人気ブログランキング | 話題のタグを見る

「利他」と「利己」

感謝デイを待っていたかの如く、
「利他」と「利己」_f0076731_20404561.jpg
竜舌蘭が満開になった。

「利他」と「利己」_f0076731_20405594.jpg
朝一番のブルーベリー畑は、
竜舌蘭の花でとても艶やかだった。

「利他」と「利己」_f0076731_20410323.jpg
当分の間、奇麗な花を楽しめる。

「利他」と「利己」_f0076731_20411300.jpg
9時からの開店に備え機動部隊が配置に着いた。

「利他」と「利己」_f0076731_20412218.jpg
梅雨時の安全確保にタイヤの点検も不可欠だ。

「利他」と「利己」_f0076731_20413437.jpg
スペシャリストを揃え、

「利他」と「利己」_f0076731_20415475.jpg
タイヤの他にLEDランプの即売も企画した。
しかし最近コンチネンタルタイヤに惚れたので、

どうしても商談の中心がそちらに向かう。

「利他」と「利己」_f0076731_20420577.jpg
ブリジストン、
コンチネンタル、
ピレリのそろい踏みとなった。

抽選会場も整え賞品を奇麗に並べた。

「利他」と「利己」_f0076731_20422450.jpg
夏の感謝ディの欠かせないプログラムがダーツだ。

「利他」と「利己」_f0076731_20423614.jpg
もう十年以上続く伝統のゲームで、

「利他」と「利己」_f0076731_20424544.jpg
サンバーベースの専用車を作ったほど定着している。

「利他」と「利己」_f0076731_20425422.jpg
今回も多くのお客さまに喜んで戴いた。

「利他」と「利己」_f0076731_20430694.jpg
岐阜から後藤さんがリフレッシュメンテナンスを兼ねて、
イベントに来店された。

「利他」と「利己」_f0076731_20431394.jpg
美味しい陣中見舞いを戴いた。

「利他」と「利己」_f0076731_20432111.jpg
その名の通り、
まるで豆腐を思わせるような水ようかんで、

「利他」と「利己」_f0076731_20432942.jpg
少しもっちりした食感と、
爽やかな甘さが素敵だった。

ありがとうございました。

「利他」と「利己」_f0076731_20433807.jpg
後藤さんは素晴らしいタイヤを入手した。

「利他」と「利己」_f0076731_20435139.jpg
何とスバルオフィシャルのドラシューだ。

「利他」と「利己」_f0076731_20435901.jpg
それを装着しレヴォーグのASPを初めて試された。

「利他」と「利己」_f0076731_20440850.jpg
試乗を終えダーツゲームの後にはお買い物タイムが控えていた。

「利他」と「利己」_f0076731_20442027.jpg
得点に合わせて買い物が楽しめる、
中津スバルの特別ルールだ。

「利他」と「利己」_f0076731_20442816.jpg
チャーミング屋台も大活躍して、
皆さんでコーヒーカーとコラボレーションした飲食を楽しまれた。

「利他」と「利己」_f0076731_20443794.jpg
社員全員で味見して決めただけあり、
田楽わらび餅は大好評だった。

そこに小包が届いた。

イベントの合間に妻をからかったので、
思いっきり不機嫌な顔をしている。
「利他」と「利己」_f0076731_20444440.jpg
だから無愛想に差し出しているが、
中身を見たとたんに機嫌が直った。

「利他」と「利己」_f0076731_20445308.jpg
くにゃオールさんからの陣中見舞いには、
ペヤングとレヴォーグのミニカーが入っていた。
「利他」と「利己」_f0076731_20450309.jpg
緩衝材代わりにとても使い易い洗車用タオルまで入っていた。
このタオルで洗車するとボディがツルツルになる。
くにゃオールさんお薦めの逸品だ。

ペヤングを妻にもお裾分けした。

「利他」と「利己」_f0076731_20451206.jpg
素晴らしいプレゼントをありがとうございました。

こうして初日は円滑に終わったが、
二日目は朝から波乱が待ち受けていた。

設営して周辺を清掃した頃までは良かったが、
開店の9時になると天候が急変した。

「利他」と「利己」_f0076731_20452292.jpg
まるでバケツをひっくり返したような雨になった。

それでもありがたいことに、
続々とお客さまがいらっしゃった。

「利他」と「利己」_f0076731_20454362.jpg
1等賞も立て続けに出て、
お客さまの笑顔がとても嬉しかった。

「利他」と「利己」_f0076731_20455798.jpg
宮川さんにはいつも人気が集まるビールが渡った。

お昼を回った頃、
七尾市から浮田さんが陣中見舞いに来て下さった。
「利他」と「利己」_f0076731_20461166.jpg
まさに命の水である。
早速今夜の晩酌で頂戴いたします。

