人気ブログランキング | 話題のタグを見る

Proud of BOXER:水平対向エンジンの神髄

マリオが真面目な顔で実況中継していた。
邪魔して悪かった。
横から余計なことを随分喋ってしまった。
Proud of BOXER:水平対向エンジンの神髄_f0076731_11575214.jpg
シナリオに水を差して申し訳なかった。
昔から「場を読まない」男だと嫌われる。

組織の中に居ても、
トップがあまりに酷いヤツだと、
時には後ろから平気で弾を撃った。

面白いという人も居れば、
アイツだけは許せんと恨み続ける人も居たかもしれない。

そんな事は知ったこっちゃ無い。
間違っていることに対して、
間違いだと言って何が悪い、と常に考えて生きてきた。

トヨタブースの居心地が良い理由は、
そんな所に源流があるのだろう。
Proud of BOXER:水平対向エンジンの神髄_f0076731_11580285.jpg
デカデカと看板に書いてある。
摩擦を恐れるな。
章男さん、
あなたはそれを確かに恐れなかった。

もし軸足が振れていると感じたなら、
遠慮無く意見して欲しい。

オートサロンとは「こういう」場所だと信じて、
これまで参加し続けてきた。

日野自動車にはまって、
もう何年も経つ。

今年は絶好のポジションだった。
だから東館に居るだけで目的がほぼ達成できた。

何しろトヨタの次に迷わず日野にいける。
こんなありがたいことは無い。
今年も期待を裏切らなかった。

強烈な真夏のオレンジが目に飛び込んできた。
男心をくすぐるミツバチだ。

ちょっと刺されただけで「キュン」としてしてしまいそうだ。
Proud of BOXER:水平対向エンジンの神髄_f0076731_11581109.jpg
壇上には既に刺されて虜になった男が、
違うミツバチに捕獲されていた。

Proud of BOXER:水平対向エンジンの神髄_f0076731_11582182.jpg
鼻の下が伸びて、
既に息も絶え絶えだ。

むさ苦しい男の道具を、
むさ苦しく感じさせない恐るべき魔術だ。
近寄れば「ムン」と汗臭さが匂いそうな小型ダンプを、
オレンジリキュールのエッセンスで包み込んだ。

史上最強の「オレンジ戦略」だろう。
Proud of BOXER:水平対向エンジンの神髄_f0076731_11583384.jpg
その戦略兵器がこのミツバチだ。
目が合った途端に心臓をわしづかみされた。
Proud of BOXER:水平対向エンジンの神髄_f0076731_11591381.jpg
特にはみ出し具合が素晴らしい。

このミツバチをマリオに持って帰りたい。

ところが、
徐々に自分のモノにしたい衝動に変わった。

そこで、
彼に手本を示すことにした。

①まずこのように可愛い子が現れたら、
 親しげに話しかけ下心を一切隠し紳士的に振る舞う。
Proud of BOXER:水平対向エンジンの神髄_f0076731_11585370.jpg
②頃合いを見計らい「あ、目の上にゴミが付いてるよ、取ってあげるから目をつぶって」
 と悪魔の囁きを放つ。
Proud of BOXER:水平対向エンジンの神髄_f0076731_11590368.jpg
③目を閉じたら軽く唇に自らの唇を重ね、
 「ステキだよ」と囁く。

最後までこの様に笑ってくれたなら脈ありだ。
ただし失敗すると警視庁の御世話になる。

むさい男の妄想を掻き立てるオレンジ戦略、
今年も日野は見事にスイートスポットを砕くように打ち抜いた。
Proud of BOXER:水平対向エンジンの神髄_f0076731_11592391.jpg
本来なら不似合いなオレンジ色のインパネカバーが、
ミツバチの毒で美しく感じる。
Proud of BOXER:水平対向エンジンの神髄_f0076731_11593158.jpg
土砂や産廃を積むはずなのに、
甘い匂いが漂ってくる。

夢心地で隣のブースに足を運んだ。

その途端、
全身に冷や水をぶっかけられたように冷めた。

この色に文句は全く無い。

実に美しい真珠色だ。

ここまで煌めく真っ白なパールは、
今まで無かった。
この出現を心待ちにしていた。

しかし、クルマは場違いだ。
そもそもなぜXVがSTIと整合するのか。
この提案自体がメーカー目線で癇に触れる。

Proud of BOXER:水平対向エンジンの神髄_f0076731_11594186.jpg
もともとXVにオレンジは整合するが、
それは「SUBARUブランド」における「韻」だろう。
当たり前すぎるオレンジコーディネートで、
何の興奮も感じない。

