人気ブログランキング | 話題のタグを見る

スバル アルシオーネを「楔(クサビ)」と名付けた男

スバル アルシオーネを「楔(クサビ)」と名付けた男_f0076731_17501213.jpg
展示場の一角に美しい花が咲いた。

スバル アルシオーネを「楔(クサビ)」と名付けた男_f0076731_17502509.jpg
イベントが終わった翌日は、
大掃除でスタートした。

スバル アルシオーネを「楔(クサビ)」と名付けた男_f0076731_17545464.jpg
展示車を全て移動し、
奇麗に掃くと同時に自然環境を整える。

スバル アルシオーネを「楔(クサビ)」と名付けた男_f0076731_17525727.jpg
展示場に出来た石畳に、
ドクダミがはびこっていた。
その奥に奇麗な白い花が咲いていた。

雪柳と妻は言うが、
違う花だと気付いたようで、
小手毬だと言い直した。

本当だろうか。
そこから続く工房の境目も春らしくなった。
緑が溢れている。

もうじきサツキが咲き誇るだろう。
スバル アルシオーネを「楔(クサビ)」と名付けた男_f0076731_17544033.jpg
この斜面をこれからしばらく整える。
抜くべき植物と残す植物を明確にして、
気持ちの良い空間を作る。

中津スバルの環境改善のポリシーは「残す」にある。

そして課題毎にコンセプトを考え、
決められたことをやり遂げる。
スバル アルシオーネを「楔(クサビ)」と名付けた男_f0076731_17562502.jpg
「掃く」に続いて「洗う」が始まる。
スバル アルシオーネを「楔(クサビ)」と名付けた男_f0076731_17563657.jpg
こちらの空間を洗って整えることは、
気持ちを浄化することに繋がる。

「残す」ポリシーで、
「掃く」コンセプトと、
「洗う」コンセプトで掃除を続けた。

単純だけど大切な考え方で、
中津スバルの根幹を支える意味を持つ。

掃除が終わったのを見計らったかのように、
尾張旭から生田さんがいらっしゃった。

頬の火傷を心配して、
傷跡が残らない処方を指導して下さった。
スバル アルシオーネを「楔(クサビ)」と名付けた男_f0076731_17571391.jpg
お二人とも医療のプロだ。
このテープが役立った。
スバル アルシオーネを「楔(クサビ)」と名付けた男_f0076731_17573572.jpg
傷跡を水から守り、
通気性も良い。

スバル アルシオーネを「楔(クサビ)」と名付けた男_f0076731_18012634.jpg
テープを貼り付け、
スバル アルシオーネを「楔(クサビ)」と名付けた男_f0076731_18013526.jpg
表面のシールをめくると、
スバル アルシオーネを「楔(クサビ)」と名付けた男_f0076731_18014495.jpg
コーティングされたように皮膚を守る。
スバル アルシオーネを「楔(クサビ)」と名付けた男_f0076731_18015062.jpg
剥がすのも簡単だ。
スバル アルシオーネを「楔(クサビ)」と名付けた男_f0076731_18020075.jpg
二人のおかげで全国販売店大会に余裕で参加できそうだ。

この日は午後から重要な仕事があった。
スバル アルシオーネを「楔(クサビ)」と名付けた男_f0076731_18023228.jpg
終日にわたり「すびーちゃんねる」の取材に協力した。
おかげでイベント明けの虚脱感に襲われることも無く、
有意義な1日が過ごせた。
スバル アルシオーネを「楔(クサビ)」と名付けた男_f0076731_18030869.jpg
取材のテーマは、
「スバルの軽自動車」だった。
スバル アルシオーネを「楔(クサビ)」と名付けた男_f0076731_18033060.jpg
久しぶりにワイヤレスマイクを付けた。
ディレクターの藤原さんと、
カメラマンの在原さんだ。
スバル アルシオーネを「楔(クサビ)」と名付けた男_f0076731_18034280.jpg
まず黎明期のスバルを語り、
第二世代から第四世代の軽自動車に話を移した。
スバル アルシオーネを「楔(クサビ)」と名付けた男_f0076731_18035513.jpg
マリオが初めて手に入れたクルマもヴィヴィオだった。
スバル アルシオーネを「楔(クサビ)」と名付けた男_f0076731_18043008.jpg
懐かしさもひとしおだろう。
ここは是非番組を視聴して欲しい。
スバル アルシオーネを「楔(クサビ)」と名付けた男_f0076731_18060017.jpg
続いて大好きなR1に話が移った。
RX-RもR1も、
ポリシーは同じだ。

