人気ブログランキング | 話題のタグを見る

暖光

XVの慣らしを兼ねて東京へ向かった。
絶好の天気だったので、
撮影場所に東京タワーを選んだ。
暖光_f0076731_21595778.jpg
長い間都心で主役を務めたが、
最近ライバルが現れたら、
逆に元気を取り戻したと聞く。

昔から好きな場所なので、
機会があったら行きたいと思っていた。

平日なので駐車場も空いていた。
暖光_f0076731_16344421.jpg
奇麗なお姉さんから切符を買って、
意気揚々とエレベーターに乗った。

高いところは苦手だけれど、
登るのは好きだ。

馬鹿は高いところに登りたがる。
それ、もろに当てはまる。
暖光_f0076731_16360059.jpg
1600円とリーズナブルだ。
東京は本当にどこに居ても楽しい。
暖光_f0076731_16365625.jpg
久しぶりに登ったら景色が少し変わっていた。
なかなか日本離れした豪快な景色だ。

ふと横を見たらおかしなヤツが居る。
「変態かな」と思った。

こいつ、
テレパシーが効くようだ。
暖光_f0076731_16374711.jpg
次の瞬間、
ジロリとこちらを向くではないか。


ひえ~~~目が合ってしまった。
暖光_f0076731_16413282.jpg
子供と戯れる振りをして、
だんだんこちらに近づいてきた。
げげげげ~~~
関わり合いになりたくないので、
素知らぬ顔をして景色を見ていると、
暖光_f0076731_16414774.jpg
隣りにピタリとくっついて離れない。
暖光_f0076731_16415671.jpg
「あのお寺は何かな」と口にした途端、

「あれは増上寺です。〇×△年に××様が~~~~された@@で、
$$$様と&&&様が祀られています」と説明するではないか。

これは便利だ。

そこで「$$$様と&&&様とは?」と質問したら、
ポケットから手帳をだして調べ始めた。
暖光_f0076731_16421428.jpg
コイツ閻魔帳を持っている。
暖光_f0076731_16423235.jpg
怪しげな事に、
聞きもしないのにフリーメーソンの本部まで知っていて、
「あそこです」と教えてくれた。
暖光_f0076731_17593651.jpg
「えーと、それじゃあ、あの四角い建物は何?」と質問すると、
暖光_f0076731_16424343.jpg
「〇×△□???・・・勉強不足です!」と答え、
次の瞬間、

暖光_f0076731_16425499.jpg
「しぇー」と奇妙なポーズを取った。
暖光_f0076731_16432626.jpg
ハングアップするとこうなるらしい。

名前を「鷹まる」と言う。
憎めない奴だ。

他所でもハングアップしてどこかに頭をぶつけたらしい。
額のバンドエイド風の縫い物が痛々しかった。

リセットしたらまた動き始めた。

いきなり奇妙な声を出すソフトバンクのロボットより、
数段優れた頭脳を持つ人工知能らしい。
暖光_f0076731_16433821.jpg
動き始めると、
「僕たちは今ここに居ます!」といきなり言った。

そして聞いてもいないことをまた話し出した。
暖光_f0076731_16435658.jpg
「知っていますか。王選手が打ったホームランボールが、
東京タワーのてっぺんから出てきたんです」

それは凄い!
謎めいた話だが、
プロ野球は硬式のはずだ。
暖光_f0076731_16441962.jpg
この人工知能は「ペテン師」の素質もあるようだ。

勘づかれたと思ったのか、
またいきなり他の説明を始めた。

「窓の外を見て下さい!」
暖光_f0076731_16445940.jpg
「もう一本東京タワーが立っています!」と声高々に言った。
暖光_f0076731_16454889.jpg
どこにも無いじゃないか。
首をかしげていると、
暖光_f0076731_16460792.jpg
「ほら!」とどこに隠し持っていたのか、
パネル写真を取り出した。

この人工知能、
マジシャンの能力もあるらしい。
体中に色々な小道具を持っている。

意味ありげに桜の造花を持っているので、
「それは何?」と尋ねると、
暖光_f0076731_16462049.jpg
「これはプロジェクションマッピングです!」と言う。
暖光_f0076731_16463290.jpg
夜間には展望台のガラスが桜で満開になるそうだ。
暖光_f0076731_17030231.jpg
灰皿の乗ったビルはJTの本社だそうで、
このあたりの大きなビルは全て知り尽くしている。
暖光_f0076731_17031167.jpg
「じゃあ、このタワーの真下にある、
あの怪しい屋根のビルは何?」と尋ねたら・・・・、

「〇×△□???」勉強不足です!」
とまたハングアップし掛けたが、

近くで稼働中のもう一機が近づいてきた。
暖光_f0076731_17031934.jpg
これはしめた!、と思ったようで、
もう一機に、
「そのビルは何でしょうか?お客様にお答えできません!」と助けを乞うた。

すると、
二機揃って「しぇー」
暖光_f0076731_17033897.jpg
この人工知能は遠くからみると実に怪しいが、
暖光_f0076731_17034728.jpg
近くで見ると程良く愛らしい。
とても親切なキャラクターなので、
是非東京タワーに行って、
色々な質問を投げかけて欲しい。

ハングアップする度に成長し、
どんどんバージョンアップする。

次に会うのが楽しみだ。
更に上の展望台を目指す。
暖光_f0076731_17331560.jpg
おお!ライバルが近くに見える。
暖光_f0076731_17332566.jpg
東京らしからぬダイナミックな風景だ。
夕日と砂嵐の影響で、
独特の色合いの街並みが青空に映えた。

まるでオーストラリアでみたような風景だった。
暖光_f0076731_17333325.jpg
最上階からもう一度展望台に降りると、
そこには面白い仕掛けがある。
暖光_f0076731_17334268.jpg
一番高いところを充分楽しんだ後、
エレベーターでもう一度展望台に降りた。

