人気ブログランキング | 話題のタグを見る

2016年型フォレスター2.0i-Lの利便性と驚きの進歩

フォレスターのレポートを書く間もなく、
次のニュースが飛び込んできた。
2016年型フォレスター2.0i-Lの利便性と驚きの進歩_f0076731_21352188.jpg
ロサンジェルスで、
インプレッサセダンコンセプトが鮮烈列にデビューしたのだ。
次はセダンだと聞いていたが、
来年のシカゴかニューヨークだと思い込んでいたので、
この発表には正直なところ驚いた。

しかし良く考えれば当たり前で、
セダンに対する嗜好性の高い米国で、
日本に続いてワールドプレミアするのは自然な流れだろう。
2016年型フォレスター2.0i-Lの利便性と驚きの進歩_f0076731_10380223.jpg
一連の「ダイナミック&ソリッド」を牽引するのは、
石井守デザイン部長だ。

2代目のインプレッサでも手腕を奮ったので、
それ以来特別な親しみを感じている。

同時に三車種のデザインを一気に発表するなど、
今では考えられないウルトラCだった。

彼が今の職に就いてから、
明らかにスバルのデザインは一皮剥けた。

その象徴がブリッツェンだ。

ロサンゼルスモーターショーでは、
日本のシルバーよりセンセーショナルなボディカラーが提案されている。

マツダも赤を地道に続けているが、
スバルも同様に赤を大切にする会社だ。
2016年型フォレスター2.0i-Lの利便性と驚きの進歩_f0076731_21353374.jpg
「ルビーレッド」と呼ばれる新色は、
新しいG4に素晴らしく良く似合うはずだ。

もともとどちらかと言えばセダンに嗜好性があるので、
このように流麗な4ドアクーペを見るとゾクゾクする。
2016年型フォレスター2.0i-Lの利便性と驚きの進歩_f0076731_21354640.jpg
過激なものを好む米国人へのリップサービスとして、
スバルは屋根をちょん切って低くしたボディを見せているが、
量産車はこんな「ベンツチック」なスタイルでは無い。

なぜなら後席の居住空間と、
後方視界を考えるとこの全高では明らかに足りないからだ。

しかしショルダーラインから下の造形や、
前後の灯火器のモチーフはそのままだろう。

これだけ質の高いコアデザインに、
どんなインテリアを組み合わせ、
楽しいパワーユニットを選ぶのだろうか。

楽しみは尽きない。
まだ登場まで一年以上あるが、
楽しみに待ちたい。

新型車の夢は豊富だが、
スバルは現行型でも夢が尽きることは無い。

なぜなら、
スバルのビッグマイナーチェンジは、
他のメーカーならフルモデルチェンジだと唸らせるほど質が高いからだ。

フォレスターは前のモデルで最初から最後まで、
「一切」エクステリアをいじらなかった。
そうしなくても売れたからだ。

4代目になり、
現在でも同じように売れている。
なので、
エクステリアを大きく変えない選択肢もあった。

ところが今回は、
レガシィのマイナーチェンジ並みの投資を断行した。
その証拠が前後の灯火器の刷新だ。

しかもスバルで初めてのアクティブヘッドライトを開発した。

考えてみれば、
3代目ではモデル末期に新型エンジンを投入した。
世界的な視野で見た場合、
フォレスターはレガシィに肩を並べる基幹車種に育ったのだろう。

走り始めて気が付いた。
何かのワーニングランプが点灯している。
そこで「あるであろう」場所のスイッチを、
手探りで押し続けた。
2016年型フォレスター2.0i-Lの利便性と驚きの進歩_f0076731_06302432.jpg
ところが一向に消えてくれなかった。
新しい機能には戸惑いもある。

このクルマにはSRHの他に、
フォレスター専用のリヤビークルディテクション(SRVD)Pも搭載される。
SRVDが機能していない事を知らせていた。
2016年型フォレスター2.0i-Lの利便性と驚きの進歩_f0076731_06303339.jpg
どこを見てもスイッチが見当たらない。

