人気ブログランキング | 話題のタグを見る

スバルXV鮮烈に発進 !後側方警戒支援システムを新たに搭載

ずんずんずんずんずん・・・。
遠くから足音が聞こえた。

秋も深まったある日、
スバルXV鮮烈に発進 !後側方警戒支援システムを新たに搭載_f0076731_22300554.jpg
Before

スバルXV鮮烈に発進 !後側方警戒支援システムを新たに搭載_f0076731_15304724.jpg
After(2015.11.24)

そのオトコ達は突然やって来た。

「ええい!ひかえい!!査察じゃ!」

スバルXV鮮烈に発進 !後側方警戒支援システムを新たに搭載_f0076731_21471671.jpg
恵比寿幕府で老中を務める緑川氏は、
SABに乗り込むと、
鋭い目を光らせながら、
ゆっくりと口を開いた。

「御主、最近やけに元気が良いが、
蔭で何か企んで居るのでは無かろうな」

「・・・・・・・・・・・・」

吉永将軍の率いる恵比寿幕府より、

老中が大目付と勘定奉行を率いて突如現れたのだ。

「緑川様ご覧下さい。こやつ、こんな所に怪しげなモノを隠匿しておりますぞ」
大目付の中林氏が得意げにシャッターの奥を指さした。
スバルXV鮮烈に発進 !後側方警戒支援システムを新たに搭載_f0076731_21474783.jpg
「ほほう!ご禁制の英吉利品があるでは無いか。
阿蘭陀としか交易は許されぬぞ!御主どこでこれを手に入れたのじゃ」
中にはMGBが納められている。
確かに幕府は英吉利とは交易が無かった。

勘定奉行の千速氏がギロリと鋭い目で睨んだ。
千早氏は代官の杉山氏とも懇意である故、
油断ならぬ相手だ。
スバルXV鮮烈に発進 !後側方警戒支援システムを新たに搭載_f0076731_21480176.jpg
「老中様、こやつ、まだ怪しげなモノを隠しておるはずです」
大目付がたたみ掛けるように続いた。

すると老中は、
「どうじゃ、騒ぎが大きくなる前に、
隠し持っている禁制品を全て白日の下に晒さぬか、ふふふふ・・・悪いようにはせぬぞ」

スバルXV鮮烈に発進 !後側方警戒支援システムを新たに搭載_f0076731_21481352.jpg
「めっそうも無い、さようなことは一切ございません」
とひれ伏すと、

「そうか、そこまで申すのなら仕方が無い、
家捜しじゃ!洗いざらいに探すのじゃ!!!」

「ははー!」
と大目付と勘定奉行は城内を虱潰しに捜索した。

「ややや、老中様こんなモノが」
スバルXV鮮烈に発進 !後側方警戒支援システムを新たに搭載_f0076731_21484664.jpg
「ついに見つけたぞ」
大目付の中林氏は証拠写真をバシャバシャと撮った。
スバルXV鮮烈に発進 !後側方警戒支援システムを新たに搭載_f0076731_21485780.jpg
「老中様、これでこの領地も恵比寿幕府の天領でございますね」
勘定奉行の千早氏が満足げに語った。
スバルXV鮮烈に発進 !後側方警戒支援システムを新たに搭載_f0076731_21490757.jpg
「ホッホッホ、これで吉永将軍も喜ばれるじゃろう」
老中が胸中を漏らすと、
「尾張藩の福田大名も、さぞお喜びになることでしょう、ウッシッシッシ」
と大目付の中林氏が高らかに笑った。

というのはフィクションで、
スバル部品用品本部、
国内部品部の緑川部長が久しぶりに中津川にいらっしゃった。
美味しいお土産をありがとうございました。

スバルXV鮮烈に発進 !後側方警戒支援システムを新たに搭載_f0076731_21491667.jpg
同じく部品部の中林課長と、
ロードマンの千早さんも同行された。
「せっかく隣町の飯田市まで来たのだから、
ここに寄らずに帰れない」

査察というのは冗談で、
実は待ちに待った嬉しい訪問だった。
スバルXV鮮烈に発進 !後側方警戒支援システムを新たに搭載_f0076731_21492499.jpg
お土産に戴いたバームクーヘンは、
食べたことが無いほど美味しかった。

