人気ブログランキング | 話題のタグを見る

エクシーガ クロスオーバー7の快適性とレヴォーグのボディダンパーを比較する

点検の終わったインプレッサWRXで、
最新のかわら版を受け取るために岐阜まで190㎞を往復した。
エクシーガ クロスオーバー7の快適性とレヴォーグのボディダンパーを比較する_f0076731_19372039.jpg
軽い車体に中津スバルオリジナルのビルシュタインダンパーは限りなく相性が良い。

エクシーガ クロスオーバー7の快適性とレヴォーグのボディダンパーを比較する_f0076731_19380870.jpg
高速道路を滑るように走る。
ブッシュ類も全て交換済みなので、
新車のような性能が蘇り針の穴を通すような操縦性が楽しめる。
エクシーガ クロスオーバー7の快適性とレヴォーグのボディダンパーを比較する_f0076731_19400992.jpg
DCCDをフリーにして走行していたが、
エクシーガ クロスオーバー7の快適性とレヴォーグのボディダンパーを比較する_f0076731_20344648.jpg
曲がりくねった高速道路の場合でも、
ダイヤルで少しロック率を高めると面白い。
エクシーガ クロスオーバー7の快適性とレヴォーグのボディダンパーを比較する_f0076731_19405302.jpg
これぐらいが好みの位置だ。
エクシーガ クロスオーバー7の快適性とレヴォーグのボディダンパーを比較する_f0076731_19495652.jpg

あまりに締結力を高めてもギクシャクするので、
エクシーガ クロスオーバー7の快適性とレヴォーグのボディダンパーを比較する_f0076731_20345322.jpg

さじ加減が重要だ。
エクシーガ クロスオーバー7の快適性とレヴォーグのボディダンパーを比較する_f0076731_20345945.jpg
何とも言えない人車一体感の気持ち良さがある。

ロック率を高めるとスロットルの開け閉めだけで、
走行ラインをコントロールし易くなる。

優しく開くとアウト側にスッと出る。

軽く閉じただけでクルマが平行移動するようにインに付ける。

こんな楽しい走りが出来るのは、
STI系の一部車種に限られるが、
最新のWRXも同じ味を持っている。

トヨタ自動車の長浜さん」が、
この特性を「理系のクルマ」と表現した。

彼ならではの味のある言い方だ。

そんな理系のクルマから乗り換えたのは、
エクシーガのクロスオーバーセブンだ。

岐阜から戻ると次の準備が整っていた。

エクシーガ クロスオーバー7の快適性とレヴォーグのボディダンパーを比較する_f0076731_19505111.jpg

嬉しいのは違和感のなさだ。
インプレッサから乗り換えてもドラポジに大きな差が無い。

ミニバン系で嫌なことは、
腰掛けて乗るような運転姿勢になることだ。

その点、エクシーガは馴染みやすい。
お洒落なメーターを灯し高速道路に舞い戻った。
  
エクシーガ クロスオーバー7の快適性とレヴォーグのボディダンパーを比較する_f0076731_19530087.jpg
インプレッサの軽快さを楽しんだあとだが、
エクシーガのトルクのあるエンジンは操る楽しさを充分に味わわせてくれる。
エクシーガ クロスオーバー7の快適性とレヴォーグのボディダンパーを比較する_f0076731_19522371.jpg
実にフレキシブルで、
時速80㎞で巡航している時に1500rpm以下で回っているエンジンは、
エクシーガ クロスオーバー7の快適性とレヴォーグのボディダンパーを比較する_f0076731_19533673.jpg
勾配に合わせシームレスに高回転に移行する。
エクシーガ クロスオーバー7の快適性とレヴォーグのボディダンパーを比較する_f0076731_20045713.jpg
だから、ここからのエンジン追従性が極めて良い。
この時は一人で運転していたが、
フル乗車でも楽しさをスポイルしないと確信できた。
エクシーガ クロスオーバー7の快適性とレヴォーグのボディダンパーを比較する_f0076731_20054382.jpg
乗り心地の良さも相変わらずで、
熟成を極めたダンパーコントロールが冴え、
高速道路を快適に走る事が出来る。

SVXに感じたGT的要素も充分持つ優れた足だ。

ただし三列シートの構造を持つので、
洗濯板のような路面に遭遇すると、
どうしてもカーゴスペースも含めたリヤセクションから、
ガタツキ音が発生する。

それを抑え込むと、
シートの動きが渋くなるので、
多人数乗りの場合はやむを得ないだろう。

高速道路の走りは申し分ないので、
ラフロードを試したいが、
最近そんな道はほとんど無い。
エクシーガ クロスオーバー7の快適性とレヴォーグのボディダンパーを比較する_f0076731_20060932.jpg
どんな山奥でもアスファルト舗装されている。
ただ雪が降った場合の事を考えると、
ロードクリアランスは大切だ。

