人気ブログランキング | 話題のタグを見る

トヨタ MIRAI レースデビュー

8月最後の締めくくりに、
かわら版206号を校了した。

清々しかった。
トヨタ MIRAI レースデビュー_f0076731_13033817.jpg
日曜日のレースも清々しかった。
世界で初めてトヨタの燃料電池車が、
公式なレースに参加した。

そのピットクルーとして、
レースに参加した。

トヨタ MIRAI レースデビュー_f0076731_13022532.jpg
前日の土曜日には、
妻も鈴鹿サーキットに向かった。

スーパーGTの応援が目的だった。
夫婦で東西を代表するサーキットに乗り込んだが、
勝利の女神を自称するだけあり、
BRZは久しぶりに表彰台に上った。

土曜日の午後、
富士スピードウエイに向かうことを知っているかの如く、
栄養食が届いた。
トヨタ MIRAI レースデビュー_f0076731_13045941.jpg
ビールとこれさえ有れば、
苛酷なサーキット活動も余裕で乗り切れる。
トヨタ MIRAI レースデビュー_f0076731_13060975.jpg
平方さん、
ありがとうございました。
トヨタ MIRAI レースデビュー_f0076731_13062233.jpg
顔の見える農産物は本当に嬉しい。
やかりサーキットは苛酷だった。
トヨタ MIRAI レースデビュー_f0076731_13063183.jpg
到着してまず眼に入ったのが86軍団だった。
土砂降りで近寄れなかったが、
楽しそうなミーティングだ。

ピットに向かうと、
既にミライが存在感を示していた。
トヨタ MIRAI レースデビュー_f0076731_13064540.jpg
EVレースのカテゴリーでの参加である。
仕掛け人はモータージャーナリストの菰田潔さんだ。
トヨタ MIRAI レースデビュー_f0076731_13070142.jpg
10時半の予選に続き、
決勝は16時半が予定されていた。
トヨタ MIRAI レースデビュー_f0076731_13071081.jpg
予選の結果は4位で、
なかなか良い位置に付けた。
トヨタ MIRAI レースデビュー_f0076731_13072897.jpg
予選の終わったミライを、
食事中の皆に代わり、
留守番して守った。

こういう時に、
空腹を感じないので非常に便利だ。

興味深いことがあると、
それまで蓄えた脂肪を燃焼し、
何も食べ無くても全然平気だ。

ミライもそんなヤツで、
予選後の疲れた体をモノも言わずに休めている。

自分のカラダで蓄えた養分を燃焼させるように、
ミライは蓄えた水素と、
空気中の酸素を結合させ、
水に換えると同時に電気を取り出す。

そしてそれをニッケル水素バッテリーに充電し、
バッテリーはモーターに給電する。

従って目新しいのは、
スタックと呼ばれる水素と酸素を化合させる部分だけで、
あとは既存技術の蓄積上に、
このクルマは存在する。

いきなり発電した電力でモーターを回すのでは無く、
電池で給電させる所に、
トヨタのハイブリッド技術が活かされている。

システムを起動させるのも、
12Vを使った既存のシステムだ。

従ってもし12Vのバッテリーを放電させてしまうと、
このクルマはただの箱になり、
うんともすんとも言わない。

ところが起動させてしまえば、
実に逞しく能力を発揮する。

メインスイッチが入って、
ガソリンエンジンならアイドリング中の状態だ。
エアコンはマックスで作動中だ。
トヨタ MIRAI レースデビュー_f0076731_13074091.jpg
予選でバッテリーの温度が上昇したので、
エアコンで冷やすという作戦だった。
トヨタ MIRAI レースデビュー_f0076731_13074963.jpg
電池は後席のバルクヘッド後方にあるので、
車内の温度を下げれば電池も冷やせる。
トヨタ MIRAI レースデビュー_f0076731_13075792.jpg
車体に湿気が蒸着して、
室内が冷蔵庫のようになっているのが解る。
エネルギーフローは発電していることを示しているが、
ほとんど音もしな静かな世界だ。

