人気ブログランキング | 話題のタグを見る

インプレッサWRXとコンチネンタル社のスタッドレスタイヤ

インプレッサWRXとコンチネンタル社のスタッドレスタイヤ_f0076731_16414049.jpg
数あるスバル歴の中で、
最も印象に残ったクルマはスバル1300Gスポーツだ。
WRXこそ、
その末裔だと実感している。

世界のどこへ出しても恥ずかしくない日本車だ。

WRXを良く知るヒトはもちろんだが、
スバルどころか、
クルマにすら興味の無い人でも、
「22B」だけは別格だろう。
クルマから漂うオーラが違う。

乗用4WDの歴史はスバルから始まった。
その性能に於いて、
頂点に立つのは、
レガシィでは無い。
あくまでもインプレッサWRXだ。

またタイヤの歴史を辿ると、
いくつかのエポックメーキングな出来事がある。

ラジアルタイヤを世界で初めて開発したのはミシュランだ。
これはあまりにも有名だが、
ウインタータイヤを初めて作った会社はあまり知られていない。

WRXに相応しいウインタータイヤは何か。
今回はそこを深く掘り下げたい。

22Bオーナーズミーティングから、
もう二ヶ月以上の日々が過ぎ去った。
インプレッサWRXとコンチネンタル社のスタッドレスタイヤ_f0076731_16415320.jpg
今年はモーターショーもあり、
数多くの出会いがあった。
モデルチェンジの谷間と危惧したが、
度重なるマイナーチェンジや追加車種で、
スバルは次々に性能を高めた。

得る情報が多いので、
かわら版も短いサイクルで発行した。
とても谷間などでは無かった。

ロールケーキは一般的だが、
抹茶入りは珍しい。
インプレッサWRXとコンチネンタル社のスタッドレスタイヤ_f0076731_16420417.jpg
少し違うだけかと思ったら、
想像以上に美味しかった。
インプレッサWRXとコンチネンタル社のスタッドレスタイヤ_f0076731_09390456.jpg
乗ってみたら意外なほど面白かったクルマと、
使ってみたら予想以上に確かなタイヤを紹介しよう。

皆さんから戴いたお土産が、
やる気を更に高めてくれた。
インプレッサWRXとコンチネンタル社のスタッドレスタイヤ_f0076731_16421296.jpg
実は「疲れ」を楽しむ事が多い。
でも弱気な言葉は誤解に繋がるので、
今後は使い方を自重する。

22Bのミーティングで、
各地から滅多に食べられない美味しいモノが集まった。
締め切りに追われた後などは、
インプレッサWRXとコンチネンタル社のスタッドレスタイヤ_f0076731_16422609.jpg
美味い日本酒が最高の喜びに変わる。
良酒は心も体も和ませる。
結局、戴いたお土産を全て紹介しきれなかった。
22Bオーナーの皆さん、
ありがとうございました。

初代インプレッサも相変わらず魅力的だが、
二台目もまだまだ鮮度を失っていない。
特にS203は珠玉の作品だ。

「売れてしまう前に見たかった」と、
吉村さんが遊びに来て下さったのは、
その明確な証だろう。
インプレッサWRXとコンチネンタル社のスタッドレスタイヤ_f0076731_16423843.jpg
彼もインプレッサの大ファンで、
愛機は丸目だ。
息子さんを「すばる」と名付けるほどのスバリストだ。
インプレッサWRXとコンチネンタル社のスタッドレスタイヤ_f0076731_16425079.jpg
竹の皮に包まれた、
美味しい羊羹を戴いた。
インプレッサWRXとコンチネンタル社のスタッドレスタイヤ_f0076731_16425930.jpg
ありがとうございました。
インプレッサWRXとコンチネンタル社のスタッドレスタイヤ_f0076731_16430930.jpg
これは実にあっさりしていて美味しい。

石川県の浮田さんもインプレッサのファンで、
RA-Rが相棒だ。
インプレッサWRXとコンチネンタル社のスタッドレスタイヤ_f0076731_16432563.jpg
ありがとうございました。
「宋玄」のひやおろしを美味しく頂きました。

東京の秋田さんには、
「じょっぱり」を戴いた。
インプレッサWRXとコンチネンタル社のスタッドレスタイヤ_f0076731_16434925.jpg
ありがとうございました。
インプレッサWRXとコンチネンタル社のスタッドレスタイヤ_f0076731_16433794.jpg
社員に和菓子まで届けて戴き、
インプレッサWRXとコンチネンタル社のスタッドレスタイヤ_f0076731_17262575.jpg
仕事の合間の潤いになりました。

