人気ブログランキング | 話題のタグを見る

BRZとレヴォーグの変貌

BRZとレヴォーグの変貌_f0076731_16301022.jpg
毎年お目にかかることを楽しみにしている、
スバルショップ柏崎の前川社長ご夫妻だ。

お客様にこのブログの愛読者がいらっしゃるそうだ。

そんなお話を聞くととても嬉しい。
BRZとレヴォーグの変貌_f0076731_16302237.jpg
年に一度の全国販売店大会が開催された。
BRZとレヴォーグの変貌_f0076731_17034935.jpg
スバルショップ福知山の伊東社長ご夫妻も、
優秀な成績で登壇された。
この式典はもう伝統行事と呼ぶにふさわしい。
それだけの積み重ねがある。

初めて参加した日を今でも覚えている。

その時の社長は佐々木定道氏だった。

日産自動車から転籍した人だったので、
大きな舵取りはできなかったが、
再びリッターカーを国内に導入する道筋をつけた。
吉永社長から七代前のことになる。
BRZとレヴォーグの変貌_f0076731_16304337.jpg
今ほどではないが、
当時も日産自動車はだ一い嫌いだったので、
苦虫をかみつぶしたような顔をして話を聞いた覚えがある。

その時の目玉は「ハイトラ」だった。

「島田を結っても乗れる」と佐々木社長が挨拶で話した時、
このオッサンはなんて分けのわからない事を言うんだろうか、と思った。
正直に言うと変なトラックを作ったなあと思ったが、
宣伝戦略はすごくよかった。

その時、久しぶりに軽トラのイメージキャラクターが出来上がった。
剛力サンバーの貴乃花関以来の事だった。

実は八重歯の魅力に弱い。
アメリカ人は八重歯見ると吸血鬼を想像するらしい。
だから嫌うが、
日本人は八重歯を好む人が意外に多い。

ハイトラ娘は八重歯がとても可愛いかった。

今年の式典ではSGPのカットモデルが展示された。
BRZとレヴォーグの変貌_f0076731_16583119.jpg
臺卓治スバル商品企画部長の言葉を借りると、
「次のインプレッサは下克上」と言うことになる。

その立役者がスバルグローバルプラットフォームだ。
「吉永さん、こいつは凄い!」と讃えると、
BRZとレヴォーグの変貌_f0076731_16585354.jpg
「そうでしょう」とその出来映えに胸を張られた。
来年は100周年を迎えるし、
念願の社名変更もできたので、
これからますます楽しみなことが起き始める。
BRZとレヴォーグの変貌_f0076731_17001223.jpg
スバル好きにはコンサバティブな人も多い。
だからいつも面白いほど変化に抵抗する。

想像通りだった。
社名変更すると聞き、
反対意見も随分あったらしい。

どうしてだろうねぇ。
変えたって良いじゃ無いか。

富士重工という社名は、
先輩達が本当に付けたくて付けた名前ではない。

そもそも英文で「ヘビー」などと表記されることは、
自動車会社のイメージにはそぐわない。

諸手を挙げて社名変更に賛同すると伝えた。

「難しい話より歌いましょう」とハイトラ娘がやってきた。
BRZとレヴォーグの変貌_f0076731_16590588.jpg
居るだけで華がある。
柳澤純子は今でもスバルに絶対欠かせないキャラクターだ。
日本中のスバルディーラー関係者が彼女のファンだ。
BRZとレヴォーグの変貌_f0076731_17003487.jpg
まず吉永社長が口火を切った。

すると普段なかなか渋い近藤副社長も壇上に上がった。
BRZとレヴォーグの変貌_f0076731_17005427.jpg
皆さん純子の前ではすばらしい歌声を披露する。

この雰囲気が最高なんだ。

親分のいない間に、
「どうやって面白いクルマを作ろうか」とみんなで密談した。
この人達こそ、
今の好調なスバルを支える陰の主役だ。
BRZとレヴォーグの変貌_f0076731_17010693.jpg
翌朝駐車場に行くと、
でかい顔をしてマツダが隣に並んでいた。
BRZとレヴォーグの変貌_f0076731_17015675.jpg
今年は一日違いでマツダも同じ場所で式典を開いた。
とても興味深かったので、
ちょっと覗かせてもらった。