本音を言えばアウトバックと同じにして欲しいが、
開発工数が増えるので、
コストがかさみ車両価格が高くなる。

ベースモデルの走破力もかなり高いので、
そこは優先順位を考え10㎜アップに留めた。
道路の段差を超える能力などは増強されている。

突然物凄い雨が降り始めた。

走行安定性を確かめる絶好のチャンスだった。
エクシーガ クロスオーバー7の快適性とレヴォーグのボディダンパーを比較する_f0076731_20063339.jpg
このあと路面が川のようになったが、
そこを高速で走り抜けても何の不安も感じなかった。

これならファミリーでフル乗車しても安心だ。
雲の間から青空が見えたので、
深い山を目指した。
エクシーガ クロスオーバー7の快適性とレヴォーグのボディダンパーを比較する_f0076731_20073820.jpg
とても夜なら走る気にならないような、
少し妖気を感じる場所だった。
エクシーガ クロスオーバー7の快適性とレヴォーグのボディダンパーを比較する_f0076731_20095619.jpg
でも思い切って走った甲斐があり、
素晴らしい場所に辿り着いた。

緑が薫る素晴らしい光景が眼前に広がった。
エクシーガ クロスオーバー7の快適性とレヴォーグのボディダンパーを比較する_f0076731_20101441.jpg
そこには清らかな水が湧き出ており、
昔は旅人の喉を潤す場所でもあった。
エクシーガ クロスオーバー7の快適性とレヴォーグのボディダンパーを比較する_f0076731_20102826.jpg
清流に手をかざすと、
冷たくて清らかなエネルギーが体の中に染み込んできた。
エクシーガ クロスオーバー7の快適性とレヴォーグのボディダンパーを比較する_f0076731_20104182.jpg
しっとりと湿った空気の中で、
クロスオーバー7の風格を感じた。
どっしりとした容貌は大自然の中でこそ際立つ。
エクシーガ クロスオーバー7の快適性とレヴォーグのボディダンパーを比較する_f0076731_20201937.jpg
しかし突然の豪雨は、
自然に生きるイキモノにはきつかったようだ。

農村の道路を走っていると、
面妖なイキモノが現れた。

エクシーガ クロスオーバー7の快適性とレヴォーグのボディダンパーを比較する_f0076731_20110655.jpg
道路の中央に向かって、
ノタノタ歩いていたので、
そのままでは轢かれると思った。

その姿に思わずクルマを止めた。
エクシーガ クロスオーバー7の快適性とレヴォーグのボディダンパーを比較する_f0076731_20111780.jpg
こんなイキモノをこれまで見たことが無い。
改めて良く見ると鼻の周りが微かに黒い。

タヌキだ。
犬や猫でも元気なら逃げるだろう。
逃げられないくらい弱っている。

通りがかった他のドライバーも集まってきた。
近くの家から子供も出てきた。
エクシーガ クロスオーバー7の快適性とレヴォーグのボディダンパーを比較する_f0076731_20112732.jpg
歩く姿は脊椎が曲がったようで痛々しい。
耳の毛玉のような形状が、
皮膚病か寄生虫に犯されているのを物語っていた。
子供には触らない方が良いと注意した。
道路の真ん中から動こうとしないので、
そのまま立ち去った。
衰弱していたのかもしれないが、
どうしようもなかった。
調べたら疥癬に犯されたタヌキだった。

薬で治療できるようだが、
自然の摂理に反する。

自然界の厳しさを感じた。

エクシーガ クロスオーバー7の快適性とレヴォーグのボディダンパーを比較する_f0076731_20115469.jpg
田舎には、やっぱり田舎の良さが有る。
でも場所によっては野生との境界線も近い。

迂闊な行動を避け、
一線を越えない注意も必要だ。

エクシーガ クロスオーバー7の快適性とレヴォーグのボディダンパーを比較する_f0076731_20120218.jpg
ラッキーナンバーが揃ったので、
そろそろテストも終わりにしようと空を見た。
エクシーガ クロスオーバー7の快適性とレヴォーグのボディダンパーを比較する_f0076731_20130484.jpg
奇麗な夕日がクロスオーバー7を染めた。

翌朝はDEの予約が入っていた。
エクシーガ クロスオーバー7の快適性とレヴォーグのボディダンパーを比較する_f0076731_20220846.jpg
兵庫県から宮田さんがいらっしゃった。
以前スポーツカーを所有されていた事もあり、
スムーズに運転を楽しまれた。