この部分の色さえ変えれば良いというだけでは、
全く意外性に乏しい。
Proud of BOXER:水平対向エンジンの神髄_f0076731_11594977.jpg
最悪と思える部分は、
X-BREAKを流用したベース車の名残まである事だ。

またこの程度のドレスアップで、
セレクタレバーをSTIに換えると寄せ集め感が生じる。

このような作品を平気で並べる戦略は、
メーカー目線の誤った参加姿勢だ。

Proud of BOXER:水平対向エンジンの神髄_f0076731_11595895.jpg
シート表皮にも斬新感がまるでない。
Proud of BOXER:水平対向エンジンの神髄_f0076731_12000824.jpg
その理由は前後のピローを一面だけ色替えし、
とってつけた感が垣間見えるからだ。

ショルダー部に細工をせずに、
サイドサポートの表皮をイジルと、
この様な稚拙なデザインになる。
Proud of BOXER:水平対向エンジンの神髄_f0076731_12001691.jpg
そもそも、
このクルマの何処に戦闘力を感じるのか。
STIを何だと思っているのだろう。

この作品の責任者は、
ドイツからクルマを使い、
自らトルコまで旅行すると良いだろう。

ボスポラス海峡を渡れば、
自分が如何にぬるま湯に浸かっているか解るはずだ。

生ぬるいクルマを平気で出す根性が気に入らない。
Proud of BOXER:水平対向エンジンの神髄_f0076731_12002652.jpg
こう言う所にも「大手広告代理店」の悪影響が出ている。

日本をダメにするのは、
間違いなく大手広告代理店だ。

分母の大きさを常に測り、
大きく振れる振り子に乗ることばかりを考える。

軸足の無い世界には、
軸足の無いクルマが似合うのだろうが、
そんなクルマに興味は無い。

もし、
STIがデザートレースをするためのXVを提案したのなら、
素晴らしい方向に向かう。

でもこんな腑抜けなクルマにSTIバッチを付けるなど、
ブランドをコケにするにも程がある。

これはSUBARUブランドで考えるクルマであり、
STIのブランドにそぐわない。

じゃあどんなクルマなら良いのか。
水族館に行くと、
XVの目指す方向が良く解る。

それは大陸間を渡り歩くように、
ダイナミックな走りを目指す都市型SUVだ。

パワーユニットはディーゼルしか無い。

その前日、
池袋にあるサンシャイン水族館を訪れた。

そこで実に素晴らしい水生動物達が待っていた。

その名を「ヤドクガエル」といい、
生態も「クルマそのもの」だ。

同じ種類でありながら、
全く異なるカラーパターンを持つ個体群が存在する。
Proud of BOXER:水平対向エンジンの神髄_f0076731_12594215.jpg
この姿に心底惚れた。

これらのカラーチャートを使えば、
戦闘力を感じるXVが必ず作れる。

大自然の中で緑に溶け込むような大胆な配色。

そして日本の歌舞伎を思わせる大胆な構図。
しかも異なるカラーパターンまで素晴らしい。
Proud of BOXER:水平対向エンジンの神髄_f0076731_13010787.jpg
ブルーのパターンをBRZに使うと、
凄い限定車が作れるだろう。
ハイパーブルーは単色だとのっぺりするが、
ジャパネスクを織り交ぜると堪らなく良い世界を生み出す。
Proud of BOXER:水平対向エンジンの神髄_f0076731_17270607.jpg
この黄色もサマになる。
サンライズイエローのように赤味が無く、
黒との調和が素晴らしい。

さあ、XVにディーゼルを搭載し、
フォレスターと同じ高さの最低地上高に引き上げ、
6速マニュアルと組み合わせよう。
どの個体の色使いでもバッチリだ。
そうすればこの夢の祭典への参加資格が生まれるだろう。