それだけで無く、
この焼き菓子の儚くもあり、
確かでもある食感は見事と言うほかなかった。
スバルXV鮮烈に発進 !後側方警戒支援システムを新たに搭載_f0076731_21493214.jpg
急な来訪のため、
飯田の街を歩き回って選ばれたと言うだけあり、
実に美味しい洋菓子だった。

社員皆で美味しく頂きました。

言葉には出さなかったが、
緑川部長の来訪はお祝いの意味も含んでいた。

部品という部門は縁の下の力持ちだ。

自動車を開発する仕事とは違い、
作ってからが勝負だ。
長い間それを維持するために機能せねばならない。

中津スバルがどんな環境で仕事をしているのか、
それを部下に見せるために来てくれたのだろう。

先月の終わりに名古屋市の中枢部に呼ばれた。
スバルXV鮮烈に発進 !後側方警戒支援システムを新たに搭載_f0076731_22372081.jpg
ここは自動車業界を統括する、
中部運輸局だ。
スバルXV鮮烈に発進 !後側方警戒支援システムを新たに搭載_f0076731_22373169.jpg
余裕を見て到着したので、
まだ誰も居なかったが会場は奇麗に整っていた。

スバルXV鮮烈に発進 !後側方警戒支援システムを新たに搭載_f0076731_21550791.jpg
表彰が始まった。
驚いたのは静岡鉄道の表彰内容だった。
スバルXV鮮烈に発進 !後側方警戒支援システムを新たに搭載_f0076731_22381204.jpg
なんと53年間無事故運転を続けて居るのだという。
名だたる大企業に局長自ら表彰状が渡された後、
スバルXV鮮烈に発進 !後側方警戒支援システムを新たに搭載_f0076731_21551831.jpg
当社も表彰して戴くことが出来た。
スバルXV鮮烈に発進 !後側方警戒支援システムを新たに搭載_f0076731_21553175.jpg
環境に優しい整備工場を作ると言うより、
スバルXV鮮烈に発進 !後側方警戒支援システムを新たに搭載_f0076731_22403799.jpg
何を残し何を変え、
何を学ぶかだけを考えていた。
スバルXV鮮烈に発進 !後側方警戒支援システムを新たに搭載_f0076731_22410466.jpg
昔は放置していた花梨も、
今では収穫できるようになった。
先週の月曜日に全て収穫した。
欲しい人に差し上げたいので、
よろしければ連絡を戴きたい。
スバルXV鮮烈に発進 !後側方警戒支援システムを新たに搭載_f0076731_22414756.jpg
銀杏の落ち葉も堆肥になる。
スバルXV鮮烈に発進 !後側方警戒支援システムを新たに搭載_f0076731_22415798.jpg
落ち葉を除けると、
苔が勢いづく。
スバルXV鮮烈に発進 !後側方警戒支援システムを新たに搭載_f0076731_22420951.jpg
先週から庭の手入れを全員で続けている。
スバルXV鮮烈に発進 !後側方警戒支援システムを新たに搭載_f0076731_15315633.jpg
次はここも手入れが必要だ。
スバルXV鮮烈に発進 !後側方警戒支援システムを新たに搭載_f0076731_15314448.jpg
桜を愛でれば、
人が集う。
スバルXV鮮烈に発進 !後側方警戒支援システムを新たに搭載_f0076731_22422449.jpg
人が集えば、
笑いが増える。
スバルXV鮮烈に発進 !後側方警戒支援システムを新たに搭載_f0076731_22423503.jpg
笑いが増えれば、
皆幸せになる。
スバルXV鮮烈に発進 !後側方警戒支援システムを新たに搭載_f0076731_22424793.jpg
「石のベンチを観察したら、どうもおかしい」
社員の洞察力が見る見るうちに変化してきた。

ベンチの周囲を調べ、手分けして掘り起こすと、
コンクリートの廃材がバケツに三杯も出てきたと言う。

土管を埋設した時に廃棄物をそのままにしたのだろう。
スバルXV鮮烈に発進 !後側方警戒支援システムを新たに搭載_f0076731_22463727.jpg
可能な限り取り除き、
スバルXV鮮烈に発進 !後側方警戒支援システムを新たに搭載_f0076731_22464939.jpg
土を入れた後で、
雨に晒して取っておいた自然石を並べてくれた。
スバルXV鮮烈に発進 !後側方警戒支援システムを新たに搭載_f0076731_22473797.jpg
Before