出張中でお目にかかれなかったが、
香川県から長谷川さんがいらっしゃった。
インプレッサWRXとコンチネンタル社のスタッドレスタイヤ_f0076731_19141588.jpg
美味しい純米酒をありがとうございました。
インプレッサWRXとコンチネンタル社のスタッドレスタイヤ_f0076731_19143073.jpg
社員にも「かまど」をいただき、
感謝申し上げます。

インプレッサWRXとコンチネンタル社のスタッドレスタイヤ_f0076731_19150431.jpg
南四国スバル訪問を思い出す、
懐かしい味だった。
インプレッサWRXとコンチネンタル社のスタッドレスタイヤ_f0076731_19151977.jpg
BH/BE型レガシィは、
インプレッサと異なるツインターボエンジンだ。
その「サイズ感」は手放せない魅力になる。
重量との微妙な組合せも注目すべき点だ。

スバルの魅力は深い。
個々の特徴がオーナーの趣味趣向と合致すると、
離れられなくなる。

BE型レガシィがフルモデルチェンジし、

インプレッサWRXとコンチネンタル社のスタッドレスタイヤ_f0076731_16441265.jpg
BL型が生まれた。
これはビッグマイナーチェンジが施された2.0GTだ。
あえてspec.Bでは無く、
2.0GTを手に入れた理由は「軽さ」にある。
BL系はマイナーチェンジ後に6速MTが搭載された。
spec.Bも悪くないが、
価格が高いし重量も重い。
三代目レガシィのRSKは、
1480kgの重さがある。
それが四代目BL型になると一気に軽くなり、
モノによっては100kg差が出た。
2.0GTは1430kgなので、
RSKと比べると50kg軽い。
インプレッサWRXとコンチネンタル社のスタッドレスタイヤ_f0076731_16442420.jpg
でも6速MTを搭載すると、
その優位性が消える。

BL5に搭載されたエンジンは、
全て等長等爆化された。
しかもターボシステムはツインスクロール化し、
あっという間に最大過給圧に達する。
最大トルクの発生回転数も下がったので、
凄く乗り易い。
だから5速MTと組み合わせると、
俊敏さが光る。
インプレッサWRXとコンチネンタル社のスタッドレスタイヤ_f0076731_16443890.jpg
手に入れたクルマをバラバラにして、
隅々までスチームクリーナーで清掃除菌した。
インプレッサWRXとコンチネンタル社のスタッドレスタイヤ_f0076731_16445088.jpg
平成10年頃から18年頃まで、
ボクサーエンジンの動力性能は年を追う毎に磨かれた。
これらのWRXとB4から、
怪しい誘惑が立ち上り、
ステアリングを握りしめ、
ワインディングを攻める衝動に駆られる。

そんな衝動を感じていたら、
今度は丸目のインプレッサが入ってきた。
愛嬌のある顔が好きで、
スクラップなどには出来ない。
インプレッサWRXとコンチネンタル社のスタッドレスタイヤ_f0076731_16450636.jpg
丸目には思い入れがある。
二代目インプレッサの開発は、
ウルトラCを連発して進められた。
デザインに十分な時間と金さえ掛ければ、
もっと理想の仕上がりになったはずだ。
だから最初の顔がたまらない。
昔から「ちょっとブス」が好きなんだ。(笑)

すると丸目が丸目を引き寄せた。
シルバーのWRXに思わぬ「縁」を感じ、
思わず手に入れた。
インプレッサWRXとコンチネンタル社のスタッドレスタイヤ_f0076731_16452025.jpg

直感は当たった。
アプライド型式:GDAA4CD
OPコード:EL
リヤスポイラーもHIDヘッドライトも無い素のクルマだ。
リヤデフにシュアトラックのLSDだけは組み込まれている。
ボディは地味に見えるけれど、
キラキラ輝く「プレミアムシルバー」だ。

