人気ブログランキング | 話題のタグを見る

スバルの「最先端」を学ぶ その2 

「名を知らぬ美しい花」と書いたら、

スバルの「最先端」を学ぶ その2 _f0076731_10425702.jpg
妻が「蔓日日草というんだよ」と教えてくれた。
地を這うように茎を伸ばし、
強靱な生命力を感じる。

ご近所から戴いたアイリスに付いていたらしい。
草取りしながら「抜いてはいけない植物だ」と直感した。
徐々に増えてきたので、
これからが楽しみだ。

望桜荘の庭には榠樝(カリン)がある。
先日ダブルクラッチ合同会社から中込健太郎さんと、
小鮒康一さんが取材にいらっしゃった。

覚えている人も多いだろう。

いらっしゃった時、
この地に伝わるカリンと樫の話をさせて戴いた。
それがトヨタ自動車のサイトで紹介された。

毎年奇麗な花を咲かせるカリンも、
一気に芽吹いてきた。
スバルの「最先端」を学ぶ その2 _f0076731_10423706.jpg
ピンク色の奇麗な花を付ける。

望桜荘の花壇にも、
一気に激しい変化が訪れた。
3日ほど前、
雑草を取った時には、
まだ蕾さえ無かった。

あれよあれよという間に、
スイセンが花を付けた。
スバルの「最先端」を学ぶ その2 _f0076731_10424805.jpg
スズランも奇麗に咲いた。
スバルの「最先端」を学ぶ その2 _f0076731_19435845.jpg



ほの青い可憐な花も咲いた。
スバルの「最先端」を学ぶ その2 _f0076731_10431020.jpg
植えた覚えは無い。
いつの間にか自生した。

野性的な妻が臭いで正体を明かした。

柔らかそうな葉は、
食用出来そうな雰囲気を持つ。

葉をむしると、
花の姿に似つかわしくない強烈な臭いがしたそうだ。

野生の韮だ。

六地蔵川の清流の畔には、
様々な野草が年間を通じて咲き誇る。

抜いた方が良さそうな草と、
直感で残した方が良い草を区分し、
環境改善を続けるうちに、
花壇にも色々と面白い植物が現れ始めた。

今朝はとうとう山桜にも変化が訪れた。
スバルの「最先端」を学ぶ その2 _f0076731_10431873.jpg
花芽が一斉に色っぽく膨らんだが、
満開になるのは今週の半ばだろう。
スバルの「最先端」を学ぶ その2 _f0076731_10433553.jpg
思いの外開花が遅れている。
「さくら祭り」の前半が終わった。
スバルの「最先端」を学ぶ その2 _f0076731_12503741.jpg
桜湯と桜餅の「おもてなし」は好評だった。
スバルの「最先端」を学ぶ その2 _f0076731_12505016.jpg
品質を落とさないために、
包装したままお出ししている。
スバルの「最先端」を学ぶ その2 _f0076731_12515919.jpg
この様に包みから出すだけで、
桜の良い香りが漂う。
そっと頬張ると、
ほのかに塩味を感じる。

前歯に葉の感触が、
と思った瞬間、
程良い甘さの餡が口の中に広がる。
スバルの「最先端」を学ぶ その2 _f0076731_12534466.jpg
至福の時だ。

桜の開花は間に合わなかった。
けれども次の土日も開催する。
チケットを受け取られた方は、
望桜荘を是非見学して欲しい。
スバルの「最先端」を学ぶ その2 _f0076731_10485865.jpg

玄関を入り、
まず左の部屋を見て欲しい。
スバルの「最先端」を学ぶ その2 _f0076731_10490722.jpg
左の部屋に写真を飾った。
スバルの「最先端」を学ぶ その2 _f0076731_10493789.jpg

望桜荘として古民家を整える時の様子や、
スバルの「最先端」を学ぶ その2 _f0076731_10504964.jpg
こけら落としでSTI研究会を開いた時の写真が飾られている。
スバルの「最先端」を学ぶ その2 _f0076731_10505722.jpg
久保さんがいらっしゃった。
スバルの「最先端」を学ぶ その2 _f0076731_15214968.jpg
「最近、こう言う場所が無いんだよね、
ノンビリさせてもらいます」