スバルXV鮮烈に発進 !後側方警戒支援システムを新たに搭載_f0076731_15321778.jpg
After(2015.11.24)

ここにも苔を移植すれば、
桜も喜び、
中仙道を通る人にも潤いが生まれる。
スバルXV鮮烈に発進 !後側方警戒支援システムを新たに搭載_f0076731_22475008.jpg
自然に発芽した山桜は、
姿形が親とそっくりだ。
邪魔になると危惧する人も居るけれど、
どうしても切る気にならない。
スバルXV鮮烈に発進 !後側方警戒支援システムを新たに搭載_f0076731_22472632.jpg
六地蔵川の清流に向かって玉竜が伸びている。
ゴミや砕石だらけで荒れていた場所が、
奇麗に整い良い環境が生まれた。
スバルXV鮮烈に発進 !後側方警戒支援システムを新たに搭載_f0076731_22480340.jpg
やはり大切なのは根だ。
スバルXV鮮烈に発進 !後側方警戒支援システムを新たに搭載_f0076731_22481530.jpg
根を良くするために環境を整える。
それは人の「根」を良くすることにそのまま繋がる。

表彰は社員の励みになる。
ありがとうございました。

励みになるから意識が変わった。
スバルXV鮮烈に発進 !後側方警戒支援システムを新たに搭載_f0076731_15285204.jpg
Before

廃車置き場も常に清掃し、
奇麗な展示を心掛ける。
スバルXV鮮烈に発進 !後側方警戒支援システムを新たに搭載_f0076731_15312939.jpg
After(2015.11.24)

これをゴミでは無く財産だと捉えるようになったのも意識の変化に他ならない。
スバルXV鮮烈に発進 !後側方警戒支援システムを新たに搭載_f0076731_15290335.jpg

従ってそこには良い気が満ちあふれる。
スバルXV鮮烈に発進 !後側方警戒支援システムを新たに搭載_f0076731_15310987.jpg
美しい苔が自然に生えるのはその現れだろう。
スバルXV鮮烈に発進 !後側方警戒支援システムを新たに搭載_f0076731_15311971.jpg

掃除中に北原課長がやって来た。

「社長・・・」
「ハイ、なんですか」
「これって、苔じゃ無いですよね」
そう言われて籠の中を見たら、
美しいシッポゴケがたくさん入っていた。

「これは大切な苔だよ。シッポゴケといって、
京都のお寺などで大切に育てているんだ。何処に有った」
と尋ねると、
「裏のマットの上に沢山生えています」
と言う。
「放っておくとマットが滑るので全部取ってきます」
と続けて言うので、
「じゃあ、桜ベンチの周りに移植しよう」
と答えを出した。

スバルXV鮮烈に発進 !後側方警戒支援システムを新たに搭載_f0076731_15292862.jpg
これには驚いた。
展示場の片隅で人知れず育っていた。
ベンチの前の殺風景な場所に、
彩りが出たが、
このまま育つかどうかは解らない。
スバルXV鮮烈に発進 !後側方警戒支援システムを新たに搭載_f0076731_15294983.jpg
Before

スバルXV鮮烈に発進 !後側方警戒支援システムを新たに搭載_f0076731_15324880.jpg
After(2015.11.24)

苔は実にデリケートな植物だ。
でも光輪蒲公英も自然発芽してから見事に定着したので、
シッポゴケも生き続けるかもしれない。
スバルXV鮮烈に発進 !後側方警戒支援システムを新たに搭載_f0076731_15300469.jpg
最新の状態だ。
マットに生えていたシッポゴケ以外の苔を、
窪んだところに奇麗に移植した。

先週と比べかなり変わった。
ピンセットを使って、
裏返った苔を奇麗に並べ直す。
スバルXV鮮烈に発進 !後側方警戒支援システムを新たに搭載_f0076731_15301661.jpg
じょうろで井戸水を掛けながら、
上から圧力を掛け密着させていくと、
苔がイキイキと蘇る。
この色鮮やかな環境を守ることが仕事の質の向上に繋がる。
スバルXV鮮烈に発進 !後側方警戒支援システムを新たに搭載_f0076731_15302629.jpg
工房に戻ると、
初めて見るフォレスターが届いていた。
新色のセピアブロンズ・メタリックだ。
なぜか苔のような安堵感を感じた。
スバルXV鮮烈に発進 !後側方警戒支援システムを新たに搭載_f0076731_15313639.jpg
デモカーをパールホワイトにして後悔した。
苔を連想させるのはなぜだろうか。

