人気ブログランキング |

普通のタイヤ

漠然とした話だが、
世の中の「分母」を考えた時、
「ふつう」というカテゴリーが最も多くを占める。

何が普通で、
何がそうじゃ無いのかを考え始めると、
突っ込みどころが満載なので、
ここはまず、
普通に対して特別という二つの表現で括ってみたい。

世の中には、
特別なモノを好む人も多い。

例えばタイヤを例に挙げると、
用途に応じて特別なタイヤもあれば、
一般的にどこでも売っている普通のタイヤもある。

本来なら、
クルマの性能がタイヤによって著しく左右されることは好ましくない。

特別なタイヤを履かねばならぬようなクルマでは、
基本的にダメだと言うことだ。

普通のタイヤでも、
素晴らしい走りを見せないようでは、
大したクルマじゃない。

タイヤも同じだ。
「普通のタイヤ」こそ、
どんなシチュエーションでも、
クルマの性能を適切に路面へ伝えねばならない。

ブリヂストンは世界最大のタイヤメーカーだ。
最もシェアが大きいと、
普通である事の重要性が特に問われる。

「普通」の分母が大きいから、
保守的なタイヤになりがちだ。

保守的なことが一律に悪い訳ではないが、
面白くなかったりする。

強いて言うと「気持ち悪い」タイヤになる時もある。

不味いモノを食べようとは思わないじゃないか。
するとどうしても少し脚が遠のく。

ポテンザで痺れさせてくれた時代は過去のものとなった。

エコピアPZ-Xというタイヤ以降、
BSのリリースするタイヤに全く興味が無くなった。
f0076731_17291054.jpg
2月になり、
ブリジストン販売から招待状が届いた。

新しいタイヤを見て欲しいと言う。
f0076731_16311003.jpg
プレイズを復活させたという。

評判の良かったプレイズがPZ-Xとなって、
エコピアと融合したはずだが、
BSもそれが失敗だったと気がついたようだ。
f0076731_17365556.jpg
比較試乗をミニバンでやるところがミソだ。

このプレイズに乗る前に、
まずEX20に乗って欲しいと促された。

f0076731_16332930.jpg
この前身に当たるEX10はとても良いタイヤだった。
軽い1、5リットルのFWDに着けると、
エコタイヤを履いたとは思えぬ様な、
気持ち良い走りが可能になった。
f0076731_16353600.jpg
その血統は生きていて、
f0076731_16355497.jpg
このタイヤを着けた試乗車はキビキビ走った。

正直「トヨタ ノアってこんなに良いクルマだったのか!」と思った。
それくらい、
ノアは気持ち良く走った。
念のためにタイヤの製造年月日を記録した。
昨年の10月頃に製造されたタイヤだ。
雪がちらつき、
路面温度は7℃以下だ。

でも特にグリップには問題がなかった。
ドライだったのが幸いした。
f0076731_16360924.jpg
タイヤの表情を見ただけで、
性能はなかなか解らないものだが、
このトレッドパターンは悪くない。
むしろ気に入った。