とくつろがれていた。


会社の周りを確認して工房に戻ると、
クリスタルブラックシリカのレヴォーグが居た。
スバルの「最先端」を学ぶ その2 _f0076731_10510680.jpg
やっぱりレヴォーグは、
この角度から見ると一番格好良い。

このクルマ、
なんだか普通のレヴォーグと違う。
全くノーマルなのに、
特別なオーラを出していた。

ドアを開けたらオーラを出す理由が解った。
スバルの「最先端」を学ぶ その2 _f0076731_10511368.jpg
サイドブレーキがあるだけで、
クルマが随分スポーティに見える。
スバルの「最先端」を学ぶ その2 _f0076731_10512176.jpg
スバルの誇る安全性能は、
新環状力骨構造ボディで成り立っている。
その最終完成形がレヴォーグだ。

SIシャシーもいよいよ熟成の頂点だ。
WRXは360馬力を超える出力に、
耐えるシャシーを手に入れた。
スバルの「最先端」を学ぶ その2 _f0076731_19541802.jpg
シットリとしたオブシディアンブラックパールも好きだった。
でも最新のボディーカラーはもっと良い。
こうして実物を見ると、
改めて一番好きだと思った。
ラメのたっぷり入ったクリスタルブラックシリカは、
光が当たるとキラキラ輝く。

黒は着こなすのが難しいけれど、
クールに決まると、
これよりステキな色は無い。

やはり色やスタイルは、
クルマを選ぶ上で最も大きな影響を与える。

スバルDNAセミナーの会場に、
驚くべき展示物があった。

門外不出の作品だ。
スバルの「最先端」を学ぶ その2 _f0076731_09565151.jpg
先日スイスのジュネーブで、
XVコンセプトが発表された。

あのクルマの1/1クレイモデルだ。
これは最新コンセプトカーの、
実物大クレイモデルだ。

そんな機密アイテムを、
生まれて初めて見た。

ショーカーを見て、
XVのイメージカラーであるオレンジの使い方や、
新鮮なブルーの調色に惚れ惚れしていたので、
しばらくの間、
近寄ったまま動けなくなる程だった。

もともとガルフレーシングカラーが大好きだ。
ポルシェミュージアムでこれを見てから、
スバルの「最先端」を学ぶ その2 _f0076731_20510381.jpg
この色使いに惚れ惚れしていた。

昨年NBRのお土産センターに、
この色をあしらったジャケットがあったので、
迷わず購入したほど好きだ。

スバルの「最先端」を学ぶ その2 _f0076731_09570091.jpg
スバルのセンスも冴えに冴えている。
色調は似ているが、
もっと深い色だ。

嬉しい。
こんなステキな色を採用するんだ。

近づくとシリカがふんだんに使われた、
キラキラ輝く塗装である事がわかった。
今後はどんどんシリカを使い、
よりアグレッシブなカラー戦略を採ることが、
このモデルから想像できる。

さらに驚くべき展示物があった。


スバルの「最先端」を学ぶ その2 _f0076731_09571096.jpg
グランツーリスモ6の中だけに存在するはずのバーチャルモデルだ。
スバル VIZIV GT ビジョン グランツーリスモを紹介しよう。
スバルはここ数年来、
世界中のモーターショーで「VIZIV」の存在を誇張してきた。
本来はSUVであるはずのVIZIVを、
究極のスポーツカー「スバル VIZIV GT ビジョン グランツーリスモ」に仕立てた。
VIZIVIは限りなく実現性の高い次期戦略車だ。
エクシーガが発表より随分前に、
ショーモデルとしてデビューした事を思い出す。
スバルデザインチームは、
ダイナミック&ソリッドを真っ先にこのモデルに投入して造形した。