メーカーの都合ばかりで、
この祭典を汚すことは来年から謹んで欲しい。

ディーゼルに戦闘力を感じるのは、
速さもさることながら、
その航続距離の長さだ。

単調なホワイトに、
遠慮がちなオレンジを差し、
ドノーマル車を持ち込んでも、
男心に水を差すだけだ。
そんなことは三菱でもやっている。
Proud of BOXER:水平対向エンジンの神髄_f0076731_17385679.jpg
これもお粗末だ。
Proud of BOXER:水平対向エンジンの神髄_f0076731_17390529.jpg
インテリアも淋しい。
Proud of BOXER:水平対向エンジンの神髄_f0076731_17391246.jpg
増岡さんが出ていたが、
せっかくのトークショーも閑古鳥だった。

それに引き替え、
SUBARUのブースには人だかりも多い。
これに甘えず、
もっと本来のオートサロンらしさを際立たせよう。

バッジだけのSTIなど、
クルマを深く知る者は、
誰も喜びはしない。

息も絶え絶えになりながら、
何とかBRZで喉を潤した。

「死にそうなので、
助けると思って壇上のクルマを見せて欲しい」とお願いした。

あまりの病状に、
SUBARUのスタッフが優しく労ってくれた。

そっとドアハンドルを押すと、
さりげなくSTIのロゴが現れた。
Proud of BOXER:水平対向エンジンの神髄_f0076731_12003514.jpg
こう言う拘りに客は金を払う。
Proud of BOXER:水平対向エンジンの神髄_f0076731_12004417.jpg
引き上げてドアをあける。

安全性や合理性に踏みつけられるが、
デザイン重視で何が悪いのか。

アルシオーネは堂々と他の会社がやらないことをやった。
そのDNAを今こそ蘇らせよう。
Proud of BOXER:水平対向エンジンの神髄_f0076731_12005463.jpg
ドアを開き乗り込む。
正しく臨戦態勢だ。
このトキメキを多くのオトコ達が本当に忘れたのだろうか。
Proud of BOXER:水平対向エンジンの神髄_f0076731_12010428.jpg
そんなはずは無い。
この瞬間に感じる「欲望」はオトコにしか無いモノだ。
Proud of BOXER:水平対向エンジンの神髄_f0076731_12011471.jpg
いつまでそれを隠し、
オンナの懐の中で楽にのうのうと生きるのか。
Proud of BOXER:水平対向エンジンの神髄_f0076731_12012110.jpg
オトコよ、目を覚ませ。
ロータリースイッチでSI-DRIVEを切り換える。
やっと解ってきたじゃ無いか。
S#はオオカミスイッチだ。

この様に別仕立てで付ければ、
4代目レガシィが目指したプレミアムカーへの道が再び開ける。
Proud of BOXER:水平対向エンジンの神髄_f0076731_12012910.jpg
そうなのだ。
SUBARUはプレミアムメーカーでは無い。
それを目指すブランドでも無いから、
とっくにその道は捨てた。

かといって、
STIまで道ずれにするのはよしてくれ。
彼等はプレミアムメーカーへ向かう。
スバリストの永遠のプライドであり、
スバルに取っても最後の切り札だ。
Proud of BOXER:水平対向エンジンの神髄_f0076731_12013739.jpg
モニターのサイズを思い切って変更した。
やっとデータロガーの面白さを顧客にも堪能させられる。
Proud of BOXER:水平対向エンジンの神髄_f0076731_12014611.jpg
誇らしげにSTIのロゴが光る。
Proud of BOXER:水平対向エンジンの神髄_f0076731_12015457.jpg
トグルスイッチも備わった。
このあたりに特殊性を持たせないと、
890万円を付けることは出来ない。
Proud of BOXER:水平対向エンジンの神髄_f0076731_12020337.jpg
熱いクルマだ。
本気にさせる何かをクルマ全体から迸らせる。
Proud of BOXER:水平対向エンジンの神髄_f0076731_12021256.jpg
STIはこの様なクルマを、
買うことの出来る人に正確に渡す気概を持て。