二代目のデビュー当時に作られた珍しい仕様だ。

インプレッサWRXとコンチネンタル社のスタッドレスタイヤ_f0076731_16460305.jpg
樹脂劣化で目玉は白く濁っていた。
すぐ奇麗に治し、
インプレッサWRXとコンチネンタル社のスタッドレスタイヤ_f0076731_16461572.jpg
奇麗な瞳が蘇った。
インプレッサWRXとコンチネンタル社のスタッドレスタイヤ_f0076731_16462923.jpg
床下の様子を念入りに調べると、
ダンパーは抜けかけ、
ブッシュ類も寿命を迎えていたがシャシーはまだ大丈夫。
インプレッサWRXとコンチネンタル社のスタッドレスタイヤ_f0076731_16464284.jpg
発売当時、
WRXにはSTIを頂点に
「NB」と「NA」が存在した。
6速MTを搭載した「STI」は、
全て300万円をオーバーした。
そこで緩和策として、
過去唯一の自然吸気エンジンを持つWRXと、
新車価格を2.462.000円に押さえたターボのNBを商品化した。
この価格は今のXV「2.0iーL EyeSight」とさほど変わらない。
インプレッサWRXとコンチネンタル社のスタッドレスタイヤ_f0076731_16465269.jpg
面白くなってきた。
明らかに時代の変遷を感じさせる、
珍しくて扱いが楽しいクルマが続々と集まった。
浮田さんの「鷹の目RA-R」は、
正確にはspecC Type RA-Rと言う。
320馬力に対して重量は1390kgしかないので、
二代目WRXで最速のクルマだ。
それを最右翼とすると、
丸目のNBは真逆のクルマに相当する。

クルマを面白くする要素は、
まず一番に「軽さ」だろう。
インプレッサWRXとコンチネンタル社のスタッドレスタイヤ_f0076731_16470213.jpg

軽さを解り易く比較する。
GDA 「NB」   1340kg 250HP p/wレシオ 5.36
GDB 「RA-R」 1390kg 320HP p/wレシオ 4.34
BL5 「2.0GT」1430kg 280PS p/wレシオ 5.11
GDB 「S203」 1445kg 320PS p/wレシオ 4.52
BE5 「RSK」  1480kg 280PS p/wレシオ 5.29
VAB 「STI」  1480kg 308PS p/wレシオ 4.81
ちなみに、
「S207」は1510kgで328PSだからp/wレシオは4.60だ。
絶好調のスバルは、車両のいくら生産しても需要に追いつかない。
だから軽量仕立ての「RA」をラインに組み込む余裕など無い。
だから劇的な速さを手に入れる事が出来なかった。
NBは価格が安い割に刺激的だ。
同価格帯のスバルXVと比べると良く解る。
これもスポーティだと伝えたが、
そのパワーウエイトレシオは10.6だ。
NBのおおよそ倍に相当する。
インプレッサWRXとコンチネンタル社のスタッドレスタイヤ_f0076731_16472509.jpg
NBを清掃する前に、
エアコンフィルターを確認した。
今と違い、
当時はエアコンにフィルターがある事を知らない人も多かった。

インプレッサWRXとコンチネンタル社のスタッドレスタイヤ_f0076731_16474247.jpg
調べて驚いた。
真っ黒なフィルターが現れた。
このクルマも完全に分解し、
徹底的に清掃する。
この頃ネットを通じたクルマの流通が増えた。
実物を見ないで仕入れるのは怖い。
しかし最近では「安さ」を優先し、
クルマを「見なくても」買うことが増えたようだ。

「クルマって滅多に壊れない」と思ったら大間違いだ。
元気に動き回っている人間でも、
病気を抱えている人は多い。

クルマには自然治癒力が無いから、
出自のハッキリしないクルマは怖い。

しかも自動車の流通には、
およそ「プロ」とは呼べない人も介在するので、
見え無い部分に厄介な病巣を持つ事がある。

バラバラに分解して掃除を終え、
納得いくまで整備して、
徹底的に走らせて検証する。
これは拘りだ。

その拘りを貫くためには、
清潔で美しい仕事場が必要だ。
インプレッサWRXとコンチネンタル社のスタッドレスタイヤ_f0076731_16475441.jpg
だから毎日の清掃に加え、
毎月一度奇麗に洗う。

早朝から集まって、
備品を移動し、
インプレッサWRXとコンチネンタル社のスタッドレスタイヤ_f0076731_16480172.jpg
全面的に床を洗う。

床に水を撒き、
洗剤を薄めた溶液をデッキブラシに付けゴシゴシ洗う。
インプレッサWRXとコンチネンタル社のスタッドレスタイヤ_f0076731_16481785.jpg
普段の清掃では個々まで出来ないので、
インプレッサWRXとコンチネンタル社のスタッドレスタイヤ_f0076731_16480928.jpg
Before
徹底的に月に一度洗い流す。
インプレッサWRXとコンチネンタル社のスタッドレスタイヤ_f0076731_16484125.jpg
After
全員揃って隅々まで掃除する事に意義がある。
インプレッサWRXとコンチネンタル社のスタッドレスタイヤ_f0076731_16485225.jpg