だから取説を出して調べた。

ここでちょっと整理しよう。
最初にASPを装備したレヴォーグの場合、
1.SRVD
2.HBA
3.ADM
4.SVM
5.EAM
の5つがセットになっている。

そしてアウトバックでは、
1.SRVD
2.HBA
3.ADM
の3つがセットになる。

ここに国内専用車と国際車の差が出た。

そしてXVにも、
1.SRVD
2.HBA
3.ADM
の3つが装着された。

最後にデビューしたフォレスターの場合、
1.SRVD
2.HBA
は装備されるがそれ以外は無い。

ADMと言うのは自動防眩ミラーの事で、
米国ではこれにコンパスとシャッターリモコンがセットされて、
車両に搭載されているので珍しくない。

日本ではこのミラーにハイビームアシスト用のカメラが仕込まれているので、
SRHを搭載した車用のADMが準備できないのかもしれない。

とにかく働かない原因を調べた。
2016年型フォレスター2.0i-Lの利便性と驚きの進歩_f0076731_06304083.jpg
3-55を見ろと書いてある。
2016年型フォレスター2.0i-Lの利便性と驚きの進歩_f0076731_06304816.jpg
ワーニングランプには2つの機能がある。
警告ではなくOFFなので復帰させる方法を調べた。
2016年型フォレスター2.0i-Lの利便性と驚きの進歩_f0076731_06305683.jpg
同時にヒルホルダーの解除方法も理解した。
恥ずかしい話だが、
VDCのスイッチを長押しして、
ヒルホルダーのON/OFFをするのだと初めて知った。
2016年型フォレスター2.0i-Lの利便性と驚きの進歩_f0076731_06310855.jpg
あれこれついてうっとおしいが、
右端のオレンジ色の警告灯が点灯し、
ヒルホルダーがOFFになった事を示した。

問題のスイッチはこんなところにあった。
暗い時には見つけにくいので要注意だ。

12ボルト電源にコンセントを差す時に、
誤って押してしまったのだろうか。

出荷時にOFFになっているのかもしれない。
2016年型フォレスター2.0i-Lの利便性と驚きの進歩_f0076731_06311677.jpg
いずれにせよ、
何も問題は無かった。
上に何やら怪しいものがあるが、
単純に照明灯だった。
2016年型フォレスター2.0i-Lの利便性と驚きの進歩_f0076731_06312673.jpg
これで照らされているので、
センターポケットにモノが乗せやすい。
2016年型フォレスター2.0i-Lの利便性と驚きの進歩_f0076731_06313932.jpg
センターポケットのほかに、
コンソールボックスの中にも電源取出し口があるので便利だ。
2016年型フォレスター2.0i-Lの利便性と驚きの進歩_f0076731_06314704.jpg
この辺りは以前と変わらない。
アイフォンの接続もばっちりだ。
2016年型フォレスター2.0i-Lの利便性と驚きの進歩_f0076731_06315621.jpg
こうして順調に走り出した。
何しろクルマの動きが自然で気持ちが良い。
リニアトロニックの改善も進み、
滑るようにに走る。
2016年型フォレスター2.0i-Lの利便性と驚きの進歩_f0076731_06384876.jpg
旧型に対してクルマの動きがリニアなのは、
新しいステアリングギアボックスを装備したからだ。

現在使用中の6速マニュアルも良いクルマだが、
ここまでの運動性能を持ち合わせていない。

ちょっと驚くほどクイックになった。

単純にギヤ比をクイックにしただけではこの動きにはならないだろう。
その辺りはもう少し時間を掛けて調べるつもりだ。

今回はカタログも商品解説書も全く読まずにテストに臨んだ。

その方が先入観がなく、
クルマを素直に感じて、生の声を聞かせられると思ったからだ。

ワインディングを走ればすぐ解るが、
右へ左へと車が簡単に鼻を向ける。
モタモタ感が全く無いのだ。

先日香嵐渓で試したXVとさほど大差ない動きをする。

この運動性能があるから、
SRHが冴えるのだろう。

そこを動画から感じ取って、
意見や質問があれば気軽にコメントして欲しい。

普段から使い慣れているせいもあり、
SUV3兄弟の中で、
最も使い易いカーゴルームを持つと感じた。
2016年型フォレスター2.0i-Lの利便性と驚きの進歩_f0076731_06390329.jpg
高さが絶妙で奥行があり、
段付きが無いので荷物が取り出しやすい。
2016年型フォレスター2.0i-Lの利便性と驚きの進歩_f0076731_06391472.jpg
アウトバックの方が低く、
XVだと段差がある。