苔を移植しながら仮根を見ると、
鮮やかな緑に茶色や黒が混ざり合う。
そのコントラストを更に土が複雑に彩る。

苔の緑と土を混ぜたような。
実に自然で柔らかな色だ。

また「照り」の良さが見る者を惹きつける。

XVに特別仕様車を作り、
この色を塗ると面白いだろう。

最新のXVに話を戻そう。
「根の重要性」
それが新型XVを端的に指し示す。
スバルXV鮮烈に発進 !後側方警戒支援システムを新たに搭載_f0076731_22514866.jpg
XVのベースになるインプレッサは、
既に昨年大幅な改善が施された。

ところが一年遅れてデビューしたXVは、
ハイブリッドと共にキャリーオーバーされた。

今年の初夏になるとインプレッサスポーツにハイブリッドが誕生した。
実はその時、
クルマの開発姿勢に大きな変化を感じ取った。
操縦性能が格段に向上したからだ。

スポーツハイブリッドは、
嵩上げしていない車体に電池を搭載したので、
XVハイブリッドより重心が低い。
そのリヤサスを大きく見直した。
ダンパーストロークを大きく取り、
更に動きを滑らかにしたことで、
とても良く曲がるクルマに仕上がった。

ハイブリッドの場合には、
リヤ周りの荷重も増える事になるので、
大きく上下に慣性力が働くと、
リヤグリップが不足する。

その傾向を思い切った方法で解決した。
WRXの開発手法を導入した。

車体のバンプに合わせトーインするよう、
リヤサスのジオメトリーをチューニングしたのだ。

どうしてそんなことが可能になったのか。
スバルXV鮮烈に発進 !後側方警戒支援システムを新たに搭載_f0076731_20155806.jpg
それはWRXの開発を総指揮した、
高津さんがインプレッサ全体の開発責任者に着任したからだ。

スバルXV鮮烈に発進 !後側方警戒支援システムを新たに搭載_f0076731_22510413.jpg
XVを含めたインプレッサ系で、
スバルは国内シェアを一気に伸ばした。

その稼ぎ頭を絶対にカテゴリーキラーとして守り抜く。
スバルの決意が見て取れた。

だからかなり思い切った改良を施し、
クルマの質を大幅に高め、
値段をライバルに対して低く抑えられている。

このクルマの諸元を改めて確認したい。
【車名】スバル XV 2.0i-L Eyesight
【型式】GP7E5TC LFC
【主要諸元】全長×全幅×全高(mm):4550×1780×1595
ホイールベース(mm):2640
トレッド前/後(mm):1535/1540
最低地上高(㎜):200
車両重量(kg):1410
最小回転半径(m):5.3
乗車定員 5名
【エンジン】FB20/水平対向4気筒2.0L DOHC16バルブデュアルAVCS
内径×行程(mm):84.0×90.0
圧縮比:10.5
最高出力:110kw(150ps)/6200rpm
最大トルク:196N・m(20kg・m)/2000-4800rpm
【燃料供給装置】EGI
【変速機】 リニアトロニック(マニュアルモード付)
【燃費】16.2km/l (JC08モード)
【標準装備】マルチインフォメーションディスプレイ付常時発光式ホワイト照明メーター
      キーレスアクセス&プッシュスタート 本革巻ステアリングホイール
      アドバンスドセイフティパッケージ 17インチアルミホイール 
      運転席&助手席8Wayパワーシート ウエルカムライティング アルミパッド付スポーツペダル
【税抜き車両本体価格】2.490.000円 クリスタルホワイト・パールは3万円高

外観上、ホイールも僅かに変更されたが、
一番の変更点はフロントフェイスだ。
スバルXV鮮烈に発進 !後側方警戒支援システムを新たに搭載_f0076731_22511390.jpg
ヘッドライトの「コの字部分」にアイラインを入れ、
白色バルブに変更しくっきりと際立たせた。
グリルのデザインも新しくなったが、
何と言っても一番の変更点はフロントバンパーだ。
L字型のクロームメッキアクセントをフォグランプの外側に配した。
インプレッサではフォグランプの上で横に切り替わるが、
XVの場合は縦に長くフォグランプの下で横に曲がる。