クロスオーバー7からBRZに乗り替えると、
地表を這うようだ。

それに駆動抵抗をまるで感じないドライブフィールに、
また違う快感が深まる。

BRZの車体剛性が見直された関係で、
リヤサスの動きがスムーズになり、
一段と楽しくドライブできるようになった。

すると今度は商売熱心なオトコがやって来た。

シムスレーシングの遠山さんだ。

まるで狙い澄ましたかのように最新兵器を持ち込んできた。
二日間でGC8から始まりCO7とBRZ迄堪能したので、
このレヴォーグの味がとても新鮮だった。
エクシーガ クロスオーバー7の快適性とレヴォーグのボディダンパーを比較する_f0076731_20243826.jpg
とても乗り味が良くなり、
クロスオーバー7と良く似た印象を醸し出している。

エクシーガ クロスオーバー7の快適性とレヴォーグのボディダンパーを比較する_f0076731_20244660.jpg
一クラス上のGTになったような印象だ。

ヤマハの開発したパフォーマンスダンパーは、
インプレッサS204で既にその良さを実証済みだ。

しかしセッティングが難しい。
シムスはそれに情熱を注ぎ込み、
苦心に苦心を重ねているが、
ようやくその花が開きつつある。

この動画で更にGTらしくなったレヴォーグを確かめて欲しい。

そしてCO7がとてもGTらしいことも付け加えておこう。


Commented by 三太郎 at 2015-07-03 18:28 x
エクシーガA型GTに乗っています三太郎です。日本家屋や夕日をバックにしたクロスオーバー7素敵です。ブログにあったように私も地上高はアウトバックくらい欲しいよ、と思いましたがそれは後継に託すことにしたいと思います(笑)。残念ながらクロスオーバー7には一般道で出会っておりませんが早く生活に溶け込んだ場面をみたいと思いました。
話は違うのですが身長の高い甥っ子(学生)にインプレッサスポーツの1600FFを勧めております。先代ヴィッツに乗っておりますがシートポジションが合わず、腰痛になってしまいました。使う場所が東京都内ですし、姉と共用なので1600はどうかと言っておりますが実用上のパワー不足等あるでしょうか?ご教授頂ければ幸いです。
Commented by b-faction at 2015-07-03 19:15
三太郎さん、こんばんは。クロスオーバー7もそうですが、最近のスバル車はどれも乗りやすいので安心してお薦めできます。1600の良さは軽さと熟成された味の良さが共存する所です。安心してお買い求め下さい。必ず4WDよりFF車をお買い求め下さい。
Commented by 中村B at 2015-07-04 00:51 x
レヴォーグ1.6GT-S A型に乗っている中村Bです。
楽しく通院の為にレヴォーグを使用しています。
良質なSTIサス待ちだったのですがパフォーマンスダンパーの
動画等を見て財布を見ています。
体験者としてどちらを先に手をつけるべきでしょうか?
ちなみにレヴォーグはノーマルです。

Commented by b-faction at 2015-07-04 07:03
中村Bさん、おはようございます。サスにお金掛けるよりボディダンパーですね。
Commented by 中村B at 2015-07-04 17:27 x
返信ありがとうございます。
面識ない中ご意見いただきありがとうございました。

発売後、時期をみてボディーダンパーを
取り付けたいと思います。
Commented by b-faction at 2015-07-04 20:14
中村Bさん、どういたしまして。本音を言うとその予算で軽量ホイールとコンチネンタルを組み合わせて履かせる方が楽しくなります。その後でボディダンパーを付けると効果解ります。
Commented by 千葉スバリスト仲間入り at 2015-08-13 18:36 x
初めまして、7月中旬にCO7を契約して納車を楽しみに待っている者です。今乗っているステップワゴンは3人の子供の成長と15年間の年月を共にした家族の一員のような存在です。

ある時、ふとそろそろ違うタイプの車に乗りたいという欲が強くなり、外車も1度は乗りたいという憧れもあり3列シートを探しましたが、満足の得られる車はなく諦めかけていたところCO7に偶然出会いました。

これまで、日産➡︎トヨタ➡︎ホンダと乗り継いできましたが正直スバルというメーカーは自分の選択肢にはありませんでした。とにかく見て試乗してみようと近くの販売店に行き実車に触れてからスバルへの見方が大きく変わりました。スバルには今までマニアックなスポーツ車すきの乗る車というイメージがあったのですが、それだけでなく「しっかりした」、「安全な」イメージをCO7から感じることができ2回目の商談で購入を決めました。色はタングステンメタリックです。具体的に気に入った点は、ボディーの剛性感がありドアを閉めた時の重厚感や斬新なタンカラーの内装、重厚で落ち着きのあるフロントマスク等々あげると他にもいっぱいあります。すっかりスバルのファンになってしまいました。

