人気ブログランキング | 話題のタグを見る

ニュルブルクリンク北コースをアウトバックで駆ける

良く見たら同じ画像を載せていた。
改めてブルグエルツ周辺の美しい景色を見て欲しい。
ニュルブルクリンク北コースをアウトバックで駆ける_f0076731_14013143.jpg

本格的にトレーニングが始まる前に、
ニュルブルクリンクの周辺を探索した。
ニュルブルクリンク北コースをアウトバックで駆ける_f0076731_15184233.jpg
以前このあたりで蜂蜜を購入し、
とても良かったので、
お土産に持ち帰るつもりだった。

やはり季節ものなのか、
今年は跡形もなかった。

じつに残念だった。

それにしても、
アウトバックにはラフロードが似合う。

ドイツで改めて実感した。

麦畑の続くワインディングロードを走り、
久しぶりにエルツ城を訪れた。

駐車場の入口でお金を払い、
歩いて坂を下ると忽然と美しい風景が現れる。

中世期に作られた美しい古城だ。
ニュルブルクリンク北コースをアウトバックで駆ける_f0076731_21492037.jpg

日本に作ったとしても、
恐らく地震で壊れてしまい、
絶対に残らないだろう。

周辺の地層は極めて特徴的で、
複雑な堆積岩が幾層にも重なり合い、
不思議な雰囲気を漂わせる。

地震が来たらひとたまりも無い。
ヨーロッパには日本ほど地震がない。

ニュルブルクリンク北コースをアウトバックで駆ける_f0076731_22050547.jpg
自然石に目が無いので、
少しサンプリングして持ち帰った。

城の中にあるビュッフェで、
カレーブルストをたべた。
ニュルブルクリンク北コースをアウトバックで駆ける_f0076731_15175821.jpg


見かけ以上に味が良い。
ニュルブルクリンク北コースをアウトバックで駆ける_f0076731_15392920.jpg
ソースの上にカレー粉をまぶし、
フレンチフライを盛ってある。

腹を満たし、
エルツ城を後にした。

一般に開放されるのは午後5時以降だ。
ツーリステンファルテンに備え、
ニュルブルクリンクへ足を向けた。
ニュルブルクリンク北コースをアウトバックで駆ける_f0076731_15471029.jpg

この日の北コースには、
バイクの姿だけがあった。
チケットを買うためにゲートへ行くと、
走り終わったライダー達が帰り支度を始めていた。

ニュルブルクリンク北コースをアウトバックで駆ける_f0076731_15555632.jpg
良く見たら女性のライダーだった。
気軽に撮影に付き合ってくれたが、
 
日本から来たと言うと、
走行中の写真も見て欲しいと言う。

ニュルブルクリンク北コースをアウトバックで駆ける_f0076731_15562225.jpg
装備も本格的だ。

ニュルブルクリンク北コースをアウトバックで駆ける_f0076731_16103265.jpg
あの中に彼女も居たと解った瞬間に、
日本とは決定的に深さの違う自動車文化を感じた。

ニュルブルクリンク北コースをアウトバックで駆ける_f0076731_16111823.jpg
いや、
凄いもんだ。
ニュルブルクリンク北コースをアウトバックで駆ける_f0076731_16122702.jpg

そうこうするうちに、
ツーリステンファルテンの時間になった。

ラフロードに強いのはあたりまえだが、
アウトバックの高速安定性も素晴らしい。

真の実力を引き出すために、
ニュルブルクリンク北コースを一気に4周走った。

トレーニングの前にコースを予習する狙いもあり、
猪原さんと大輔が同乗してくれた。
ニュルブルクリンク北コースをアウトバックで駆ける_f0076731_16312006.jpeg
ご存知のように有料の高速道路でもある北コースは、
お金さえ払えばヘルメットも要らないし、
定員まで乗車が可能だ。

今年の24時間レースで路面が雹で真っ白になった、
あのアーレンベルグで、
WRXは雹の上をサマータイヤで走った。

カルロ バンダムもコースを曲がり切れなかったが、
エスケープゾーンに出てからが凄かった。
全輪駆動の威力を炸裂させ、
世界中のスバリストを狂喜にまみれさせた場所だ。