トヨタ MIRAI レースデビュー_f0076731_13080674.jpg
この状態で走行可能距離は333kmと出ているが、
予選の走りはかなり激しいので、
それから弾き出された数値だろう。
トヨタ MIRAI レースデビュー_f0076731_13081523.jpg
その証拠に水素はまだほとんど満タンで、
この後日暮れまで走り続けても、
水欠(ガス欠の水素流表現)の心配は無い。
トヨタ MIRAI レースデビュー_f0076731_13090935.jpg
排気管は排水管で、
車体後方左側に口を開けている。

トヨタ MIRAI レースデビュー_f0076731_13091680.jpg
排出物は水だけという、
理想的な乗り物だが、
世の中はそんなに甘くない。
トヨタ MIRAI レースデビュー_f0076731_13083381.jpg
新しいシエンタは面白いクルマだ。
コストパフォーマンスも抜群だから、
大ヒットして当たり前だ。

カメムシ色の良いクルマ、と表現したら、
皆さん笑って下さった。
ミライの開発に関わった人達だ。
トヨタ MIRAI レースデビュー_f0076731_13084141.jpg
ミライ企画本部の野正さんに詳しい話をお伺いした。
何となく気が合うはずで、
彼は3代目と4台目のB4のオーナーでもあった。

前の担当はアクアだそうで、
今の愛車は当然アクアだ。
流石にもうスバルを愛用できないが、
カタログを読むと欲しくなるから絶対に見ないそうだ(笑)
トヨタ MIRAI レースデビュー_f0076731_13092824.jpg
いよいよ決勝レースだ。
スターティンググリッドへは人力で入れる。
ちなみに、
このクルマはトヨタの広報車両なので、
一切手を加えられることは無く、
完全なノーマル車だ。

菰田チームは大勢の人間が居るので良いが、
プライベートチームだと人手の足りない所もある。



トヨタ MIRAI レースデビュー_f0076731_13101503.jpg
ミライはもう一台参加した。
これはメーカーの広報車では無く、
カートップ誌が所有するクルマだった。

予選一位は86だ。
EVにコンバートされたクルマで、
飛び抜けて速い。
自分のクルマと同じモノが、
スターティンググリッドで一番前に居るのは何とも嬉しい。
トヨタ MIRAI レースデビュー_f0076731_13102507.jpg
駆け寄って一言応援の言葉を申し上げた。
トヨタ MIRAI レースデビュー_f0076731_13103366.jpg
EVにコンバートと言えども、
その中身は物凄い。

充電も専用の発電機で行われ、
レーシングカーとしての装備も完璧だ。
トヨタ MIRAI レースデビュー_f0076731_13104174.jpg
搭載されている制御装置も只者では無い。
トヨタ MIRAI レースデビュー_f0076731_13105127.jpg
この様なスペシャルモデルから、
広報車両まで、
一緒に走れる所が、
このレースの醍醐味だ。
トヨタ MIRAI レースデビュー_f0076731_13105961.jpg
スターティンググリッドのミライに近づき、
水素の状態を確認した。
トヨタ MIRAI レースデビュー_f0076731_13111000.jpg
全く減っていない。
ただ世の中は甘くない。
トヨタ MIRAI レースデビュー_f0076731_13111925.jpg
レースのような苛酷な状況だと、
機械的に負担が大きいと感じれば、
すぐセイフティモードに切り替わる。
トヨタ MIRAI レースデビュー_f0076731_13112845.jpg
水素がある限り発電できるから、
電力も余裕で使える。
電気自動車なら、
ここでしっかり節電して本番に備える。
だから放電する要素は一切無くす。

ミライはお構いなしだ。
トヨタ MIRAI レースデビュー_f0076731_13113649.jpg
LEDヘッドライトが美しく光っている。
スタート直後からこの2台が飛び出した。

