人気ブログランキング | 話題のタグを見る

ディーゼルとリニアトロニックの相性

ドイツに行ったら、
アイスクリームを食べて欲しい。
ディーゼルとリニアトロニックの相性_f0076731_21194205.jpg
何処の街角にも、
きっとアイスクリームショップがあるはずだ。

過去を振り返る。
2012年にXVディーゼルでアウトバーンを走った。

その翌年にあたる2013年、
社員全員でニュルブルクリンクを訪れた。
その時にフォレスターディーゼルを借りることが出来た。

そのクルマでアウトバーンを駆け抜けたら、
社員の誰もがディーゼルを見直した。

とてもトルクのある力強いエンジンは、
これまでの水平対向エンジンとは次元の違う仕上がりだった。

それらはどちらも手動変速機との組み合わせで、
排ガス規制もまだユーロ6を取得していなかった。

最新のアウトバックは一味違う。
欧州仕様だけに許されるディーゼルエンジンは、
そのいずれの条件も満たした。

フランクフルト国際空港の駐車場で、
アウトバックは静かに佇んでいた。

エンジンをかけると、
聞き覚えのある懐かしいサウンドが、
周囲の静寂をかき消した。

少し甲高いコリコリ感が、
駐車場の壁に反射して増幅された。

それは決して不快ではなく、
己の存在感を誇張する、
心地よい音だ。

フランクフルトから真っ先に向かったのは、
ニュルブルクリンクにほど近いダウンという街だ。

ディーゼルとリニアトロニックの相性_f0076731_21204207.jpg
そこにある自然公園がとてもステキだと教えられ、
早速訪れてみた。
ディーゼルとリニアトロニックの相性_f0076731_21205827.jpg
この様に火山の火口湖がいくつか並ぶ面白い場所で、
近くには小さな飛行場もある。

そこに典型的なボクサーエンジン搭載車で遊びに行った。
ディーゼルとリニアトロニックの相性_f0076731_21211942.jpg
5人で2台に分乗し、
官能的なボクサーサウンドを楽しんだ。

やはりポルシェは最高だ。
世界に誇るスポーツカーは、
ラジカルな運動性能を誇るのに、
まるっきり雑味を感じさせない。

角の無い優れた乗り心地は、
世界中のスポーツカーのお手本だろう。

スバルは水平対向エンジンを極め続けてきた。
今ではポルシェさえダウンサイジングの荒波にもまれている。
そういう時代に水平対向6気筒はお荷物かもしれない。

でも絶対に捨ててはいけない。
スバルのフラッグシップも、
絶対に水平対向6気筒を積むべきだ。
ディーゼルとリニアトロニックの相性_f0076731_20592362.jpg
湖の名前はマール湖だ。
その畔にはカフェやレストランが建ち並び、
キャンプサイトまで揃って居る。

そこにあるカフェの一つがアイスクリームショップだ。
ディーゼルとリニアトロニックの相性_f0076731_21200462.jpg
研ぎ澄まされたジェラートを食べるも良し。

カラフルなパフェを選ぶのも良し。
ディーゼルとリニアトロニックの相性_f0076731_21201630.jpg
アイスクリーム好きには天国の様な場所だ。
しかしあえてアイスクリームを頼まなかった。

出国前の忙しさから、
暴飲暴食を繰り返し、
カロリーオーバー気味だった。

この前夜も沢山飲んで、
深夜に食事もした。

朝ご飯もしっかり食べて、
お腹もふくれていた。

大好物だがグッとこらえてコーヒーを頼むと、
ディーゼルとリニアトロニックの相性_f0076731_21281401.jpg
小さなソフトクリームが添えられていた。
日本に無いセンスだ。

我慢しているのを悟られてしまった。

メニューの中でどのアイスクリームが一番好きかと聞かれたので、
思わず正直に「スパゲッティィ~~~」と答えると、
じゃあ、
是非皆で食べてみましょう、と言う事になった。

このスバゲッティを模したアイスクリームは、
ディーゼルとリニアトロニックの相性_f0076731_12570625.jpg
見かけより随分アッサリしている。
その食べ心地はシンプルなようで複雑だ。

この洒落たアイスクリームショップは、
ロマンさんご夫妻のお気に入りの場所だ。
ディーゼルとリニアトロニックの相性_f0076731_13011461.jpg
モータージャーナリストの菰田さんの友人で、
生粋のクルマ好きでもあるロマンさんは、
東京在住のドイツ人だ。
彼はニュリンクの近くにガレージを買った。

マール湖を良く自転車で散策するそうだ。
その時に、
必ずここに寄って美味しいアイスクリームを食べるのだそうだ。
かねてからここを愛用しているので、
何が美味しいかよくご存じだった。


皿に盛ったホイップクリームの上に、
スバゲッティの様なバニラアイスを山盛りにして、
ストロベリーソースを添えた。

見かけ以上に食感は複雑だ。

バニラソフトクリームの持つ、
想像通りの柔らかな味と香りに、
ジェラートのような歯応えが混じる。

ホイップクリームと、
冷たいアイスクリームのハーモニーも良い。

融点が異なるアンバランスな食感を、
ストロベリーソースが繋ぎとめる。
ディーゼルとリニアトロニックの相性_f0076731_21445145.jpg
そんな美味しく面白い味と、
なぜか似ていた。

最新のボクサーディーゼルとリニアトロニックは、
とても魅力的な組み合わせだ。
その第一印象は、
このアイスクリームにそっくりだった。

硬質感を感じさせるボクサーサウンドと、
低速からモリモリ沸き上がるトルクのハーモニーは、
絶対にガソリンエンジンでは表現できない。

日本で食べる事の出来ない、
面白いアイスクリームは、

これまた日本で乗ることの出来ないボクサーディーゼルと、
奇妙に似ていた。

だからこれらに共通の符号を感じた。

甘いがソリッドな舌触り。
蕩けるようでもあり、
突き放すようでもある。

ポルシェサウンドに浸れたことも、
スバル独自の水平対向エンジンを、
客観的に見直す事に役立った。
ディーゼルとリニアトロニックの相性_f0076731_21190727.jpg
恋人と楽しく過ごせる、
美しい街だった。

Commented by mac.flz at 2015-10-04 15:02 x
ますます食べたく、いやもとい、乗りたくなりました(^^)。
Commented by b-faction at 2015-10-05 19:55
1. mac.flzさん、美味しいですよ。でも、美味しい物は高いですね。日本では難しい価格帯です。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by b-faction | 2015-10-04 12:27 | Comments(2)

毎日の活動やスバルについてご紹介します


by b-faction
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31