これがXVのフォルムに極めてマッチし、
存在感のあるタイヤとホイールに負けない重厚感を醸し出している。

このクルマにはデイライト機能を果たすLEDアクセサリーライナーが装着され、
周囲にピアノブラック調の加飾が施され、
更にスタイリッシュだ。
スバルXV鮮烈に発進 !後側方警戒支援システムを新たに搭載_f0076731_22521206.jpg
メーターは昨年から採用された常時発光式だ。


スバルXV鮮烈に発進 !後側方警戒支援システムを新たに搭載_f0076731_22522602.jpg
これはホワイト照明なので、
夜間の視認性もスッキリしたとても良いメーターだ。
燃料が指針式なら申し分ない。
相変わらずその部分が他と整合しないので、
瞬時に見ると燃費計と間違える。
やはり左下のメーターを水温計にして、
右下を燃料計に戻しスバルブランドとしての統一感を持たせるべきだ。
スバルXV鮮烈に発進 !後側方警戒支援システムを新たに搭載_f0076731_22524290.jpg
フォレスターのX-BREAKは明らかにXVを意識した特別仕様車だ。
今度はXVがX-BREAKのモチーフを取り入れた。

ステアリングを始め、
室内の要所要所をオレンジステッチで引き締めた。
スバルXV鮮烈に発進 !後側方警戒支援システムを新たに搭載_f0076731_22525437.jpg
インパネの左右を繋げるオーナメントは、
これまでの金属調から、
ピアノブラック調のパネルを、
金属調のアクセントで縁取りしたものに取り替えられた。
スバルXV鮮烈に発進 !後側方警戒支援システムを新たに搭載_f0076731_22530429.jpg
シートサイドにワンポイントで別素材を折り込み、
オレンジステッチで仕上げた。
更にシフトブーツやコンソールリッドまで、
オレンジステッチで統一感を出した。
スバルXV鮮烈に発進 !後側方警戒支援システムを新たに搭載_f0076731_22532222.jpg
上質な本革巻セレクタレバーとブーツにも、
オレンジステッチが縫い込まれ、
ピアノブラック調の加飾パネルで高品質に仕上げられている。
スバルXV鮮烈に発進 !後側方警戒支援システムを新たに搭載_f0076731_21105256.jpg
もちろんドアトリムにもオレンジのステッチが配された。
この辺りにピアノブラック調の加飾が施された仕上がりは、
フォレスターも同様だが、
スバルXV鮮烈に発進 !後側方警戒支援システムを新たに搭載_f0076731_22533147.jpg
XVは更にスポーティな印象が強くなっている。
それは空間全体がぎゅっと締まっていて、
絶妙な操縦空間を生み出しているからだ。

それに加え、
何と言っても走りそのものが素晴らしくスポーティなのだ。

これはレヴォーグやアウトバックがそれぞれ独自の世界を持つように、
インプレッサとは隔絶した、
XVならではのスポーティーな空間だ。

走り始めてあっという間に70㎞を越した。
借りた時の走行距離を上回ったので、
そろそろエンジンも回してみよう。
スバルXV鮮烈に発進 !後側方警戒支援システムを新たに搭載_f0076731_22534145.jpg
驚いたのは静粛性の高さだ。
正直に言うとアウトバック並みに感じる時がある。
物凄く静かになった。
東京都に入り渋滞する前にトイレ休憩を取った。

スバルXV鮮烈に発進 !後側方警戒支援システムを新たに搭載_f0076731_22535113.jpg
コーヒーと水を購入し、
それぞれをセットした。

スバルXV鮮烈に発進 !後側方警戒支援システムを新たに搭載_f0076731_22541725.jpg
飲みながら、
後ろ側だと何となく使い難いな、
と思っていた。
スバルXV鮮烈に発進 !後側方警戒支援システムを新たに搭載_f0076731_22542751.jpg
後ろ側だとコーヒーが取りにくい。
まあ、こんなモノかなと思っていた。