9月下旬の納車まで待ち遠しく日々ネットでCO7の記事を見たりカタログを見たりしています。今回こちらの記事を拝見してますます楽しみになってきました。納車しましたらまたご報告します。
Commented by b-faction at 2015-08-13 18:48
千葉スバリスト仲間入りさん、こんにちは。千葉県ではCO7が大増殖中で喜ばしい限りです。千葉スバルの社長とは旧知の仲だし、先日も鈴木さんが千葉から訪れて下さいました。実際に自分のクルマになるともっと印象が変わります。理由は「接地性」の高さです。タイヤのグリップを生かし切る運転を身に付けると、それは痺れるほどの快感を生みます。納車が楽しみですね。
Commented by 和歌山の中年 at 2015-08-21 13:09 x
初めてお便りする者です。時々ブログを拝見しています。車・自然・お菓子の話が融合した他に類を見ない内容に感嘆しています。先々代インプレッサワゴン、先々代B4、先代B4と乗り継いで、今は縁あってBMW3シリーズセダンを運転しています。妻所有車(先代インプレッサワゴン)の買い替えを検討中です。妻が多人数車希望ため、CO7が第一候補です。先日、妻より先に私が試乗してきました。高速と峠を1時間ほど運転しました。高速は完璧。峠も気持ちよく運転できましたが、やはりロールが気になりました。以前に試乗したエクシーガC/Dと比べると、車高が10mm上がっているにもかかわらず、ロールが減っていましたが、もともと車酔いする私にとって、ロール感は少なければ少ないほど心地良いです。そこでご意見を伺いたいのですが、フレキシブルタワ-バーでロールの減少は期待できるものでしょうか。馴染みの営業さんに聞くと、わずかな改善が期待できる程度とのことでした。突然の質問で恐縮ですが、アドバイス頂けると幸いです。
Commented by b-faction at 2015-08-22 15:02
和歌山の中年さん、こんにちは。自分で車酔いを認識するヒトは、運転の癖を自覚すると凄く疲れなくなります。元々限界の高いシャシーを更に磨いたので、気持ち良く走ります。アフターパーツの装着で狙ったラインをトレースする精度は高まりますが、それ以上は望むべきではありません。ロールを減らすような無理なパーツは、返って安心と安全を損ないます。そのクルマでロールが気になったと言うことは運転に排除すべき癖があると思います。
Commented by FD2 TypeR at 2015-08-22 22:55 x
こんばんは。
ひとつ相談させてください。
来年早々に妻が3人目を出産予定で、5人家族になる予定です。
過去にBP5Bを7年15万キロ乗っておりましたが、BRレガシィがどうしても好きになれず、シビックタイプRに乗り換えました。
タイプRに不満はないのですが4名定員であるため、現行アウトバックかエクシーガクロスオーバー7のどちらかに乗り換えを検討しています。
現在、子供は6歳、3歳で3人目が産まれるとチャイルドシートの類を3台積載することになります。
一人で両方試乗しましたが、どちらにするか決めかねています。
趣味はキャンプや釣りで、積載する荷物はそこそこ大きいです。
予算的にはどちらの車も範囲内ですので、どうか良きアドバイスをよろしくお願いします。
Commented by 和歌山の中年 at 2015-08-23 11:52 x
早速の返信ありがとうございます。ご指摘の点を意識して、今後の運転にいかしていきたいと思います。
Commented by b-faction at 2015-08-23 12:54
FD2 TypeRさん、こんにちは。すぐ欲しいならアウトバックは対象外です。冬まで待たねばなりません。オトナが6人乗る機会が常にあるなら迷わずエクシーガでしょう。それがどちらも当てはまらないのなら上級車種を買う方が良いのでは無いですか。
Commented by b-faction at 2015-08-23 12:58
和歌山の中年さん、ブレーキの離し方とターンのタイミングに注意してみて下さい。またコメント御待ちしてます。
Commented by FD2 TypeR at 2015-08-23 14:18 x
回答ありがとうございます。
乗り換えは来年の出産を終えて、退院してからの納車で大丈夫ですので、急いでおりません。
大人の乗車は最大2名です。
この車の目的は、一名乗車の通勤6割、5名(大人2名
、子供3名)乗車のレジャーと買物、旅行が4割です。
ひょっとして、冬になればレガシィアウトバックの7人乗りがデビューするのですか??
だとしたら、間違いなくそれを予約して購入します。
Commented by b-faction at 2015-08-23 17:29
FD2 TypeRさん、それは全くありません。
Commented by BK3P at 2015-08-24 20:51 x
こんばんは。
初めてお便りさせて頂きます。
当方の6年間連れ添った愛車が、不慮の事故で廃車になり、現在車の購入を考えてます。