「利他」と「利己」_f0076731_20462647.jpg
浮田さんは愛機type RAーRのタイヤ選択の目的もあった。
実際に体感できる店も少ないし、
どう他のタイヤと違うのか論理的に聞ける場所も少ない。
「利他」と「利己」_f0076731_21444358.jpg
そんな時に感謝ディは大きな役割を演じる。
タイヤのオーソリティが揃うからだ。

浮田さんには、
WRXに今最も相応しい、
スポーツコンタクト5を購入して戴いた。

ありがとうございました。
「利他」と「利己」_f0076731_20464869.jpg
こうして2日間にわたるイベントは無事に幕を閉じた。
午後からは雨も上がりスムーズに撤収できた。

終わりよければ全て良し。

イベントの後はどんなに遅くなっても徹底的に掃除する。

「利他」と「利己」_f0076731_20465566.jpg
大変だけれど掃除後の清々しさは、
ちょっと言葉に出来ないほど素晴らしい。

コーヒーカーも奇麗に清掃されて眠りに就いた。
「利他」と「利己」_f0076731_20471125.jpg
チャーミング屋台も奇麗に洗車され工房に収まった。

「利他」と「利己」_f0076731_20472114.jpg
そしてイベントカーも自分の塒に収まった。

「利他」と「利己」_f0076731_20473137.jpg
皆さんありがとうございました。

「利他」と「利己」_f0076731_20474029.jpg
日本は今とても激しい過渡期の中にある。
そして誰もが翻弄され続けて居る。

多くの事業が縮小を繰り返し、
自動車業界も荒波の中だ。

社会が成熟すると色々な現象が現れる。

一つは利己的な人が多くなると言うこと。
これは簡単に説明できる。

暮らしやすくなり、
自立しやすくなり、
昔ほど苦労しなくても食べていける。

頼る必要が無いから、
支え合わなくなる。

それが結果的に利己的な人を増やすことになる。

全ての人が利己的だというわけでは無い。

社会構造がそうさせるのだ。

利己的な人が多い社会は、
ヒトを多く繁殖させる力より、
ギュッと縮小させる力へと方向が向く。

だから日本の人口減少を嘆く必要など無い。

日本社会が熟成した証拠でもある。

「利己」の対義語が「利他」だ。
元々日本人は利他の精神を貴んできた。
だから遺伝子の中に脈々とそれを伝え続けて居る。

利他の精神で最も典型的な事象は「切腹」だ。

自分のためでは無く、
ヒトのために死ぬ。

生麦事件で「ハラキリ」目の前にしたイギリス人は震え上がった。
そういう精神構造を持ち合わせていないからだ。

支え合わないと生きていけない時代は、
当然のことながら「利己」より「利他」へと力学的な変化が生まれる。

そういう時代は、
外的要素から生じることが多い。

過去に日本は何度もそういう時代を乗り越え、
強く逞しく蘇ってきた。

同じ過ちを繰り返さない、
正しい知恵の使い方をすれば、
日本が滅ぶことは永久に無いだろう。

生殖の世界には「成熟分裂」という現象がある。
言い換えるとそれは減数分裂だ。

受精して増えたDNAが帳尻を合わせるために半減する。

今日本で起きていることは、
成熟分裂とも言える、
急激な市場の縮小だ。

多くの分野で「数」が減少している。

それに輪をかけたのが増税後の不況だ。

今年になって更に深刻になっている。

それを乗り切るには、
利己的な考え方を打ち砕き、
日本人古来の崇高な「利他の精神」をもう一度尊ぶことだと思う。

そういう毎日を積み重ねたい。

30年近くイベントを続けてきて、
本当に良かったと思う。

社員は勿論、
お客さまと共に崇高な精神を育む自信が持てた。
それを強く思い直した2日間になった。

今回の感謝デイに参加して戴いた全ての皆様に、
心より御礼申し上げます。

ありがとうございました。


名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by b-faction | 2015-06-22 10:42 | Comments(0)

毎日の活動やスバルについてご紹介します


by b-faction
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31