次の休憩でチョコレート味のラテを買った時、
取りやすくするために逆に置いた。
すると更に使い難い。
スバルXV鮮烈に発進 !後側方警戒支援システムを新たに搭載_f0076731_22543764.jpg
これは何だ、
どうしたことかと逆に置くと、
ホルダーの深さが違うことが解った。
スバルXV鮮烈に発進 !後側方警戒支援システムを新たに搭載_f0076731_22544667.jpg
フォレスターは前後均一な高さのカップホルダーだが、
よくよく調べてみると、
こちらの系統は前後で高さが違う。
これまで全く気がつかずに使っていた。
スバルXV鮮烈に発進 !後側方警戒支援システムを新たに搭載_f0076731_22545711.jpg
ステアリングリモコンを付けない状態だと、
パナソニックの方が扱いやすい。

両側に機能を切り換えるスイッチがあり、
ブラインドタッチもし易くなっている。

スバルXV鮮烈に発進 !後側方警戒支援システムを新たに搭載_f0076731_22550606.jpg
このナビにも臨場感のある音響機能があるが、
ダイヤトーンのようなわけにはいかない。
それより乱反射の度合いを見ると、
三菱の持つボンディング技術を認めざるを得ない。
スバルXV鮮烈に発進 !後側方警戒支援システムを新たに搭載_f0076731_22555069.jpg
この日の首都圏はやけに混雑していた。
前日から降り続く雨のせいか、
彼方此方で交通事故が起きた。

こう言う状態でやはりアイサイトは素晴らしい能力を発揮する。
スバルXV鮮烈に発進 !後側方警戒支援システムを新たに搭載_f0076731_22555982.jpg
バージョン3は実にナチュラルだ。
この様なシーンでバージョン2との差が明確に出る。

前回乗ったアイサイト付のインプレッサは、
スポーツハイブリッドだった。

残念ながらXVもハイブリッド系はまだアップグレードできない。

都内を走るとETC2.0の効果がより解る。

スバルXV鮮烈に発進 !後側方警戒支援システムを新たに搭載_f0076731_22565483.jpg

パナソニックもETC2.0に対応しており、
進行方向の直前情報や、
遠方情報をVICS情報とは違った形で表示する。


しかもパナソニックならその情報をMFDに投射できるので、
スバルXV鮮烈に発進 !後側方警戒支援システムを新たに搭載_f0076731_22084622.jpg
視認性が非常に良い。

スバルXV鮮烈に発進 !後側方警戒支援システムを新たに搭載_f0076731_22562938.jpg
パナソニックもフリップ操作が可能だ。
スバルXV鮮烈に発進 !後側方警戒支援システムを新たに搭載_f0076731_22564515.jpg
首都高の出口がようやく近づいた。

スバルXV鮮烈に発進 !後側方警戒支援システムを新たに搭載_f0076731_22570370.jpg
東京駅周辺は相変わらず道路の付け替えが頻繁で、
慣れないと走り難い。
スバルXV鮮烈に発進 !後側方警戒支援システムを新たに搭載_f0076731_22571283.jpg
会議を終えて次の場所に移動する手はずを整えた。

帰路は更に本領を発揮させ、
高速ドライブを楽しんだ。
慣らしも終わりに近づき、
夜が明けるとエンジンが軽く回るように感じた。
背の高いフォレスターも驚くほど操縦性能が良くなったが、
XVを比較の対象にすると、
当然のことながら軍配はこちらに上がる。

スバルXV鮮烈に発進 !後側方警戒支援システムを新たに搭載_f0076731_22572289.jpg
高速道路を走っていると、
まずこの辺りでそれが実感出来る。時速80㎞くらいで、
2000回転ぐらいからスロットルを開けた時に、
何とも言えないボクサーサウンドを遠くで奏でながら、
実にリニアに回転が上昇する。
スバルXV鮮烈に発進 !後側方警戒支援システムを新たに搭載_f0076731_22573365.jpg
この自然なフィーリングがとても良い。
最近のスバルは電制スロットルの早開きが好きなので、
アクセル操作に対してガバッと開くような嫌いがある。

逆に出たばかりのXVは、JC08を意識しすぎたためか、
スロットルの開きが遅くイライラすることが多かった。
スバルXV鮮烈に発進 !後側方警戒支援システムを新たに搭載_f0076731_22574791.jpg
普段使っているフォレスターも、
発進時や低速時に、
アクセル操作にリニアに反応せず、
ガバッと開く印象がある。

