人気ブログランキング |

最新型BRZの正しい使い方

すっかり放置されて、
少しBRZにストレスが溜まっているらしい。
f0076731_18084737.jpg
何しろ開田高原に一度連れて行っただけだ。
行けると思っていた京都に同伴される事もなかった。

BRZの妻に対する嫉妬をヒシヒシと感じた。
f0076731_18093937.jpg
京都で数カ所のお寺を拝観し、
スバルの将来を念じた。
その後で妻の見つけたお土産屋さんに寄った。
f0076731_18094854.jpg
素敵なみたらし団子屋さんを見つけた。
GWのイベントで大好評だった。
やはり日本人には和菓子が良い。
f0076731_18095949.jpg
ここには面白い商品戦略が並び、
観光客に喜ばれていた。
これを次の感謝ディの参考にさせて戴こう。
f0076731_18100716.jpg
来月も恒例のお楽しみイベントを開催する。
わらび餅でおもてなしする予定だ。

何件も土産物屋が並んでいる。
f0076731_18101701.jpg
その中に京都の名物を売る店があった。

子供の頃は、
ニッキの香りと、
とてつもなく硬い食感が苦手だった。

決して好物では無かったが、
さすがに京都の商人は違う。
優れたマーケティングで、
「生八つ橋」なる名物を育て上げた。

f0076731_18102593.jpg
明るいキャラの店長が気に入り、
社員へのお土産を購入した。

そして新幹線に飛び乗り、
まだ明るいうちに中津川に戻った。

そして首を長くして待っていたBRZに飛び乗った。
f0076731_18104500.jpg
好天の中、
東を目指して快調に飛ばした。

これまで新型車のテストも兼ねて、
全国大会に出張するのが当たり前だった。

だから誰もがクルマで来たと思っていた。
でも京都は近すぎて、
クルマを使うには少し物足りない。

それに、せっかく京都を散策するなら、
プロのガイドに案内してもらった方が遙かに効率が良い。

連休の間、
とても忙しかった。
妻の慰労も兼ねてノンビリと列車を使って京都に行った。

というのも、
この週は出張が重なっていた。
京都から戻ると、
すぐ関東方面にも向かわねばならなかった。
それで会社に着くと、
すぐに翌日の段取りを済ませ、
そのまま高速道路に飛び乗った。

金団雲のような雲だな。
中に何か隠れていそうな不思議な雲だ。

f0076731_18105527.jpg

翌日、重要な会議に参加した後、
ようやく硬さがほころんできたBRZを、
思いっきり走らせた。

その時の様子をこの動画に収めた。
BRZの挙動がどのように変化したか、
良く解るに違いない。

百聞は一見に如かず。
f0076731_18114471.jpg
600km近く走行し、
燃費は1リットル当たり11.4kmだった。

走りの内容に対して、
とても良い数値だ。
f0076731_18113546.jpg
オドメーターも1000kmに近くなった。

やっと少し硬さが取れたけれど、
まだまだ本当のしなやかさを出すには至っていない。
最近のスバルは、
それくらいカチッと作られている。

f0076731_18115469.jpg
BRZの持ち味は、
ヒラリヒラリと舞うように走る事だ。

晴れたターマック路面は絶好のシチュエーションだ。

でも滑る道でも面白い。

挙動が安定していて、
クルマが軽いから、
ちょっとスリリングな方が楽しめるほどだ。

自然吸気エンジンの方が、
FRスポーツには絶対に相応しい。

木曜日はあっという間に終わった。

京都に居る頃、
一人のお客さまがショールームにいらっしゃった。

そして金曜日に、
WRXを使用したDE(ドライブエクスペリエ)を予約された。

ヒラリヒラリと舞う軽量な飛行機から、
ジェット戦闘機に乗り換えるような感覚かもしれない。

初めて千葉で開催されたエアレースを見ると、
イコールコンディションに揃えられた飛行機の舞いと、
BRZの走りが重なり合う。

DEを申し込まれたお客さまは、
昔からDOHCターボを操る62歳のクルマ好きだ。

来店される前にWRXで慣熟走行すると、
しなやかな変化に驚いた。
f0076731_18120721.jpg
一番大きな理由は5000㎞以上走って、
クルマ全体に馴染みが出たことだろう。

