人気ブログランキング | 話題のタグを見る

熊とS207

朝昼兼用で肉蕎麦定食を食べた。
ソースカツ丼もあったので、
どちらにしようか迷った。

前日から左の耳が痛かったので、
消化の良い食べ物を選んだ。
熊とS207_f0076731_13245082.jpg
配膳台にプラスチックの箸を載せたが、
蕎麦を食うなら割り箸が必要だ。

「森林保護のため割り箸を減らす」
「リユースできる素材を使う」

ちょっと聞き心地が良いけれど、
間伐材を有効活用するなら、
森林保護に繫がる。

簡単には決めつけられない。

リユースも良いが、
どんな管理をしているのか心配だ。

立ててある時など、
入れ物の底を覗きたくなる。

まあ、最近の割り箸は中国産が多く、
どんな防腐剤を使っているか分からないので、
汁物を食う時は、
リユースの方が安心かもしれない。

疑えばきりが無い。
この食堂は質が高く、
キチンと両者を備えてあり、
痒い所に手が届いている。

濃い旨味のある汁で、
汗をかいた体にぴったりだった。
適量の肉も美味かった。
カツ丼はキツイが、
肉もたまには必要だ。

集中力を発揮すると、
肉体が要求する。

縄文時代は随分苦労して獣を捕ったようだ。
何もかも残さず、
その血まで利用してクッキーを作った。

道具を持ち役割も考え、
命がけで格闘した。

獲物をみんなで分け合った。

喰うために狩る道具が銃になった。
現代では狩る必要は無く、
喰うために動物を養う。

その代わり、
銃でハンティングを楽しむ人も居る。

喰うためでは無く、
遊ぶためだ。

そこでの論理を、
やたらに展開しない方が良い。

また数年前、
「ドングリが無くて熊がかわいそうだから、山にドングリを撒きに行きましょう」
そういうFAXが届いた。

無視した。

その会に所属する男性が、
小冊子を配った事もある。
そこに「熊は草食動物だから殺さないで」
と謳っていた。

馬鹿なことを子供に教えてはいけない。
熊はヒトと同じように雑食動物だ。
死肉に齧り付くし、
他の動物と勝負して、
相手に勝てば喰う。

薄っぺらなヒューマニズムを押しつけるべきでは無いと思った。

ヒトがもし運悪く遭遇し、
襲われたとしよう。

もし相手が空腹で、
恐怖より食欲が勝ればどうなるか。

熊とヒトは共存できない。
だから境界を分ける必要がある。

耳が痛いのは、
少しカラダに負荷が掛かり過ぎたためかもしれない。
31日に社用が重なっていたので、
午後から東京に出張する予定を取り止めた。

東京に向かわず、
みっちりと仕事をこなしたので、
会社を出たのは22時を過ぎていた。

結局他の出張が入り、
店を閉めて愛知県に向かった。

けれど心は既に開田高原へ飛んでいた。
熊とS207_f0076731_07151534.jpg
S207の走行距離は1500km超えた。
一週間ぶりに仕事を兼ねて長距離を走らせた。

忙しさに輪を掛けたのが、
31日が締めきりの原稿だった。

嫌な仕事ならストレスが溜まるけど、
「ベストカー」からの依頼なので「やる気」が出た。

編集部の飯干さんから、
「最新のスバルで何がお勧めですか」と問われた。
そうですねー・・・・と考えていたら、
「聞くだけでは何ですから、
書いてもらえませんか」と頼まれた。

ちょうど良かった。
ショールームに飾るため、
一番お勧めできるクルマを注文したばかりだった。

だから、
思っていることを正直に書ける、
それはそれは楽しい仕事になった。

6月10日に発売されるので、
絶対に立ち読みせず購入してほしい。
原稿用紙5枚ほどに、
思うことを正直に書いた。

最近、
三菱自動車の相川社長のスクープ記事を見た。
ちょうどベストカーを読んでいるところを、
モノクログラビアで取り上げていた。

立ち読みすると、
色々なところから目が光る(笑)

だから是非是非、
書店でベストカーを一冊購入してほしい。

何を推しているのか分かるかなあ。
当てたら偉い。

出張先の肉蕎麦定食で満腹になり、
元気よく仕事を再開した。
そこには無残なBRZがあり、
細部を観察した。

熊とS207_f0076731_06273870.jpg
ドアまで外され、
哀れな姿になっていた。
よく見るとトランクリッドも無く、
蓋物が全部無い。

骨格だけ晒されている。
何となくもの悲しかった。
熊とS207_f0076731_06283217.jpg
これじゃあ雨が降ったら、
内装もおしまいだ。

理由は分からないが、
一旦修理しようとしてあきらめたのだろう。
熊とS207_f0076731_06335212.jpg
顎に強烈なフックを食らったような損傷だ。
強烈な衝撃を床に通したフレームで拡散させ、
ボディ全体で吸収する。