実際に走らせても、
思うように走れる良いタイやだった。
感心するほどジャキッとしている。

クルマの動きが掌に収まる。
ハンドリングも悪くないし、
コーナリングパワーもまずまずだ。

ジャキっとした印象を持つのは、
ステアリングインフォメーションが、
はっきりしているからだ。

直進性もよいし、
操舵した瞬間の初期応答性も悪くない。

次にダンロップのエナセーブに乗るよう促された。

f0076731_16492318.jpg
走り始めはそれほど変わらない印象だ。

但しクルマの個体差が若干ある。
クルマの仕様が少し違う。
明らかにクルマがヤレていたので
トリップメーターからオドメーターに切り換えた。

ブリヂストン装着車両より走行距離が1.8倍ほど多かった。

但しタイヤそのものはイコールコンディションだ。
f0076731_16493667.jpg
昨年の6月頃に製造されたタイヤなので、
鮮度上も問題ない。

f0076731_16494731.jpg
走り出した時の印象はEX20と大差ないが、
タイヤの応答性は少し劣る。

しかし乗り心地やタイヤのノイズは、
僅かながら優れているように感じた。

速度を上げてカーブを曲がると、
差が現れた。
下り坂で勢いが付いた車体を、
丁寧にブレーキで抑えながら旋回しても、
BSに比べコーナリングパワーで少し劣る。

次に圧倒的な差が現れた。
登りの中速コーナーを、
アクセルイーブンで曲がろうとした時だ。

EX0とほぼ同じ速度で進入したが、
ステアリングの切り込みに対して、
思うように曲がり始めない。

「ヒヤリ」とした。

フロントに荷重を移すと、
旋回を始めたが、
とても気持ちの悪い旋回性能だ。

普通の人が普通に使っても、
背の高いミニバンだと、
遠心力で外側のタイヤに多くの荷重が掛かる。

その力が掛かった時に、
旋回しようとする方向にタイヤの力が向いていかない。

グリップが足りないと言うより、
旋回方向外側のタイヤに、
荷重が大きくかかると、
トレッドが均一に路面と接しない気がした。

スキール音を出す訳ではなく、
滑っている感じも無いのだが、
掌に乗っていない厭な感じだった。

まあ、
価格で選ぶタイヤだろう。

ダンロップに乗り終えて少し待つと、
プレイズを装着したノアが戻ってきた。
f0076731_17130919.jpg
乗り込む前にタイヤを観察した。
f0076731_17131915.jpg
昨年の9月頃に製造されたタイヤだ。
f0076731_17132721.jpg
センターリブがEX20より一本多い。
f0076731_17133951.jpg
運転席に座りドラポジを合わせた。

ゆっくりステアリングを切りながら走り始める。

狙いがすぐ解った。

これは実にシットリしたタイヤだ。

ステアリングの切り込みにも素直に反応し、
他のタイヤに比べ、
走行時に目立つ音を出さない。

乗り心地も悪くないし、
ステアリングにはオブラートに包まれたような手応えが届く。

普通の人が普通に使った時に、
とても好ましく感じるタイヤだと思う。

ミニバンの走りを確実に支え、
走向安定性も確かだ。

乗り終わり改めてタイヤを見た。
その時に、
もし3つをヘビーウエットな路面で比較したら、
どのような差になるのか試したくなった。

ウエット路面で試さないと、
タイヤの評価は片手落ちになる。

それはなぜか。

ダンロップとブリヂストンで、
タイヤの断面形状が異なる。

新型のタイヤでも、
ブリヂストンの形状は、
以前から存在するモデルに比べ、
さほど変わらない。

上の画像で見比べれば、
目の良い人なら解るはずだ。

もしかすると、
ウエット路面ではBSとDLの性能が、
拮抗する可能性がある。

EX20で、
もしエナセーブがひやりとさせた場所を、
変わらぬ印象で走れたなら文句はない。

いずれにしても、
普通の人が重いミニバンを、
当たり前に乗る時代になった。

子育て世代の女性が、
身の丈に合わないミニバンを振りまわす、
そんな姿を良く見る。

分母の大きな市場を対象に、
世界最大のメーカーが、
ハッキリとした違いを体感させる商品を開発した。

それが最新のプレイズだろう。

偏摩耗を徹底的に避けるように、
様々な知恵も凝らされている。
f0076731_17135182.jpg
編摩耗する理由には色々あるので、
タイヤ側だけで解決するには無理がある気がするけれど、
「編摩耗しない」と言い切れるタイヤの方が売りやすいのだろう。

