人気ブログランキング | 話題のタグを見る

BOXER6で高級ルテニウムプラグを試す

季節外れの生暖かい風が日本列島を襲った。
季節が狂うと不景気になる。

足元の景気は悪いが、
日本の未来は明るい。

嵐が去った翌朝に、
出勤するために玄関を出た途端、
美しいヴィーナスが目に飛び込んできた。
BOXER6で高級ルテニウムプラグを試す_f0076731_22431689.jpg
俗に「方角」と言うけれど、
建物の向きには深い理由があるのだと解った。

東の空には「明けの明星」が美しく輝いていた。

何年ぶりに見ただろうか。
玄関を出た途端にやる気が漲った。

未来が明るい理由を言おう。
日本には高度な技術開発力がある。

5年前から金星には「あかつき」が居る。
中津スバルの店頭に、
メローペ80Aをセットしたのもその頃だ。

お隣の天体の気象状況を調べれば、
地球の気象観測にも役立つ。
「あかつき」は一旦金星の周回軌道投入に失敗し、
近い軌道で太陽を周回していたが、
今月の7日に再び金星周回軌道に投入を試み、
それは見事に成功した。

ハヤブサと同じような、
不死鳥ぶりを見せてくれた。

「あかつき」とメローペ80Aには繋がりがある。
製造元のスターライトコーポレーションは、
優れた天体望遠鏡のメーカーだ。

社長の大沼崇さんは生粋のスバリストだ。
そんな彼から知らせがあった。

BOXER6で高級ルテニウムプラグを試す_f0076731_10255639.jpg
「この写真は、金星探査機「あかつき」に搭載された、
アルミのプレートです。
富士重工がスバル用品を通して販売する、
天体望遠鏡SUBARU Merope80Aの、
発売記念プレートです。
打ち上げ前の年末締め切りぎりぎりに、
急いで自分で作成しJAXAに応募しました。
12センチ×10センチの大きさで、
探査機「あかつき」の外側に、
重りとして貼付けられています」


これは素晴らしい話だ。

当社で「鋭意販売中だ!」とメッセージを送ると、
「今後とも作り続ける事ができる限り、
部品が尽きるまで生産します。
1つ1つ丁寧に作っています!
よろしくお願い申し上げます!」
と答えが返ってきた。
BOXER6で高級ルテニウムプラグを試す_f0076731_10152228.jpg
科学技術の最先端には、
素晴らしい未来が開けている。

そして足元も大事だと感じた。
あかつきを金星軌道に投入する二日前、
工房の前に植えられた翌檜を手入れした。

ここを治すタイミングを見計らっていたが、
12月の気温が比較的高い絶好な朝を狙った。

月に2回ある環境整備の時間を使い、
一気にパワーを投入した。
以前にも紹介したが、
蟻が巣くい無残な姿になっている。
BOXER6で高級ルテニウムプラグを試す_f0076731_22432887.jpg
樹皮が剥げ落ち、
海綿化した部分もある。
BOXER6で高級ルテニウムプラグを試す_f0076731_22433797.jpg
素人の浅知恵かもしれないが、
何もやらないより良いだろう。

既に蟻は冬眠状態だ。

BOXER6で高級ルテニウムプラグを試す_f0076731_22434769.jpg
まずエアブローして木粉を飛ばす。


BOXER6で高級ルテニウムプラグを試す_f0076731_22435923.jpg
蟻の穴を中心に念入りに掃除し、
骸骨のようになった幹の汚れを取り除く。

BOXER6で高級ルテニウムプラグを試す_f0076731_22440979.jpg
白亜化して木材のようになった部分に、
樹脂塗料を塗った。
あまり浸透させず、
当面強度を保持させた方が良いように感じたからだ。
BOXER6で高級ルテニウムプラグを試す_f0076731_22442354.jpg
そしてトップジンを塗った。
消毒効果が高く、
これまでも梅の樹勢回復や、
山桜の腐食部除去に利用した。
BOXER6で高級ルテニウムプラグを試す_f0076731_22443732.jpg
かなり広範囲に塗ることになったが、
これで少しは巣くう蟻も減るだろう。

BOXER6で高級ルテニウムプラグを試す_f0076731_22444626.jpg
たかが蟻だが、奴らを舐めるといけない。
噛まれるとタンパク質が酵素で破壊され、
いつまでもかゆいし、
傷口から大量のリンパ液を放出する。

