人気ブログランキング | 話題のタグを見る

S207の慣らし運転

油断は禁物だ。

会社のパソコンを起動した。

気が付いたら、
勝手にバージョンアップのプログラムが起動していた。

動揺して操作を誤り、
OSをクラッシュさせてしまった。

無断でこんな事がゆるされるのだろうか。
Microsoftの横暴さに怒りを感じる。

何とか復旧させ、
通常の業務に戻れたのは、
メガトレンドの原さんのおかげだ。

近くのエンジニアに任せていると、
こういう時に安心できる。

クルマも同じで、
人の顔の見えるところで常に点検していれば、
万が一の事態に安心出来るはずだ。

なぜ急に強制的なウインドウズ10への移行をさせるのか。

知っている人がいたら教えてほしい。

それにしても、
米国の1社にすべての情報の根元を握られ、
大和魂が泣いてるぜ。


S207の慣らし運転_f0076731_17280731.jpg
慣らしは順調だった。
東京に着くとトリップメーターは299kmを示していた。
S207の慣らし運転_f0076731_17281960.jpg
燃費は13km/Lと凄い。
これは初狩PAから目的地の品川区間記録となった。
結局、東京の往路はリッターあたり12.3kmという、
とても良い結果を残せた。

別に燃費を伸ばすクルマではないが、
慣らしをするなら良い燃費も同時に記録したい。
S207の慣らし運転_f0076731_15512655.jpg
3000回転以下を守りながら走ったが、
実に気持ちがよかった。

雨の高輪が綺麗だった。
S207の慣らし運転_f0076731_17393313.jpg
翌朝の東京は綺麗な青空に包まれた。
STIを目指し首都高速に乗る。

S207の慣らし運転_f0076731_12421493.jpg

三鷹は静かだった。
S207の開発用試験車に偶然出会った。
S207の慣らし運転_f0076731_17184034.jpg
バンパーダクトを偽装テープで塞がれた白いボディは、
過酷な耐久テストを終えた雄姿に見えた。

セミアリニンレザーの耐久力に驚いた。
かなり使いこまれていたが、
まったくやれていない。

このシートクッションの角度が大きいバケットシートは、
とても乗り降りし易い。

Sシリーズはシートに凝るのが「韻」だと実感した。

それともう一つ。
試験車を見て良く解った。
専用のダンロップタイヤは、
とても入念に作りこまれていた。

試験車につけられたタイヤからそれが窺われ、
「この走り味はそこから来るのか」と思わずニンマリしてした。

良く出来た「いなし」の効くタイヤだ。

タイミングを見計らい、
コンチネンタルのSC6と比較したい。

やはり300km位乗らないと、
本当のことは解らない。
たとえ慣らしで3000回転以下しか使わなくても、
引っ張られるように気持ちよく首を振る能力や、
淀みなく回るエンジンの魅力は簡単に味わえる。
S207の慣らし運転_f0076731_17551836.jpg
一度STIに行ってみたいという妻の願いを叶えることができた。
激務で飛び回る平川社長にもお目に掛かる事が出来た。

STIは大いに活性化している。
NBRでの活躍を願った。

とても幸運な日となった。
天気が良く慣らしを進めるにも都合がよい。

妻は「海が見たい」と言う。
S207の慣らし運転_f0076731_17185822.jpg

そこで中央道から左に舵を切り、
圏央道を経て東名高速道路に入った。
S207の慣らし運転_f0076731_17185592.jpg
SGPで盛り上がっているので、
思わず勘違いしてしまいそうだが、
いきなり次のシャシーが400馬力級の出力に耐えるわけではない。
S207の慣らし運転_f0076731_17182525.jpg
将来を見据えた上質なプラットフォームは期待の星だが、
他のシャシーもまだまだ熟成を重ねていく。
このWRXはもちろん、
レガシィもフォレスターも磨かれるはずだ。

そしてインプレッサでデビューするSGPは、
どんどん改良を重ねながら、
S207の慣らし運転_f0076731_18361248.jpg
それぞれの車格にふさわしい姿へ変化していくだろう。

S207に400km以上乗ると、
さらにクルマの神髄が解かり始めた。
S207の慣らし運転_f0076731_18303812.jpg
圏央道には長い長い下り坂のトンネルがある。
ここに飛び込むと最高のボクサーサウンドが体の中に染み渡る。