そこをアウトバックで走り、
優れた性能を見える化した。

2.5リットルの自然吸気エンジンが、
なぜグローバルエンジンとして成り立つのか良く分かる。

気持ちよいサウンドと、
豊かなトルク。

良いエンジンとはこういう物を指すのだろう。

日本では真の実力を引き出せない。

運転の下手な人ばかりで、
少し飛ばしただけでも、
「危ない」とヒステリックに感じるようでは、
この領域の性能を知る事は不可能だ。

決して攻めの走りを繰り広げた訳では無い。
デューラーを履いたSUVなのに、
驚くほどの高速安定性を示した。

さらに、
ガソリン仕様はディーゼルより面白かった。

アウトバックが、
タイヤに頼り過ぎる愚かなクルマでも無い事も確認できた。

ニュルブルクリンク北コースをアウトバックで駆ける_f0076731_22065963.jpg
これがオトナを3人載せて、
ノルドシェライフェを連続で60km走った直後のタイヤだ。
ニュルブルクリンク北コースをアウトバックで駆ける_f0076731_22154938.jpg
タイヤの表情を見て、
何を思うのか人それぞれだが、
普段と変わらぬ穏やかさを持つ事だけは明らかだ。

ニュルブルクリンク北コースをアウトバックで駆ける_f0076731_16533363.jpeg
最新のアウトバックは、
ドイツの光景に溶け込む。

名実ともに、
スバルを代表するクルマとして独立した。
今後の熟成が益々楽しみになった。

Commented by ひょっこり at 2016-07-11 23:07 x
社長こんばんは、そしておつかれさまです。

なかなか見ごたえのある旅だったようですね。
ニュルでのレクチャーは後ほどレポートをお願いしますね。

走り終えたタイヤを見て、なんというかとてもタイヤに優しいクルマなんだなというのが第一印象で、しかもごくフツーのタイヤであの表情ですから、スゴイですね。
いかにボデーがキッチリしているかというところでしょうか?

というのも、最近はあまり見ないのですが、Youtubeでニュルの動画でスピンしている場面があるのですが、BMWあたりはタイヤの太さもあるのでしょうが、滑っても他車とは違って驚異的に粘って持ちこたえているいるのが分かるのです。
それってやはりボデーの造りなんだなというのを動画だけではありますが自分なりに分析しているのです。

間違っていたらゴメンナサイ。
Commented by hidepone at 2016-07-12 10:53 x
代田社長様

はじめまして
ここ数年になりスバルファンになり
このブログに辿り着き、今一番古い記事から全部読んでいっているところです。
今はクロスオーバー7に乗っています。
今セカンドカーにMT車を欲しくお金を貯めているところです。
その際は御社にお伺いしたいを思っています。
よろしくお願いいたします。

差し出がましいようですが、本記事の動画のリンクが間違っているようです。

Commented by スバル好きな農家 at 2016-07-12 10:54 x
良いタイヤは攻めても、角が立ってますね
簡単には出来ない技術
石畳、白線、雨にも強いか
寿命終期まで,立ってるのはピレリーのみだと思いますが。
Commented by b-faction at 2016-07-12 12:07
ひょっこりさん、スピンしたりコースオフしないために正しい走行ラインを覚えるのです。アウトバックの脚は良く動くから、ハイグリップタイヤを履かなくても、あれ位の走りは可能です。走り終わったタイヤを見て、同乗された方も大変驚いておられました。
Commented by b-faction at 2016-07-12 12:15
hideponeさん、こんにちは。マニュアル車の御用命を楽しみにしてますね。リンクおかしいですか。両方ともシュエーデンクロイツで前方を撮影した動画と、操作を撮影した動画ですが。何がおかしいか、教えて下さい。
Commented by b-faction at 2016-07-12 12:20
スバル好きな農家さん、昨年も同じタイヤで走りました。ウエットだと急に滑りますが、今度のように全コースドライだと良く粘りますね。たしかに、ピレリのスコルピオンも、相性良いかもしれません。
Commented by hidepone at 2016-07-12 12:47 x
一つ目の動画のURLが以下のようになっていて、
www.youtube.com/my_videos?o=U
動画の編集画面のリンクが貼られていたようで動画に辿りつけず、自分自身の動画リストに飛ばされていました。

今、見たら直っていました。
もしかしたら私の間違いかもしれません。
お騒がせしました...
Commented by b-faction at 2016-07-12 12:51
hideponeさん、ご指摘ありがとうございます。
確かにリンク先がおかしかったので、こちらで修正いたしました。
〈中津スバルスタッフ〉
Commented by hidepone at 2016-07-12 13:52 x
皆様

良かったです。
お金貯めて早くお伺いしたいです(笑
Commented by b-faction at 2016-07-12 13:57
hideponeさん、スタッフに助けられブログを続けて居ます。今は大阪なので細部まで見られません。助かりました。ありがとうございます。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by b-faction | 2016-07-11 06:32 | Comments(10)

毎日の活動やスバルについてご紹介します


by b-faction
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31