流し台もピカピカに磨き上げると、
本当にスッキリする。
インプレッサWRXとコンチネンタル社のスタッドレスタイヤ_f0076731_16490124.jpg
工房を清掃すると、
滑る仕組みが良く解る。

滑りにくい長靴を履いていても、
カラーコンクリートの表面と、
長靴のゴムとの間に水の膜ができる。
インプレッサWRXとコンチネンタル社のスタッドレスタイヤ_f0076731_16483110.jpg

ここで仰向けにひっくり返った。
頭を打たなくて良かったが、
足の踏み出し方が悪いとメチャクチャ滑る。
まるで氷のようだ。

氷とタイヤの間にできる水の膜は、
もっと威力がある。
工房の床を洗いカラダで学んだ。
その翌日、
コンチネンタルのスタッドレスタイヤが届いた。
インプレッサWRXとコンチネンタル社のスタッドレスタイヤ_f0076731_16490909.jpg
スタッドレスタイヤは
その膜を徹底的に取り除く。

ミクロの世界で液体の膜を取り除くことに、
どこのタイヤメーカーも腐心している。

そんな中、
コンチネンタルに着目した理由はこの会社の歴史の中にある。

ドイツの老舗企業のコンチネンタル社は、
良い冬タイヤを作る。

それは以前から知っていたが、
残念ながら流通量が少なかった。

世界で初めて冬用タイヤを作ったメーカーだ。
1952年にスノータイヤを開発すると。
20年後の1972年に逸早くスパイクレスウインタータイヤを発売した。
それが歴史あるブランド「ContiContact」だ。

コンチネンタルはタイヤメーカーでありながら、
世界で唯一走行安定装置「VDC」も開発する。
実際にレガシィのブレーキシステムは、
コンチネンタル社の製造する電子部品を持つ。

だからスバルとの相性がとても良い。
スバルは元来4WDとABSをアクティブセイフティとして取り入れ、
積極的に商品展開してきた。

コンチネンタル社は、
2008年にVDCを効果的にサポートするウインタータイヤを開発した。
トレッドパターンを研究し尽くし、
4輪のグリップを理想的に高めた。

コンチネンタル社は環境に応じて、
ウインタータイヤのコンパウンドを使い分ける。
ソフトタイプはスタッドレス、
北欧中心のインターミディエートもある。
2000年には、
ウインタータイヤでVレンジという、
ハードなContiWinterContact TS790Vを発表した。

これを機にウインタースポーツラジアルタイヤの概念も生まれ、
欧州を中心に広がった。

タイヤには7℃と3℃の法則がある。

路面温度が低くなるにつれ、
徐々に硬化するゴムを、
低温でも柔軟さを失わないように配合する。
それがウインターコンパウンドの特徴だ。

気温7℃を境にしてサマータイヤのコンパウンドは、
スタッドレスタイヤのコンパウンドと柔軟性で拮抗する。

気温7℃を下回る日が続いたら、
スタッドレスに交換しよう。
その方がとても安全だしタイヤの摩耗も遅い。

よく雪が降るぎりぎりまでサマータイヤで過ごすクルマを見かけるが、
早くタイヤが減るので損をしている。
7℃以下ではスタッドレスタイヤの方が摩耗しない。

そして気温が3℃を下回ると、
サマータイヤのグリップ力では安全に走れない。
従って路面状態に関わらず、
3℃以下ではスタッドレスタイヤを装着する。

ここまで言えば解るだろう。
ウインタータイヤのコンパウンドに、
各社の知恵が練り込まれている。

その歴史で一歩先んずるコンチネンタルが、
他より劣るウインタータイヤを作るだろうか。

インプレッサWRXとコンチネンタル社のスタッドレスタイヤ_f0076731_16492975.jpg
しかも、
コンチネンタルは今年からウインタースポーツラジアルの販売を、
日本では止めてしまった。

日本にウインタースポーツラジアルを活かせる環境が少ない事もある。
それよりも大きな理由は、
「誰でも売る事が出来ない」タイヤだからと推察する。

両方を用意すると、
相乗効果より販売スキルが分散し、
主力のスタッドレスも売れなくなる。

ミシュランも同じだ。
ヨーロッパに展開する高速レンジのタイヤを、
日本には持ち込まない。
インプレッサWRXとコンチネンタル社のスタッドレスタイヤ_f0076731_16493965.jpg