澄んで高音質なエキゾーストノートは、
まさにカルテットのように木霊する。

東名高速道路の合流点も魅力的だった。
S207の慣らし運転_f0076731_18300890.jpg
軽くスロットルを与えると、
ピンと張った糸で操られるかのように、
綺麗にラインをトレースする。
S207の慣らし運転_f0076731_18154573.jpg
綺麗な富士山が眼前に現れた。
もう述べ走行距離が400kmを超えた。

そこでセカンドドライバーの登場だ。
3000rpm以下を守れと厳命し、
バックスキンのステアリングを託した。
S207の慣らし運転_f0076731_18244010.jpg
流石に彼女もエンジンの滑らかさに驚いたようだ。

まったく意図せずこれまでのSTIのつもりで車を発進させた。

タコメーターの針は簡単に4000回転を超えかけた。
あわててスロットルを緩め、
ランプウエイから本線に入った。
S207の慣らし運転_f0076731_18250800.jpg
横目で富士山を見ながら、
掛川を超え静岡県から愛知県へと差し掛かった。

助手席で気持ち良く仮眠し、
十分な休息が取れた。
そこで運転を代り、
ダミーウエイトを助手席に据えた。
S207の慣らし運転_f0076731_18252484.jpg
実に安定した錘だ。
まるで観音菩薩が鎮座したようで実に縁起が良い。

ここで重要なことがまた良く解った。

超一級のスポーツカーほど乗り心地が良い。

ドイツでほぼ90%をNBRで走るために使われたポルシェを見た。
その助手席に乗った時、
ポルシェの乗り心地の良さに感動した。
S207の慣らし運転_f0076731_18465892.jpg
ポルシェGT3RSも、
このような仕上がりのシャシーだった。

S207の脚にはいくつもの評価があるけれど、
この脚なら楽しくノルドシェライフェを攻める気になれる。
「STI」が更にホンモノに近づいた証しだろう。

ぴょんぴょん跳ねる子供じみた脚では、
安定した接地性能が得られず、
タイヤの性能を生かし切れない。
なので、
不安定なコーナリングしか出来ない。

もっと言えば、
下りの超高速ラインでクルマが信用出来ない。

だからスロットルを100%踏み込み切れない。

風のように駆け抜ける楽しみは、
この脚から生まれるはずだ。

助手席に座るとそれが実に良く解る。
S207の慣らし運転_f0076731_18581795.jpg
NBRで優勝した記念に生まれたメモリアルカーは、
それにふさわしい資質を持っていた。

復路の走行距離は500キロをちょうど超えた。
S207の慣らし運転_f0076731_18585807.jpg
このトリップメーターBでの燃費は、
S207の慣らし運転_f0076731_18583289.jpg
11.4km/Lとなり、
往復で走った距離は854キロになった。
S207の慣らし運転_f0076731_18585980.jpg

トータルの燃費もほぼ同じになった。
S207の慣らし運転_f0076731_18590012.jpg
燃費偽装の無い(笑)正直な値だ。
再びWRXに乗り始めて5日が過ぎた。
S207の慣らし運転_f0076731_19114879.jpg


嬉しいことにWRXの理解者がまた一人増えた。
納車おめでとうございました。
今日から下林さんはWRXのオーナーだ。
それもS4のスポルヴィータだ。

STIとS4は骨格を共有し、
スバル史上最強のボディを纏っている。

既にドライブを存分に楽しまれただろう。
日本らしい4WDのハイパフォーマンスカーは、
米国でも大人気だ。

S207の味はステーキでは無く、
和食の持つ優れた味だ。

特に慣らしの間は本性を出さないので、
刺身の味に近かった。
東京から戻り、
肉の続いた毎日から解放され、
いつもの居酒屋に行った。
S207の慣らし運転_f0076731_19145146.jpg
こぶで〆た鯖も旨いが、
初鰹と組み合わせると最高の味が楽しめる。
良く調律されたダンプマチックのビルサスを初鰹とすると、
引き締まったホールド性を持つシートはしめ鯖だ。
セミアリニンレザーを張った、
樹脂一体成型のパネル構造を持つレカロシートはすぐれたGT性能も兼ね備える。

エンジンの味は、
本マグロの赤身だろう。

滑らかでトルクフルなバランスドエンジンは、
熟成したマグロの酵素が出す味だ。
S207の慣らし運転_f0076731_19150206.jpg
そしてツブ貝の胆が持つ強烈に刺激のある旨味は、
スバル史上最もクイックなステアリングギヤボックスだ。