昔からサンルーフに憧れがあったので、エクシーガのパノラミックサンルーフを候補に考えていました。しかし、エクシーガがクロスオーバー7に代わり、パノラミックガラスルーフがオプションから無くなってしまいとても残念に思ってます。 やはりあまり好評では無かったのでしょうか。
フォレスターのサンルーフはかなり大型で、こちらにも興味をそそられている次第です。
社長は、サンルーフについてはどのような意見をお持ちでしょうか?
クロスオーバー7のデザイン的には、とても気に入っていて、近々試乗も行こうかと思ってます。
Commented by b-faction at 2015-08-25 16:15
BK3Pさん、こんにちは。パノラミックルーフを好ましく思っています。今でも中古車で大人気です。でもルーフレールと両立しない。多分それが一番の消えた理由だと思います。また、仮に装着できたとしても国内では需要が低いので価格戦略的にも設定しなかったんだと思います。付けると重くなるので、無ければ無いで、別にかまわないと思います。フォレスターのサンルーフはとても良いですよ。http://bfaction.exblog.jp/14876017/をご覧になると良く解ると思います。多人数乗るなら絶対にCO7!そうで無ければフォレスター!サンルーフは必需品です。20i-Lの6MTに設定が無いのが本当に残念です。
Commented by 和歌山の中年 at 2015-09-17 21:46 x
以前にCO7のロールについて質問させて頂いた者です。自分の運転の癖を把握できないまま、以外にも、レヴォーグ1.6GTプラウドエディションを契約することになりました。「赤がいい」という妻のごりおしでCO7が候補からはずれ、5人乗車は年に数回だがら3列シートでなくてもよい、とターゲットが変更になりました。2列シートで、長時間の車通勤と休日の高速走行に対応でき、安全性の高い車種を検討したところ、すぐにレヴォーグにたどり着きました。CO7についてご意見を頂いておきながら別の車になってしまいましたが、結果をご報告すべきと考え、投稿いたします。車の色は性能に何ら影響しませんが、毎日その車に乗り込む際に、色は必ず目に入ります。自分が気に入った色のドアを開けるか、そうでない色のドアを開けるか、そこは大事かなと考えた次第です。
Commented by b-faction at 2015-09-18 10:46
和歌山の中年さん、おはようございます。奥さんのゴリオシはハイセンスですね。どうしても「赤」という意見にボクも賛同します。
Commented by 福岡人 at 2015-10-12 19:30 x
代田社長、こんばんは。本日、福岡スバルお客様感謝デイで、部品の注文に行ってきました。モチュールのミッションギアオイル、STIのブレーキラインとオイル、ガラスコーティングを奮発することにしました。S207の情報がネットに出ていましたが、車重とトルクを確認して(正確かどうかわかりませんが)見送ることにしました。その分の費用を、クロスオーバー7の購入にあてようと思います。ミッションオイルの交換の時に、クロスオーバー7を代車に出して頂けるとのことで、今から楽しみです。ブログにアップされている、この車のステアリングがなぜか好きです。追伸、良いお茶があったので、近日中にお送りします。
Commented by b-faction at 2015-10-12 20:12
福岡人さん、こんばんは。流石ですね。鋭い。但しこれからのSTIコンプリートはSも含め全て富士重工製になりますからクオリティは高くなります。BMWのM社もそういう方針なので尖ったクルマは無くなりました。
Commented by 福岡人 at 2015-10-12 20:33 x
代田社長、早速の返信、ありがとうございます。昨年、WRXSTIとS4に試乗して、質の高さは実感しました。鹿児島まで日帰りの仕事をすることを考えると、この方向性はありがたいと思う反面、一抹の寂しさがあるのも事実です。
Commented by b-faction at 2015-10-12 21:24
福岡人さん、S4の限定車の方が良いと思います。オートサロンでブリッツェンコンセプトに採用した皮シートを限定で出すようです。
Commented at 2015-10-13 12:55 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by b-faction at 2015-10-13 12:58
福岡人さん、恐縮です。ご厚意ありがたく頂戴します。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by b-faction | 2015-07-02 21:29 | Comments(26)

毎日の活動やスバルについてご紹介します


by b-faction
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31