全国共通で平等なSUBARUスタンダードは必要無い。

扱い方の解らない顧客には売らなくて良い。

店の差別化も不要だ。
そんなことをすると益々混乱する。

そもそもS207を買うという人から、
「あなたガチですか、じゃあ前金下さい」、
と言えばややこしくならなかった。

それを戦後の馬鹿な教育で育った、
中途半端な管理職の居る会社は、
すぐ「平等だ」とコブシを上げる。

S207を発表するつもりの日が、
全国統一の休日だから、
発売日を延ばす等、
ぬるま湯の中で育ったとしか言いようのないけだるさだ。

怒っている人達は、
多分そこが最も心の襞にひっかかるのだろう。

Proud of BOXER:水平対向エンジンの神髄_f0076731_12022227.jpg

色も使い回すなど腰砕けだ。
例えばこのクルマなら、
「マットしか塗らない」と宣言すれば良い。

「いいですか、
ワックスかけたら責任持ちません」

心の中で、
「車庫の無い人は買うな」
「洗車もお金を払ってディーラーに任せるような人にしか売らない」
と売る側は強く思う必要がある。

「そういう買い方して戴けないなら、
優先的にお売りできません」と胸を張るだけだ。


そう宣言すれば良いのに、
SUBARUスタンダードで、
全国津々浦々まで洗車機を導入したから、
危なくて言えない。

わはははは・・・。
こんなことだから、
広告代理店に任せないと、
社員教育さえ出来ないのだ。

振り子が振りきって、
生ぬるい状況から戻ろうとしているのに、
馬鹿なSUBARUのコドモには、
いま何も手が撃てない。

Proud of BOXER:水平対向エンジンの神髄_f0076731_12023052.jpg
流石にエンジンフードまで開けることは出来なかったが、
この中にインタークーラーが見えた。
Proud of BOXER:水平対向エンジンの神髄_f0076731_12023946.jpg
そうじゃ無い。
水平対向6気筒を積むのだ。
このクルマには熱くならざるを得ない。
もし世の中に出せば、
世界中の自動車メーカーが、
「ヤツラはホンモノだと」認めるだろう。
Proud of BOXER:水平対向エンジンの神髄_f0076731_12024775.jpg
リヤスタイルもまとまっている。

Proud of BOXER:水平対向エンジンの神髄_f0076731_12025503.jpg
翼端板の形状も良く、
グラマラスなボディと相性が良い。
Proud of BOXER:水平対向エンジンの神髄_f0076731_12030248.jpg
ステーまでカーボンでは無いが、
造形は悪くない。
Proud of BOXER:水平対向エンジンの神髄_f0076731_12031103.jpg
痺れるほど欲しい。
発売すれば22B以来の快挙だ。
出す執念を見せて欲しい。
Proud of BOXER:水平対向エンジンの神髄_f0076731_12032636.jpg
やっと具現化したセンター出し。
これこそ6気筒に相応しい。
左右別バンクの排気を後方で揃える。
Proud of BOXER:水平対向エンジンの神髄_f0076731_12033657.jpg
ゴテゴテと排気管を増やさず、
美しくまとめて欲しい。
Proud of BOXER:水平対向エンジンの神髄_f0076731_12034290.jpg
若さを感じるクルマだ。
この様な若い人達が良い仕事をしている。

だからこそSUBARUはSTIを子会社だと思わず、
誰もが転籍したくて仕方が無いような良い会社にすべきだ。
Proud of BOXER:水平対向エンジンの神髄_f0076731_12035011.jpg
こう言う商品が作れる体制を早く整え、
シンボルを産み出して欲しい。
Proud of BOXER:水平対向エンジンの神髄_f0076731_12035796.jpg
欧州のプレミアムカーに負けない灯火器も手に入る。
Proud of BOXER:水平対向エンジンの神髄_f0076731_12040654.jpg
これからはSTIを自動車メーカーと位置付け、
都合良く切り売りするような真似は自重すべきだ。
Proud of BOXER:水平対向エンジンの神髄_f0076731_12041333.jpg
壇上から降りて、
XVを見ると益々情けなくなった。

なぜこれがSTIなのか。
何も知らない無垢な消費者を間違った方向へ誘導してはならない。
Proud of BOXER:水平対向エンジンの神髄_f0076731_12042278.jpg
ホイールは古いフォレスターのお下がりに、
色を差しただけだ。

ここまで言えばなぜ寒くなったか解るはずだ。
Proud of BOXER:水平対向エンジンの神髄_f0076731_12043094.jpg
このクルマにはオーラがない。