そうなると、
目の付け所が変わってくる。

コンチネンタルは複数のバリエーションを統合した。
国内で売り上げを伸ばすには、
スタッドレスタイヤに数々のノウハウを注ぎ込むべきだと判断した。

戦略を変えたのだ。

コンチネンタル社が戦略を変え、
日本に投入する最新のスタッドレスタイヤを味わいたくなった。
そこでDEのレクチャーカーを兼ねるVABに、
ContiVikingContact6を取り付けた。
インプレッサWRXとコンチネンタル社のスタッドレスタイヤ_f0076731_16494996.jpg
18インチで幅が245もあるので、
タイヤの個性がハンドリングに大きく表れる。

ContiVikingContact6には、
コンパウンド以外にも面白い特徴がある。

インプレッサWRXとコンチネンタル社のスタッドレスタイヤ_f0076731_16495906.jpg
赤く塗った部分は、
ドライ路面で横方向に力が掛かると、
ブロックが接合する。
ここが咬合するとブロック剛性が増す。

横剛性が高くなれば、
グニャグニャした印象がなくなり、
ハンドリングに良い効果が生まれる。

しかしそれ以上に、
VDCが作動した時の、
特殊な制動力の掛かり方に効果を発揮する。

この辺りに、
Vレンジのウインタータイヤを作った経験も生きる。
高速指向の用途には相応しいだろう。
最近のスタッドレスタイヤは、
外見上の性能判断が難しい。

外見上の判断が難しいのは、
スタッドレスタイヤだけでは無い。

インプレッサWRXとコンチネンタル社のスタッドレスタイヤ_f0076731_16501543.jpg
名古屋の舟橋さんから、
丸目インプレッサの車検を承った。

数年間お目に掛かっていなかったが、
その理由を聞いて驚いた。

慢性疲労症候群にという難病に冒されてしまった。
「現在は、体調が良い日に20分くらいまで運転できる状態です。
ドア一つ開けるのに痛みを乗り越える勇気が必要で、
元気だった頃のように気軽なドライブがなかなかできないのです」

インプレッサWRXとコンチネンタル社のスタッドレスタイヤ_f0076731_16504867.jpg
ご本人の希望で一緒に写真を撮影した。
「インプレッサは古い車なので、
買い替えも考えたのですが、
病気のおかげで治療費用がかさみます」

そんな事情が明らかになり、
水曜日に名古屋まで行った。
インプレッサWRXとコンチネンタル社のスタッドレスタイヤ_f0076731_16502462.jpg
また丸目が丸目を呼んだ、
と思えるような偶然だった。
走行距離は8万5千㎞。
インプレッサWRXとコンチネンタル社のスタッドレスタイヤ_f0076731_16503843.jpg
クラッチを踏んで走らせると、
病魔と闘うモチベーションを維持できる。

この病気には他覚的症状が無い。
それだけに周りの理解を得るのが大変だそうだ。

見た目には現れていないが、
大変な苦労をされている。
杖をつかないと階段の上り下りも大変だ。
インプレッサWRXとコンチネンタル社のスタッドレスタイヤ_f0076731_16511234.jpg
80歳くらいの運動能力に落ちてしまうそうだ。
部屋に招かれハーブティーをご馳走になった。
かわら版206号がピンで留めてあった。
青いWRXが目に入った。
インプレッサWRXとコンチネンタル社のスタッドレスタイヤ_f0076731_16512412.jpg
大事にして戴いて嬉しかった。
舟橋さんの愛機を預かり帰路に就いた。
とても快調で消耗した部分を整備すれば、
まだまだ高性能さを維持出来る。
インプレッサWRXとコンチネンタル社のスタッドレスタイヤ_f0076731_16505944.jpg
高速道路に乗る頃になると、
小雨がぱらついてきた。
インプレッサWRXとコンチネンタル社のスタッドレスタイヤ_f0076731_16513454.jpg
WRXは雨が大好きだ。
1300Gの頃から、
スバルの高性能車は雨が降ると機嫌が良い。
快調に飛ばして会社に帰ると、
かわら版が刷り上がります、と電話が入った。
インプレッサWRXとコンチネンタル社のスタッドレスタイヤ_f0076731_16515744.jpg
丸目同士を並べて置いて、
VABに乗り換えた。
路面温度はまだ高い。

インプレッサWRXとコンチネンタル社のスタッドレスタイヤ_f0076731_16521205.jpg
でもチャンスだ。
無性に高速道路で試したくなった。

インプレッサWRXとコンチネンタル社のスタッドレスタイヤ_f0076731_16522394.jpg
ランプウエイを駆け上がり、
ゆっくり加速した。

慣らしを意識し、
急激な操作はしない。
インプレッサWRXとコンチネンタル社のスタッドレスタイヤ_f0076731_16524296.jpg
スタッドレスが一番苦手とする、
10℃以上の濡れた路面だ。