そういう時に蟻が蜂の親類だと実感する。

この木にはシロアリまで共生し、
少し厄介なことになっていた。

無理も無い。
この辺りには昔から腐朽した樹木が多いので、
それを好む生物も当然多い。

BOXER6で高級ルテニウムプラグを試す_f0076731_22450225.jpg
一本目の治療が終わった。

BOXER6で高級ルテニウムプラグを試す_f0076731_22451232.jpg
Before

BOXER6で高級ルテニウムプラグを試す_f0076731_22452486.jpg
After

BOXER6で高級ルテニウムプラグを試す_f0076731_22453689.jpg
他の木も多かれ少なかれ被害を受けているが、
両端の2本が酷く、
特にこの木は倒木を防ぐために巻いた鎖を噛み込み、
一部が壊死している。

この夏の台風で傾き、
応急処置したばかりだ。
ステンレスの鎖で支え、
樹脂塗料とトップジンで養生した。

生暖かい冬の嵐が襲ったのは、
ほんの数日後だった。
BOXER6で高級ルテニウムプラグを試す_f0076731_22454614.jpg
翌檜は激しく揺れながら嵐に耐えた。
嵐は見方を変えると掃除屋だ。

樹木に付いた枯葉や枯れ枝、
それに鳥の巣や異物を奇麗さっぱり振り払う。

これは先端技術では無い。
けれども自動車整備業にとって、
諦めずに治すことは大切な技術だ。

スバルの6気筒エンジンが大好きだ。
特にBLEには拘りがあるので、
取り憑かれたように搭載車を手に入れる。
そして丁寧に蘇らせる。
とても魅力があるからだ。

BOXER6で高級ルテニウムプラグを試す_f0076731_22460200.jpg
この個体は72000㎞を少し超えた。
機関外観とも絶好調だ。

ただし以前から考えていたことがある。
それはスパークプラグの交換だ。
交換前後でどのように性能が変化するか、
ジックリと確かめたかった。

黒鰤を愛用していた時にも紹介したが、
最近のプラグとスバルの相性はとても良い。

時にはギヤ1速分のトルク増を感じるほどだ。
BOXER6で高級ルテニウムプラグを試す_f0076731_22461344.jpg
まず換える前に数十㎞ほど走らせて見た。

「6発」×「6速」の快感は、
所有したことのある者にしか解らない。
このレバーを操作すると、
例えようのない甘さが湧き起こる。

ターボでは出すことの出来ない、
中低速の力強さと、
ウルトラスムーズな回転フィールは、
他の何と比較することも不可能だ。

BOXER6で高級ルテニウムプラグを試す_f0076731_22462598.jpg
72.000km程度しか走っていないから、
恐らく前のオーナーは、
プラグに何の感心も示さなかったはずだ。

黒鰤も13万キロ近く使われていたが、
オイルや消耗品の管理は抜群でも、
プラグだけは手つかずだった。

プラグを交換したら、
驚くほど性能が向上した。
それに感動した事を、
昨日のように覚えている。

このクルマも少し忙しさが和らいだら、
愛車にしたいと考えているので、
プラグを交換することにした。

3.0R spec.Bには、
新車の時からイリジウムプラグが付いている。
だからもっと美味しいご馳走を与えた。
BOXER6で高級ルテニウムプラグを試す_f0076731_22463609.jpg
まず右バンクのプラグを外した。
杉本整備士が言うには、
一度も外した形跡が無いそうだ。
BOXER6で高級ルテニウムプラグを試す_f0076731_22464560.jpg

右バンクのプラグはどれも均一に劣化し、
エンジンに特に問題は無い。
BOXER6で高級ルテニウムプラグを試す_f0076731_22470400.jpg
中心電極もハッキリしていて、
当然交換時期には達していない。

しかしどんなものでも劣化する。
安定動作を保証できても、
最も高性能な状態を維持出来るほど、
消耗部品の世界は甘くない。

本来なら定期交換した方が、
いつまでも高性能を維持出来る。
BOXER6で高級ルテニウムプラグを試す_f0076731_22465228.jpg
この角度から見ると一目瞭然だ。
プラチナより堅いイリジウムは、
中心電極から強い火花を出す。

