人気ブログランキング | 話題のタグを見る

鼓動

クルマには魂がある。
鼓動_f0076731_20533670.jpg
そう言い続けてもう何年になるだろうか。
赤鰤の整備は杉本に任せた。
初めて見た時、
このクルマからも魂を感じた。
それを否定する人が居ても一向にかまわない。
むしろ、
そんな事が解る人の方が少ないだろう。

中津スバルの社員すら、
そんな事は「また変なことを言っている」くらいにしか思っていないはずだ。

まず2001年5月、
日本で初めての国際格式ラリーが開催されたことを思い出して欲しい。
場所は群馬県の草津から嬬恋に掛けて、
オールターマックという、
まるでサンレモラリーのようなシチュエーションだった。

日本でWRCを開催する、
その執念を実らせる試金石だった。

クルマには間違いなく魂がある。

CM撮影日の朝、
このクルマを1時間かけて洗った。
鼓動_f0076731_21084763.jpg
かつて杉本の愛車だったGC8だ。
新車のレガシィを購入した後も、
なかなか別れることが出来ず、
自宅の庭先に温存していた。

マリオもそうだが、
独身男性の習性とでも言うのか、
離れられないが大事にしない。

日本の国歌「君が代に」に、
「苔のむすまで」というフレーズがあるが、
それを想像しほしい。

ある日小遣いが底を尽いたようだった。
買ってもらえないかと相談を受けた。
こうしてGC8は名古屋に向かう軍資金に変わった。

緑色に染まったバンパーを見ると不憫だったが、
時間が出来たら復活させようと大事にしていた。

出張先で偶然同じようなWRXを見つけた。
何かの縁を感じたので、
少し無理を仕手でも連れ帰ろうと思った。
クルマが最悪の場合でも、
杉本から譲り受けたクルマがある。
それを活かせば何とかなる。
強気の姿勢で競ることが出来た。
陸送業者を手配し会社に戻った。

そして18日早朝の「掃除の日」に、
駐車場の奥からWRXを出した。


ブースターケーブルを繋ぐと、
エンジンはすぐに嬉しそうな声を上げた。
ついでに他のクルマを整理整頓し、
苔だらけのWRXをSABの前に運んだ。
井戸水を使って洗車し、
亀の子だわしで丁寧に擦ると、
あれよあれよという間に美しさを取り戻した。
鼓動_f0076731_21200224.jpg
CM撮影が終わった頃、
待ち焦がれていたWRXがキャリアカーで運ばれてきた。
まずバラバラに分解して掃除を始めた。
鼓動_f0076731_21201829.jpg

鼓動_f0076731_21252952.jpg
鼓動_f0076731_21254401.jpg
鼓動_f0076731_21261444.jpg
鼓動_f0076731_21261502.jpg
鼓動_f0076731_21261776.jpg

消化器を当たり前のように装備している。
フルハーネスのシートベルトは、
全て取り外した。
これはつけ置き洗いする。
鼓動_f0076731_21273175.jpg
初めからこのWRXに何かの「鼓動」を感じていた。
只者では無い「何か」を匂わせる。
鼓動_f0076731_12540958.jpg
なぜ走行距離は58000kmと少ないのか。
鼓動_f0076731_12533761.jpg
どうして前の持ち主は、
手に入れてから僅か半年でクルマを抹消登録し、
8年間も放置していたのか。

クルマを洗いながら変な錯覚に襲われたのも、
このクルマの持つ因縁なのかも知れない。
鼓動_f0076731_13192029.jpg
バッテリーに交換した日と、
その時の距離が記されていた。
8年経って目覚めさせたのか。
その理由は定かでは無いが、
逆算すると交換した日から現在までの間に、
なんと5千㎞以上走っている。

あまりにも不思議なことが多いので、
更に調べを進めると、
2012年の5月に撮影された画像を入手できた。
鼓動_f0076731_13183002.jpg
杉本のWRXと全く同じだ。
届いたクルマとほとんど変わらぬ様子が、
その画像に現れていた。