危険では無いが気持ち良くない。

それに比べ今度のXVは実に塩梅が良く、
絶妙な走りをもたらしてくれた。

豊田市はガソリンが安い。
スバルXV鮮烈に発進 !後側方警戒支援システムを新たに搭載_f0076731_22575655.jpg
高速道路では140円近い価格が、
ここでは121円だ。

かわら版に使う写真を撮るために香嵐渓へ向かった。
スバルXV鮮烈に発進 !後側方警戒支援システムを新たに搭載_f0076731_22581150.jpg
ここからXVは本当の凄さを見せ始めた。
竹内流から高津流に調教師が変わると、
クルマというモノはこれほどまでに変化する。

深夜のワインディングを汗をかくほど攻めた。

明らかにリヤのグリップ力が高くなっているので、
コーナリングパワーが明らかに大きくなった。

限界領域まで持ち込んでも、
タイヤは悲鳴を上げない。
旋回速度が驚くほど早くて驚いてしまう。

SUVである事を忘れるほどだ。

フロントグリップだけ支配下に置けば、
リヤサスの動きをアクセルのオンオフで容易にコントロール出来る。

思いがけなく深いコーナーに入った時も、
ステアリングをジワリと切り込み、
スロットルを軽く緩めるだけで、
クルマのヨーレートがグッと高まる。

この感覚は初代レガシィRSで感じた物に近い。

最新のWRX STIにさえ感じることが出来ない、
懐かしい最高の味だ。
スバルXV鮮烈に発進 !後側方警戒支援システムを新たに搭載_f0076731_22582177.jpg

一気に750km近く走って、
大いに感動した。

このクルマを選ぶならハイブリッドよりガソリンが良い。
なぜかって。

それは軽さだ。

フォレスターとホイールベースは同じだが、
160㎜短く15㎜狭く165㎜低い。
重量は100kg軽く出来ている。

そう言えばドイツでこんな話が出た。
スバルXV鮮烈に発進 !後側方警戒支援システムを新たに搭載_f0076731_22441485.jpg
スバル欧州開発センターの山田所長は、
「代田さん、XVもスポーティーですよ」と言われた。
彼の自動車に対する評価能力は、
富士重工の中でトップクラスだ。

「しまった」と思った。
アウトバックは最新型なので、
それを上回る魅力はあった。

けれども100キロ軽くて、
ここまで完成度が高くなっていたとは思わなかった。
なので、
今すぐにでも、
XVでもう一度NBRを走りたい衝動に駆られている。

それくらい最新のXVは良くなった。
お薦めしたいボディーカラーはハイパーブルーだ。
ハイブリッドの時は要らないと言ったが、
このクルマにはルーフレールが欲しい。

そしてLEDアクセサリーライーナーを当然取り付ける。

エクステリアパッケージも絶対に付けよう。
スバルXV鮮烈に発進 !後側方警戒支援システムを新たに搭載_f0076731_22503607.jpg
ハイパーブルーを抜群際立たせる。

そしてナビはダイヤトーンだ。
そして最後に忘れてならないモノがある。
スバルXV鮮烈に発進 !後側方警戒支援システムを新たに搭載_f0076731_22515823.jpg
大型ルーフスポイラーだ。
但し気をつけて欲しい。

ボディ同色では無く、
E7217FJ700V2を選択するのだ。

なぜかって?