水平対向エンジンが、
少し仰向けに搭載される効果も一目瞭然だ。
下の正常なエンジンルームと比べたら、
衝撃の大きさが簡単に分かる。
熊とS207_f0076731_14470523.jpg
ルーフとクオーターパネルにも、
よく見ると歪みがあるので、
直せるようで難しい。
熊とS207_f0076731_14472015.jpg
本気でやれば、
恐らく直せるが、
昔のように簡単に切ったり貼ったり出来ない。

だから諦めたのか。

スバルの衝撃吸収力は、
他社と比較して抜き出ている。

乗員の怪我を防ぐ代わりに、
クルマがその役目を終えた。

当社でも同じようなことがあったが、
お客様は擦り傷一つ受けなかった。

このクルマのドライバーも、
恐らく怪我をしていないだろう。

BRZは大好きなクルマなので、
出来れば何とかしたいと思ったが、
これではどうしようも無い。
熊とS207_f0076731_07152305.jpg
見事なボディワークだ。
骨格を見ていたらウズウズしてきた。

またBRZで走りたくなった。
風と友達になれるクルマだ。

WRXはBRZと双璧をなすスポーツカーだ。
どちらもスバルが自信を持って燻蒸を続ける。
BRZが風と友達になるなら、
こちらのS207は風を切り突き進むようだ。

馴らしの進むS207は、
とにかく溶けるように甘い。

東名高速道路で4000rpmまで加速したら、
脳内にハーゲンダッツのバニラアイスが浮かんだ。

その瞬間の甘さは、
耳たぶくらいの柔らかさに溶かしたアイスだ。
木の匙ですくって食べると、
きっと同じ味がするだろう。

集中して原稿を書いた疲れなのか、
右の耳が時々痙攣するように痛い。

BOSEのクワイアットコンフォートは便利で、
決して手放せないが、
着けっぱなしは良くない。

そのせいもあるが、
少し免疫が下がったのだろう。
首にあるリンパ腺が腫れた。

仕事を終え高速道路を降りてから、
開田高原に脚を向けた。
熊とS207_f0076731_06345741.jpg
ワインディングでは、
時折4000rpm以上も使った。

そこを境界線に決めたが、
我慢を少し緩め、
ノビノビと走り始めた。
すると、
まるでクルマが水を得た魚のように、
イキイキと輝き始めた。

そのせいだろう。
家畜に野獣が忍び寄った。
国道19号線を離れ、
あまりクルマの通らない場所を走っていた時の事だ。

ブラインドコーナーを抜けた途端、
反対車線の脇に黒い人影のようなモノを見つけた。

最近、
くまモンがあちこちに現れる。

まるでそいつがうずくまっているように思えた。

とにかく真っ黒だった。
「まさか」と思ったが、
相手が振り向くとその正体を確信した。

間違いなくツキノワグマだ。

しかも成獣だ。

至近距離で野生の成獣を見たのは、
これが生まれて初めてだ。

最近東北地方では、
こいつらに襲われる人も続出し、
今年は注意が必要だと思っていたが、
まさかこんなに早く出会うとは思わなかった。

熊はこっちを見ると、
勝てないと判断したようだ。

何しろS207と言う、
桁違いの鎧を着ている。

振り向くと慌てて走り始めた。
両側がガードレールなので、
道沿いに進行方向めがけて走り始めた。

体をゆさゆさと揺すりながら、
結構な速度で逃げていく。

そこでS207で追いかけた。

フレキシブルなエンジンは、
思うようにクルマを相手に合わすことを可能にする。
熊とS207_f0076731_07101659.jpg
すぐ追いつき、
左側のスポイラーで熊の尻をつついた。

ドンと当てようかとも思った。

だが、
さっき見たばかりのBRZを思いだし、
馬鹿な真似は思いとどまった。


尻を押したと同時に、
ガードレールの切れ目が現れ、
熊は左側の斜面に駆け上った。
熊とS207_f0076731_06364508.jpg
茂みの間でこちらを睨んでいたので、
窓を開けてiPhoneで写真を撮ろうとしたら、
のそのそと上の方に上っていた。

かなり自信があるのだろう。
決して臆病な熊では無かった。
タイヤで爪先を踏んだ方が良かったかもしれない。

そこはDEのCプランで走る場所だ。
昨年の春、
後藤さんが参加された時、
その場所に案内した。

記憶を辿ってアルバムを開いた。
熊とS207_f0076731_10000716.jpg
この場所から左に向かって数百メートルの場所だった。
記録を残しておいて良かった。
この画像を見て、
熊がなぜ進行方向に逃げたのかよく分かった。