おそらく、
少なくとも直近の4年間は、
誰も触らず放置されて居たのだろう。

何という偶然だろう。
鼓動_f0076731_21264483.jpg
エンジンルームはほとんどノーマルだ。
エアコンが付いていないところが素晴らしい。
快適な脚として使うつもりはないので、
軽ければ軽い方がありがたい。
エアコンレスのエンジンは、
強烈にレスポンスが良い。
鼓動_f0076731_21271511.jpg
これでクルマの基幹性能に何の問題も無い事が解った。

杉本の愛したWRXから、
何一つ移植する必要も無い。
別の機会に復活させよう。
両方のクルマを蘇らせる、
強烈なモチベーションが湧き出てきた。

届いたWRXの清掃作業が始まった。
鼓動_f0076731_12540716.jpg
ミセス大鶴の手で、
テキパキと作業が進む。

彼女の手に掛かると、
愛情でクルマが艶々する。
鼓動_f0076731_21294926.jpg
シートも良くなった。
ヤレ感がステキなので、
出来るだけ元から付いていた部品を残したい。
鼓動_f0076731_21300112.jpg
内装材を外したら、
洗える物を全て洗う。
鼓動_f0076731_21303370.jpg
歯ブラシを使うとより効果が高い。
鼓動_f0076731_21301906.jpg
つけ置き洗いの後、
更にスチームクリーナーで徹底的に汚れを落とす。
殺菌も出来るので、
後から嫌な臭いが出ることも無い。
鼓動_f0076731_21363453.jpg
つまり、
いつもの中古車仕上げを当たり前にやるだけの話で、
特に珍しいことをする訳では無いのだが、
彼女にとってはやり甲斐がある。
鼓動_f0076731_21364973.jpg
社長の嬉しそうな顔を見て、
嫌な気持ちになる社員は居ないからだ。
鼓動_f0076731_21371218.jpg
鼓動_f0076731_21393073.jpg
鼓動_f0076731_21395283.jpg
鼓動_f0076731_21400653.jpg
どんどん奇麗になって、
遂に「完了しました」と報告があった。
どうしてもこのクルマの出自を知りたくなった。
手がかりがあるから、
探れるところまで行ってみよう。

へんてこりんな妻だが、
愛嬌はある。

変な書き置きを残し、
娘と下呂温泉に行ってしまった。

鼓動_f0076731_21410140.jpg
活力朝礼で庭の手入れを毎朝している。

マツカレハのの食害が酷い。
今年は少し早めに観察し、
採れたての毛虫を見せた。

ねじり鎌で殴られた。

それに先日娘と二人で東京タワーに行った時、
一人で留守番させたので、
ちょっと悔しかったのだろう。

二人でイソイソと出かけていった。

丁度良いのでWRXの出自を調べに行った。
相棒は赤鰤しかない。
一週間前にこのクルマと出会った相手だ。

テストでエンジンが絶好調になり、
その後エンジンの息付は全く無い。

やはりカーボンの悪戯だった。
ただブレーキだけは納得いかない能力だった。
特に念入りにオーバーホールするように頼んだ。
鼓動_f0076731_21422254.jpg
鼓動_f0076731_21412238.jpg
前後のキャリパーを分解し、
丁寧に清掃して消耗部品を交換する。
左側が作業後、
右側が作業前だ。
鼓動_f0076731_21413180.jpg
ディスクパッドも酷かった。
右の新品に比べ左の劣化した様子がわかるはずだ。

これでは安定した制動力が出るはずがない。
組み付けようとしていたので、
サスとタイヤとローターを確認した。
鼓動_f0076731_20540786.jpg
ダンパーは社外品のようだ。
鼓動_f0076731_21414328.jpg
リヤのディスクローターは研磨する必要が無かった。
フロントのローターは、
より念入りに研磨した。
鼓動_f0076731_21420522.jpg
タイヤは車検に通るレベルで、
決して安心とは言えないが、
これなら晴れた日の慣らし運転に問題は無い。