インプレッサWRXとコンチネンタル社のスタッドレスタイヤ_f0076731_16525232.jpg
ContiVikingContact6に、
腰のある確かな手応えを感じた。
インプレッサWRXとコンチネンタル社のスタッドレスタイヤ_f0076731_16530789.jpg
走らせると、
実際の印象はスタッドレスタイヤそのものだが、
ステアリングの操作に対して、
ヨーレートがリアルに立ち上がる。
グニャグニャ感の発生は明らかに国産のスタッドレスタイヤより少ない。
インプレッサWRXとコンチネンタル社のスタッドレスタイヤ_f0076731_16532465.jpg
一気に200km以上走らせて、
温泉まで駆け上り、
翌朝タイヤの表情を観察した。
インプレッサWRXとコンチネンタル社のスタッドレスタイヤ_f0076731_16534048.jpg
200km位では新品と見間違うほどだ。

国産のスタッドレスで、
気温が高い時に無理すると、
サイプの部分がささくれ立つ。

そんな傾向は全く無かった。
インプレッサWRXとコンチネンタル社のスタッドレスタイヤ_f0076731_16535340.jpg
この日の朝も暖かく、
晩秋の気配はどこかに消え失せていた。

また丸目が丸目を呼んだ。
インプレッサWRXとコンチネンタル社のスタッドレスタイヤ_f0076731_16540250.jpg
工房にもう一台GDA型WRXが現れた。
本当にこんなことは珍しく、
偶然の一致とは思えなかった。
仲良く車検整備が進む頃、
インプレッサWRXとコンチネンタル社のスタッドレスタイヤ_f0076731_16543893.jpg
清掃中だったBL5が奇麗に仕上がった。
インプレッサWRXとコンチネンタル社のスタッドレスタイヤ_f0076731_16544972.jpg
すっかり室内も奇麗になり、
気分一新だ。
かわら版を飾るに相応しいクルマだ。
インプレッサWRXとコンチネンタル社のスタッドレスタイヤ_f0076731_16553059.jpg
5速マニュアルが心をくすぐる。

インプレッサWRXとコンチネンタル社のスタッドレスタイヤ_f0076731_16550887.jpg
スバルのマニュアル車は、
コンチネンタルのスタッドレスと本当に相性が良い。

インプレッサWRXとコンチネンタル社のスタッドレスタイヤ_f0076731_16551778.jpg
腰のある歯応えで、
ハンドリングが良く、
飛ばしても安定している。

手放した黒ブリを思い出す。

このクルマも走行距離が6万キロ台と比較的少ない。
開田高原で雪道を走ってみたい衝動に駆られた。

その時は勿論、
コンチネンタルを付けていこう。

おわり



Commented at 2015-11-28 00:51 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by b-faction at 2015-11-28 01:01
神奈川のフォレスターさん、こんばんは。疲れているように思われますか?
ご心配かけてすみません。文書を書く時間がどうしても減ってしまいます。楽しんでいますから大丈夫です。またコメント下さい。
Commented by KAZU at 2015-11-29 00:01 x
社長様、こんばんは。

元丸目GGA乗りとしてはたまらない記事でした!

GD・GG系はWRCの系譜を色濃く受け継ぐ名車ですね。
WRCのビデオを擦り切れるほど見て、想いを募らせていた日々思い出します…
手に入れた時は毎日のように峠に走りに行きました。

今乗っているBRZも素晴らしく楽しい車ですが、GGAはあの時代の車にしかない魅力に溢れた楽しい車でした。

今回の記事は読んでいてGGAに乗っていたときの思い出に浸れました。
ありがとうございました。

Commented by b-faction at 2015-11-29 07:19
KAZUさん、おはようございます。喜んで戴けて嬉しいです。
BRZはタイヤに頼らないクルマですね。これはこれで凄いと思いますが、タイヤとの関係が顕著に解るWRXも、とても面白いクルマです。初期のGDは愛嬌があり、好きですよ。
Commented by 福岡人 at 2015-11-29 15:08 x
代田社長、こんにちは。WRXやレガシィのブログを興味深く拝見しました。ちょうどベストカーの伊藤健さんの記事を読み、丸目の開発にいかにご苦労されたかを知り、ますますGD系が好きになりました。しかし、私の乗っていた5ナンバーのBE系のRS30の重量が確か1490キロ、それと比較して最新のVAB STIの重量が1480キロというのはすごいですね。大きさや衝突安全性を考えたら軽量化にも頑張っていると思います。
Commented by b-faction at 2015-11-29 15:44
福岡人さん、こんにちは。丸目の開発は伊藤さんだからこそ出来ました。他にもやれるヒトが居たはずですが、尻込みするほど難しい開発だったと思います。その経験が後に生きていて、今のような体制作りになったのでは無いかと思っています。VABの可能性はこれからまだまだ無限にあるので、今後のブログをお楽しみに。
追伸、ベストカーの企画、鋭いところを突いてますね。歴史に埋もれさせるには惜しい話ばかりです。
Commented by くにゃオール at 2015-11-29 17:02 x
社長こんにちは。