軽自動車から「図抜けた」性能の実現だろう。
そして両車はそれぞれのコンセプトで開発された。

非常に興味深い新型車が、
スズキ自動車から発売された。

R1と全く対照的で、
面白いクルマだ。
スバル アルシオーネを「楔(クサビ)」と名付けた男_f0076731_20474811.jpg
このクルマのポリシーは「軽量化」だ。

R1に負けず劣らず、
凝った造りの灯火器だ。
スバル アルシオーネを「楔(クサビ)」と名付けた男_f0076731_20480148.jpg

このクルマのコンセプトは、
あくまで軽自動車の領域から出ないことだ。

その上でスズキが有する最良の技術を、
余すところなく投入した。
最近の軽自動車は車体に樹脂を活発に使う。
R1はリヤゲートが樹脂という贅沢な造りだが、
こちらはフェンダーやラジエターコアサポートなどを樹脂化した。
スバル アルシオーネを「楔(クサビ)」と名付けた男_f0076731_20481875.jpg
造形にお金をしっかり掛けている。
そこもR!と似ているが、
日本人らしいデザインで面白さと言う点で少し物足りない。
スバル アルシオーネを「楔(クサビ)」と名付けた男_f0076731_20483090.jpg
けれど全体のまとまりが良いから、
ヒットするに違いない。
スバル アルシオーネを「楔(クサビ)」と名付けた男_f0076731_20484158.jpg
エンジンは小型車並みのトルク特性で、
最近の軽自動車に共通した力強さがある。

やはり軽さは性能だ。
7000回転まで回るエンジンはパンチも凄い。
スバル アルシオーネを「楔(クサビ)」と名付けた男_f0076731_20485136.jpg
R1の解説は「すびちゃんねる」マリオがガッツリ担当する。

だから最新の箱車の性能を、
スバルを代表する軽自動車の後で確かめた。
こちらの動画でアルトRSの走行特性を見て欲しい。

協力してくれたのは、
中津川に於けるスズキ販売の老舗、
佐々木モータースの佐々木社長だ。

RX-RやR1と比べると、
質感よりも解り易い性能に軸足を置いている。
パワフルだし見栄えも良く、
自動ブレーキもあるしアイドリングストップで燃費も良い。

鉄分が少ないのも良くわかる。
軽くするために鉄の使用量を減らす。

それが明確に体感できるので、
走り終わった後で脱力感が襲ってくる。

しかし軽自動車ならこれで良い。

R1の取材が終わった後、
軽く一息入れた。
皆でみたらしを食べながら、
スバル アルシオーネを「楔(クサビ)」と名付けた男_f0076731_18061845.jpg
次の取材対象の話を聞いた。
動き回った後なので炭水化物の摂取が大切だ。

山盛りのみたらし団子は、
あっという間に無くなった。

こうして後半の録画撮りが始まった。
スバル アルシオーネを「楔(クサビ)」と名付けた男_f0076731_18063950.jpg
軽自動車の取材かと思いきや、
その裏には更に大きな野望があった。
スバル アルシオーネを「楔(クサビ)」と名付けた男_f0076731_18065825.jpg
藤原さんにお土産を戴いた。
スバル アルシオーネを「楔(クサビ)」と名付けた男_f0076731_18070858.jpg
社員皆で美味しく頂きました。