次にオーナーになる人の好みでタイヤを選んでもらおう。
鼓動_f0076731_21423409.jpg
最高の天気で、
気温もちょうど良くドライブ日和だ。
PAEを入れ効果を感じたら、
エンジンオイルを早めに買えた方が良い。
鼓動_f0076731_21424185.jpg
杉本はきちんとEFAを使って、
捨てるオイルでエンジン内部を洗浄した。
鼓動_f0076731_21425275.jpg
奇麗に出し切って、
オイルエレメントも交換し、
レ・プレイヤードゼロをガブガブ飲ませた。
鼓動_f0076731_21430832.jpg
目的地に近づいた。
鼓動_f0076731_21431844.jpg
長閑な風景が広がる素敵な場所だ。
鼓動_f0076731_21432994.jpg
写真で見た風景が近づいてきた。
鼓動_f0076731_21434192.jpg
辿り着いた先にはプレオがあった。
やはりスバルがお好きなようだ。
もとWRXがあった場所に、
ただならぬ物が2つある。

一つはフロンテのように見えた。
そもそも、
あのWRXとフロンテが入れ替わるところが凄い。

この家に居る人は只者じゃない。

シートを被っているクルマからも、
ゾクゾクするようなオーラを感じる。

これはいったい何事だろう。
鼓動_f0076731_21435676.jpg
まったく知らない人のお宅に、
突然行くことに何の迷いも感じなかった。

表札を確認して、
お名前が一致したので少しホットした。

チャイムを鳴らし声を掛けると、
中から年配の男性の声がした。

「こちらは相馬さんのお宅ですか」
と尋ねWRXの事を話した。
その方はお父さんだった。

やりとりを聞いたご本人があらわれた。


相馬彰仁さんを紹介しよう。
鼓動_f0076731_21440939.jpg

STIの初代社長だった久世さんと、
飲み歩いた仲だと仰った。

出自は独特だった。
このクルマはSTIで架装された、
テストベッドだった。

鼓動_f0076731_21442188.jpg
WRCに送る車の横で並行して制作しながら、
各手のパーツをテストするのに使ったらしい。

独特のオーラを放つ理由は、
エンジンがバランス取りされ、
特別仕様のピストンが組み込まれているからだった。
鼓動_f0076731_21443073.jpg
冒頭に述べた国際格式を取り入れた初の国内ラリーで、
特別な役割も担っていた。

WRCではSS毎に出走車の露払いをするクルマがある。

00カーと0カーだ。

このGC8は0カーを担ったという。

手に入れた後、
ラリーを楽しんでいたが、
訳があり手放したと仰った。

置いてあるクルマを見て、
聞かなくても理由は解った。

赤いクルマはフロンテだ。
これを持つのなら、
GC8は邪魔になる。

このフロンテを探すのはとても難しい。
RX-Rもスバルでは人気だが、
このクルマほど面白くない。

もちろん、
サブロクやR-2などもコイツを見たら霞む。
鼓動_f0076731_21443921.jpg
「中津スバルさんというとスバル1000などもお持ちでしたよね」
相馬さんは当社のこともご存じのようだ。

これをご覧になって下さい。

後ろにある、
なんだか凄い鼓動を感じさせるクルマのことだった。

ホイールを見て少し察したが、
やっぱりこれが居た。
鼓動_f0076731_21444987.jpg
美しいレモンイエローだ。
スバルにはこの様な淡い黄色が似合う。

最近はなかなか難しくて作れないが、
やはり早く復活させるべきだろう。

しかも反射防止の黒いボンネットも付いている。
鼓動_f0076731_21450281.jpg
驚いた。
ボンネットもフェンダーもドアも、
全てFRPで出来ている。
ドアとクオーターガラスはポリカーボネートだ。