かわら版届きましたよ~。
その中で記されているとおり、さっきスタッドレスに履き替えました。日中は暖かですが朝晩の通勤では道路に設置してある温度掲示板では3℃とか・・・昨日の話ですがこちらも一気に気温が下がってきましたよ。
Commented by b-faction at 2015-11-29 18:31
くにゃオールさん、こんばんは。乗らなきゃいけない車が沢山あって、忙しいけど楽しいです。寒くなったのでテスト走行も気を使います。けさは5℃でした。冬将軍到来ですね。
Commented by inp4139 at 2015-11-29 19:34
東京も気温が下がってきて寒くなってきました
そちらは、もう冬模様でしょうか?
遂にというか、待ってましたという感じで、丸目インプレッサの話を読ませていただきました
私の愛車も丸目のインプレッサ(GG-2のisですが)なので興味深く読ませていただいてます。
GG2ではありますが新車登録よりもう14年経っているとは思えない乗り心地ハンドリングや4輪の接地感を楽しんでます。
1500ccで非力な評価を巷では頂いてますが、実際に運転している自分としては、3000回転辺りからのトルク感がたまらなく好きで、気持ちいいドライブをしています。
家族四人で400キロ位の旅行を何度もしていますが、燃費もリッター15kを(満タン計算ですが)出してくれます!
社長のblogで今後GG2や集まって来た丸目インプレッサ達の試乗インプレッションしていただけたらいいなー♪なんて思っています♪
丸目インプ最高~♪
Commented by b-faction at 2015-11-29 21:26
inp4139さん、こんばんは。今日は比較的暖かく、曇っていますが快適です。今GGの兄弟車にあたるSG5をテストしてきました。GGにも当てはまるのですが、
トランスミッションを操作する時の手触りの柔らかさと、
コシのある乗り心地が良いですね。
MTなので特に最近の車との違いを感じます。当時のスバルは本当にイージードライブで良いですよね。
Commented at 2015-11-29 21:35 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by b-faction at 2015-11-29 21:49
はせがわさん、こんばんは。こちらこそ、美味しいお土産をありがとうございました。また是非いらっしゃって下さい。御待ちしてますね。アップした画像が何かの拍子におかしくなってました。すみませんでした。修正してお詫びします。
Commented by inp4139 at 2015-11-29 22:07
¨コシのある乗り心地¨、
その表現が適切ですね
買い換えの際に、その代のフォレスターも視野にあったのですが
インプレッサの名前を優先してしまいました(笑)
今、目指すのはVIZIVコンセプトの市販車です♪
Commented by jecht at 2015-11-29 22:51 x
代田社長、こんばんは。
スタッドレスの話、非常に参考になりました。私もギリギリまでサマータイヤを履いてるクチでしたが今年から気温を見て早めに交換したいと思います。

今日、スタッドレスに履き替える前にと思いツイスティな山道+海沿いのワインディングを100kmほどSJGで走ってきました。C型SJGの硬質でスパルタンな乗り味も良いなと再確認しました。この車はダラッと流しているとバタバタ跳ねる気がしますがスポーツ走行で荷重をかけると途端にモチっと粘るしなやかさが出てくるように感じます。
Commented by こぐぷー at 2015-11-29 23:09 x
埼玉の東の奥地も寒い時は5度まで落ちて来たのと
来週福井へまた行くので、スタッドレスへ交換しました。夏もコンチなので、聞くのが遅かったので
冬はダンロップにしてしまいました。
その後、足を延ばして広島まで行くので、雪に出会えるかはわかりませんが出会えれば楽しんできます。