ブラックで締める方が絶対にクールだ。



Commented by jecht at 2015-11-23 13:06 x
代田社長、こんにちは。
今日、退院となったSJGを受け取りに行った際、D型フォレスターi-Lを試乗させてもらいました。
いやぁ、この出来はホント素晴らしいですね。社長に頂いたコメントの意味が理解できました。
今ならターボを選ばないかもしれないです(^_^;)
Commented by XV の地元 at 2015-11-23 13:50 x
初めてお便りします。久々の新車がXV となりました。長距離通勤なもので某社のディーゼルに傾きかけていましたが、試乗したXV のハンドリングに感激してしまいました。それ以来色々調べこちらのブログにたどり着きました。お陰で長期ローンを組んでも後悔しない選択が出来たと思います。こちらで購入出来ればと希望していましたが、しがらみがあり叶いませんでした。いつかDEを予約させて頂きたいと思います。数々の情報ありがとうございました。
Commented by b-faction at 2015-11-23 15:21
jechtさん、完治おめでとうございます。もう一つビックリしたのは新色の良さです。今初めて届いたクルマを見て感動しました。上げておきます。
Commented by b-faction at 2015-11-23 15:23
XV の地元さん、こんにちは。納車おめでとうございます。お役に立てて嬉しいです。DEの予定はHPに上げておりますので、いつでもご連絡下さい。
Commented by てっぱん at 2015-11-23 22:45 x
代田社長、こんばんは。連休でXVとフォレスターを続けて高速試乗しました。比較してみて、フォレスターの方の静かさにビックリしたのですが、この辺は風の関係でたまたまだったのでしょうか(XVの方がゴッーという低い音が耳に残る気がしました)。アウトバックは試乗したことがないです。

ナビでも悩んでいるので、社長がDiatoneを気に入っている理由を過去記事でじっくり参考にさせていただこうと思います。
Commented by b-faction at 2015-11-23 22:58
てっぱんさん、こんばんは。その辺りを更に詳しく書きました。僕の乗った順番はOBK→XV→フォレですが、OBKのドアバイザーが静粛性をスポイルした可能性があります。フォレとXVでフロアの構造に差があるので、違いはあるかもしれません。XVの一番の弱点は静粛性よりシートです。グランドツーリングに関してはOBKが図抜けてます。
Commented by くにゃオール at 2015-11-24 21:51 x
社長こんばんは。
急に寒くなったり暖かになったりで身体が追いつかないここ数日ですが体調には気をつけましょうね。

久しぶりに緑地の手入れを見れたのがうれしく、実はコレが大好きなのです。こうして、社長をはじめスタッフの方が毎朝お手入れをされているのを見ると、ボクも清らかな気分になるし、勤務先でも朝イチで10~15分実施しているのでとても参考になるのです。それと普段は無機質なクルマばかり接しているから朝に緑にふれると気持ちイイ!
限られた時間の中で実施するので、キレイに効率よく出来るようmy刈込鋏の手入れも怠らないように心がけ、いつもいい切れ味であるよう砥石で研いだり、刃当たりを調整したり使用後はいつも刃の表面を清掃して油を塗ることを心がけています。ここまでするのはボクだけで他の同僚はやりませんが・・・。日々こうやっておくと、いかに道具の大事さがよく分かるし、道具に助けられているんだなとヒシヒシと感じるのです。
コレをやっているせいか、気がつくと後輩には「スプレーガンやポリッシャー一つでも大事に扱えよ!道具は自分を助けてくれる物なんだから」と言っているのです。
これらは社長のおかげ。
ブログを見てしっかり勉強しています。
Commented by b-faction at 2015-11-24 22:24
くにゃオールさん、こんばんは。かわら版を校正しています。夜じゃないと集中できないので印刷会社さんに迷惑かけてます。
朝晩の行水で風邪に勝ってます。まわりは引いてますので油断しないようにします。
苔は本当に正直で、触るだけで元気になれるような気がします。
Commented by のり at 2015-11-27 00:07 x
初めまして。社長の楽しいブログの隠れファンです。
ところで、ネットで知ったのですが、センターコンソールのドリンクホルダーは、真ん中の仕切りが外れて逆にはめると底の高さが同じになります。結構不便にしていたので、自分の担当のセールスさんから納車時にでも教えてほしかったです。
この豆知識を社長もお客様に教えてあげてください。
Commented by b-faction at 2015-11-27 07:26
のりさん、おはようございます。ご親切な情報をありがとうございました。早速確かめます。エクシーガのセンターコンソールも凝った構造でした。早速社員にも周知して使い方を広く知らせようと思います。
Commented by Nico@YKHM at 2015-12-10 16:06 x
近々XVガソリン購入予定です(神奈川スバルですが)
大変参考になりましたヽ(´ー`)ノ
Commented by b-faction at 2015-12-10 16:56
Nico@YKHMさん、お役に立てましたか。ありがとうございます。是非よろしくお願いします。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by b-faction | 2015-11-24 21:46 | Comments(12)

毎日の活動やスバルについてご紹介します


by b-faction
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31