プレイズの印象は決して悪くはない。
でも乗り終えた後で、
「もう一度EX20に乗らせて」とお願いした。

やっぱりそうなんだよな。

f0076731_16332930.jpg
ドライ路面でもう一度EX20を試したら、
こちらの方が好ましかった。

特に重心が高く、
マスもでかいミニバンには、
ショルダー部のブロックは大きい方が良いみたい。

f0076731_17372526.jpg

この日の商品研修で、
テクニカルレビューを聞く機会は一切なかった。

そう言う事に興味のある参加者も居ないから、
やっても居眠るするだけと、
気を遣っているのかも知れない。

好きな時に来て、
乗りたいだけ乗ったら帰る。

その方が参加しやすい。

田舎にはちょうど良い塩梅の商品研修だった。
プレイズを詳しく説明したからといって、
それを聞いた販売担当者が情熱に燃えるとは思えない。

だから小難しい事をしても、
それが販売促進に大きく役立つ訳でもないだろう。

むしろ理屈を聞きたがる顧客層に、
このタイヤは売れないだろう。

黒くて丸くて、
安心して乗ることが出来て、
バリューならそれでもう十分だ。

これがブリヂストンブランドの長所でもあり、
大きな弱点でもある。

ブリヂストンタイヤジャパン、
中部カンパニーの皆さん、
よい機会を与えて戴き有り難うございました。

トラックバックURL : https://bfaction.exblog.jp/tb/24993820
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by ひょっこり at 2016-02-28 00:19 x
社長こんばんは。
普通のタイヤですか?
ボクの場合は長年ミシュランを使い続けているので国産は何も分からないのが正直なところなのです。やはり、ウェットに強いタイヤがイイと思うんですよね。ドライでは多少かったるいところがありますが、それは目をつぶって雨の日を重視しているのです。

「子育て世代の女性が、身の丈に合わないミニバンを振りまわす、そんな姿を良く見る。」
とありますが、ボクはそれが大嫌いでいかにも芸の無い選択にも思えるし、そういうのはナビ付けて後席モニター付けて、子供が乗るときはいつもDVD流せばおとなしく乗っていると思い込んでいる人がホントに多いのです。
自宅にあるもう一台のクルマはベルタで、ごく真っ当なセダンが一番使いやすく運転しやすいなと確信していて、もう8年目になります。スバルで言えば、初代のインプレッサとほぼ同サイズ。
ボクはミニバンが大嫌いで、特にノア、ヴォクシーがそう。
ただ、ひとつだけ感心する使用方法があって、福祉や介護に使われるケースがあります。
実際に父がノアを使い介護タクシーを個人で運営しているのです。

Commented by b-faction at 2016-02-28 10:02
ひょっこりさん、おはようございます。トヨタのハイエースに勝るミニバンは存在しないと思います(笑)。頑丈だし、トヨタの誇る名車ですね。タウンエース時代から良く接しました。新車でも何台か売りました。最新型に乗って、程良く出来たクルマだなあと思いました。水曜日にオープンデッキで市内を走ると、意外に多いんですね。これを女性が「ママチャリ」風に乱暴に乗ってるんです。それを見ると怖いです。
Commented by ひょっこり at 2016-02-28 20:38 x
社長こんばんは、たびたびスイマセン。
本当のママチャリでこんな記事がありましたよ。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160228-00004345-bengocom-soci

今回の趣旨とはかけ離れてしまいますが、時間に追われた主婦に運転させるとこういう事が、どこでもあるんですね。

今回のタイヤテストですが、父にこれを勧めてみようかな?と思うようになりました。ある意味、195/65R15と言うサイズはミドルクラスでは標準サイズとも言えますから、タイヤへの依存度が高いミニバンで試乗会を開くのは、自信があるということでしょうね。
Commented by b-faction at 2016-02-29 09:39
ひょっこりさん、おんぶして運転してる狂った女性もたまに居ます。
普通のシットリしたタイヤはお父さんに良いと思います。プレイズをお薦めして下さい。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by b-faction | 2016-02-27 00:55 | Trackback | Comments(4)

毎日の活動やスバルについてご紹介します


by b-faction