受ける側の白金電極は否応なしに劣化し、
決して最良の状態では無かった。

そこでご馳走を取り出した。
BOXER6で高級ルテニウムプラグを試す_f0076731_22471452.jpg
これは世界初のプラグだ。
中心電極の材質をイリジウムでは無く、
ルテニウムに変更した。

ルテニウムは白金族の金属元素だ。
とても堅く融点も2500℃と非常に高い。
2001年に野依良治博士がノーベル化学賞を受賞した際、
この金属が研究に大きく関わったと発表された。
BOXER6で高級ルテニウムプラグを試す_f0076731_22473278.jpg
右側が古いイリジウムプラグで、
左側が新品のルテニウムプラグだ。

BOXER6で高級ルテニウムプラグを試す_f0076731_22474170.jpg
こうして上下で見比べると良く解るが。
ルテニウムプラグの外側電極は、
大きくオーバル状にうねり、
火炎伝搬がとても良さそうだ。

大きくうねらせられる理由は、
外側電極の先端にある。

BOXER6で高級ルテニウムプラグを試す_f0076731_22475021.jpg
イリジウムプラグは外側電極で、
そのまま中心電極の上まで覆った。
BOXER6で高級ルテニウムプラグを試す_f0076731_11244857.jpg
ところがルテニウムプラグの外側電極には、
プラチナで突き出しが付けられている。
BOXER6で高級ルテニウムプラグを試す_f0076731_11254869.jpg
だからその分外側の電極の湾曲角度が大きく、
火炎伝搬しやすい。
そのうえ突き出した電極の真上にも火が回り込み、
燃焼効率を上げる。

まさしく一目瞭然なのは中心電極そのものだ。
堅ければ細くすることが出来る。

細いほど火花が散らず、
力強い放電が可能になる。

細くしながら耐久力まで高められるのは、
ルテニウムという金属を手に入れたからだ。

BOXER6で高級ルテニウムプラグを試す_f0076731_22475744.jpg
さっそくいつものコースで走りを確かめた。
小雨が降りエンジンは余計に機嫌が良い。

昔から感じることがひとつある。
スバルのボクサーエンジンは雨が大好きだ。
湿った空気を吸い込むと、
ボクサーエンジンも濡れたように艶やかになる。

BOXER6で高級ルテニウムプラグを試す_f0076731_22480337.jpg
この時のエンジン回転は3000rpm前後だった。

そこからから4000rpmまでを多用すると、
ゾクゾクするようなボクサーサウンドが室内に響く。

澄んで透明な音色に、重低音が混ざり合う、
質の高い真のボクサーサウンドだ。

プラグ効果は明らかで、
サウンドにも影響を与えると思ったほどだった。

BOXER6で高級ルテニウムプラグを試す_f0076731_22481299.jpg
70キロ以上を連続して走り、
高速道路では思い切ってアクセルを踏んだ。
ナカツシェライフェの標高差を考えれば、
この燃費に全く不満は無い。
77㎞をほぼ全力で走り、
1リットル当たり10㎞を僅かに切ったが、
BOXER6で高級ルテニウムプラグを試す_f0076731_22481946.jpg
性能向上を充分体感出来た。
このプラグは実に面白い。
是非一度試してみては如何だろう。

杉本整備士も自信を持って、
イリジウムからの交換をお薦めしている。
BOXER6で高級ルテニウムプラグを試す_f0076731_11530019.jpg
軽自動車も含めスバルの全ての車種にほぼ対応する。
彼に気軽に相談してほしい。
BOXER6で高級ルテニウムプラグを試す_f0076731_11571517.jpg
正月のイベントに向けて彼が鋭意準備中だ。
お楽しみに。



Commented at 2015-12-14 23:01 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by SANYA501 at 2015-12-14 23:02 x
代田社長、こんばんは

あかつきの打ち上げの時は高校2年生でした。
部で寄せ書きを作成し、応募した思い出があります。
ブログの写真のようなMerope80Aのプレート程はっきり読めませんが、他の皆さんが応募した寄せ書きと一緒に縮小印刷されたプレートが「あかつき」に搭載されていると思います。
先日のH-ⅡA F29の打ち上げにも成功していますし、法整備と予算がつけば、日本の宇宙開発分野は明るい将来が見えると思います。