同じ場所からレクチャーカーを写した画像だ。
熊とS207_f0076731_10013469.jpg
黒いWRXの向いている方向から走ってきた。
先の方に見えるカーブを抜けたら、
右側に熊が居た。
確かに逃げ道が無い。

黒いWRXの置いてある場所まで追いかけ、
熊のケツを突っついたわけだ。

ドラレコが付いていたら、
きっとユニークな動画が残せただろう。

窓の外から強烈な獣の匂いを感じた。

もし鎧が無かったら、
どうなってしまったか、
少し冷静に考えた。

結論は一つだ。
今年の山歩きで、
鈴やラジオは必需品だ。
熊とS207_f0076731_06370259.jpg
久しぶりの温泉は、
とても快適だった。
復活するために温泉水を持ち帰った。

がぶがぶ飲泉し、
持ち帰った温泉水でご飯を炊いてもらった。
熊とS207_f0076731_12515501.jpg
「え~~~」と
いぶかしがる妻と娘に、
もし変な味でも必ず全部食べると約束した。

早速お茶碗一杯分食べた。
熊とS207_f0076731_06371506.jpg
ほんのり黄色くなった。
やまゆり荘の泉質は、
炭酸と塩分と鉄分が強いので、
ご飯に絶妙な塩味が付く。

体に必要なミネラルが揃っているのだろう。
水の代わりに温泉水を入れただけで、
良い味のご飯が炊けた。
熊とS207_f0076731_06373432.jpg
娘がおかずにキャベツの漬け物を出してくれた。
相性が良くて美味い。

食べた後、
温泉水で割った焼酎を飲んで、
ゆっくり眠った。
熊とS207_f0076731_06374968.jpg
焼酎にも意外なほど良く合う。

疲れてバランスを失った時に、
御嶽山の効能は最大の効果を発揮する。

熊とのバトルも面白かった。
熊とS207_f0076731_12313291.jpg
戻ってからオドメーターを確認した。
もうすぐ2000kmになる。
何かと忙しいので、
あっという間に馴らしも終わるだろう。
熊とS207_f0076731_12590062.jpg
残りのご飯は全ておにぎりになった。
妻がドンと2個置いていった。
二人とも味見さえしなかったのだろうか。

昼飯は温泉水入りのでかいおにぎりとなった。

まず撮影してから、
一つ目にかじり付いた。
熊とS207_f0076731_13013614.jpg
おかかが入っていた。
美味いじゃ無いか。

よく考えたら、
わざわざ剥くことは無い。
熊とS207_f0076731_13042078.jpg
せっかくラップされているのだから、
そのまま電子レンジに放り込むだけだ。
加熱すると甘みが増す。
熊とS207_f0076731_13022965.jpg
あれ?
塩むすびかな、っと思ったら、
奥には梅干しが隠れていた。
熊とS207_f0076731_13025541.jpg
こいつは美味い。
温泉炊きのご飯には、
梅干しが凄く良く合う。

シンプルな味を楽しみ、
リフレッシュも終わった。
さあ6月もあっという間だ。

スタートダッシュを掛けよう。

Commented by 元中の人 at 2016-06-02 08:48 x
おはようございます。奴等は今時期まだ山に餌が足りないので畑目指してレッツゴーしてきますね。そして手入れもされなくなった山には餌となる物がなくなりつつ有ります。自然がそうさせて来ているのか人間がそうさせてしまったのかはわからないですが彼らも時間と共にゆっくりと進化してきて労せずにありつく形態を造りつつあります。 しかし振り向いて体当たりされずに済み良かった。こちらだと鹿と出会い頭でも廃車になりますから。お気を付けて。
Commented by b-faction at 2016-06-02 09:43
元中の人さん、おはようございます。いつもDEで使う場所なので最初は人がふざけて着ぐるみをに入ってると思いました。BRZを見た後だったので躊躇しながらだったのですが、思うように動くS207がたまらなく良いです。本当にクルマを着てる感じです。
Commented by GRF乗り at 2016-06-02 15:08 x
熊とのやりとり、良い行為とは思えません。自分が強い鎧を着けている=強者だと錯覚し、その状況下では弱者となる熊を必要もないのに追いかけ回し、あまつさえ車を当てる。これは何か意味があるのでしょうか?
熊は必要があって道路に出てきたのだろうと思いますが、それを妨げたようにしか思えません。文体からも面白半分に取った行為と受け取れます。「ユニークな動画」とはなんなのでしょう。生き物に敬意を払っていただきたいです。
Commented by b-faction at 2016-06-02 15:12
GRF乗りさん、それはすみませんでした。駆除できるなら駆除したかったです。
Commented by R1乗り at 2016-06-02 20:16 x
社長さん、こんばんは。
野性動物への対処は難しいですね。
昨年、幹線道路の茂みから、急に飛び出して来たた鹿にぶつかり、車は全損、鹿も致命傷を負いました。
車が恐いと教える必要もあると思います。
お互いの幸せのために。
Commented at 2016-06-02 20:34 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by b-faction at 2016-06-02 20:39
R1乗りさん、こんばんは。僕もカモシカに驚いたことがあります。頭上から走行中のクルマの前に飛び降りてきました。フロントガラスを直撃されたら命がありません。
Commented by b-faction at 2016-06-02 20:42
はつさん、こんばんは!
良いクルマです。DEを始めたら乗りに来ませんか。熊に安易なヒューマニズムは不要です。奴らは死肉にも群がるし、
味を覚えたら何するか分かりません。
Commented by ひょっこり at 2016-06-02 22:02 x
社長こんばんは。
なにやら、野生動物にまつわる話で繋がっているようですが、人間との共存は到底ムリでしょう。
というのも、アメリカでの動物園で3歳の男の子が誤ってゴリラの檻に入って大変な事になった件もありますからね。