彼らの希望はS・A・Bで保管する車両を比較取材することだった。
アルシオーネは世界のToshiが試乗して以来、
静かに格納庫で出番を待っていた。

工房に引っ張り出すと、
嬉々としているように見えた。

ベストカープラスの取材では、
急に大雨が降り始め苦労の連続だったが、
晴れ男のマリオらしく絶好の天気に恵まれた。

今回のゴールデンウイークには、
遠方からもゾクゾクとお客さまがいらっしゃった。

アルシオーネを愛用する人達も来場された。
中でも飛びっきり熱いオトコを紹介しよう。

彼をミスターOと呼んでいる。

実に謙虚な男だ。

朝一番に来店されたが、当時は来客のピークだった。

忙しそうな姿を見ると、
スッとどこかに消えてしまった。

1時間以上お相手出来なかったので、
周辺を探し回ると、
スバル アルシオーネを「楔(クサビ)」と名付けた男_f0076731_18073747.jpg
彼らは静かにベンチで待っていた。

アルシオーネに注ぐ愛情は果てしなく深く、
スバルを愛する気持ちは日本一と言っても過言では無い。

彼こそアルシオーネをクサビと呼ぶにふさわし男だ。

クサビを持つ仲間に掛ける愛情も半端ではない。

遂に完全に蘇った愛機を、
わざわざ届けて下さった。
最高のアルシオーネを味わわせるために・・・・・。
スバル アルシオーネを「楔(クサビ)」と名付けた男_f0076731_18075094.jpg
内装も全て張り替え、
スバル アルシオーネを「楔(クサビ)」と名付けた男_f0076731_18082603.jpg
ドアだけで無くルーフトリムも新品だ。
スバル アルシオーネを「楔(クサビ)」と名付けた男_f0076731_18083561.jpg
ステアリングホイールのステッチも粋で、
スバル アルシオーネを「楔(クサビ)」と名付けた男_f0076731_18084360.jpg
劣化した部分も全て張り替えられている。
スバル アルシオーネを「楔(クサビ)」と名付けた男_f0076731_18085196.jpg
樹脂パネルの造形まで手を加え、
劣化部分を修正したに違いない。
スバル アルシオーネを「楔(クサビ)」と名付けた男_f0076731_18090107.jpg
スバルのオーナメントに代わって、
STIのチタンエンブレムが付いている。

それもそのはずだ。
エンジンは完全にバランス取りされている。
スバル アルシオーネを「楔(クサビ)」と名付けた男_f0076731_18091178.jpg
最近のSTIより優れた仕事ぶりだ。

アルシオーネが素晴らしい状態に仕上がって、
新しい命を吹き込まれたようだ。

こんなに嬉しいことは無い。
スバル アルシオーネを「楔(クサビ)」と名付けた男_f0076731_18092001.jpg


この動画でクサビの全てが解るはずだ。

スバル アルシオーネを「楔(クサビ)」と名付けた男_f0076731_18093293.jpg
ホイールもオリジナルのまま修復され、
まるで新品のようだ。
スバル アルシオーネを「楔(クサビ)」と名付けた男_f0076731_18094021.jpg
中津スバル謹製のマフラーに目が惹きつけられる。
スバル アルシオーネを「楔(クサビ)」と名付けた男_f0076731_18094975.jpg
ミスターOから素晴らしいプレゼントを受け取った。

愛車のシートに使った素材と同じ、
刺繍付きファブリックだ。
スバル アルシオーネを「楔(クサビ)」と名付けた男_f0076731_18072822.jpg
サインはアルシオーネのPGM、
高橋三雄さん直筆だ。
ありがとうございました。

お土産センターに飾る記念碑がまた一つ増えた。

中津スバルのアルシオーネにも魂が込められている。

そのポリシーは、
「新車の状態に可能な限り近づける」にある。
スバル アルシオーネを「楔(クサビ)」と名付けた男_f0076731_18101261.jpg
このインプレッションはマリオに任せよう。

この日の夜、
生田さんのおかげで、
しっかり泳ぐことが出来た。

連休でなまったカラダをキッチリ締めた。
スバル アルシオーネを「楔(クサビ)」と名付けた男_f0076731_18102593.jpg
連休前と変わりないタイムで、
1000mを泳ぎ切った。

