人気ブログランキング | 話題のタグを見る

飛翔-スバル1000からインプレッサへ

先日のスバルファンミーティングで、
1/1クレイモデルが公開されたが、
その実物と言えるXVコンセプトはジュネーブでお披露目された。
飛翔-スバル1000からインプレッサへ_f0076731_21085714.jpg
アンベールに先立ち、
日月さんがプレゼンテーションした後、
飛翔-スバル1000からインプレッサへ_f0076731_21092723.jpg
いよいよクライマックスを迎えた。
飛翔-スバル1000からインプレッサへ_f0076731_21095721.jpg
報道陣の注目も凄い。
飛翔-スバル1000からインプレッサへ_f0076731_21101309.jpg

ヨーロッパでは今も瞬足のXVに人気があるので、
飛翔-スバル1000からインプレッサへ_f0076731_21205209.jpg
ニューモデルに対する期待も熱い。

石井さん、おめでとうございます。
飛翔-スバル1000からインプレッサへ_f0076731_21154321.jpg
スバルデザインのルーツを辿ると、
この様なユニークなクルマに繋がる。

飛翔-スバル1000からインプレッサへ_f0076731_21212889.jpg
スバルのペットマークを見て驚いた。

昭和56年頃に当社のマークをデザインした頃は、
このクルマの存在を知らなかった。

だから真似した訳では無いが、
今見るとA-5のスバルマークと、
当社のロゴマークはそっくりだ。
飛翔-スバル1000からインプレッサへ_f0076731_21232220.jpg
今回初めて気が付いて、
物凄く因縁めいたモノを感じた。
飛翔-スバル1000からインプレッサへ_f0076731_15272609.jpg
1962年に試作で終わった。

【型式】
A-5
【主要諸元】
全長×全幅×全高(mm):3825×1496×1360
車両重量(kg):不明
【エンジン】
EA51X空冷4サイクル水平対向4気筒OHC
排気量980cc
最高出力:49ps/5500rpm
最大トルク:7.3kg・m/3500rpm


初のFF車として誕生し、
その当時は空力特性が良いと言われた、
飛翔-スバル1000からインプレッサへ_f0076731_21155821.jpg
クリフカットと呼ばれる欧州風のデザインを取り入れた。

サッシュレスウインドウを採用するなど、
飛翔-スバル1000からインプレッサへ_f0076731_21161457.jpg
後のスバル車を想像する構造で、
リヤウインドウは電動で上下する構造だ。
飛翔-スバル1000からインプレッサへ_f0076731_21164268.jpg
最初は水平対向エンジンでは無く電気自動車として開発が始まった。

飛翔-スバル1000からインプレッサへ_f0076731_15273746.jpg
この当時、
OHCは国内で発売されていなかった。
量産には至らなかったが、
スバルの高いポテンシャルを感じさせる。

このクルマを元にして、
スバル1000が誕生した。

もう語る必要も無いだろう。
スバル1000のトピックスは、
ダブルオフセットジョイント(DOJ)の開発に成功したことだ。

その発明のおかげでFFと言う通称も定着するほど、
FWDの乗用車が主流になっていく。

乗用車としての性能だけで無く、

高効率な動力伝達システムと、
軽くて高剛性なボディのおかげで、
モータースポーツでも活躍し始めた。

まず国産車初のラジアルタイヤを装着した、
スバル1000スポーツセダンが、

昭和43年9月に開催された、
第10回日本アルペンラリーでクラス優勝、
総合第5位という素晴らしい成績を残した。



翌年100ccボアアップしたこのFF-1が発売され、
その俊足ぶりは日本中のクルマ好きを唸らせた。
飛翔-スバル1000からインプレッサへ_f0076731_21164538.jpg
総合第14位という成績を残したが、
あくまでもプライベーターの位置付けだった。



続く昭和45年7月に、
いよいよ1300Gがデビューすることになる。
飛翔-スバル1000からインプレッサへ_f0076731_21165821.jpg
ゼロヨンを16.8秒、
最高速度170km/hという高性能ぶりを誇った。

この年の9月に開催された、
第12回日本アルペンラリーは、
スバルの本気度が全然違っていた。

初のワークスチームによるファクトリーアタックで、
15日間、2100kmという苛酷なコース設定の中、
参加総数102台中、
クラスⅡ(1001~1300cc)で1・2・4位を占め、
何と総合2位に入賞した。
飛翔-スバル1000からインプレッサへ_f0076731_21171164.jpg
完走したのは63台、完走率62%という苛酷なレースだった。

この頃からスバルはラリーに於ける並々ならぬ実力を発揮し始めた。

同時にエポックメーキングなクルマを出した。
飛翔-スバル1000からインプレッサへ_f0076731_21172938.jpg
しかも作ったのは宮城スバルという、
東北の1ディーラーに所属した整備技術者だった。

高橋さんは、
戦争中に戦車のメンテナンスをした人でも有り、
履帯にも深い憧憬を持つ人だった。
飛翔-スバル1000からインプレッサへ_f0076731_21173912.jpg
スバルがその着眼点に注目した。
飛翔-スバル1000からインプレッサへ_f0076731_21181002.jpg
さっそく試作車を開発し、
東北電力に納入した。
飛翔-スバル1000からインプレッサへ_f0076731_21175712.jpg
スバルの小型車が初めてリヤデフを持った瞬間だ。

スバル1300Gはレオーネにスイッチし、
数々の成功をモータースポーツの場でも重ねる。

忘れられないのが、
このAB5型RXだ。
飛翔-スバル1000からインプレッサへ_f0076731_21183720.jpg
室内のディメンションがスバルとしてのアイデンティティを示している。
飛翔-スバル1000からインプレッサへ_f0076731_21182363.jpg
こうして次のレオーネにバトンタッチされたスポーツ魂は、
いよいよターボとして花が開く。

しかし、その頃はWRCを転戦するなど、
夢のまた夢だった。
飛翔-スバル1000からインプレッサへ_f0076731_21184904.jpg
いよいよ55Nがデビューし、
夢が現実になる。

総合優勝を狙えるクルマになったのだ。

以前も伝えたが、
このクルマはWRC参戦車のテストベッドだ。

その凄味が解るだろうか。
まだ未完成だが、
今後を楽しみにして欲しい。
動画をご覧戴きたい。








Commented by 福岡人 at 2016-05-04 19:29 x
代田社長こんばんは。ご無沙汰しておりました。
最近パソコンの調子が悪く、また震度5の地震やらで
ブログを拝見することができませんでした。
このGC8すごいですね。GC8ヴァージョン6RAが1240キロくらいでしたから、
車重は1000キロから1100キロの間というところでしょうか。
もし、1000キロきっていたら夢のようですね。運転してみたいものです。
最新のスバル車にも乗りたいのですが、諸般の事情でまだまだ先になりそうです。
整備にはできるだけお金をかけて、今回もモチュールを飲ませてやりました。
おかげで12年目をむかえたS203のエンジンは絶好調です。
もう新茶が出ていると思って店に行ったのですが、
もう少し先になるとのことで昨年のお茶をお送りしました。
新茶が出たらまたお送りします。
Commented by b-faction at 2016-05-05 09:17
福岡人さん、おはようございます。いつもお心遣いありがとうございます。今回の地震はまだ予断を許しませんね。ご無事を祈っています。
エアコンも無いですしシートも超軽量なので軽いと思います。まず車検整備をすることが第一なので、これからじっくり整えて良い子にします。それから本気で走らせます。お楽しみに。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by b-faction | 2016-04-19 21:38 | Comments(2)

毎日の活動やスバルについてご紹介します


by b-faction
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31