硬質な金属を削ぎ落した塊感が、
既にこのモデルに明確に出ていた。
カーボン素材をフルに活用し、
バッテリーやモーターを持つのにもかかわらず、
車重は1,380 kgしか無い。

それを2リットルの水平対向DITで引っ張る。
フロントに1つ、リアに2つのハイパワーモーターを搭載し、
システム全体で最大出力600 PSと最大トルク800 Nm(82 kgfm)を発揮。

各モーターの出力を独立制御して、
アクティブトルクベクタリングを働かせ、
誰でも容易に車をにコントロールできる。

石井さんの握りしめた拳から、
このモデルに掛けた意気込みを感じ取った。
スバルの「最先端」を学ぶ その2 _f0076731_09572253.jpg
まさかリアルなモデルまで存在するとは思っていなかった。
これ、
永久保管するので無ければ、
望桜荘に飾るように是非お譲り戴きたい。

最近のスバルのデザインは、
際立って良くなった。
その秘密が何処に有るのか解った。
スバルの「最先端」を学ぶ その2 _f0076731_09573167.jpg
このクレイモデルは更にリアルだ。
スバルの「最先端」を学ぶ その2 _f0076731_09573800.jpg
昨年のTMSに出展したVIZIVのクレイモデルだ。
スバルの「最先端」を学ぶ その2 _f0076731_09581463.jpg
左と右をくっきり分ける事で、
クレイモデルがどれだけ重要な役割を果たすのか、
一目瞭然になっていた。
スバルの「最先端」を学ぶ その2 _f0076731_09594993.jpg
CGでは絶対に出来ない、
血の通った造形だ。
スバルの「最先端」を学ぶ その2 _f0076731_09595815.jpg
VIZIVがデビューするかは知らないが、
スバルの「最先端」を学ぶ その2 _f0076731_10001546.jpg
ここまでで来ているデザインが、
実現しないはずが無い。
スバルの「最先端」を学ぶ その2 _f0076731_10002343.jpg
インプレッサで一足先に具現化された樽のイメージは、
今後のスバルを引き締めるアイデンティティに必ずなる。
スバルの「最先端」を学ぶ その2 _f0076731_10003131.jpg
1/2のクレイモデルを見た後、
XVコンセプトを見ると、
造形のセンスが更に良く解る。
スバルの「最先端」を学ぶ その2 _f0076731_10004176.jpg
デザインをテーマにしたパネルディスカッションは、
竹岡圭さんがファシリテーターを務めた。
スバルの「最先端」を学ぶ その2 _f0076731_10005013.jpg
眼のクリッとしたチャーミングな女性だ。
モータージャーナリストとして活躍中で、
スバルにも縁の深い女性自動車評論家だ。

スバルの「最先端」を学ぶ その2 _f0076731_09562905.jpg

デザイン以上にシャシーは大切だが、
実に地味な場所なので、
説明することが難しい。

見えない所の改良を、
どのように解り易く説明するのだろうか。
その辺りにも興味があった。
スバルの「最先端」を学ぶ その2 _f0076731_09564016.jpg
宇津木さんと松下さんがパネリストとして登場した。
宇津木さんは、
どこから見ても「博士」と呼びたくなる。

髪が白く長くなれば、
まるでお茶の水博士だ。

物凄く真面目な人だと言う事が、
話の端々から解った。
スバルの「最先端」を学ぶ その2 _f0076731_11074299.jpg
SGPのサス構成は、
SIシャシーの延長線上にある。