Commented by くりっぱー・ふりーだむ at 2016-01-17 20:05 x
更新お疲れさまです。
確かにこのXVは盛大な勘違いをしていますね。
代田社長が某グルメ漫画の登場人物の様に「このXVを作ったのは誰だっ!!」と担当者に怒鳴り込む光景が頭に浮かびました。
白を主体に所々にオレンジの差し色、どの部品を見ても取って付けました感が否めない…スバルにはきつい言い方になりますがどう見ても1/1のプラモ、ひいき目に見てもそこらのショップがやっつけ仕事で作ったカスタムカーにしか見えません。
ともに展示されていたBRZにWRX、そしてレヴォーグが救いでしょうか
Commented by b-faction at 2016-01-17 20:25
くりっぱー・ふりーだむさん、こんばんは。
SUBARUは元気でした。ただSUBARU本体とSTIの関係がまだ理想の状態では無いと言うことが良く解りました。
Commented by はつ at 2016-01-17 20:32 x
代田社長今晩は!
ミツバチにイタズラしてMPDに御用になったら大変です〔笑〕社長の文才には脱帽です。かなりウケました〔笑〕このBRZは素晴らしいですね〜GRMNに負けていない。但し市販出来たらの話ですね。楽しく読ませていただきました。取材でお疲れでしょうからゆっくりなさってくださいね!
Commented by b-faction at 2016-01-17 21:00
はつさん、もう一発ぶっ放したら休みます(笑)
Commented by ながせ at 2016-01-17 21:51 x
オートサロン取材、お疲れ様でした。
広告代理店がダメにするという件には、的を得てらっしゃると思います。
本来メーカーがどっちを向いて商売するべきかを指針を示す役割を担っている訳ですからね。
個人的には今夜、日野自動車の目をつむったミツバチ娘を酒の肴にさせていただきます。とてもいい写真をアップしていただきありがとうございます。
あと気になるのは、BRZのSTI仕様の塗装は、つや消しなんでしょうか?
Commented by b-faction at 2016-01-17 22:07
ながせさん、こんばんは。ミツバチ娘をご堪能下さい。多分彼女と呼吸がピッタリ合ったのだと思います。撮りたい写真が撮れました。BRZはマットブルーです。艶消しが良く似合いますよ。
Commented by 桂@水戸 at 2016-01-17 22:16 x
私もスバルブースを見学させてもらいました。素敵な華を堪能させて…いやそれはさておき。
今回のスバルブースの中で真っ先に飛び込んできたのがXVなのですが…ちょっと一瞬ぎょっとしてしまいました。あのホワイトは綺麗なのですが、オレンジとのバランスがイマイチだし、車内のインテリアもどうだろうなあ…とちょっと考えてしまいました。
レヴォーグのSTIモデルはまあまあ自分的には良い感じに見えたので余計に残念感がありました。
しかしやはりあのBRZは素晴らしかったですね。オーラがビンビン伝わってきました。ああいう戦闘力のあるクルマをSTIでしっかりと出して欲しいですね。買えなくてもいいんです。凄い車が世に出ること、それによってSTIのブランドイメージが更に高まると思うんですけどね。
Commented by b-faction at 2016-01-18 07:03
桂@水戸さん、展示手法は良くなりました。顧客目線で素晴らしい展示でした。
Commented by はつ at 2016-01-18 20:03 x
社長こんばんは!
ぶっ放せたでしょうか〔笑〕今日は僕の住んでいる地域も久々の雪で大渋滞、あちこちで事故でしたが、BRZで不自由しませんでしたよ〜電子デバイスもチカチカ作動していましたが。ところで今年はオレンジが流行りなのでしょうか。
Commented by b-faction at 2016-01-18 20:20
はつさん、こんばんは。そうです。オレンジが目立ちました。基本的に明るいパールホワイトがトレンドなのでSUBARUの戦略も正しいと思います。緑もありました。なかなか良いんですよ。また紹介します。
Commented by 元中の人 at 2016-01-20 10:22 x
三菱は自衛隊グリーンにすればインパクトが有ったんすけどね
マッドグリーンにキャリアとデューリータイヤ
シンプルやノーマルを強調する程度なら大冒険しなきゃインパクトすら与えられないですね
ただでさえ国内撤退に一番近いメーカーなのですから・・・・
Commented by b-faction at 2016-01-20 20:31
元中の人さん、グリーン狙い目です。アメリカのアウトバックのグリーンも渋い。この後また機会があればTASの出品車取り上げます。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by b-faction | 2016-01-17 21:36 | Comments(12)

毎日の活動やスバルについてご紹介します


by b-faction