そして、帰りにミッションとデフオイルを交換しに
寄るかと思います。未だに時々1速の入りが悪いのでモチュールを試してみたいですがどうでしょうか?
Commented by b-faction at 2015-11-30 10:18
inp4139さん、おはようございます。ブログ拝見しました。ブルーのGG3、とてもステキですね。ボクもこれからVIZIVがどう育つのか、とても楽しみです。
Commented by b-faction at 2015-11-30 10:23
jechtさん、おはようございます。スタッドレスに履き替えて5日過ぎましたが早めに変えて良かったと思ってます。今朝は3℃でした。起きてから冷水シャワーしたら「ゲッ」と思いました(笑)。一気に冬です。そう言えばターボにしばらく乗ってません。こりゃあ、最新型をためさないとなぁ。ボクも乗ってみたくなりました。
Commented by b-faction at 2015-11-30 10:27
こぐぷーさん、おはようございます。ダンロップのウインターマックスにも「履き倒す」良さがあります。このタイヤは隅々まで知り尽くしてます(笑)。決して悪い選択では無いですね。量販店販売量が日本一というキャッチフレーズがオバカですけど。
モチュールを入れるのはとても良いと思います。但し1速に入りが悪いのは他の原因かもしれませんね。ご来店を楽しみにしてます。
Commented by 今はYA-5(神奈川山田) at 2015-11-30 22:14 x
代田社長さま、
こんばんは。
西尾の抹茶ロールを気に入っていただけて光栄です。
11月2日は、かわら版の編集の最中、お邪魔させていただき、申し訳ありませんでした。

とにかく下の息子が、スバル大好きでして、22Bやテントウ虫、SVXを見せてあげたかったのです。
貴重な時間をありがとうございました。

中津スバルさんに伺う2週間前に、下の息子と高山ラリーに3日間観戦に行き、『00カー』として参加していた、SVXのエキゾーストノートに、私と下の息子は痺れました。
ボクサー6
いいですね。

今後とも、ブログを楽しみにしています。
Commented by b-faction at 2015-11-30 22:29
YA-5(神奈川山田)さん、今晩は。美味しく頂きました。ありがとうございました。明確にお名前を掌握できて居らず失礼いたしました。一ヶ月を振り返ると、ちょっとこれまでに無い忙しさでした。今後ともよろしくお願い申し上げます。
Commented by 福岡人 at 2015-12-01 15:16 x
代田社長、こんにちは。かわら版をお送りいただき、ありがとうございました。タイヤも本当に奥が深いですね。話は変わりますが、福岡市に村上タイヤ(この村上さんは素晴らしい方です。)という、車好きには有名なお店があります。この会社のブログ、特にお客さんのタイヤインプレッションは、時々驚くほど素晴らしいものがあります。
Commented by b-faction at 2015-12-01 16:10
福岡人さん、こんにちは。僕の好きなチンチュラートを同じように評価されているでしょうか。ボクは触れるタイヤに限りがあるので美味いか、不味いかが基準かなぁ。どんなクルマもタイヤで道路と接触してるので、ヒトの食べ物と舌、足の裏と靴の関係に近くて、考えれば考えるほど楽しいですね。
Commented by mac.flz at 2015-12-04 12:42 x
こんにちわ、しばらくバタバタしていて、コメントが出来ずにおりました。12月中に一度は寄りたいと思っていますが、お忙しいですかね?
ところで、マニュアル車とコンチのお話、興味深く読ませて頂きました。以前お伺いした時にも、お店にコンチが置いてあり、「あ〜これか!」と思っていました(笑)。CVTとコンチの相性は如何に?とお尋ねしたくなりました。コメント頂ければ幸いです。残念ながら、今回はXVと共に石橋さんを選んだのでコンチではないのですが、次回の参考にさせて頂きたいと思います。
お元気なお顔を拝見出来ればと、カレンダーたにらめっこしてます。
Commented by b-faction at 2015-12-04 16:41
mac.flzさん、この後も出てきますがWRXに付けたコンチは、今のところ抜群の性能です。駆動方式や車種にかかわらずスバルとコンチネンタルの相性は良いです。
Commented by 東風 at 2016-01-18 15:02 x
こんにちは
3℃7℃の法則について質問です。
路面との摩擦熱で3℃、7℃以上の温度になりませんか?
ですからサマータイヤでも大丈夫かな?と


Commented by b-faction at 2016-01-18 15:50
東風さん、タイヤ開発の目安ですから消費者が摩擦熱まで心配する必要はありません。7℃目安にサマータイヤを脱いで下さい。
Commented by 東風 at 2016-01-18 16:21 x
なるほど。
今までは温度ではなくて、雪が降りそうな時期にしかスタッドレスを付けなかったので今回の記事は非常に参考になりました。
ありがとうございました。
Commented by b-faction at 2016-01-18 17:30
東風さん、どういたしまして。お役に立てて嬉しいです。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by b-faction | 2015-11-28 23:14 | Comments(28)

毎日の活動やスバルについてご紹介します


by b-faction
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31