従ってフロントストラット、
リヤダブルウイッシュボーンという構成は変わらない。

けれども剛性は飛躍的に向上している。

見えない部分の性能向上を、
見える部分以上に評価することがスバリストなら可能だ。

だから事前に興味がある人だけを集めたのだろう。

ハッキリ言って、
良いメーカーになろうとする会社は、
必ず器から良くするはずだ。

最初の大きな転換点は、
桂田さんの作った三代目レガシィだ。

積載性を高めるために、
マルチリンクを採用し、
ポルシェの力を借りて、
リヤサスの追従性を大きく高めた。

それがRSKの持つ驚異的な運動性能向上に繋がった。

同じロジックを、
E-tuneとしてワゴンにも投入し、
新世紀レガシィで大きく開花させた。

軽く強靱なボディと、
プレミアムケーカーを目指したマルチリンクの脚は、
今でも最新型を凌駕するポテンシャルを持つ。

次の転換点はSIシャシーだろう。
インプレッサからリヤサスをダブルウイッシュボーンに変え、
更にスペース有効性を高めた。

ただ、低出力車には優れたシャシーだったが、
WRXだけはこのシャシーではリヤの剛性が足りなかった。

過渡期のシャシーのため、
レガシィにはフロント側にクレードル構造を与え、
静粛性と低振動を極めようとした。

スバルは既存のSIシャシーや、
新環状力骨構造ボディを捨てた訳では無い。

究極の姿として、
レガシィ系とWRX系に発展した。

さらにそれらを上回る可能性を持つSGPを、
いよいよ満を持して投入する。

それが手に入るから、
ステアリング操作で、
僅か1~2度の微少な舵角を与えた領域の、
クルマの動きが劇的に変わる。


このセミナー全般に共通していた事は何か。
スバルの「最先端」を学ぶ その2 _f0076731_10005988.jpg
それは強烈な可視化だった。
エンジン設計の佐々木さんが、
ダウンサイジングターボの肝を語っている。
スバルの「最先端」を学ぶ その2 _f0076731_10010784.jpg
1.6リットルのブルーボクサーが、
開発目標を達成できたのは、
彼が独自の考えでTGVを設計変更したからだ。

彼が水平対向エンジンで熱弁を語る以上、
今後も新しい水平対向エンジンが開発され続けるはずだ。
スバルの「最先端」を学ぶ その2 _f0076731_10011722.jpg
アイサイトもパネルディスカッションに欠かせない。
昨年のディラーマン向けDNA研修でも講師を務めた関口さんだ。

総合安全性能を高めるには、
クルマが本来持つ0次安全性能を向上させ、
次にぶつからない能力を出す1次安全性能を高める。
スバルの「最先端」を学ぶ その2 _f0076731_10014175.jpg
アイサイトもどんどん改良され、
次のモデルは後方の障害物も検知する。
スバルの「最先端」を学ぶ その2 _f0076731_10015283.jpg
そして衝突安全も重要だ。
ぶつかった時に安全をどう確保するのか。
それが2次安全性能だ。
スバルの「最先端」を学ぶ その2 _f0076731_10020255.jpg
こちらのコーナーには、
ぶつけたクルマの実物と、
スバルの「最先端」を学ぶ その2 _f0076731_10023380.jpg
重要な役割を果たしたダミー君達も参加していた。
スバルの「最先端」を学ぶ その2 _f0076731_10024258.jpg
これも実際にまず見ることが出来ない、
とてつもなく珍しいサンプルだ。


この様に、
思う存分可視化されて、
スバリストの脳天に突き刺さりそうなセミナーが、
同時進行していく様子は、
過去最高の興奮をもたらした。
スバルの「最先端」を学ぶ その2 _f0076731_10025054.jpg
日月専務がそっと会場に紛れ込み、
心配そうに様子を窺っていたが、
やがてそれは笑顔に変わった。

素晴らしいセミナーを有り難うございました。


Commented at 2016-04-02 20:19 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by b-faction at 2016-04-02 22:28
ひょっこりさん、今晩は。いつも有り難うございます。あのあたりの桜は本当に奇麗ですね。興味深い資料ですね。楽しみにしています。
Commented by akira at 2016-04-03 23:19 x
DNAセミナーは参加出来た方が羨ましいですね。開発者から直にお話が聞けるなんて凄いですよね。
Commented by b-faction at 2016-04-04 07:06
akiraさん、おはようございます。もっと沢山質問が出るかと思ったのですが、礼儀をわきまえたスバリストばかりで進行も順調でした。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by b-faction | 2016-04-04 12:56 | Comments(4)

毎日の活動やスバルについてご紹介します


by b-faction