そして安心感のある美味しさは、
S207の慣らし運転_f0076731_19151557.jpg
真鯛の兜煮に通じる安定性の高いブレーキシステムだろう。
前後ともモノブロックの素晴らしいキャリパーは、
ほほ肉と魚卵のハーモニーに似ている。

1000kmまであと130kmだ。
第2ステップの慣らしが待ち遠しい。

S207の慣らし運転_f0076731_19394568.jpg
いずれドライブエクスペリエに特別コースを設定し、
レクチャーカーに用意する。
楽しみにしてほしい。

ところで
明日21日から23日の月曜午前中まで、
S4のGT-Sハイパフォーマンスタイヤ仕様を用意した。

こちらは2日半に限り無料で試乗ができる。
なので、
希望者は電話かメールで予約してほしい。
S207の慣らし運転_f0076731_19532640.jpg
可能な限り同乗するので、
楽しい話をしようじゃないか。

ー終わりー

Commented by ソバのカンちゃん at 2016-05-20 21:31 x
お疲れ様です。S207のパフォーマンス凄そうですね!運転できてうらやましいです。S4のGT-Sハイパフォーマンスタイヤ仕様すごく楽しそうですね!試乗しに伺いたいのですが、火曜日定休ですので、残念です。
Commented by b-faction at 2016-05-20 22:01
ソバのカンちゃん、こんばんは。今後は期間限定で他にも内見会など企画しますのでアンテナ立てててくださいね。火曜日なら当社とはダブりませんからご安心ください。
Commented by ソバのカンちゃん at 2016-05-20 22:47 x
こんばんは。お返事ありがとうございます。楽しみが一つできました。アンテナ立ててブログ見てますね!
Commented by いっちゃん at 2016-05-21 10:45 x
三鷹のSTIに行ったんですね。
実は、私のS207は三鷹で購入しました。
スバルの車は、S207で3台目です。親も入れると4台です。
Commented by こぐぷー at 2016-05-21 11:09 x
慣らしが進んでいくほど熟成されて
いくのが楽しみですね(*^_^*)

特別コースに期待してます。
Commented by b-faction at 2016-05-21 11:54
いっちゃん、S207のタイや選びも楽しそうです。
Commented by b-faction at 2016-05-21 12:00
こぐぷー さん、慣らしを進めるには忍耐が必要です。(笑)
Commented by jecht at 2016-05-21 19:03 x
代田社長こんばんは。
MicrosoftがWindows10へ移行させたい理由は色々ありますが、絞って書くと
<表の理由>
・古いOSでは最新のセキュリティが担保出来ない。
・Windows7以前のOSは売り切り前提の設計であるため、
 日々登場する新技術、サービスにタイムリーに対応できない。

<裏の理由>
・Vista、Win8が失敗作で魅力が無く多くのユーザーがアップグレードしなかった。
 そのため最新OSと古いOSが市場に混在し同時にサポートしていくことになり、莫大なコストがかかるので統一したい。
・Apple、Googleに対抗するための基盤がWin10(正確にはWin8)からの実装なので、早く移行してもらわないとMicrosoftの強みが発揮できない。
まだ、他にもありますが取りあえず。

ただ、セキュリティ上必要なアップデートを行うなどのメンテナンスもせず、Xpサポート終了期限のようにかなり前から告知しているのにもかかわらずPC買い替えやソフトのバージョンアップなど必要な投資を行わないでMicrosoftを一方的に非難するなどユーザー、マスコミの問題行動もあるので、ある程度仕方のない面もあるかなとは思います。

しかし、上記のようにOSの世代ギャップが存在しWin7で動くがWin10では動かないというようなプログラムは多々あり、特に特定業務用ソフトにその傾向が強く、勝手にバージョンアップされては会社の基幹業務がストップという事態にもなりかねず、強制アップグレードは非常に乱暴なやり方であるのは間違いないでしょうね。
Commented by b-faction at 2016-05-21 19:30
jechtさん、ありがとうございます。よくわかりました。
もう一つ謎が解けました。設定画面で勝手にアップグレードできるようにセットして出荷されてますね。切ってみました。失ったデータは膨大で残念ですが、前向きに業務改善に役立てます。日記も10年分喪失しましたが「後ろを振り返るな」という意味にとらえます。
再インストールしたら動きがよくなりました。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by b-faction | 2016-05-20 19:54 | Comments(9)

毎日の活動やスバルについてご紹介します


by b-faction
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31