相馬さん、恐れ入りました。
聞くまでも無かったです。
なぜフロンテなのか。

この二つのクルマは、
ほぼ同じサスペンションで、
スズキが作ったと言うだけで兄弟みたいなもんだ。

ここからも、
いずれスバルがスズキ製の軽自動車を売ることになる予感を感じたのだ。

論より証拠、
案ずるより産むが易し。

人との出会いは楽しい。
相馬さん、
これからもよろしくお願いします。

なぜWRXが中津スバルへ来たのか・・・・・

点と点が一本の線に結びついた。

有意義な一日だった。

今日は本当に有り難うございました。

Commented by タナベ at 2016-03-24 00:41 x
社長こんばんは。
点を線にしてしまう社長のバイタリティ凄いと思いますが、それに至る理由と言うか社長を動かせた理由が分かるような気がしました。
スバルが好きな人ならワクワク、いやゾクゾクするようなお話ではありませんか!
今日は1時20分まで起きておくつもりでしたが眠りかけた所に最高にエキサイティングなお話です。
スズキの車というとイグニスが気になります。あれをスバルブランドで売りたいと個人的には思います。
Commented by b-faction at 2016-03-24 01:01
タナベさん、こんばんは。あれはアルトの芋虫です。
Commented by タナベ at 2016-03-24 01:14 x
なるほど、そうですか。斜め前の販売店さんの展示車見て興味を持ちましたが修行が足りませんね。
あと数分で公開ですね。。
Commented by b-faction at 2016-03-24 01:27
待ちます
Commented by こぐぷー at 2016-03-24 02:10 x
赤いフロンテが凄く気になります。
他の車達もオーナーさんの拘りと魂が
ヒシヒシと伝わります・・
我が家の内緒に飼ってる車も
そろそろ直したいところですね
もちろん魂を込めて・・
Commented by b-faction at 2016-03-24 07:34
こぐぷーさん、おはようございます。内緒のクルマも預かりますよ(笑)
お気軽にどうぞ。
Commented by パルP at 2016-03-24 20:24 x
社長お疲れ様です。
「離れられないが大事にしない」
この言葉”グサリ”とハートに刺さりましたw。
私もひょんなことからBP5を手に入れてしまい、
乗らなくなったVIVIOが2台がころがっています。
古い車でも魅力があるのがスバルの車なんでしょうね。
インプレッサ発表とこの記事で思いました。
Commented by b-faction at 2016-03-24 21:05
パルPさん、BP5を手に入れてしまうと軽自動車にはどうしても乗れなくなりますね。VIVIOも良いクルマなのでいずれ復活させて下さい。
Commented by ひょっこり at 2016-03-24 23:34 x
社長こんばんは。

そうなんですよね、前のオーナーがどんな人なのかボクも知りたかった事がありました。会えたあかつきには「キーもう1本持ってますか?」と尋ねたかった・・・キーが1本しか付いてこなかったので(笑)。
それにしても、中古車は縁なんですよね。前に話したと思いますが、ボクの車を買ったお店の社長は、社長ご自身とお知り合いだったことが判明したからなおの事。

そうそう、革まきステアリングもクリーニングする際に
お風呂に入れてあげると汚れがよく落ちます。
それと最近、ボクの車でためしているのですが、革まきを
自動車補修用の塗料で調色し、同じような風合いで塗装したらどれぐらい保つのかを実験中なのです。
施工して2ヶ月経ったのですが、イマイチ・・・。
もう一度機会を作って再チャレンジしようかと思っているのです。
Commented by スバル好き農家 at 2016-03-25 12:01 x
スバル1000レプリカ\200万~
OHC,OHV 燃料噴射70馬力 エアコンOP
インボードDISC 軽量超鋼鉄ホイル FRP多用 
4気筒ステラ以上の安全バンパー
リアモーター4wd OP 
でどうですか。

WRX出して1000レストアって凄い
Commented by b-faction at 2016-03-25 12:14
ひょっこりさん、強烈なクルマです。但し競技で5万キロ使えば当然ガタガタです。さあ、これこそ中津スバルの腕の見せ所だな。
Commented by b-faction at 2016-03-25 15:30
スバル好き農家さん、しかもフルチューンです。
Commented by 異端児 at 2016-03-25 18:11 x
突然のメッセージお許しください。車好きですが今までスバル車に乗った事がなく。
唯一スバル車にまつわる思い出としては高校の担任がアルシオーネSVXに乗っておりよく休みの日に洗車した思い出が懐かしく。ブログを拝見させて頂き社長様や従業員様のスバルに愛着を持っておられ、前のユーザー様を探しに出る社長様。上手く言えませんがそのような社長様の人柄に惚れました。スバル車を購入するときは九州在住ですが是非お願いしたいです。乱文失礼いたしました。
Commented by b-faction at 2016-03-25 18:26
異端児さん、こんにちは。コメント有り難うございます。九州でもへっちゃらですよ。喜んでお引き受けいたします。今後ともよろしくお願いします。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by b-faction | 2016-03-23 22:33 | Comments(14)

毎日の活動やスバルについてご紹介します


by b-faction