もう一つは、
タイヤをコンチネンタルに替えて事が、
良い方向にWRXを変えた。

だから随分走りが素直になった。
f0076731_18121921.jpg
今、この望桜荘の前に、
奇麗な花畑が出来ている。

久しぶりに光輪蒲公英が満開になった。

元気な年と、
少ししか咲かない年がある。

f0076731_18142944.jpg
土を手入れする事・・・・・、
それをとても大切にしている。

この場所も酷い荒れ方だったが、
徐々に手入れするうちに奇麗に整った。

土を大切にすると「素」の見直しに繋がる。

それは「素直」とという言葉も連想させる。

素直になると、
物事がスムーズに運ぶ。

クルマの運転には「我」が滲む。

それを取り除くと、
スムーズなドライブが可能になる。

我を取り除くには、
素直になるのが一番だ。

簡単なようで、
なかなか難しい。

でも色々なコツがあるので、
それさえ掴めば、
あっという間にスムーズドライブを会得できる。

土を蘇らせると、
その色々なコツもわかる。

金曜日の午後、
蒲公英のような女性が現れた。

f0076731_18143934.jpg
DEを希望されたので、
土曜日の朝一番で承った。

ステアリング捌きの癖を指摘すると、
男性より女性の方が柔軟に吸収する。
f0076731_18145176.jpg
大きなクルマには乗れないと決めつける前に、
素直な気持ちで運転を見直すと、
見えない価値が理解出来ることもある。

DEが終わると、
妻が「かしわ餅」を差し入れてくれた。
f0076731_18150555.jpg
この柔軟性を大切にして、
お客さまと楽しい時間を過ごしたい。

すると名古屋から電話が入った。
愛車のサンバーの機嫌が悪いという。

「セカンドオピニオンが欲しいので点検して下さい」と仰った。
f0076731_18152855.jpg
古いクルマなので、
どんなものかと思案したが、
お目に掛かって良かった。

約束通り、
日曜の朝一番に工房へ滑り込むように現れた。

セカンドオピニオンどころか、
持病が一発で治ったので大変喜んで戴けた。
f0076731_18153792.jpg
スリーナインは希望ナンバーでは無く、
偶然とれたものだという。

これは「添い遂げる」という運命の表れかもしれない。

そんなことを丹羽さんと話しながら、
ふと感じた。
f0076731_18154502.jpg
驚くほど奇麗なKT2は、
絶好調で快音を響かせて走る。

当社にも動態保存した個体があるが、
大きく改造されたクルマ故、
公道を走ることが一切出来ない。

それだけに、
新車並みの性能を温存したKT2は、
とても新鮮に感じられた。

直列二気筒ならではのビートも素敵だ。
f0076731_18155357.jpg
なんと前のオーナーは、
リモコンドアロックまで仕込んでいたそうだ。
f0076731_18160047.jpg
ステアリングも新品のようで、
クラシカルなスバルロゴが眩しかった。
f0076731_18160865.jpg
ボタン切り替え式の4WDになったばかりの頃は、
4WDという書体にも独特の重みがある。
f0076731_18161637.jpg
エクストラロー付き4速ミッションは、
低出力な軽トラックにぴったりで、
とても扱いやすい。
f0076731_18162440.jpg
ボディもピカピカで、
面倒見甲斐のあるクルマだった。
f0076731_18163232.jpg
サンバーと入れ替わるように、
懐かしい98が里帰りした。

サンバーを作っていた場所で、
今、このスポーツカーが作られている。
f0076731_18170375.jpg
やはり農道のポルシェより、
ポルシェ製のピュアスポーツを彷彿させるクルマを作る方が、
よりスバルらしいだろう。
f0076731_18171225.jpg
中島さんに美味しいお土産を戴いた。
f0076731_18172011.jpg
今日はお嬢ちゃんと2人でデートだ。
糸子ちゃんが生まれて早々、
お父さんはWRXからBRZに乗り換えた。
f0076731_18173060.jpg
家族持ちこそスポーツカーに乗るべきだ。