ここは2層構造になっているので、
階段でもう一段下へ降りた。
暖光_f0076731_17335184.jpg
最初にこれを見せると、
「ギクリ」とはするものの、
「ナニコレ、少しも怖くないよ」となめてかかる。
暖光_f0076731_17340118.jpg
そこで大きな方に連れて行くと、
大概しゃがみ込んで下を覗く。
暖光_f0076731_17341404.jpg
そうしたらば、後ろに回って「ドン」と押すと良い。

大抵の人間が「ドキッ」として、
少し漏らす。

暖光_f0076731_17343293.jpg
真下に駐車したXVが見える。
まるでミニカーだ。

暖光_f0076731_17351318.jpg
大丈夫だと解っていても、
暖光_f0076731_17352158.jpg
わず手に力が入る。

写メを撮影して送っていたら、
暖光_f0076731_17354153.jpg
「あまりに間抜けな格好なので獲ってあげたよ」とメールが届いた。
暖光_f0076731_17353178.jpg
このアホらしさが東京タワーの人気の秘密だ。

隣でびびりまくる外人親子がいたので、
「やってみなさい」といったら、
「オマイガ」と言って逃げていった。
暖光_f0076731_17395649.jpg
お土産センターに行くと、
人工知能のマスコットも売っている。
暖光_f0076731_17405741.jpg
知らないだけで人気者なんだ。
登る前とは全く違う風景が広がっていた。
暖光_f0076731_17355862.jpg
色の美しさに見とれてしまった。

暖光_f0076731_17360401.jpg
ルックダウンウインドウが良く解る。
あんな高いところをガラス張りにしたら、
怖いに決まっている。

絶対誰かと一緒に行って、
後ろからドンと押して欲しい。

その後どうなっても責任は取れないが。
暖光_f0076731_17361352.jpg
この時を待っていた。
赤い鉄骨と青いXVをどうしてもコラボレートしたかった。

駐車場の人達も皆親切で、
「スバルと一緒にタワーの写真を撮らせて欲しいのですが」とお願いしたら、
「どうぞどうぞ、撮影して下さい」と許してくれた。

こんなところにも、
東京で「一番高かった」誇りのような清々しさを感じた。

スカイツリーに登りたいと思わないのは、
恐らくあの無機質な印象だろう。

それに比べ、
高さでは目立たぬようになっても、
血が通ったような東京タワーには、
相変わらず限りない魅力がある。

こうして三月最初の出張も無事終わった。
暖光_f0076731_10303987.jpg
フロントガラスに映ったタワーの鉄骨が、
まるでスバルの遺伝子のように見える。

XVで旅をすると躍動的になれる。
暖光_f0076731_10302287.jpg

延べ走行距離680kmに渡った。

高速道路上の最低気温は、
往路に於ける八ヶ岳山麓でマイナス8℃だった。

そして最高気温は、
復路に於ける八王子で18℃だった。

暖光_f0076731_10303149.jpg

3シーズン目を終えたピレリのソットゼロ3は、
「まだまだ働けるぞ」と自己主張していた。

温度差26℃の条件下で、
苛酷な走行を強いたが、
良い働きをしてくれた。

そしてXVも初の連続高速走行に良く耐えた。
1000㎞を越したので、
初めて高速高負荷運転を連続したが、
ストロークたっぷりのサスペンションは、
まるでGTかと思わせるような能力も発揮し、
中央自動車道に存在するジャンピングスポットを、
難無く制した。


そればかりか、
伸びきった状態からバンプする時の、
いかにもカンファタブルで乗る者を痺れさせる、
抜群の抑揚性も発露した。

理由はここに有る。
暖光_f0076731_22023756.jpg
ハイブリッド車の開発だ。
暖光_f0076731_22024639.jpg
戻って展示中のXVハイブリッドと比較して解った。

電池を搭載するために重ねた苦労が、
ガソリン車にも限りなく役立った。

このクルマの足回りに、
勝るSUVはそう簡単に現れないだろう。

Commented by ソバのカンちゃん at 2016-03-04 21:20 x
お世話様です。いつも楽しみに見させていただいています。もしや、東京タワーですか?
Commented by b-faction at 2016-03-04 22:01
ソバのカンちゃんさん、こんばんは。大当たり。東京タワーに行ってきました。皆さん親切だし楽しかったです。まだ続きがありますのでお楽しみに。
Commented by ソバのカンちゃん at 2016-03-04 23:57 x
はい。楽しみにしています。東京タワーいいですね~
Commented by b-faction at 2016-03-05 07:44
ソバのカンちゃんさん、本当に楽しいですね、東京タワー。XVの写真も撮りたくて生きたくなりました。天気が良かったので得した気分です。
Commented by Mt.Yoko at 2016-03-06 10:09 x
社長様

XVのブルー、素敵な色ですね。実車を見たことはないのですが、写真を見ていたら、レオーネバン4WDLGのクリスタルブルーを思い出しました。
Commented by b-faction at 2016-03-06 11:07
Mt.Yokoさん、おはようございます。A67レオーネですね。あの頃は淡いレモンイエローやグリーン、それにレッドもありました。なぜかカタログにはないのに大都会だけで売られてました。隔世の感ですね。ハイパーブルーの色調はこれまでのスバル車には無かった単純そうで複雑な色です。その先を更に極めたのがXVコンセプト。ジュネーブでデビューしました。あれはラインで量産車を染めるのが難しそうですがスバルの色はトレンドの先端を走ってます。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by b-faction | 2016-03-05 19:19 | Comments(6)

毎日の活動やスバルについてご紹介します


by b-faction