いよいよ全国販売店大会だ。
今年の開催場所は京都。
吉永社長にお目に掛かるのが楽しみだ。

Commented by はつ at 2015-05-10 12:58 x
社長、こんにちは!
GWイベントに、DE添乗お疲れ様でした。
動画、どれも良かったですよ〜アルトも!アルシオーネかっこいいですね〜社長も三本さんみたいに【いつもの山坂道へ持ってきました…】のくだりでやってもらいたいですね!今日は、愛機BRZのボディに付着した鉄粉取りやってます。低いからか、結構付着しますね。昨日は、地元の販社さんで、アウトバック試乗させてもらいました。たいへん気に入りました。T社ミニバンから乗り換えしたくなりました!
Commented by b-faction at 2015-05-10 13:23
はつ さん、こんにちは。アウトバックはBRZと真逆の魅力を持つので、きっと気に入ると思ってました。また良いモノをおわけしますのでいつでも御相談下さい。
Commented by はつ at 2015-05-10 16:42 x
社長、ありがとうございます!まだ先になりそうですが、その際はよろしくお願いします。CO7も悪くないのですが、今現在の家族車がミニバンなので次は3列シート無しで走破性の高いSUVに乗りたいなあとい思っていました。ただしある程度後席の居住性を考えるとフォレスターやXVではなくアウトバックがいいですね〜おや、次のブログはタイムリーに楽しみなタイトルですね!
Commented by 福岡人 at 2015-05-10 17:54 x
代田社長、こんにちは。お茶は着いたみたいですね。皆さんでお召し上がり下さい。社長はアルトRSを軽快に運転されていましたね。私はAGSになじめずに、つい足を動かしてしまいそうになりました。機会があれば、混雑した町中ではなく近所の山道を運転したいものです。
Commented by b-faction at 2015-05-10 18:52
はつさん、米国製のアウトバックをペンディングしてたので、
急いで紹介します。ああ、忙しい。(笑)
幸せな忙しさだと思うので頑張ります。
Commented by b-faction at 2015-05-10 18:58
福岡人さん、美味しいお茶をありがとうございました。このごろ娘がお茶に凝っています。今日あたり放浪から戻ってくるので、とても喜ぶはずです。アルトRSはオートクラッチと同じです。更に電子制御が入り簡単になりましたが、昔取った杵柄ですぐ慣れました。足が出そうになるタイミングでアクセルを軽く閉じれば良いのです。街の中で試してみて下さい。ただしボディはプレオバンの方が強靱でスバルらしいですよ。シンプルイズBESTかな。
Commented by ひろです。 at 2015-05-10 21:17 x
こんばんは!カスタマイズされたアルシオーネですね!赤く塗られたインテークマニにヤル気を感じます。私も、昔アルシオーネVRターボに乗ってました。運転席に座った時に、飛行機的と驚いた覚えが有ります。貴重な個体ですね!オートクラッチ懐かしい!私も昔スバルに入社した時に、お客さんのレックスKM1オートクラッチを納車に行く際、営業に乗って言ってと言われて運転した事が無いオートクラッチに戸惑った事を思い出しました。アクセルを踏んでると全体にミッションはいりませんでしたので焦りましたー。
Commented by b-faction at 2015-05-11 12:05
ひろさん、こんにちは。スバルには色々な仕込み技がありましたからね。最初はファミリーレックス(笑)に搭載しましたよね。確か山口百恵が婚約した年です。
Commented by ひろです。 at 2015-05-11 21:59 x
お返事ありがとうございます。さすが社長!オートクラッチ登場はファミリーレックスです!百恵ちゃん結婚の年の昭和55年ですね!元祖は、スバル360オートクラッチ何ですよね?スバルは昔から細々と言うのか素敵ですね。
Commented by b-faction at 2015-05-12 07:07
ひろさん、おはようございます。エアサスは復活させても良いアイテムですね。何に似合うかな。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by b-faction | 2015-05-10 12:23 | Comments(10)

毎日の活動やスバルについてご紹介します


by b-faction