何故か。
それは父親自らが、
子供に英才教育が出来るからだ。
f0076731_18173829.jpg
糸子ちゃんは逞しい。
絶対に父親の手を借りずにBRZに登り込む。

何しろサイドシルのシボマークにしっかりと手をつき、
セオリーを守って乗車するのだ。

そしてマイシートまでの長い道のりを、
確かな一歩で踏み固めていく。
f0076731_18174851.jpg
まさしく「ミニバケットシート」だ。
これをチャイルドシートなどと呼んだら、
彼女に失礼だろう。
f0076731_18175862.jpg
早速ニュルブルクリンクに於ける、
ドライバーチェンジのように、
お父さんが介添えをしてフルハーネスが装着された。
f0076731_18180718.jpg
「まあ、嬉しい」と最高の笑顔だ。
これぞ、
f0076731_18181937.jpg
最高の「スバリスト養成ギブス」だ。
糸子ちゃんのドラポジに注目して欲しい。

完全にドライバー目線だ。

これで幼少期から「コースセッティング」と、
「コーストラッキング」をカラダで覚える。

きっとニュルを平気で走れるようになるに違いない。

まるで入れ替わるように、
ゾクゾクと「スバリスト養成ギブス」現れた。
中島さんが中津シェライフェに向かうとすぐ、
滋賀から中瀬さんがWRXで来店された。
f0076731_18183011.jpg
太一君もすっかりお兄さんだ。
スポーツブルーの初代WRXに乗るのが嬉しくて堪らない。
f0076731_18184770.jpg
EJ20の鼓動をカラダに刻み、
助手席で走行ラインを脳裏に刻むのだ。
f0076731_18190056.jpg
美味しいお土産をありがとうございました。

f0076731_18190832.jpg
さすがに奥が深い近江国だ。
f0076731_18191591.jpg
中津川の和菓子作りに、
間違いなく影響を与えている。
包装紙を見て驚いた。
f0076731_18192418.jpg
裏側に「もったいない」の精神が生きている。
f0076731_18193840.jpg
捨てるには惜しい和紙なのだ。

早速、
妻にお願いした。
f0076731_18194628.jpg
爪先に武器を持つ妻だが、
手先は凄く器用だ。
めんどくさそうにしているようで、
f0076731_18195633.jpg
仕事は早い。
f0076731_18200596.jpg
まるで秒速だ。

とても気品漂う封筒になった。
こうして実りある一週間が終わった。

皆さん今週もよろしくお願いします。

Commented by はつ at 2015-05-17 20:34 x
社長今晩は!
土日で、盛岡市へBRZで行ってきました!盛岡市内には奇遇ですが、中津川と言う川が流れていました。大変綺麗な川でした。BRZでの、高速はとても快適でした。

今回のブログには、何やら僕のBRZの先輩が…続き楽しみです!
Commented by b-faction at 2015-05-17 21:14
はつさん、こんばんは。ご明察。魂注いだ2代目のBRZです。
盛岡へ一度だけ行ったことがあります。
その川には気がつきませんでした。

中津川はどこも奇麗なんですね。嬉しいです。
Commented by アゲイン at 2015-05-17 22:48 x
〉挙動が安定していて、
クルマが軽いから、
ちょっとスリリングな方が楽しめるほどだ。

このコメント、昨日フォレスターで海岸線沿いのワインディング道路を走った際、同じことを感じました。
スバル車に、共通したフィーリングです。

走りに拘るブランドにとって、軽さは重要でしょう。
Commented by jecht at 2015-05-17 23:34 x
代田社長、こんばんわ。
NBR24H、WRX完勝でしたね。
ノートラブルっていうのが凄いですね。
Commented by b-faction at 2015-05-18 07:26
アゲインさん、低重心で4独サス、これが大切ですね。
Commented by b-faction at 2015-05-18 07:27
jechtさん、オンボードカメラの映像を見て勝利を確信。最新型のWRXは奥が深いですよ。
Commented by タナベ at 2015-05-18 20:28 x
先日は受賞おめでとう御座います。
私も新幹線で来られたと聞いて驚いた一人です(笑)
命がけと仰った会場のカメラマンさん、近隣の人達と危ないと心配してましたがまるで忍者の様な身軽な人でしたよ。
翌日から東京へ向かわれると聞いて刺激を受け、私も朝一番の飛行機で戻り休みを返上して仕事しました。おかげさまで週末には登録車2台の受注を頂いた次第です。
今回も有難う御座いました。
Commented by b-faction at 2015-05-18 21:02
タナベさん、良い実績でしたね。おめでとうございます。
Commented by くにゃオール at 2015-05-18 22:22 x
社長こんばんは。