やはり彼らは彼らで、
スバルとは全く違う文化の元でクルマを作っている。

ある意味広島らしい勢いがあると感じた。

今風の少しチャラいけどトレンドに乗った演出だ。
はっきり言うと若者目線ならマツダの式典は格好良い。

しかしスバルの文化や歴史を感じさせるような演出は無い。
そこはスバルが一歩抜き出ているし、
現在が過去と将来を結ぶ点であることを明確に意識させる。

まだはっきりと伝えるわけにいかないが、
会場にはレヴォーグの新型車があった。
オートサロンで既に発表したので特に目新しい内容は無い。
BRZとレヴォーグの変貌_f0076731_16312392.jpg
熊谷PGMが苦労して作った整流式のホイールカバーは消えるけれど、
外観にそれほど大きな変更は無い。

それだけクルマの完成度が元々高いと言うことだ。

それよりも熱い気持ちにさせてくれたのは、
新型のBRZだ。
BRZとレヴォーグの変貌_f0076731_16313306.jpg
開発を担当する金子さんと知り合うことができた。
開発と言っても商品開発なので、
お客様と一番近い担当者だといえる。
BRZとレヴォーグの変貌_f0076731_16315684.jpg
現行BRZの生産が終わり、
国内に在庫は一切無い。
ラインに流すのをやめてから、
かなり時間もたったので品薄状態だ。

ただスポーツカーは、
息長く売ることが難しい商品でもある。
でもスバルはこの優れたスポーツカーの開発を、
絶対に続けなければならない。
BRZとレヴォーグの変貌_f0076731_16320577.jpg
大人の自動車メーカーとして、
際立つ存在になるために。

今度のBRZはレヴォーグの陰に隠れているけれど、
凄い内容になっている。

まだ話すことはできないが、
乗り換える価値は高い。

初期型を使用中のオーナーは、
是非財布のひもを緩める準備をしてほしい。

発表されたら「ダッシュ」する必要がある。
お楽しみに。

Commented by jecht at 2016-05-21 21:36 x
レヴォーグ「STI SPORTS」、どーせSTIパーツ付けただけの「なんちゃってtS」的なモデルかと思っていましたがスペシャルサイトの動画を見る限り、かなり期待できそうですね。

最近、BRZが気になります。
おそらく次期モデルは無い?と思うので最終モデル欲しいなぁ...
ボクスター、ケイマンが4気筒になった今こそ6発投入で喧嘩を売って貰いたいw
Commented by b-faction at 2016-05-21 22:07
jechtさん、サスが変わってますがチューンドバイのレベルでは無いです。年度改良の目玉的なグレードです。
Commented by KAZU at 2016-05-22 20:54 x
社長様、こんばんは。

ついにBRZの大型マイチェンの時がきましたね!
B型乗りとしてはとても気になるところです!

楽しみに続報待ちたいと思います。

Commented by b-faction at 2016-05-23 06:18
KAZUさん、おはようございます。本当に待ち遠しいです。早く乗ってみたいですね。
Commented by 550 at 2016-05-23 10:53 x
社長様こんにちは、いつも楽しく拝見させていただいています。

昨日ですが、王滝村での自転車レースに参加した帰りに立ち寄らせていただきました。

パーツの多さにびっくりしたのと、22Bには感動しました。

ニュルブルクリンクのステッカーが欲しかったのですが、希望の色がなく購入できず申し訳ありませんでした。

このブログを見てVAB購入のきっかけになりましたので、毎回大変参考にして拝見しています。

年に数回王滝村での大会に出場しますので、また立ち寄らせていただきたと思います。
Commented by b-faction at 2016-05-23 11:59
550さん、こんにちは。ご来店ありがとうございました。昨日はめまぐるしい一日でした。また是非お出かけください。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by b-faction | 2016-05-21 21:18 | Comments(6)

毎日の活動やスバルについてご紹介します


by b-faction
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31