それぞれに長所もあるのでどれが一番とは言えない。

KAZEのマスターに久しぶりに会った。
2016年型フォレスター2.0i-Lの利便性と驚きの進歩_f0076731_06393558.jpg
店の中も広くなり、
忘年会に備え仕込も始まっていた。
2016年型フォレスター2.0i-Lの利便性と驚きの進歩_f0076731_06392405.jpg
ハーブを店内に入れ防寒準備も終わった。
2016年型フォレスター2.0i-Lの利便性と驚きの進歩_f0076731_06400181.jpg
ミントが嬉しそうに色づいていた。
2016年型フォレスター2.0i-Lの利便性と驚きの進歩_f0076731_06401098.jpg
美味しいコーヒーを飲んで、
フォレスターの撮影に協力していただいた。
2016年型フォレスター2.0i-Lの利便性と驚きの進歩_f0076731_06394729.jpg
走行動画をどうぞ。
鋭い出足とスムーズな車体の動きが解ると思う。

Commented by 永島 達也 at 2015-11-20 23:32 x
代田社長 様

ご無沙汰しております。季節の変わり目になり、お体に気をつけてくださいね。

いつもいつも読ませていただいておりますが、今回のフォレスターのブログはとても楽しみにしておりました。
動画も見させていただきましたが、クイックでXTで無くても、しなやかに加速していく姿は、とても印象的でした。
また、ブラックのボディーが映えますね。

いずれまたご挨拶に伺わせていただければと思います。

東京モーターショーは行けませんでしたので、明日は早々名古屋モーターショーへ行って来ます‼︎
Commented by b-faction at 2015-11-21 00:26
永島さん、お元気そうで嬉しいです。ぜひモーターショー、楽しんできてください。スバルコーナーではコンセプトカーの側面を良く見るといいですよ。なかなかやれそうでやれないことが見えると思います。
Commented by えぬ at 2015-11-21 10:56 x
新型セダンたのしみですね。
オールニューレオーネのときは赤色がカタログのトップを飾っていましたが、今はあまり人気がないのが残念です。
雪道の舞台で美しく栄える色なんですけどね。
Commented by b-faction at 2015-11-21 12:18
えぬさん、こんにちは。懐かしいですね。「自由という宇宙」って
一体なにを言ってんだろう・・・と訝しく思いました。革新的なクルマでしたね。色々あって苦労したので良く覚えています。アレもルビ-レッドでしたがフラッグシップはツートンカラーでした。またツートンが復活すると面白いですね。
Commented by タナベ at 2015-11-21 16:11 x
先日のコメントへの返信を頂いた際
「フォレスターを忘れてない?」と言われた様な気がしました。
すっかり自分の車選びに気を取られ見逃しておりました(苦笑)
想像以上の進化の様ですね。早急に試してみたいと思います。
ところで私の車の方、悩みに悩んだ末本日リミテッドを発注しました。3X-50です。アイボリー内装のリミテッドを見てみたい、
アイボリーが引き立つのはラピスブルーだと言う理由です。
いかがでしょうか、この選択。
確かに昨年アドバイスを頂いた様、自分にはシルバーだと感じていましたが。
次のインプレッサまではこれが相棒となります。
Commented by くにゃオール at 2015-11-21 16:11 x
社長こんにちは。
ついさっきまで自宅の車庫でひょっこりさんのサブフレームやサスアームを塗装していました。結構、塗装が劣化していたりサビが出ているんですよね。