プラチナ、イリジウムときてルテニウムですか。
新しい材料がどんどん実用化されていきますね。
ふと疑問に思ったことがあるので質問させてください。

融点の高い硬い金属といえば、他にもタングステン(融点3380℃)がありますが、プラグには向かないんでしょうか。
Commented at 2015-12-15 00:06 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by b-faction at 2015-12-15 11:24
こぐぷーさん、おはようございます。プラグ交換の準備を整えて御待ちしてます。
Commented by b-faction at 2015-12-15 11:29
SANYA501さん、おはようございます。そんな想い出があるんですね。今後のあかつきには様々な成果が期待出来そうですね。それにしても太陽光を遮断する技術が凄いなぁと思います。素材の開発にどこも命がけで取り組んでいるのでしょう。そういう意味でプラグも苛酷な環境で使われ、コストと強度をバランスさせて耐久力を高めたのでしょう。その結果がルテニウムだと言うことだと思います。タングステンが向くのかどうかについてはNGKに質問してみます。
Commented by b-faction at 2015-12-15 11:31
山田さん、おはようございます。羨ましいな。見学もガソリン価格も。星にはロマンがありますね。
Commented by SANYA501 at 2015-12-15 18:37 x
お返事ありがとうございます。

コストと強度のバランスは大事ですね。
NGKさんからの回答待っております。

ルテニウムプラグは私のBG5C5EDにも使えますでしょうか。
Commented by うみほたる at 2015-12-15 20:14 x
代田社長 こんばんは、

年末はスポーツに宇宙科学に明るいニュースが続き嬉しいですね。

自分の中で、今年のキーワード大賞は「スイングバイ」に決めました :-)

社長は心昂ぶるクルマに乗っても、地上でスリップストリーム&スイングバイ(加速)しないでくださいね。
Commented by くにゃオール at 2015-12-15 22:18 x
社長こんばんは。
実はボクの車にもRXプラグを付けていまして、前の車の遺品でもあり、そちらに付けてから数千キロで事故廃車となったため、もったいなく取り外して保管していましたが今の車へもそれがソックリ装着できることが判明したので使っています。
2台でかれこれ3万5千キロ以上を後にしていますが、なかなかイイプラグですね。こちらのは他メーカーの大衆車ですから、参考にもなりませんがお許しください。

効果としては、前の車のほうが顕著に現れる気がして、それは可変バルブタイミングが無い前時代のものな為かもしれません。
とはいえ、今のは1000ccしか無いため、RXプラグにしても燃費は気持ちだけいいかな?というぐらいではありますが、トルクに余裕ができることは体感できるため、それのほうにメリットを感じます。半世紀前のキャッチフレーズじゃないけど「+100ccの余裕」みたいな感じです。

今のに装着してから一度も外してチェックしたことはないのですが、寿命はそれぐらいなんでしょうね?今週末車検なので聞いてみよっと。
Commented by b-faction at 2015-12-16 21:51
SANYA501さん、こんばんは。レガシィに使えます。
Commented by b-faction at 2015-12-16 21:54
うみほたるさん、こんばんは。スリップストリームはしませんが、美味しいクルマに乗れば性能を気持ち良く引き出してやります。中島のDNAは戦闘力です。
Commented by b-faction at 2015-12-16 21:56
くにゃオールさん、こんばんは。
寿命はルテニウムが一番長いのでは無いでしょうか。
Commented by くにゃオール at 2015-12-16 22:34 x
社長たびたびスイマセン。

ならば当分は何も問題なく使えるってことですね。
と言うよりも、もうこれ以下のプラグには戻れません(笑)
ご返答ありがとうございました。
Commented by b-faction at 2015-12-17 07:21
くにゃオールさん、どういたしまして。
Commented by うみほたる at 2015-12-17 21:18 x
代田社長、こんばんは。

BOXER6ではないのですが、米の Ward's auto という車業界誌で WRXがBest 10 Engineに輝きました。

http://m.wardsauto.com/diesel/variety-distinguishes-2015-ward-s-10-best-engines

影響度は不明ですが、何はともあれ、おめでとうござます!
Commented by b-faction at 2015-12-18 11:45
うみほたるさん、ありがとうございます。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by b-faction | 2015-12-14 16:54 | Comments(16)

毎日の活動やスバルについてご紹介します


by b-faction
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31