーバー7の試乗に行ってきました。
社長が言われてた事がよくわかりました。
まず、内外装の質感がホントにいいですよね。キャメルのレザーシートも上質な感じで好みな感じでした。
隣にアウトバックが並んでて比較して見たのですが、全然見劣りしないですし、むしろクロスオーバー7の方が高級感がある印象でした。次に、乗ってみてさらに驚きました。足回りのセッティングが絶妙で、硬すぎず程よいストローク感があり、乗り心地よくハンドリングはもちろんいいですし、遮音性の高さにもビックリしました。本当に静かな車ですよね。個人的には、乗り心地・静かさならフォレスターやインプレッサなんかより遥かに良く、上質な乗り味の車だと思いました。

本格的なオフロード走行しない人は、こっちの方パッケージとして魅力的だと思いますね。装備てんこ盛りでお買い得ですしね。ホントに、この車の良さは実際に見て乗ってみないとわからなかったです。
一気に欲しい気持ちになりました。
Commented by b-faction at 2015-06-24 18:40
新米パパさん、待望の長距離テスト、7月早々にスケジュール決まりました。楽しみです。
Commented by noha at 2015-09-21 12:19 x
はじめまして、SG5クロススポーツを16万キロ近く乗ってる者です。新型エクシーガは今乗っているフォレスターにシルエットが似ていて驚きました。冬場は毎週スキー場と家の200キロを往復していますが、7人乗り可能で雪道と高速道路を快適に走りそうなのでこの新型エクシーガが欲しくなりました。
Commented by b-faction at 2015-09-21 13:46
nohaさん、こんにちは。クロススポーツをストレッチした感じが確かにありますね。大勢乗る人にはもってこいの快速SUVだと思います。
Commented by LEGACist at 2015-11-29 00:29 x
はじめまして。
CROSSOVER7の購入を検討している者です。
現在、他社のミニバンとBLレガシィD型SPECBを所有しております。 レガシィは私専用車で楽しませてもらっています。
 今回、他社ミニバンをCROSSOVER7に買い換える検討をしております。
テーマは、「妻が安心して雪道を運転できる7シーター」です。
レガシィはMTであるため、妻は運転できません。
また、スキーを趣味としている私と娘ですが、やはり雪道はレガシィーを選択して出掛けます。
 何の不安もなく雪道を走り抜けてくれます。レガシィの雪道走破性は私に安心感と満足感を与えてくれます。
 しかし、STIのローダウンコイルスプリングを入れているため若干地上高が低く、除雪されていないやや深い雪道ではラッセル車になることもたまにあります。
 フォレスター(本命)、アウトバックと地上高に余裕のあるモデルがいいのですが、帰省時は両親を乗せて出掛けることもあり7シーターが必須になります。
 CROSSOVER7の最低地上高はアウトバックより30mm低く、エクシーガより10mm高いということで、除雪されていない雪道では十分な地上高だろうか?と感じています。発売されてから冬を迎えていないCROSSOVER7ですので、ネットのどこを探しても参考になるご意見が見つかりませんでした。
 CROSSOVER7の走行性能は素晴らしいと感じていますが、雪道走破性はどのようにお考えかお聞かせ頂けないでしょうか?
 宜しくお願い致します。
Commented by b-faction at 2015-11-29 07:24
LEGACistさん、おはようございます。七人乗りが必要ならフォレスターとアウトバックの選択肢は消えますね。
COの最低地上高をさほど心配する必要は無いですよ。除雪されていない雪道でも走破性はフォレスターほどでは無いですが、タイヤさえ良いモノを付ければ大丈夫です。除雪されてない雪道がどのような道なのか、もう少し詳しく教えて下さい。
Commented by LEGACist at 2015-11-29 10:20 x
おはようございます。

早速のご回答ありがとうございました。

小生、広島在住ですが、昨年と一昨年は大雪に見舞われ、スキー場までの道中は除雪が間に合わないことが多くありました。

スキー場近くに宿泊した際は、一晩の積雪でマフラーが隠れるほどで、雪かきして車を出したことがありました。
レガシィーですので、脱出には苦労しませんでした。

舗装道路でタイヤラインの間にできる、コンモリしたわだちが結構厄介で、スポイラーをこすりながらの走行だと、スポイラーやバンパーが破損しないか心配した経験がありました。

フォレスターとの雪道走破性ですが、X-MODEの有無のほかに違いはありますか?

お忙しいとろこ大変恐縮ですが、宜しくお願い致します。

先日、こちらのブログに行き着き、とても興味深い内容が満載で過去に振り返って一日一日を拝読させて頂いております。

私の父がスバリストで歴代レオーネに始まり、初代アルシオーネVRもありました。

クサビ型の鋭いフォルムのインパクトが印象的でカッコイイと
子供ながらに感動を覚えたのを記憶しております。

そして、私はBLレガシィSPEC.B(D型)を所有しております。
走行も13万キロを迎え多走行になり、これから追々、メンテナンスなどご教示ただけると嬉しいです。

今後とも宜しくお願い致します。
Commented by b-faction at 2015-11-29 10:44
LEGACist さん、大丈夫です。レガシィよりサス自由長を伸ばしてありますから心配いりません。スバルは走り込みが徹底してますから、クロスオーバーを謳う以上AWDの能力は特に熟成させています。
フォレスターはロードクリアランスが更に大きいので安心ですが、雪道以外の能力を高めています。7人乗れる点を優先し、COを選ばれても後悔しません。安心して購入して下さい。
Commented by LEGACist at 2015-11-29 11:37 x
ご回答ありがとうございました。

ご丁寧に解説頂きましてありがとうございました。
安心して検討を進めたいと思います。

今後も様々な情報を楽しみにして拝読させて頂きます。

また相談がありましたら宜しくお願いいたします。
Commented by b-faction at 2015-11-29 12:26
LEGACistさん、どういたしまして。またコメント下さい。
Commented by まんが盛り at 2016-04-09 21:21 x
以前コメントさせていただいた者です。
社長様のレビューを参考にし、一年間熟慮した結果、13万キロを共にしたC型BL5から、CO7モダンスタイルに乗り換えることにしました。

妻もフォレスター、XV、レヴォーグの試乗をし、CO7が一番しっくり来たようで、試乗から即決となりました。

当方、北海道在住のため中々本州に行く機会がないのですが、いつの日にかCO7と家族とともに、中津スバルと社長様のところにお邪魔できればと思っています。

どうもありがとうございました。
Commented by b-faction at 2016-04-10 10:53
まんが盛りさん、おはようございます。お役に立てて嬉しいです。ぜひ遊びにいらっしゃって下さい。エクシーガなら楽しい旅が出来ると思います。楽しみにしています。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by b-faction | 2015-05-02 21:50 | Comments(68)

毎日の活動やスバルについてご紹介します


by b-faction