インプレッサセダンコンセプトは一昨日ネットで観て、思わずカッコ良すぎ!!と度肝を抜かれました。鮮やかなレッドマイカにセダンはよく似合う!三河産ですがウチのもう一台あるセダンはまさにレッドマイカを選んで、地味になりがちなセダンが色艶やかに化けるいい色です。スポーティーに見えるし女子にも似合うし。次期インプレッサセダンに是非採用して欲しい色ですね。

ところで、後ろ廻りはトヨタやレクサスっぽいのは気のせい?なので親近感が沸きます。
Commented by b-faction at 2015-11-21 16:19
タナベさん、良い選択だと思います。フォレスターを一気に1000km位走らせてみたくなりました。MTがLから消えたのは淋しいですが。
Commented by b-faction at 2015-11-21 16:21
くにゃオールさん、こんにちは。車弄りの趣味は底が無いから楽しいですよね。ガレージを理解出来る奥さんはステキですよ。ウチの妻もガレージ好きです。
Commented by 永島 達也 at 2015-11-21 17:45 x
社長 こんばんは

名古屋モーターショー、朝イチで行って来ました。
社長のコメントにありました側面を眺めて来ました。
確かにAピラーと言うのか、サイドミラー付近の造形はなかなか出来ないものです。
以前のブログにありました、縦方向から見た時の造りは、『これか。』と、言葉に発してしまいました。全幅からの美ですね。
日本仕様の市販モデルにも、この美を感じれれば素晴らしいです。

引き続き、新型フォレスターやXV、ナビゲーションについての比較についてブログを楽しみにしております。
Commented by くにゃオール at 2015-11-21 18:55 x
今日は暖かだったので表での作業は気持ちよかったですよ。

社長の奥様もご理解のある方なんですね?

塗装は専門分野ですし、もともと下回りの塗装はなんとかしなきゃと思っていたところでしたから今日に作業できてよかったですよ。
でも、廻り近所でこんなことばかりやっているのはボク一人だけで、苦情来ないかな?とヒヤヒヤ物でしたけどね^^ゞ
Commented by タナベ at 2015-11-21 19:07 x
MTのフォレスターは埋もれていた逸材、ダークホースだと仰ってましたよね。まさに2.0RスペックBの様な存在になってしまいましたね。SJフォレスターは初期型から完成度の高さに感激したものですが社長が一気に走りたくなる程の進化とは興味津々です。
一瞬やっぱりフォレスターにしようかと頭を過りました(笑)
Commented by b-faction at 2015-11-21 19:07
永島 達也さん、楽しめて良かったですね。名古屋モーターショーも独特の雰囲気があり、一昨年始めて行ったのですが大いに楽しめました。
Commented by b-faction at 2015-11-21 19:09
くにゃオールさん、一人だと万が一のこともあるので気をつけて下さいね。昨日思いっきり転んでそう思いました。
Commented by b-faction at 2015-11-21 19:11
タナベさん、SJ5のエンジン回転特性とアクセルワークがツボにはまった時の愉快さは持ってる人にしか解らない楽しみです。ワイドレンジなので横着も出来る反面、乗りづらさもあります。そこをうまく操ると気持ちいいですよ。
Commented by スバル好きの中学生 at 2015-11-22 21:03 x
こんばんは。本日、新型X-BREAKの試乗をすることができました。
新型、いいですね。助手席に乗っていても以前試乗させていただいたB型のXTよりよくなったのではと感じます。非常にしなやかな足回りですべての動きがスムーズでした。また、加速も鋭く、Sモードでの出だしのよさはウチのSH9よりいいかもしれないと思うほどでした(笑)内装もさらにグレードアップしていてうらやましいです。
インプレッサセダンも現実的なデザインでカッコいいですね。ですがレッドは土地柄マツダが多く走っているので見間違えそう・・・
Commented by b-faction at 2015-11-22 21:36
スバル好きの中学生さん、こんばんは。助手席に乗っても感じるくらいですから運転すると感激します。
ステアリングにの切り込みに対してヨーレートがスムーズに立ち上がります。これまではロール角を意識しながら若干遅れてヨーレートを感じましたが、XV並みのスポーティーさになりました。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by b-faction | 2015-11-20 16:50 | Comments(16)

毎日の活動やスバルについてご紹介します


by b-faction
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31