ところで61KのBRZは心が痛みます。
どうしてそうなったのかは分かりませんが、大事に扱ってもらいたいものですね。
Commented by b-faction at 2016-06-03 07:20
ひょっこりさん、おはようございます。水平対向エンジンが少し仰向けになっていると、どんな効果があるのかよく分かりました。
Commented by 付知出身者 at 2016-06-03 08:21 x
生物に敬意を払え、というのは至極真っ当なご意見ですが、中津川周辺では熊、猿、猪、鹿は害獣なんですよ。人間のいる所に来るなという脅しは当然の行為で。まあ、感覚の違いってやつですかね。
Commented by b-faction at 2016-06-03 10:35
付知出身者さん、フォローありがとうございます。
Commented by 博多人 at 2016-06-03 14:12 x
久しぶりにコメント投稿させて頂きます。
以前、信州に旅行した際、旅館の朝食で、硫黄泉の源泉を使った、お粥が出てきたのを写真を見ていて思い出しました。
温泉で炊いた米の味が忘れられず、信州がまた好きになりました。真冬で、かなりの積雪でしたが、レガシィのAWDの安定感にも驚かされました笑!
アルプス周辺はスバルを楽しむにはもってこいの場所だと思います!
Commented by b-faction at 2016-06-03 14:37
博多人さん、妻と娘は全く美味いと言うことを理解しません。言ってやってください。
おなかの調子が良くて嬉しいです。
Commented by b-faction at 2016-06-03 19:11
はつさん、こんばんは。一つコメントが消えてませんか。操作違いで消えたたかもしれません。だとしたら申し訳ありません。
Commented by はつ at 2016-06-04 00:02 x
こんばんは!
今日は接待でした。すみません。誤解を産むような記述をしたもので削除致しました。社長ならご理解いただけたと思いますが、少しだけ心配になったもので…

ところで、BRZ.スポーツカーには良い季節ですね!通勤が楽しいです。毎朝決まった場所でスライドするNDの美女に恋い焦がれるこの頃〔笑〕
S207のDE楽しみにしてます!社長ももののけにご注意を!大切な愛機!
Commented by b-faction at 2016-06-04 06:43
はつさん、おはようございます。あんな見事な奴に出会ったので、今年は注意します。
Commented by アゲイン at 2016-06-05 00:01 x
相川社長は「不正が行われた開発部門に長く在籍し、対象となる車種が開発されていた時期に開発責任者をつとめていたため、責任を取るべきと考えた」と心境を暴露した。

ココですね?


2年前に購入した、フォレスターX-BREAK、燃費20.0km/lを叩き出しました。
(高速道路で1時間半の巡行、追従コントロール不使用)
自動車業界を揺るがす中で、スバルはとても真面目で堅実なものづくりをする企業だと感じました。
Commented by b-faction at 2016-06-05 10:12
アゲインさん、フォレスターX-BREAKは軽快で着こなす感覚が好きです。昔は真面目で堅実でも評価されず、色々勉強して、ようやく今があります。大好きなブランドなのでここまで成長したことが嬉しくてたまりません。今後とも応援をよろしくお願いします。
Commented by アゲイン at 2016-06-05 10:51 x
車庫保管し、大切に乗ってきたフォレスターX-BREAKですが、左後ろのバンパーを軽く擦ってしまいました。
ショックでショックでたまりません。
凹んでいます。
Commented by b-faction at 2016-06-05 12:15
アゲインさん、そういうときはすぐに修理して忘れるのが一番です。ステアリングを持つ位置が悪いのかもしれません。機会があればDEでもいかがですか。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by b-faction | 2016-06-03 11:57 | Comments(21)

毎日の活動やスバルについてご紹介します


by b-faction
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31