自分も、カッコだけのクーペに乗っていたから、家族持ちこそスポーツカーに乗るべきだ。という言葉は刺さりますね~。あの時真横から撃墜されなければなぁと後悔しますよホント。98の持ち主のお嬢さんはそのうち、運転席に乗せて~なんて言うんでしょうね、ウチの娘はたまにそういうので自分のでやってあげるんですが、なんとも嬉しそうにハンドル持ったりペダルを踏んだり楽しんでいますよ。

話変わって、やはり京都は近いんですか?カミさんは愛知の人だから同じことを言ってますね「車で2時間ぐらいだよ」なんて軽~く行ってますから。神奈川からしてみれば、いやいや、京都なんて6時間コースだよなんて思っちゃう。反対に鎌倉や箱根は近いんですけどね。

Commented by ひろです。 at 2015-05-19 07:36 x
おはようございます!京都から帰って来てからも社長はハードな動きだったのですね?でも、帰宅後すぐのBRZでの出張も、BRZの走りでリフレッシュと言った所だったのですね?動画の社長の説明楽しそうですね!サンバーも新車の様に美しいし持病は何でしたか?元KT乗りの私でして、差し支え無ければ知りたいです。BRZに着いているチャイルドシート、養成ギブスとは、確かにそうかも?と微笑みましたよ!今週も頑張って下さい。
Commented by b-faction at 2015-05-19 09:42
くにゃオールさん、おはようございます。ボクも物心ついた時はサブロクのステアリングを握らせてもらってました。京都は感覚的にすぐ近くです。高速道路で繋がっているため中津川に住んでいると白川郷などより近く感じます。ボクだけかもしれませんが。
Commented by b-faction at 2015-05-19 09:57
ひろさん、おはようございます。あっという間に一週間経っちゃいました。この後、インプレッサスポーツ1.6i-Sのテストが控えてます。あれもかなりの名機だと想像してます。サンバーの不調原因は、お客さまに問診した段階である程度予測が付きまし。それがピタリと当たりました。整備士には先入観を持たぬよう作業指示しましたが、報告を聞いて「やはり」というよう感じです。クルマに必要な三要素が揃ってなかっただけです。
Commented by くにゃオール at 2015-05-19 21:56 x
社長またスイマセ~ン。
白川郷は地図で見ると中津川から遠いですね。
同一県内であっても京都の方が近く感じるのがよく分かりますよ。
ボクも、いくら同一県内だとしても、箱根のほうが近く感じますね。とりあえず国道134号にでて西湘バイパスに乗って箱根新道で芦ノ湖まで行けば早いですからね。
反対に鎌倉ですが、藤沢駅周辺の狭い道と万年渋滞で気が滅入るし、かといって江ノ島経由で行ったとしたらそこでも混むし、いざ鎌倉に着いたら疲れますからね~。隣りの市だけど遠く感じますし、やはりアクセスがいいことに限りますね。
でもね、これからの季節は鎌倉のあじさいが見ごろで、古いお寺が多いですから観光客でごった返しですよ・・・。
そういえば、来月上旬にペヤングの発売が再開されるそうですね。思わずガッツポーズしましたよ。過去のブログで社長もお好きだとおっしゃってましたけど、生まれも育ちも神奈川のボクとしては、カップ焼きそばを買うときには自然とぺヤングに手が伸びてましたから、待ちどおしいですね。
Commented by b-faction at 2015-05-20 17:38
くにゃオールさん、こんにちは。鎌倉はあまり経験が無いのでゆっくり行きたい場所の一つですね。ペヤング復活ですね。楽しみに待ちます。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by b-faction | 2015-05-17 21:17 | Comments(14)

毎日の活動やスバルについてご紹介します


by b-faction
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31