86との差がだんだん広がる。
空力特性も良いし、
搭載している電池システムも本格的。
それに加え2段変速のシステムを持つ。

ピットロードで減速する時に、
ゴツンという変速音を聞いた。

これでは流石のミライも歯が立たないが、
2位のポジションは最後まで譲らなかった。

トヨタ MIRAI レースデビュー_f0076731_13114446.jpg
最終ラップではトップと2位の間は
トヨタ MIRAI レースデビュー_f0076731_13115197.jpg
1分13秒ほど開いた。
トヨタ MIRAI レースデビュー_f0076731_13120121.jpg
この後にリーフが続く。
実はリーフ同士の駆け引きや、
運転の技量、
また車両の差がとても面白く、
トヨタ MIRAI レースデビュー_f0076731_13120946.jpg
時間が有効に使えるなら、
一台買って参加するのも悪くないと思った。

トップ争いより、
リーフの抜きつ抜かれつのレースに、
思いの外酔いしれた。
トヨタ MIRAI レースデビュー_f0076731_13121828.jpg
チェッカーフラッグをくぐった2位のミライがピットに戻る頃、
アイミーブが息も絶え絶えにチェッカーを受けた。

これがなかなか感動的で、
少しジーンときた。
トヨタ MIRAI レースデビュー_f0076731_13122970.jpg
電気を使い果たしたミーブと、
世界陸上でゴール後に倒れ込む選手の姿が重なったからだ。

この様にゴール直後に電欠する事も無く、
ミライは終始独走状態だった。

とは言うものの、
レースの駆け引きは並大抵では無い。

菰田さんならではのレース運びなのだろう。
トヨタ MIRAI レースデビュー_f0076731_13124077.jpg

拍手で栄誉をたたえた。
トヨタ自動車広報部の
本多グループ長が満面の笑みを湛えていた。

「菰田さんにそそのかされて出ちゃいました」と仰っていたが、
素晴らしいチャレンジだったと思う。
トヨタ MIRAI レースデビュー_f0076731_14085134.jpg
本多さん、
野正さん、
菰田さん、
本当におめでとうございました。

総合優勝の86のドライバーと、
2位の菰田さん。
3位はリーフの中で一番速かったドライバーだ。
トヨタ MIRAI レースデビュー_f0076731_13125436.jpg
当然クラスが違うので、
リーフだけの表彰がある。

3位の女性レーサーは車体に初心者マークを貼っていた。
トヨタ MIRAI レースデビュー_f0076731_13130325.jpg
初心者どころか、
堂々とした物だ。

それに美人じゃ無いか。
EVレースから目が離せなくなった。

Commented at 2015-09-02 00:52 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by b-faction at 2015-09-02 08:50
KENさん、ありがとうございます。今朝は東京です。相棒は、後輪駆動運動車です
Commented by くにゃオール at 2015-09-02 23:00 x
社長こんばんは。
日曜日をエンジョイされたようですね。
めったに無い事と思われますし、記事を読んでみたり動画を見ると、とても楽しそうですからね(笑)。
なんだか、和気あいあいとした雰囲気のレースで、参加者の皆さんも楽しそうな表情なのがよくわかります。

一つだけ意見があるのですがよろしいですか?
何でスバルがいないんだろう?と不思議に思えてならないのです。ここに、EV化したステラがいてもいいのに・・・。GT選手権やBRZと86のワンメークレースだったり、確かにスバルもいることは間違いないのですが、もっと身近なレースに出たり、主催してもよさそうな気がします。

それこそ、トヨタとダイハツと3社で共通に販売しているプレオ+とミライース、ピクシスエポックあたりで3社共同開催でもいいからワンメイクレースをしたら面白いと思うのですがどう思いますか?競い合うのではなく、ふれあう事を目的に。

ボクの、ふと思ったことそのままなので、こんなコメントすると社長を含めご覧になられている皆さんは気分を悪くされるかもしれませんがお許しください。
Commented by b-faction at 2015-09-03 18:15
くにゃオールさん、こんにちは。
スバルはとても強烈なEV技術を持ってますが、ラミリオン事業の売却と共に封印しました。だからこの後の電動化で温存した技術が活かされると思います。スバルがレースをするなら土の匂いのする場所が一番相応しいと思っています。そこではやはりガソリンエンジンが一番向いてます。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by b-faction | 2015-09-01 14:09 | Comments(4)

毎日の活動やスバルについてご紹介します


by b-faction
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31